ここから本文です

投稿コメント一覧 (6424コメント)

  • 久しぶりに書き込みします。
    クラレの中心は歯科材料などでなく
    中国中心の自働車用内装等だと思うんだよね。
    中国が米中摩擦や新型コロナやなんかで自動車販売数下げっているうちは
    反転しないのでは?
    (四季報で特損もあるけど自動車関連需要減記載されているよ)

  • まだ独禁法とおるかわからない。
    そして独禁法を通ったとしてLineマンガが
    どうなるかもわからない。

    その不透明さが下げにつながっているだけ。
    株価を下げるのは常に先行きの不透明さ。

    ここでリスクを積極的に取にいくか?
    安全策をとって様子見するか?
    それは各投資家のスタンス。
    自己責任なので自分を信じて選択したらいい。

  • 長い間ここのスレッドにはお世話になりました。

    本日、病院で自分の母が癌の告知を受けて、
    これからは母を連れてPET検査を受けたり、
    内視鏡検査を受けたり、その結果を受けて
    病院につきそって手術とかいろいろいそがしく
    なりそうです。

    そういうわけでここへの書き込みは当分
    お休みすることにします。
    長いことお騒がせして不快に思っている人には
    申し訳ありませんでした。

  • 2019/10/07 08:59

    chicago: 21535yen
    osaka: 21520yen
    nikk225: 21450-60yen

    〇為替: ドル106.7円後半
         ユーロ117.3円前半
    〇CMEダウ先物:下げ
    〇今週の予定
     10日~11日の米中貿易閣僚級協議に注目
     9日 9月FOMC議事要旨公開
    〇米 雇用統計 予想下回る 
        賃金伸びも鈍化
        →利下げ期待
       アップル 追加関税先送り効果?
        iPhone年末に向けて増産修正
        日本・台湾部品メーカーに部品
        増産要求?

       トランプ大統領 
        ウクライナ圧力疑惑二人目の
        内部告発者現る。
        →弾劾調査進展?

       トランプ氏 バイデン氏息子が中国
        で不正ビジネスしていたと主張
        20年大統領選向け

       利下げ効果は半年後?
        S&PのPERは15倍~25倍
        で推移。現在安値圏。
        トランプ政権は景気堅調でも
        利下げで半年後バブルに?
        現在バブルを押しとどめている
        不透明要因(対中貿易摩擦、 
        大統領選等)リスクがなくなれば
        バブルへ?
        →リスクがあるうちに米株
         買っておく?(自己責任)

    〇イラク 反政府デモ 失業率、劣悪
          な公共サービスに抗議
    〇香港 5日施行の覆面禁止法に反発広がる
         数万規模デモ
    〇日本出生数 2012年予想していた
      90万人割れ 前倒しで今年にも達成?
      →社会保障制度見直し前倒し? 

    〇北朝鮮 2週間後の事務官レベル再会議
      は事実無根 年末までに米態度改める
      こと要求。

    〇ユニクロ インド一号店
      現在売上一位は中国
      海外売上が国内売上上回る
    〇ロシアがサウジに接近
      ジャーナリスト殺害サウジ皇太子に
      プーチンが友好姿勢

  • >>No. 238

    そのときどきの株の上げ下げに惑わされず
    企業の業績(将来性も含む)をみることが大切なんだと
    自分は勝手に思っている。

  • >>No. 237

    株の不可思議なところは悪い指標がでても
    買われてあげるところ。
    専門家は後付けで利下げ確率が高まったとか
    適当な解釈を付け加える。
    まあ、その不思議さが株の魅力なんだろうけど。

  • 10月4日(金)
    nikk: 21410.20yen +68.46yen (+0.32%)
    shang: closed
    hongk: -1.11%

    ftse: +1.10%
    dax: +0.73%
    cac: +0.91%

    dow: +372.68 (+1.42%)
    nas: +110.21 (+1.40%)
    S&P: +41.38 (+1.42%)
    〇 米雇用統計9月 前回改定値:16.8万人
       予想:14.5万人 結果:13.6万人
     →予想を下回るもなぜか健全な伸びと
      判断され、米国経済景気後退懸念
      後退。パウエル議長「米国経済が
      リスクに直面しているものの総じて
      良好」と楽観的見解示唆 ドル買い
      円安へ?(現在ドル106.8円台後半で
      昨日とあまり変わりなし。)

    10ybonds: 1.53% (+-0)
    02ybonds: 1.40% (+0.01)

    vix: 17.04 (-2.08)
    nyoil: 52.81 (+0.36)
    crb: 173.49 (+0.09)
    gold: 1512 (-1)
    copper: 2.562 (+0.009)

  • 円高のせいか日経下げではじまる。
    米GDPささえる消費に影響ある雇用統計待ちの模様眺めも?

  • 10月3日(木)
    nikk: 21341.74yen -436.87yen (-2.01%)
    shang: closed
    hongk: +0.26%

    ftse: -0.63%
    dax: closed
    cac: +0.30%

    dow: +122.42 (+0.47%)
    nas: +87.02 (+1.12%)
    S&P: +23.02 (+0.80%)
    〇米ISM非製造業景気指数9月
      前回:56.4 予想:55.0 結果: 53.6
      前月比-3.8 3年ぶり低水準
      →一時米株大きく落ち込むが
       FRBが利下げしやすくなると
       の声で買い戻されプラテン。
       (利下げ確率90%超に上昇。)
       半導体関連が牽引。 
       米中交渉の結果期待も。
          

    10ybonds: 1.53% (-0.07)
    02ybonds: 1.39% (-0.09)

    vix: 19.12 (-0.44)
    nyoil: 52.45 (-0.19)
    crb: 173.40 (+0.46)
    gold: 1513 (+8)
    copper: 2.553 (+0.046)

    chicago: 21360yen
    osaka: 21370yen
    nikk225: 21320-30yen


    〇為替: ドル106.8円台後半
         ユーロ117.2円台後半
    〇CMEダウ先物:微下げ

  • 〇今晩23時発表の米ISM9月非製造業指数
      米のGDPの8割以上占める非製造業
      こっちが本命。
      これが分岐点。

    〇米 ADP9月雇用者数 
      前回改定値15.7万人 予想14.0万人
      結果13.5万人
      →悲観して米債買われ、金利下げ
       ドル円急落

    〇米自働車3社 7-9月販売0.8%増
       ピックアップトラック好調

    〇米マンハッタンマンション価格下落
       が止まらない
       中国、アラブの買い手が手を引き
       2000万ドル以上の高級マンション
       ふるわず。
       低価格帯は33%増で売れている
      
    〇英首相 関税同盟21年に離脱方針表明
       EUに新提案
       10月末離脱期限延期を
       EUが了承するか?
    〇日本 9月消費者態度指数
         前月から1.5ポイント下げ
         35.6
         12カ月連続悪化
         13年4月以降最低水準
    〇WTO 米の対EU報復関税承認
      米は18日にも発動 EUも報復宣言
      エアバス、ボーイングめぐり
      →自動車関税にも波及か?

    〇インド 金融システム不安高まる
       政治家が銀行無理に融資させた
       結果13兆円の不良債権?
       金融引き出し制限も

  • 10月2日(水)

    nikk: 21778.61yen -106.63yen (-0.49%)
    shang: closed
    hongk: -0.08% 

    ftse: -3.23%
    dax: -2.76%
    cac: -3.12%

    dow: -494.42 (-1.86%)
    nas: -123.44 (-1.56%)
    S&P: -52.64 (-1.79%)
    米ADP9月雇用者数 予想下回る鈍化
     銀行の中小企業への貸し渋り
     でてきているのでは?と疑念深まる


    10ybonds: 1.60% (-0.03)
    02ybonds: 1.48% (-0.06)

    vix: 20.56 (+2.00)
    nyoil: 52.64 (-0.98)
    crb: 172.94 (-1.14)
    gold: 1507 (+18)
    copper: 2.507 (-0.053)

    chicago: 21345yen
    osaka: 21370yen
    nikk225: 21380-90yen

    〇為替: ドル107.1円台後半
          午前2時45分頃にドル107円
          ちょうどくらいまで下げて
          反転、少しもちなおし中
         ユーロ117.4円台後半
    〇CMEダウ先物:微上げ

  • 10月2日(水)
    〇米 ADP9月雇用者数 
      前回改定値15.7万人 予想14.0万人
      結果13.5万人
      →悲観して米債買われ、金利下げ
       ドル円急落 朝三時頃から少し持ち直し

  • 10月1日(火)
    nikk: 21904.69yen +148.85yen (+0.68%)
    shang: closed
    hongk: closed

    ftse: -0.65%
    dax: -1.32%
    cac: -1.41%

    dow: -343.79 (-1.28%)
    nas: -90.65 (-1.13%)
    S&P: -36.49 (-1.23%)
    米 9月ISM製造業景気指数
       前回: 49.1 予想: 50.0 結果: 47.8
    トランプ大統領の疑惑がウクライナ
       から豪へ
       次期選挙で豪首相に協力要請
       職権乱用?
      
    10ybonds: 1.63% (-0.03)
    02ybonds: 1.54% (-0.08)

    vix: 18.56 (+2.31)
    nyoil: 53.62 (-0.45)
    crb: 174.08 (+0.14)
    gold: 1489 (+17)
    copper: 2.560 (-0.018)

    chicago: 21680yen
    osaka: 21670yen
    nikk225: 21710yen

    〇為替: ドル107.7円前半
         ユーロ177.7円後半
    〇CMEダウ先物:微上げ(リバ狙い?)
    〇米 新車販売台数 日本勢は低調
     日経大手3社3桁減 
     日産、トヨタ、ホンダ
     米で人気のスバルも連続増ならず
    〇ドイツ製造業PMI 2006年11月以来の
      低水準
    〇米 シカゴ連銀エバンス総裁
      政策金利は据え置くべき

    〇米 ISM製造業景気指数
      2006年6月以来の低水準
      だけど米における製造業は
      GDPの10%。雇用統計と
      ISM非製造業景気指数まで
      様子見。

    〇日銀短観 3期連続悪化
       ただし予想は上回る底堅さ
       物価下押しで企業慎重判断へ
    〇豪 今年3度目の利下げ
    〇香港で数万人規模のデモ 
       警察実弾発砲 2名重体
    〇WTO 19年世界貿易量下方修正
         20年も

  • >>No. 220

    米株は高値圏で切っ掛けがあれば売られると思う。
    問題はそれに日本株が連れ安するかどうか?

  • 寝坊したので
    本日の相場概略(のちほど詳細表示)だけ

    〇米ISMショック
     ISM製造業景気指数 予想を下回る約10年ぶりの低水準
      前月比-1.3 新規輸出受注3か月連続低下
      追加関税による米景気への影響顕在化?
      →米株価大幅下げ

    chicago: 21680yen
    osaka: 21670yen
    nikk225: 21710yen

    〇為替:ドル107.7円台前半下落中 ユーロ117.7円台中ごろ下落中
    〇CMEダウ先物:微上げ (リバ狙い?)

  • >>No. 213

    〇 GPIF 外債投資枠拡大 
       マイナス金利で国債運用難
    〇 政府 増税後の経済対策2段階検討?
       月内首相判断
       補正と来年度予算で
       世界景気リスクにも対応
    〇ソニー等日本主要企業50社 約8割
       中国ファーウエイとの取引継続
       5Gについては取引停止多
       日経調べ
    〇米企業 ファーウエイ研究拠点とも取引停止
    〇イオンモール 3年連続最高益 中国、東南アジア好調
      中国・東南アジア景気それほど悪くない?
    〇北 米朝協議 「アメリカの対応次第」 国連一般討論で

  • 9月30日(月)
    nikk: 21755.84yen -123.06yen (-0.56%)
     9月米株に比べ上昇率高 米株前週下落
     →利確?
    shang: -0.92%
    hongk: +0.58%

    ftse: -0.24%
    dax: +0.38%
    cac: +0.66%

    dow: +96.58 (+0.36%)
    nas: +59.71(+0.75%)
    S&P: +14.95(+0.50%)
    アップル株買われハイテク銘柄上げる
    対中投資制限 「不正確」?
    シカゴ景気指数9月PMI 前回50.4
                予想50.0
                結果47.1
    ダウ三日ぶり上昇

    10ybonds: 1.66% (-0.02)
    02ybonds: 1.62% (-0.01)

    vix: 16.24 (-0.98)
    nyoil: 54.07 (-1.84)
    crb: 173.94 (-1.77)
    gold: 1472 (-34)
    copper: 2.578 (-0.019)

    chicago: 21865yen
    osaka: 21870yen
    nikk225: 21830-40yen

    〇為替 ドル108.0円台後半
        ユーロ117.8円台前半

    〇CMEダウ先物:上げ

    〇香港 国慶節大規模デモ不許可
        警察大動員で厳戒
    〇英 新たな離脱計画提案 3か迄に?
        離脱期限

  • 2019/09/30 08:55

    chicago: 21705yen
    osaka: 21720yen
    nikk225: 21720-30yen

    〇為替: ドル107.9円台前半
         ユーロ118.1円台前半 
    〇CMEダウ先物:上げ

    〇米中閣僚級貿易協議 10月第二週に
       中国商務省
    〇財務省対中投資制限否定
      →株価反発?
    〇日本 消費税率引き上げ
         →キャッシュレス決済還元
         が終了する来年6月頃に
         かけて緩慢にGDPに影響?
        
         家計圧迫:幼児教育無償化で
          若年世帯では得も?
         企業間取引でのかけこみ
          消費で在庫増
           特に化粧品は中国景気
           悪化でインバウンド
           不調で在庫増+消費税の
           在庫増?
    〇香港で大規模反中デモ
       建国70年にさらなるデモ計画
       台湾でも集会
    〇日本 上場企業の自社株買い
         このままでは年度として
         初めて10兆円突破へ?
         米中対立の不安定要素を
         鑑み自社株買いを選択。
        甘利会長 M&A・買収
         へ減税措置 20年度?
         企業の468兆円内部留保
         の投資促す狙い。
    〇エジプト 29日大統領退陣求め
           2週連続デモ
    〇イエメン新イラン勢力
       サウジに過去最大の攻撃?
       数百~数千人拘束?
    〇住友化学 オーストラリア農薬最大手
        ニューファームより南米事業を
        800億円で買収

  • 9月27日(金)
    nikk: 21878.90 -169.34 (-0.77%)
    9月配当権利落ち日で恒例の下げ。
    2%以上の配当多い中1%も下げなかった
    ことは利確する人少なかったって
    こと?多数が上昇相場を感じている?
    それとも本格的な下げは月曜以降?

    shang: +0.11%
    hongk: -0.33%


    ftse: +1.02%
    dax: +0.75%
    cac: +0.36%

    dow: -70.87 (-0.26%)
    nas: -91.03 (-1.13%)
    S&P: -15.83 (-0.53%)
    米中高官協議10月10日再開の報で前場上げ
    午後にトランプ政権で中国企業の米株市場
    での上場廃止、政府年金基金での中国市場
    への投資制限協議中の報で下落。

    10ybonds: 1.68% (-0.01)
    02ybonds: 1.63% (-0.02)

    vix: 17.22 (+1.15)
    nyoil: 55.91 (-0.5)
    crb: 175.71 (-0.51)
    gold: 1506 (-9)
    copper: 2.597 (+0.020)

    来週の予定イベント
    〇10/1 消費税率引き上げ
    〇10/1 中国香港市場休場
     10/2 中国市場休場
    10/3 中国、ドイツ市場休場
     10/4 中国市場休場
    〇9/30 中国9月製造業PMI(10:00)
    中国9月財新製造業PMI(10:45)
    〇10/1 日銀短観(8:50)
    〇10/2 米9月ADP雇用統計(21:15)
     10/4 米9月雇用統計(21:30)

  • >>No. 202

    明日は早朝から病院なのでお休みします。

本文はここまでです このページの先頭へ