ここから本文です

投稿コメント一覧 (349コメント)

  • ※粘着企業批判は負け組の象徴。。。

  • 株主を装う負け組の粘着企業批判は辞めれ...

  • 筆頭株主による赤字経営ウィーワークの一掃リストラで経営再建は必須項目。。。

  • ソフトバンクグループ(SBG)が、シェアオフィス大手「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーへの追加出資などの金融支援を検討している。
    実現すれば、支援額は50億ドル(約5400億円)規模になる見通し。ウィー社は米金融機関とも協議しており、どちらの支援策を選ぶか最終調整に入る。

    ※「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」とは別枠の
    SBG単体の金融支援を...

  • ソフトバンクグループ(SBG)が、シェアオフィス大手「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーへの追加出資などの金融支援を検討していることがわかった。実現すれば、支援額は50億ドル(約5400億円)規模になる見通し。ウィー社は米金融機関とも協議しており、どちらの支援策を選ぶか最終調整に入る。

    ※「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」とは別枠
    SBG単体での金融支援...

  • ❖中国はさらなる交渉希望、米中通商~
    合意「第1段階」署名前に...

    トランプ米大統領が自賛する米中通商合意の「第1段階」について、中国側は詳細を詰めるためのさらなる協議を早ければ今月末にも持ちたい意向だ。事情に詳しい複数関係者が明らかにした。習近平国家主席が署名に合意するのは、その後だという。

    関係者の1人によると、中国政府は劉鶴副首相を筆頭とした代表団を派遣する可能性がある。来月チリで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせて米中首脳が合意に署名できるよう、合意文書をまとめる狙いがある。

    米国は週内に発動予定だった関税引き上げを見送ったが、12月に予定する関税引き上げについては保留している。中国はこの関税引き上げも撤回を望んでいると、別の関係者1人が述べた。非公開の交渉内容だとして関係者らは匿名を条件に語った。

    米中が先週ワシントンで口頭でのみ合意した内容は、依然詳細が不明だ。トランプ大統領は中国の農産物購入拡大を「わが国の歴史上、偉大な農家に対する最大かつ最も素晴らしい合意」だと称賛した。一方、中国国営メディアは両国が「最終的な合意達成に向けて双方ともに努力することで一致した」とのみ伝えた。

  • 米国トランプ氏は実質的に中国ファーウェイ製品の規制解除。。。

  • >>No. 287

    不特定銘柄の企業批判や誹謗中傷する愉快犯のようですね。

  • ❖Google のスマートディスプレー
    「Google Nest Hub Max」を発売~

    SB C&S株式会社とソフトバンク株式会社は、「Google アシスタント 」と新しいカメラを搭載したスマートディスプレー「Google Nest Hub Max(グーグル ネスト ハブ マックス)」を、ソフトバンク銀座、ソフトバンク表参道、ソフトバンク東京駅グランルーフフロント、ソフトバンクグランフロント大阪およびSoftBank SELECTION オンラインショップ(別ウィンドウで開きます)で、2019年11月22日以降に発売します※1。

    ❖“ソフトバンク”、
    「Google Pixel 4」「Google Pixel 4 XL」を
    10月24日に発売~

    ソフトバンク株式会社は、Google™ のスマートフォン(スマホ)「Google Pixel™ 4」と「Google Pixel 4 XL」を、“ソフトバンク”から2019年10月24日に発売します。発売に先立ち、本日からソフトバンク取扱店およびオンラインショップで予約を受け付けます。

    「Google Pixel 4」と「Google Pixel 4 XL」は、Google が作ったスマホです。AI(人工知能)機能を使った高性能カメラを搭載し、暗い場所でも夜景モードで常に思い通りの写真を撮ることができます。レーダーセンサー技術を用いた新機能「Motion Sense™」を初搭載し、スマホ本体に触れることなくジェスチャーだけでの操作を可能にしました。おなじみのGoogle ソフトウエアを中心に構築された「Google Pixel 4」と「Google Pixel 4 XL」は、常に進化を続けます。新しくなったGoogle アシスタントは、スマホの操作などを、音声だけでより早くこなせるようになります。「Motion Sense」および新しいGoogle アシスタントの国内での提供開始は、いずれも2020年春を予定しています。「Google Pixel 4」と「Google Pixel 4 XL」の詳細は、下記のウェブサイトをご覧ください。
    http://g.co/pixel4/explore(別ウィンドウで開きます)

  • 孫氏は此れまでも此れからも波乱万丈、攻めの経営戦略の
    成功者。
    世界で偉大な経営者の一人。。。

  • LINEモバイルが3回線を扱う事実よりも、「au回線を扱う」ことの方が意外性は高い。LINEモバイルは2018年4月にソフトバンクと資本業務提携を結んでおり、出資比率ではソフトバンクの子会社だ...

  • 自動運転バス試乗会 in 丸の内仲通り
    ソフトバンク(SoftBank)
    https://www.youtube.com/channel/UCcMKfz1n6L6erIlyyowlOOA

  • SBはNVIDIAと協業してクラウドゲーミングサービス
    「GeForce NOW Powered by SoftBank」を提供
    ~2019年冬のベータ版サービス提供に先立ち、申し込み受け付けを開始~
    https://cloudgaming.mb.softbank.jp/

    https://twitter.com/softbank_gfn

  • ❖NVIDIAと協業してクラウドゲーミングサービス
    「GeForce NOW Powered by SoftBank」を提供~

    <クローズドベータテスト概要>

    「GeForce NOW Powered by SoftBank」正式サービスに向けて、クローズドベータテスト(以下、CBT)を実施いたします。正式サービスに向けてさらに品質向上できるよう努めてまいりますので、ご協力をよろしくお願いいたします。
    ※ご利用中の通信キャリアは問いません。ソフトバンクのサービスを契約中でない方も応募可能です。

    CBT募集期間

    2019年9月19日〜2019年11月下旬
    ※スケジュールの詳細が決まりましたら、本ページ上でお知らせいたします。

    CBT募集人数

    1万人(予定)
    ※募集人数を上回った場合は、抽選となります。

    CBT実施期間

    2019年冬〜未定
    ※スケジュールの詳細が決まりましたら、本ページ上でお知らせいたします。

  • ソフトバンク.SB<IR>「2019/9/30」
    支配株主等に関する事項について
    当社の親会社であるソフトバンクグループ株式会社、
    ソフトバンクグループジャパン株式会社について、
    支配株主等に関する事項は、以下のとおりとなります。
    1,~5,の各詳細についてはIRにて読解下さい。
    1. 親会社、支配株主(親会社を除く。)
    その他の関係会社又はその他の関係会社の親会社の商号等
    2. 親会社等のうち、
    当社に与える影響が最も大きいと認められる会社の名称及びその理由
    3. 親会社等の企業グループにおける
    当社の位置付けその他の当社と親会社等との関係
    4. 支配株主等との取引に関する事項
    5. 支配株主との取引等を行う際における少数株主の保護の方策の履行状況

  • ソフトバンク. SB<IR>(開示事項の経過)「2019/9/27」15:00
    当社「SB」子会社(ヤフー株式会社による
    株式会社ZOZO株式に対する公開買付けの開始に関するお知らせ
    本日、当社の子会社であるヤフー株式会社は2019年9月12日付
    「当社子会社(ヤフー株式会社による、株式会社ZOZO株式に対する
    公開買付けの開始予定及び資本業務提携契約の締結に関するお知らせ」
    において公表した、
    株式会社ZOZOの普通株式に対する公開買付けを、
    2019年9月30日より開始することを決定いたしましたので、
    別添資料のとおりお知らせいたします。

  • 何故、日本株式市場が続落したのか⁉
    と言う方が正解。。。

  • 確かにSBGの株価は現状、我慢の我慢のしどころ買いどころ
    だと思います、
    ただ、自分はSBのIPOホルダーでして親株が少し気になりまして除いたしだいです...敬具。

  • 上場は諦めてないはずです⁉
    経営方針の違いでしょうから再編で改めて上場はするでしょうね。

  • ≫ ≫ ≫ ウィワークの何処がAIなの? ≪≪≪

    レスは古いのかもですが、☝でしたね…?
    次世代「ロボット、ドローン」産業から、生活に便利な、人工知能(AI)ですが、
    例えば、A社、の便利な(AI)ではOKグーグルの音声で(AI)が反応、検索その他、
    B社では、アレクサの音声支持で電話の応受やライトのon、off等を(AI)が操作等々、
    他では、自動運転に顔認証、指紋認証、ロボット掃除機、ドアロック施錠、解除など
    ビジネスからプライベートまで(AI)機能やアプリで色々便利になりますね。

    孫氏曰く、これからのArmはAI化したチップを世界中に出荷し進化する
    シェアオフィスの「WeWork」についても、LightのカメラをWeWorkのオフィスに設置することで
    同じオフィスを利用する人々が誰と会話しているかなど、人間関係を把握でき、
    人と人のマッチングについてもリコメンドが可能になる、と…

本文はここまでです このページの先頭へ