ここから本文です

投稿コメント一覧 (69コメント)

  • >>No. 781

    > e-ゴルフならともかくテスラモデルSには、661kgものアルミが使われ、それを作るだけで一般家庭500日分もの電気が使われる。
    > こんな道楽車に補助金だすな!

    同感だよ蟻さん、1円でも節約は必要だぞ WWW

  • >>No. 781

    > e-ゴルフならともかくテスラモデルSには、661kgものアルミが使われ、それを作るだけで一般家庭500日分もの電気が使われる。
    > こんな道楽車に補助金だすな!

     マイルドHVを選択、マツダ千里眼かな蟻さん すかいx には補助金も付くかも!

     楽しみだね 蟻さん

  • >>No. 781

    蟻さん、
    私の周りで、比較的高所得者には「マツダはかっこよくてスポーティーなイメージ」とマツダの評価が高く、
    比較的低所得者からは「安物のイメージだから絶対乗りたくない」と言います。
    高所得者に「マツダって安物のイメージらしいよ」と伝えると「え、そうなの?スポーツカーのイメージだったわ」とほとんどこの様な会話になります。
    低所得の人たちはマツダを結構けなしています。

    掲示板でマツダ車をけなす方はもしかしてバーチャル投資家?

  •  トヨタ自動車は4月3日、電動車の普及に向けた取り組みの一環として、モーター・PCU(パワー・コントロール・ユニット)・システム制御などの車両電動化関連の技術について、保有している特許実施権(審査継続中を含む)を無償で提供すると発表した。

     車両電動化技術については、同社が20年以上にわたるハイブリッド車(HV)の開発を通じ、高性能化、コンパクト化、低コスト化を進めてきたコア技術。HV、プラグインハイブリッド車(PHV)、電気自動車(EV)、燃料電池自動車(FCV)などのさまざまなタイプの電動車開発に応用できる。
    👆
    ケチなトヨタが無償提供とは・・・失笑
    たぶんハイブリッドでは世界で使えないと悟ったのだろう。

  • ヤリスiAは、マツダが主に東南アジア市場に投入している『デミオセダン』がベース。グリルやバンパー、ヘッドライトなどを専用デザインにすることで、トヨタらしさを表現した。この背景には、トヨタとマツダが2012年11月、「トヨタとマツダ、メキシコでの生産について合意」との発表がある。2014年2月末に稼動したマツダのメキシコ新工場で2015年夏頃から、『マツダ2』(日本名:デミオ)をベースにしたトヨタ向け小型車を年間5万台程度生産し、トヨタが北米で販売することが決定していた。

    ニューヨークモーターショー2019で初公開される予定の新型『ヤリスハッチバック』は、ヤリスiAに続いて、マツダデミオベースのOEM車となる。米国向けのヤリスハッチバックはこれまで、日本と同じヴィッツだったが、新型はマツダ・デミオがベースとなる。

    フロントマスクはデミオとは異なる専用デザイン

    新型ヤリスハッチバックは、マツダ・デミオに対して、フロントマスクを専用デザインとした。六角形の大型バンパーグリルと、シャープなイメージのヘッドランプを採用する。リアは、デミオのデザインをほぼ踏襲した。新型ヤリス ハッチバックには、「LE」と「XLE」グレードを設定する。上級のXLEグレードには、自動LEDヘッドランプ、デイタイムランニングライトが装備されている。

    新型ヤリス ハッチバックの全長は、4105mm。狭い駐車スペースに駐車することが可能という。ホイールベースは従来モデルよりも約60mm長くなり、後席乗員の快適性を引き上げた。トランク容量は、ハッチバックボディでありながら、中型セダンに匹敵するという。

  • >>No. 1190


    OEM車は決して「マネして作った車」ではなく各社が手を結び共同開発したり、車種を供給することで成り立つ車です。例えばトヨタ「86」スバル「BRZ」も共同開発の末に販売された車で「86に乗ってみたいけどスバルでしか買いたくない」と思っている人に最適の選択です。

    トヨタヤリスiAが北米で成功すればお互いに利点がある。

  • 2019/04/09 18:54

    15:08JST アップル Research Memo(8):CASEがもたらすパラダイムシフトによりビジネスモデル再構築へ(3)
    ■中長期の成長戦略

    (4) いすゞ自動車との資本業務提携
    アップルインターナショナル<2788>は2017年4月にいすゞ自動車と資本業務提携を結び、同年5月にいすゞ自動車を割当先として第三者割当増資を行った。

    この資本業務提携により、タイ製中古車のASEAN諸国への輸出を加速させる。自動車メーカーにとって、中古車の輸出が拡大すれば、タイ国内の中古車が品薄状況となり中古市場価格が安定する。下取り価格を高めに設定でき、新車販売を促進することになる。同社にとっては、商材を安定的に確保できることになる。

    タイが右ハンドル国ということもあり、同国市場を日系メーカーが席巻している。2018年のメーカー/ブランド別販売台数シェアは、トップのトヨタ自動車が30.2%、続くいすゞ自動車が17.1%、3位の本田技研工業(ホンダ<7267>)が12.3%であった。以下、三菱自動車工業(三菱自動車<7211>)が8.1%、日産自動車<7201>が6.9%、マツダ<7261>が6.8%、フォード(米フォード・モーター)が6.3%、スズキ<7269>が2.7%、MGが2.3%、シボレー(米ゼネラルモーターズ)が1.9%、その他が5.4%であった。日系の合計シェアは、84.1%に達した。

  • 4月9日発表分

    【日証金】
    貸株・融資増減ランキング(速報ベース)

    反発となったマツダの貸株残は増加した。続落となったスルガ銀の貸株残は減少した。

    【貸株増】
    コード 銘柄 貸株残 前日比 融資残 前日比
    7261マツダ 1487300 (+369500) 88900 (-800)
    6857アドバンテ 1240600 (+240200) 30500 (-9100)
    6506安川電 1770800 (+160800) 347900 (-34300)
    9984ソフトバンクG 658900 (+129100) 176200 (-353600)
    8233高島屋 172700 (+96400) 74000 (-15200)

  • >>No. 1733

    マツダ(Mazda)の中国部門は、4月16日に中国で開幕する上海モーターショー2019に、コンセプトカーのマツダ『ビジョン・クーペ』と「SKYACTIV-X」ガソリンエンジンを出展すると発表した。

    ビジョン・クーペは、マツダの次世代デザインの方向性を示したコンセプトカーだ。ビジョン・クーペでは、マツダのデザイン言語の「魂動」を、日本の美意識に基づいて深化させた。その結果、伸びやかでシンプルなワンモーションフォルムを可能にした。

    ロードスターの30周年を祝うマツダブースは歴代ロードスターの玉手箱状態

    また、マツダのヘリテージモデルの『ルーチェ・ロータリークーペ』などの美しさをベースとして、エレガントで上質なスタイルを追求している。(レスポンス)

    蟻さん応援するしかないね。

  • 2019/04/10 18:38

    >>No. 1726

    >
    > >すかいx
    > >
    > > Gより67万円も高額だが燃費改善は2割程度の愚策エンジン。
    > >
    > > これではマツダ株は買えないよな  蟻さん WWW
    >
    > 馬鹿みたいに、同じ書き込みするなよ!

    rro***** ちゃんごめんね。謝罪するわ!

  • 2019/04/10 18:41

    >>No. 1726

    >
    > >すかいx
    > >
    > > Gより67万円も高額だが燃費改善は2割程度の愚策エンジン。
    > >
    > > これではマツダ株は買えないよな  蟻さん WWW
    >
    > 馬鹿みたいに、同じ書き込みするなよ!

     rro*****  ちゃん

      3271.5・・・ を馬鹿していいからね。 素晴らしい内燃機をネタに買うね!マツダ

      これは買いだろ。買ったらOK WWW

  • 2019/04/10 18:43

    >>No. 1716

    > すかいx
    >
    >  Gより67万円も高額だが燃費改善は2割程度の愚策エンジン。
    >
    >  これではマツダ株は買えないよな  蟻さん WWW

    馬鹿みたいに、同じ書き込みするなよ!

  • >>No. 1908

    > どうかあの人がマツダ3と一緒に船積みされて遠い国で売られてしまいますように。
    👇ですね。

    7261-¥3271.5

  • 今日のディールもまずまずだな。
    マツダの買いで儲かるな

  •          おはようございます

  • >>No. 2848

    >
    > >>アクセルとブレーキペダルを踏み間違えにくいマツダの様な車作りが求められる。
    > >
    > >■それなら資本提携先のトヨタ様に車作りを教えてやれよ。
    >
    > ペダルの配置とか基本設計からの取り組みが必要。
    > オルガン式のアクセルペダルとかトヨタもマツダだけでなく欧州車からも学べたはず。

    マツダは実際にペダルレイアウトの違う新旧デミオとアクセラで試した。アクセルペダルが「吊り下げ式」の先代モデルよりも、「オルガン式」であるブレーキに踏み替えやすかった。

     そのキモはアクセルからブレーキへの踏み替え時のヒール(かかと)部分にある。吊り下げ式だとどうしてもヒールが前に動くのに対し、オルガン式だとヒールを床に固定したままでパパッと踏み替えることが可能だからだ。

     アクセルペダルの吊り下げ式からオルガン式への変更は、コストも増加したが、マツダ即変更をした。高齢者に優しいマツダ!

  • とにもかくにもマツダ車の洗練されたデザインに惚れている、
    マツダ車のハンドリングが大好きだ、
    マツダ車の独特のクラッチの感触が大好きだ、
    そして自分はロータリーエンジンに命を懸けている
    超一流と言われるメーカーと違う
    何だか不器用さが入っているテイストが好きだ!

  • >>No. 3485

    こんばんは

    徘徊防止の薬で自宅にて拘束され、連休を過ごしています。
    テレビを観るしかすることが有りません。
    7日はクリックの連弾で売り買いをします。

  • >>No. 3490

    薬の影響は大きいです。

    イ〇ポ点津になりました。犯罪者に飲ませたら効果バッグと思います。

    ご自愛ください。

  • No.841

    強く買いたい

    別名EV・PHV・FCEV …

    2019/05/07 17:59

    別名EV・PHV・FCEV

    航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖の太平洋に墜落した事故を巡り、岩屋毅防衛相は7日午前の閣議後会見で、墜落したとみられる現場付近の海底でフライトレコーダー(飛行記録装置)を含む機体の一部を見つけ、引き揚げたと明らかにした。しかし「かなり損傷が激しい」(岩屋防衛相)状態で、同装置の内部にあるはずの航跡データの記録媒体は発見されていない。操縦士も行方不明のままで、防衛省は引き続き現場海域の捜索に力を入れる。

     見つかったのはフライトレコーダー、操縦席のキャノピー(風防)のそれぞれ一部など。3日以降、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の海底広域研究船「かいめい」が得た情報に基づき、米軍が派遣した民間の深海作業支援船「ファン・ゴッホ」が発見し海底から引き揚げた。

     回収した部品の分析や調査は防衛省が実施。岩屋防衛相は会見で「必要に応じて米側の協力、支援を得る」と述べた。海底で見つかった時の状態については、詳細を明らかにしていない。

本文はここまでです このページの先頭へ