IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (1285コメント)

  • SKブログ更新!!
    デザインアップデートした!!無言のメッセージ!!メディシノバ弱気なら今更アップデートしないはず!!つーことはだ!!買い推奨だってこと!!

  • 出来高2万!?危機感しかねーよ!!
    どーすんだよ!!

  • いつになったら上がんだよ!!
    東京事務所働け!!儂にばっか宣伝させんな!!金よこせ!!

  • 窪田民に朗報だ!!
    400億円のスターガルト薬〜〜!!
    https://biotech-report.info/archives/2966

    窪田製薬ホールディングスは「エミクススタト塩酸塩」によるスターガルト病フェーズ3試験に関して、最終被験者の最終来院が完了したことを2022年6月24日に報告しました。

    スターガルト病は遺伝性の進行性の視力障害疾患であり、網膜の新陳代謝を司る遺伝子ABCA4の異常によって、網膜に溜まった有害物質を代謝出来ずにいることが原因と考えられています。


    スターガルト病
    (参照:窪田製薬ホールディングス 2021年12月期通期決算説明資料兼事業計画及び成長可能性資料)
    スターガルト病では有害物質の蓄積によって視力低下へと繋がるため、窪田製薬ホールディングスはエミクススタト塩酸塩の同有害物質の生成抑制作用による網膜保護と視力低下抑制を期待しています。

    網膜での有害物質は、外から入ってくる光を(脳が認識出来るように)電気信号へと変換する際に発生しまが、エミクススタト塩酸塩はこの「光から電気信号へ」変換する働きを抑制することで有害物質の生成機会を減らし、蓄積量を減少させます。

    そして、「光から電気信号へ」変換する働きを視覚サイクルと呼びますが、視覚サイクルの活性にはRPE65酵素(視細胞における光感受性物質を生成するために働く酵素)が必要不可欠であると窪田製薬は主張しており、エミクススタト塩酸塩にはRPE65酵素の発現抑制効果が認められています。

    要するに、エミクススタト塩酸塩による視力低下抑制のメカニズムは、「RPE65酵素の発現抑制→視覚サイクルの抑制→有害物質の生成抑制→有害物質の蓄積抑制→視力低下の抑制」といった流れです。

    しかし、有効性が認められなかった加齢黄斑変性治療薬フェーズ2b/3試験(エンロール数:508人、投与期間:24ヶ月)においても、同メカニズムによる網膜保護を目的としていたため、スターガルト病に対しての有効性の確度は低めです。

    同試験の焦点となるのは、網膜ダメージの原因が視覚サイクルによって発現した有害物質によるものかどうかであり、仮に視


    キャンパスで損した!!
    メディシノバで取り戻す!!応援よろしく!!

  • >>No. 443

    27そう思うに感謝!!
    スゲー共感されて嬉しい!!ありがとよ!!

    > そーせい買い材料発見!!
    > https://biotech-report.info/archives/2962
    >
    > そーせいGは6月20日につけた底値1,000を境に上昇を続けています。
    >
    > これまで何度も言及しましたが、継続的な100億円規模の売上を計上するそーせいGの株価は最低でも1,400円は求めたいところです(詳細はコチラ)。
    >
    > そのため、底値を付けて以降、本日までに10%上昇しましたが、依然として上昇の余地は残されています。
    >
    >
    > キャンパスで損した!!
    > メディシノバで取り戻す!!応援よろしく!!

  • >>No. 418

    68そう思うに感謝!!
    スゲー共感されて嬉しい!!ありがとよ!!

    > グニ買い材料発見!!
    > https://biotech-report.info/archives/2962
    >
    > 本日の創薬株は4%を超える稀に見る上昇となりました。
    >
    > 特に大型株が揃って大幅に上昇したことは今後の創薬株にとって好ましく、ジーエヌアイグループ(GNI)は前日比6.6%高、そーせいグループ(そーせいG)は同3.3%高、ペプチドリームは同6.3%高となりました。
    >
    > 前日の記事でも言及した通り、GNIは1,140~1,260円のボックス圏の上抜けを期待していましたが、取引開始直後にボックス圏を抜け出すと、その後も上昇を続け、1,317円で取引を終えました。
    >
    > 一ヶ月半にも渡るボックス相場を抜け出したGNIは、良好なファンダメンタルズも踏まえ、世界情勢が不安定になるまでの間、上昇トレンドに入ると見て宜しいでしょう。
    >
    >
    > キャンパスで損した!!
    > メディシノバで取り戻す!!応援よろしく!!

  • pre合わせて5%up!!
    始まりの始まり!!

  • 今日の上げが全てなわけねー!!
    千円超えねーと話になんねーから!!
    > 楽しみましょう。待ちに待ちました。
    > 今日の上げが全てだと信じてます。

  • ペプチドリーム買い材料発見!!
    https://biotech-report.info/archives/2962

    ペプチドリームの株価チャートは2022年に入ってから、そーせいGと相関関係が強い状況です。

    そのような中、6月に入るとペプチドリームはそーせいGに対してボラティリティが大きくなりました。

    しかし、先に述べたように、そーせいGは底打ち基調が明確になりつつあり、相関関係の強いペプチドリームも先日付けた1,200円を底値とする可能性が高まりました。

    ペプチドリームはそーせいGと同等の売上高を計上するものの、安定した製品売上高が皆無であり、PBRも2倍以下のそーせいGに比べると7倍と高い点が懸念材料です。

    底打ち基調は見られるものの、やはり放射性医薬品事業の売上開示が待たれます。


    キャンパスで損した!!
    メディシノバで取り戻す!!応援よろしく!!

  • そーせい買い材料発見!!
    https://biotech-report.info/archives/2962

    そーせいGは6月20日につけた底値1,000を境に上昇を続けています。

    これまで何度も言及しましたが、継続的な100億円規模の売上を計上するそーせいGの株価は最低でも1,400円は求めたいところです(詳細はコチラ)。

    そのため、底値を付けて以降、本日までに10%上昇しましたが、依然として上昇の余地は残されています。


    キャンパスで損した!!
    メディシノバで取り戻す!!応援よろしく!!

  • グニ買い材料発見!!
    https://biotech-report.info/archives/2962

    本日の創薬株は4%を超える稀に見る上昇となりました。

    特に大型株が揃って大幅に上昇したことは今後の創薬株にとって好ましく、ジーエヌアイグループ(GNI)は前日比6.6%高、そーせいグループ(そーせいG)は同3.3%高、ペプチドリームは同6.3%高となりました。

    前日の記事でも言及した通り、GNIは1,140~1,260円のボックス圏の上抜けを期待していましたが、取引開始直後にボックス圏を抜け出すと、その後も上昇を続け、1,317円で取引を終えました。

    一ヶ月半にも渡るボックス相場を抜け出したGNIは、良好なファンダメンタルズも踏まえ、世界情勢が不安定になるまでの間、上昇トレンドに入ると見て宜しいでしょう。


    キャンパスで損した!!
    メディシノバで取り戻す!!応援よろしく!!

  • 窪田民に朗報だ!!
    400億円のスターガルト薬〜〜!!
    https://biotech-report.info/archives/2966

    窪田製薬ホールディングスは「エミクススタト塩酸塩」によるスターガルト病フェーズ3試験に関して、最終被験者の最終来院が完了したことを2022年6月24日に報告しました。

    スターガルト病は遺伝性の進行性の視力障害疾患であり、網膜の新陳代謝を司る遺伝子ABCA4の異常によって、網膜に溜まった有害物質を代謝出来ずにいることが原因と考えられています。


    スターガルト病
    (参照:窪田製薬ホールディングス 2021年12月期通期決算説明資料兼事業計画及び成長可能性資料)
    スターガルト病では有害物質の蓄積によって視力低下へと繋がるため、窪田製薬ホールディングスはエミクススタト塩酸塩の同有害物質の生成抑制作用による網膜保護と視力低下抑制を期待しています。

    網膜での有害物質は、外から入ってくる光を(脳が認識出来るように)電気信号へと変換する際に発生しまが、エミクススタト塩酸塩はこの「光から電気信号へ」変換する働きを抑制することで有害物質の生成機会を減らし、蓄積量を減少させます。

    そして、「光から電気信号へ」変換する働きを視覚サイクルと呼びますが、視覚サイクルの活性にはRPE65酵素(視細胞における光感受性物質を生成するために働く酵素)が必要不可欠であると窪田製薬は主張しており、エミクススタト塩酸塩にはRPE65酵素の発現抑制効果が認められています。

    要するに、エミクススタト塩酸塩による視力低下抑制のメカニズムは、「RPE65酵素の発現抑制→視覚サイクルの抑制→有害物質の生成抑制→有害物質の蓄積抑制→視力低下の抑制」といった流れです。

    しかし、有効性が認められなかった加齢黄斑変性治療薬フェーズ2b/3試験(エンロール数:508人、投与期間:24ヶ月)においても、同メカニズムによる網膜保護を目的としていたため、スターガルト病に対しての有効性の確度は低めです。

    同試験の焦点となるのは、網膜ダメージの原因が視覚サイクルによって発現した有害物質によるものかどうかであり、仮に視


    キャンパスで損した!!
    メディシノバで取り戻す!!応援よろしく!!

  • 窪田民に朗報だ!!
    400億円のスターガルト薬〜〜!!
    https://biotech-report.info/archives/2966

    窪田製薬ホールディングスは「エミクススタト塩酸塩」によるスターガルト病フェーズ3試験に関して、最終被験者の最終来院が完了したことを2022年6月24日に報告しました。

    スターガルト病は遺伝性の進行性の視力障害疾患であり、網膜の新陳代謝を司る遺伝子ABCA4の異常によって、網膜に溜まった有害物質を代謝出来ずにいることが原因と考えられています。


    スターガルト病
    (参照:窪田製薬ホールディングス 2021年12月期通期決算説明資料兼事業計画及び成長可能性資料)
    スターガルト病では有害物質の蓄積によって視力低下へと繋がるため、窪田製薬ホールディングスはエミクススタト塩酸塩の同有害物質の生成抑制作用による網膜保護と視力低下抑制を期待しています。

    網膜での有害物質は、外から入ってくる光を(脳が認識出来るように)電気信号へと変換する際に発生しまが、エミクススタト塩酸塩はこの「光から電気信号へ」変換する働きを抑制することで有害物質の生成機会を減らし、蓄積量を減少させます。

    そして、「光から電気信号へ」変換する働きを視覚サイクルと呼びますが、視覚サイクルの活性にはRPE65酵素(視細胞における光感受性物質を生成するために働く酵素)が必要不可欠であると窪田製薬は主張しており、エミクススタト塩酸塩にはRPE65酵素の発現抑制効果が認められています。

    要するに、エミクススタト塩酸塩による視力低下抑制のメカニズムは、「RPE65酵素の発現抑制→視覚サイクルの抑制→有害物質の生成抑制→有害物質の蓄積抑制→視力低下の抑制」といった流れです。

    しかし、有効性が認められなかった加齢黄斑変性治療薬フェーズ2b/3試験(エンロール数:508人、投与期間:24ヶ月)においても、同メカニズムによる網膜保護を目的としていたため、スターガルト病に対しての有効性の確度は低めです。

    同試験の焦点となるのは、網膜ダメージの原因が視覚サイクルによって発現した有害物質によるものかどうかであり、仮に視


    キャンパスで損した!!
    メディシノバで取り戻す!!応援よろしく!!

  • そーせいとGNI買い材料発見!!
    https://biotech-report.info/archives/2946

    本日の創薬株は反発し、小型株の強さが際立っています。

    大型株ではジーエヌアイグループ(GNI)とそーせいグループが昨日に引き続き同様の値動きとなり、揃って4%を超える上昇となりました。

    GNIは取引開始直後に急騰したことからも、良好な相場環境であることが伺え、今後は1,140~1,260円のボックス圏を上抜けるかに注目が集まります。

    安定的な売上を計上し、中国や米国での新型コロナウイルス感染症対策の緩和の恩恵を受けるGNIは、想定通りの強さを発揮することが出来れば、その可能性は高いと見込まれます。

    そーせいグループは午後の取引開始直後から急騰しました。

    GNIほどの安定性は無いものの、小型株とは異なり過去3期で80億円前後以上の売上を計上してきた同社にとっては、PBR2倍以下の株価は過小評価と言えるでしょう。

    最低でも1,400円は値付けられて然るべきで、本日の急騰がそのきっかけになるかに注目です。


    キャンパスで10万負けたがメディシノバで取り返す!!
    皆もメディシノバにジョインよろしゅー!!

  • ありがとよ!!じゃあな!!

  • そーせいとGNI買い材料発見!!
    https://biotech-report.info/archives/2946

    本日の創薬株は反発し、小型株の強さが際立っています。

    大型株ではジーエヌアイグループ(GNI)とそーせいグループが昨日に引き続き同様の値動きとなり、揃って4%を超える上昇となりました。

    GNIは取引開始直後に急騰したことからも、良好な相場環境であることが伺え、今後は1,140~1,260円のボックス圏を上抜けるかに注目が集まります。

    安定的な売上を計上し、中国や米国での新型コロナウイルス感染症対策の緩和の恩恵を受けるGNIは、想定通りの強さを発揮することが出来れば、その可能性は高いと見込まれます。

    そーせいグループは午後の取引開始直後から急騰しました。

    GNIほどの安定性は無いものの、小型株とは異なり過去3期で80億円前後以上の売上を計上してきた同社にとっては、PBR2倍以下の株価は過小評価と言えるでしょう。

    最低でも1,400円は値付けられて然るべきで、本日の急騰がそのきっかけになるかに注目です。


    メディシノバも大型バイオにジョインするの間近やでー!!
    よろしゅー!!

  • モダリス買い材料!!
    https://biotech-report.info/archives/2946


    モダリスは米国におけるユートロフィン遺伝子を標的とした筋ジストロフィーの治療法に関する特許が承認されたことを報告しました。

    同特許はゲノム編集技術「CRISPR-GNDM」を使ったDuchenne型筋ジストロフィー症に対する治療を行う治療薬についての特許であり、日本では既に承認を得ているものです。

    現在の創薬株式市場では特許取得は材料として弱く、大幅な株価上昇は期待出来ないものですが、本日のモダリス株の反応は良く、ストップ高となりました。

    モダリスは上昇トレンドに入っており、本日の上昇がそれを加速させ、近日中に抵抗線である600円を超えるかに注目です。


    儂推しメディシノバもよろしゅー!!儲けた金で買いにきてやー!!

  • バイト20日分の給料がパーだ!!
    クソ!!さいやくだ!!

  • >>No. 693

    ココが駄目だわ!!
    まともなとこに戻るわ!!

    > 投資は自己責任だぞ?大丈夫かじいちゃん?

  • >>No. 694

    昨日参加で十万だよ!!
    メディシノバ上がんねーからこっちで稼ごうとしたのによ!!さいやくだ!!

    > 騙されたのか……どんまい😭
    > どれくらい大損こいたの?

本文はここまでです このページの先頭へ