ここから本文です

投稿コメント一覧 (2171コメント)

  • >>No. 979

    >ボケトークなんか売れていないと思います

     株の達人さん

     売れていますよ~ v(^o^)v・・

     ボケトーク・・4~7月の翻訳機の月間販売台数シェア94.6~96.6%で第1位を獲得していて、7月が一番多い96.6%です。日本の皆さんが評価していますよ!
     
     先日の決算報告書でも<国内では、全国の家電量販店で大型拡販が開始されました。また、多くの方に製品を知っていただく機会を増 やすために、テレビショッピングや展示会への積極的なプロモーション活動を行なった結果、順調に売上が拡大し ました。 海外は特に米国でのオンラインショップ(Amazon)販売が急伸しました。>と・・

     先般のソースIRでも「年内に世 界 20 ヵ国以上で販売していく予定」と・・

     機器の評価に厳しい日本人が認めたポケトークは世界中で売れて行く予感・・

     何をもって「株の達人」の名称?(^^;)・・

     ソースの株価上昇は・・これからですよ~!

  • >>No. 796

    >今まで上がっていたので・・
    >調整しながら・・ゆっくり騰がって行って・・
    >世界中で販売されたらと・・期待しています!

     今後、海外でポケトークの販売が伸びる可能性があることは、最近のソースのIRからも判断できますね!

     先般の決算IRでは「米国での販売が急伸」と・・❶

     7月のマカオでの販売開始のIRでは「年内に世界20ヵ国以上で販売していく予定」と・・❷

     ソースには有言実行で頑張って欲しい!

     そして、世界中でヒットすれば株価も変貌しますね!・・
     
    ❶ソース(8/8)IR<第1四半期報告書>の文中・・
    <海外は特に米国でのオンラインショップ(Amazon)販売が急伸しました。>

    ❷ソース(7/26)IR<通訳機「POCKETALK®(ポケトーク)W」のマカオでの販売開始のお知らせ>の文中・・
    <当社は、日本国内において昨年 9 月に発売した IoT 通訳機「POCKETALK(ポケトーク)W」を、年内に世 界 20ヵ国以上で販売していく予定です。>と・・

  •  今まで上がっていたので・・

     調整しながら・・ゆっくり騰がって行って・・

     世界中で販売されたらと・・期待しています!

  • >>No. 277

    >古いIR貼るなよ うざい

     昨日、発表されたIRですが・・古い?・・

  • >>No. 274

    【№2】
    <当社は、Suwa による資本注入完了に向け、関係者と対応を進めるとともに、本年9月 27 日開催予定の臨時株主総会に向けて、8月下旬までに資本注入後の取締役候補の選任を含めた当該株主総会の議案を固める予定です。>
    <なお、今年度の事業面では、下半期に向け、モバイル分野における新製品の需要増に加え、ノンモバイル分野において、当社初となる有機 EL(OLED)ディスプレイの出荷が見込まれています。更に、以前 より開発を続けてきた、当社の LTPS バックプレーン技術を活用したセンサーについても具体的な商談 が活発化しており、白山工場を除く国内工場の稼働率改善の見通しが立ちつつあります。
     当社は、構造改革と Suwa との資本業務提携の同時完遂により財務体質の健全化を図り、事業面での 回復と合わせて、下期からの黒字転換を見込んでおります。今後も、具体的な進展があり次第、速やかにお知らせいたします。以上>

  • 昨日、JDIからIR出ていましたね・・

     長いので№1・№2に分けて投稿します。

    【№1】
    ●2019 年8月 13 日 JDI・IR「2019 年度第1四半期決算発表の補足について」
    <2019 年8月9日付「2020 年 3 月期第 1 四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」で開示の通り、当社は 2019 年度第1四半期に 517 億円の事業構造善費用等を計上したことにより、親会社株主に帰属する四半 期純損失が 833 億円となり、この結果、当社の純資産は 772 億円の債務超過となりました。株主を始めとする関係者の皆様には多大なるご心配、ご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。
     上記決算発表を受けた一連の報道において、当社の再建不安が取り上げられていますが、当社はこの 事態を想定した上で Suwa Investment Holdings, LLC(以下、Suwa)による資本注入、及び株式会社 INCJ(以下、INCJ)によるリファイナンスに向けた協議を進めており、その協議は、若干の遅れは生じているものの順調に進捗しております。当該資本注入及びリファイナンスにより、当社は今年度第3四 半期中に債務超過を解消する見込みです。(2019 年第1四半期末のバランスシートをベースとして、当 該資本注入及びリファイナンスによる資本増加を反映した場合の自己資本は 874 億円となります。)
    また、当面の資金繰りにつきましても、INCJ 及び取引銀行から盤石な資金支援を受けており、問題はございません。>
    <(和訳: AMENDED AND RESTATED CAPITAL AND BUSINESS ALLIANCE AGREEMENT 締結のお知らせ)」において、当社 との提携につき次のように述べています。・・省略・・同社の主要ステークホルダー、既存株主および債権者とのパートナーシップに忠実に尽力いたします。・・省略・・JDI がすで に公表している通り、同社の財務状況は、本資本業務提携契約に基づいた取引の完了に伴い、抜本的に 再構築される予定です。)>

  •  東海カーボンのPTS(08/13・23:39)1,035円(+30円・出来高800株)

  • >>No. 739

    >ここで出る個人の話は全部嘘だと思ってますね…

     貴方もポケトークを手に入れて使ってみて下さい・・

     良さが実感できますよ・・

  •  ソースのPTS(23:39)455円(+5円・出来高600株)

     少しずつで良いから・・明日も頼むよ~ b(^o^)v・・

  •  ポケトークは世界中でヒットすると思う・・

     ソースの決算資料で「海外は特に米国でのオンラインショップ(Amazon)販売が急伸しました。アジアでは韓国に続き香港でも販売 を開始しました。オランダやイギリスなど欧州での販売も始まり、世界中での販路拡大が進んでおります。」と・・

     ソースの株価も大きく変貌する予感・・

     目の肥えた日本人に評価され日本で売れるものは世界中で売れると思う・・

    7月度・・月間販売台数シェア96.6%で第1位を獲得(8/6のソースIR)
    6月度・・月間販売台数シェア94.4%で第1位を獲得
    5月度・・月間販売台数シェア94.6%で第1位を獲得
    4月度・・月間販売台数シェア96.0%で第1位を獲得

     私もポケトークを持っていますが・・ポケトークは自分が話した言葉が文章で画面に表示されるので、正しく認識されたか自分ですぐに確認でき、相手の外国語の文章も表示されるので相手とともに正しく翻訳されたか即確認できますので本当に優れた翻訳機です。

     ポケトークは操作が簡単でシンプルな機器で優れものです!

     翻訳機は操作が簡単で翻訳機能が優れていれば良いだけです。誤訳がないことであり、ポケトークを導入しているJRやANA等、誤訳があったら大変なことになる一流の会社・多業種が導入していることはポケトークが評価されている証拠ですね・・

     これからの外国人観光客の増加、東京オリンピック・東京パラリンピック開催、外国人就労受け入れなど・・ポケトークはこれらに関連している人々の必需品になると思う・・

     あるニュースによると「2017年の訪日客数は、前年比19.3%増の約2,869.1万人(+465万人)に対し、2018年の訪日客数は、前年比8.7%増の約3,119.1万人(+250万人)に達しました。日本政府観光局(JNTO)が統計を取り始めた1964年以降、累計で過去最高を更新し、7年連続の増加となりました。」・・これから韓国人の減少が生じますが・・今年も増加傾向と・・

  •  ヤフーファイナンス・値上がり率・全市場・デイリー

     ソースネクスト

    【順位】13 【コード】4344 【市場】東証1部 【名称】ソースネクスト(株) 【取引値】15:00 437 【前日比】+11.48% +45 【出来高】7,719,400

     今回は売上げ実績の裏付けに伴う上昇・・来週からも上昇を期待しています。

  • >>No. 488

    >読めば読むほど良い決算内容です。
    >ポケトークだけじゃなく他の種も蒔いて芽吹いているようだし。

    >粗利額は大きく伸び、粗利率も向上してる。
    >BSみても在庫や売掛が大きく膨らんでることもない。
    >あとは会社が広告販促等の販管費を抑えて収穫のタイミングを間違えなければ、
    >近い将来どこかのタイミングでとんでもないサプライズ決算を出す可能性大です。

     nahさん 同意です・・
     
     しかし、今回の決算でも売上高が約2倍あるのに利益はほぼ昨年並み・・

     確かに先行投資であるポケトークの周知や販売の為の宣伝広告費がかかるのは分かりますが・・余りにも収益率が悪いので、過去、何回も「会社運営の改善お願い」のメールをしています・・

     ソースはパソコンソフト・ポケトーク等の売上げが好調で・・

     毎回売上高が上がっているので・・今後楽しみな会社と思っております!

     ポケトークが世界中で売れて、ソースが世界的な会社に発展することを願っております V(^^)V・・

  •  ポケトークは売れていますね・・

    ●2019年 8月 6日・ソースIR<AI通訳機「POCKETALKⓇ(ポケトーク)」シリーズが2019年7月度 月間販売台数シェア96.6%で第1位を獲得>

    6月度・・月間販売台数シェア94.4%で第1位を獲得
    5月度・・月間販売台数シェア94.6%で第1位を獲得
    4月度・・月間販売台数シェア96.0%で第1位を獲得

     ソースは売上高に対して収益率が極端に悪いので改善願いのメールを会社に送りました・・

  •  もうそろそろFFRI<3692>との提携が意識されてきますね・・

    ●7月13日(土)10時00分配信 フィスコ「個人投資家・有限亭玉介:期待の個別株と人気テーマからの注目株【FISCOソーシャルレポーター】」

    (1~2注目株は省略)
     3つ目の銘柄はソースネクスト<4344>。情報セキュリティソフトで知名度がある企業でしたが、近年では自動通訳機の「ポケトーク」でも話題になる企業。6月26日には「POCKETALK(ポケトーク) W」が香港で販売開始、今後も海外展開が進めば増加し続ける訪日外国人の中で、日本を訪れる時の必須アイテムのような商品になるかもしれない。サイバー防衛関連でも培った技術力が評価されFFRI<3692>との提携が注目されている。チャートは下落トレンドから反発へと向かっているが、25日線も上向いてきているので、ゴールデンクロス入りにも期待したい。

    (参考)
    ●令和元年 5 月 15 日  FFRI・IR「ソースネクスト株式会社とのOEM契約締結に関するお知らせ」
    < 1.業務提携の理由・内容 (略)近年のサイバー攻撃は高度化・巧妙化が進み、ランサムウェアなど直接的な金銭を要求する攻 撃も増加。(略)個人や小規模 事業者に照準を合わせた攻撃が広がっている。(略)専門の情報システム担当者がいない小規模事業者 や個人では、最近の新しいサイバー脅威への対策が遅れている状況。 当社グループは1,600万人以上の登録ユーザーを有し、多くの販売実績を持つソースネクスト 社に対し、次世代エンドポイントセキュリティ「FFRI yarai Home and Business Edition」をOEM 提供する。(略)既知・未 知のマルウェアや脆弱性を利用した攻撃を高精度で防御する次世代エンドポイントセキュリテ ィであり、高度なセキュリティ対策を実施する中央省庁や金融機関、ライフラインを支える重要 インフラ企業に数多くの導入実績がある「FFRI yarai」の個人・小規模事業者向け製品。
     ソ ースネクスト社は、本OEM新製品を、令和元年9月頃を目途に同社の運営するECサイトを始めとして広く販売を開始する。 今後、当社グループの持つ技術力と、ソースネクスト社の持つ企画・開発・販売力をコラボレ ートすることにより、両社のさらなる発展につなげる。 >

  •  今日から現物で参戦です。宜しくお願い致します。

  •  AIポケトーク使用しています!

     ポケトークはAIなのでソフトウェア更新をするたびに優秀になって行き誤訳もなく長文もしっかり翻訳して驚いています。

     早く、世界中で販売されることを祈念します!

     そしたらここの株価もUP!V(^^)V・・

  • >>No. 447

    >ナノはパイプライン約10本等・・材料も多く株価が騰がる良い情報がいつ出るか分かりませんね・・

     以前のナノからの3つのIR・・

    ❶ 平成30年12月12日ナノIR「米国第I相パート臨床試験の主要評価項目達成のお知らせ NC-6300 エピルビシンミセル」<当社は米国において、NC-6300の第I/II相臨床試験を実施しております。これまで、 NC-6300の安全性・忍容性の検討、ならびにNC-6300の推奨用量の決定を目的として第Ⅰ相パートの臨床試験を実施してまいりました。この度、第Ⅰ相パートについて、主要評 価項目を達成しましたのでお知らせいたします。 >とありますが・・

     この第Ⅱ相の開始はまだなのでしょうか?・・

    ❷ 平成30年12月13日ナノIR「国内第Ⅲ相臨床試験に関する新規治験計画届出のお知らせ」<当社とセオリアファーマ株式会社(以下、「セオリア」)が共同で準備を進めてまいりまし た、耳鼻科領域の新医薬品等の開発候補品における第Ⅲ相臨床試験に関し、2018 年 12 月13日に治験計画届書を、PMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)に提出しました>と・・

     許可が出たのでしょうか?・・

    ❸ 平成31年1月9日ナノIR「NC-6004と免疫チェックポイント阻害剤キイトルーダ®の併用による 第Ⅱ相臨床試験に関する新薬治験許可申請(欧州)のお知らせ」<既にご案内の通り、当社とOrient Europharma Co.,Ltd. (台湾)が共同で実施する、 NC-6004 と免疫チェックポイント阻害剤のキイトルーダ®(抗 PD-1 抗体ペムブロリズマブ)を併用した 頭頸部がん対象の第 Ⅱ 相臨床試験開始のためのCTAを、米国に続き、欧州地域の規制当局に提出しましたのでご報告申し上げます。>と・・

     許可が出たのでしょうか・・

     もう6月になりましたが・・この3件の結果は出たのでしょうか?

     このIR自体が「開始のお知らせ」になるのでしょうか?

     「この3つの開始IR」だけでもナノ株価高騰すると思うけど・・

     IRまだ?・・

     私、分かりませんので、ナノにメールして確認してみます・・

  • >>No. 427


    >アキュルナ社はsiRNA核酸医薬で乳がん治療に乗り出す。
    >DDSを使い医師主導治験を2019年中に始める。
    >ナノキャリアは、アキュルナ社に投資と再実施権付の契約を締結している・・・・!(^^)!

     pjyさん これですね・・

     6月3日の化学工業日報にナノと関係があるアキュルナが「乳がんの中でも質の悪いトリプルネガティブ乳がん(TNBC)にSiRNAを用いた核酸医薬の医師主導治験を今年中に始める」と・・

     2019年6月3日・化学工業日報「アキュルナ 核酸医薬でTN乳がん治療」
    <東京大学系ベンチャーのアキュルナ(東京都文京区、秋永士朗社長)は、SiRNAを用いた核酸医薬で乳がん治療に乗り出す。東大の片岡一則特任教授が開発した薬物送達システム(DDS)を使い、トリプルネガティブ乳がん(TNBC)患者を対象とした医師主導治験を2019年中に始める。TNBCはバイオマーカーの「HER2」が発現せず「ハーセプチン」などの抗体医薬が効かない。抗体医薬に次ぐ技術と期待される核酸医薬で治療選択肢を広げる狙い。>と・・

     アキュルナ株式会社とナノキャリア株式会社の関係は・・

     アキュルナのHPでは・・
    <アキュルナ株式会社(代表取締役  渡邉温子)は、平成28年3月16日、ナノキャリア株式会社からの全世界における特許の再実施権付き独占的実施許諾契約を締結するとともに、同社との資本提携を行なったことをお知らせします。今回の出資にはナノキャリア株式会社と共に株式会社ファストトラックイニシアティブの運営する組合(ファストトラックイニシアティブ2号投資事業有限責任組合)が応諾しております。
     これによりアキュルナ株式会社は、産学連携により生まれた画期的な核酸医薬DDS技術の創薬への応用を目指し、世界展開を視野に活動を本格化させます。>と・・

    ナノは先月(5/21)のIRで<ナノ医療イノベーション センターと米国で第I/II臨床試験を進めるミセル化ナノ粒子製 剤NC-6300に関する共同研究契約を締結した>と・・

     今のナノは行使で株価が冴えませんが・・ナノの薬開発の連携は広がっています・・

     ナノ薬の実現の為の行使・資金調達・・ガマン・ガマンが続きますが・・

     ナノはパイプライン約10本等・・材料も多く株価が騰がる良い情報がいつ出るか分かりませんね・・

  •  ナノは行使をしないとナノに資金が入らないので仕方ないが・・

     株価が下がらない対策(ビッグなIR発信等)をして行使を行うべき!

     この様な株価で株主総会(6/26)が開催できるのでしょうか?・・

     ちなみに、昨年の株主総会の日・・平成30年6月22日(金曜日)の株価527円(終値)でした・・

     今日、IR出しなさい!!

     こんな時に弱小個人株主の私のできること・・

     昨夜、ナノに株価対策のお願いメールをしました!

  • >責任もって株価対策を・・何かIR出しなさい!~

     こんな株価の日・・

     私にできること・・

     ナノに株価対策のお願いメールをしました・・

本文はここまでです このページの先頭へ