ここから本文です

投稿コメント一覧 (1292コメント)

  • いよいよ10月に川重の建機事業売却!
    この売却した利益はどうなるのでしょうか?
    川崎重工業(神戸市中央区)は28日、建設機械のホイールローダーを製造する子会社KCM(兵庫県稲美町)を日立建機(東京)に売却すると発表した。2015年10月に川重が持つKCMの全株式(発行済み株式の66%)を譲渡する。金額は非公表。社員約570人は日立建機グループに移る。

     川重は売却理由を「事業の発展には総合建機メーカーの調達、販売網の活用が必要」とした。売却後の社名や本社所在地は未定。

     ホイールローダーは土木現場で土砂を運んだり、産業廃棄物を運搬したりする重機。KCMはホイールローダー専業で、14年3月期の売上高は263億円、純利益は3800万円だった。

  • 事業の売却金額が未定というのが意味深い!
    5月高値で事業売却した川重の経営感覚はすばらしい!
    10月になってから売却していたらキャタピラーの下方修正を受けて散々です。
    事業の集中と選択が今後の成長に大きく影響します。
    安保騒動も終わり潜水艦もオーストラリアに売る方向で事業調整がスタート。
    航空機も古い飛行機の買替需要で成長産業です。
    空売りで目先の動きに惑わされずしっかり企業の姿を見極めましょう。
    10月末は中間決算発表で良い報告待ちです。

  • 【シドニー時事】オーストラリアの次期潜水艦建造計画をめぐり、独仏と受注を競っている日本政府は、海上自衛隊の「そうりゅう」型潜水艦を豪国内で建造することに前向きに取り組む!
    しかし金曜日の夕方の微妙なタイミングでニュース報道するな・・・。
    空売り部隊が安値で買戻し高値で売る。双方向のアルゴリズムを駆使したコンピューター売買に個人投資家は
    翻弄され信用買い残で買っていた人は怖くなって配当取りの前に損切でしょうか。
    すごいなヘッジファンド・・・?
    まあ10月末まで私は保有しますけど。
    投資は自己責任です。何を信じるかは自分で分析するしかないのですね。
    四季報の先取りには良い売上予測ですが、これも過去の情報なので今現在の状況は判りません。
    やはり長期連休前には売って置くのが基本中の基本でしたな。
    連休明けの二日間に一気呵成にしかけたヘッジファンド?のプロの動きは凄いと思います。
    9月7日にも418円の安値を付けて買い戻しで470円台まで回復!8月25日にも同じような動き。
    3サイクルも同じ手で儲けれる人は凄いな。感心します。

  • 政投銀はMRJ向けに先立ち、この制度を使って三菱重工広島製作所(広島市)に150億円程度を投じることも決めた。三菱重工は米ボーイングの次期大型旅客機「777X」の生産に参画。政投銀は生産効率化につながる最新鋭のロボットなどの導入を支援する。777Xの胴体を生産する川重やエンジンを手掛けるIHIにも同様の事業出資を計画している。→自己資本を棄損せずに国策事業として出資を受けて航空機産業の成長を行う企業。
    有り難く出資を受けて強い企業を創ってほしい物です。
    零戦に匹敵するような将来の国産戦闘機開発にも技術革新を応用するための土台づくりか?
    まあ良い方向に向かっているようですね!(航空機開発には巨額の開発費が必要なので研究開発費の
    出所を心配していたところでした)さすが政策投資銀行です←液晶パネルのJDPみたいに巨額の投資を期待します。これから空売り部隊の心配材料が増えて来るな!中間決算報告では建機事業売却の費用積み上げ分の含みで
    調整してくるでしょうね。待ちに待った苦月が終わり10月相場がいよいよ始まります。
    しかし苦しかった8月末相場から9月相場。例年のこととはいえ今年は特に変動の多い月でした。

  • >>No. 342

    私も8月25日にIから348円で損切りしてKへ乗り換えました。
    Iと東芝の深い関係を知ってから早く手放しました。結局傷が深くならず私にとっては正解でした。
    早い判断が傷を浅くします。
    クラリオンを305円で売ってからのK社への乗り換えでしたので失敗しましたよ!
    BIG企業はヘッジファンドの的になりやすい事を身に染みて感じています。
    株って本当に難しいなと下げ基調の時に売買して利益を得るのがプロですね。
    上がり基調の時の投資は誰でも儲かります。
    今が一番苦労の多い時ですがお互い知恵を駆使して頑張りましょう!

  • 目先の動きに惑わされずしっかり情勢を見ようや!
    早朝のニュースで防衛関連のニュースが。
    (ブルームバーグ):戦後70年の節目に集団的自衛権の限定的行使を可能にする安全保障関連法案が成立した。安保政策に国民的な注目が高まったのは国際平和協力法(PKO法)の制定以来、20年超ぶり。防衛予算の拡充が今後見込まれる中、株式市場でも日本の防衛関連株に注目する動きが出ている。
    おもしろくなってきた!やっと何十年ぶりに防衛関連銘柄の復活か?

  • 川重頑張れ!応援団は多いぞ。バイクも好きだけど。
    追加の情報
    防衛銘柄指数の中で、過去5年間の防衛関連の契約実績が最も多いのは三菱重だ。防衛省のデータでは14年度に213件、総額2632億円を受注。同社全体の売上高の7%に相当する。岩井コスモ証券の西川裕康アナリストは、国内の防衛産業は三菱重と川崎重をトップにピラミッドのような形をしており、「航空宇宙産業だけでも約2500社が連なり、効果は徐々にトリクルダウン(富の浸透)し、国内経済の復活にとってプラスだ」と話す。

    年末に向けてどうなることやら?まあ8月25日と9月17日の騒動を思えばまだ状況は良いな。

  • 確かに遊ばれている感じ。
    資金があれば空売りし放題だな。なにせ反発力が無い。
    自社株買いでもして空売りコンピュータを驚かせて下さい!

  • 素晴らしいほどのコンピュータ売買に圧巻。(日経平均が下がると強気で売ってくる!)
    売買の流れから考察すると配当取りの損切り加速をねらった心理戦の空売りでは?
    今日はどこまで下がるのか怖くて損切りした人も多いでしょう?(昨日損切りすべきだったのでは?)
    家宝は寝て待て。恐怖を演ずる急降下の下げ。コンピュータでないと仕掛けれませんね!
    頭痛がしそうな一日でした。明日は明日の風が吹く。
    今日で4日連続の下げでした。(最近は珍しい4日間で67円下げは恐ろしい)

  • かなり中間期末を迎えて利回りを追う空売りパソコンが焦っている。
    今日はどうしても414円底値で引けを狙ったがクローズ前の10分で日経平均が切り返すと
    慌てて買戻ししていた。おかげで418円が終値。もう空売り危ないで。
    そろそろBIGニュースが飛び出し焦った空売りは慌てるで。もう下げる余地より上げる余地の方が大きい。
    まあ素人の私より空売りの限界が来たことは判っていると思うけど。
    中間期末で決算をするので借入金の元本も決算する時期ですよ!
    いきなり20万株一回で売るとか、クローズ前に配当目当てで150万株を売買するのは焦っている証拠では?
    下げる余地はもう限界に来ている。まあ頑張って空売りして下さい!
    寝ている間に、そろそろ空売り部隊には怖いニュースが飛び出るで?(情報の分析は自己責任でお願いします)
    空売りは下がっている時は良いが一旦上がり始めると収拾つかない程損失が拡大するらしい!
    行きはよいよい帰りは恐い!(下がっている時は良いが上がりだすと天井が見えない)
    まあ10月末にはどちらが勝者と敗者が決まります。お互い頑張りましょう!

  • 9月末はどこの企業でも人事移動の最終局面でみんなは仕事に集中できない。
    そんな中で企業から下期に向けた活動方針が出るのは10月第一週の下期に向けた企業TOP社員向け全体朝礼など。
    いずれにしても10月からが下期の活動スタートとなります。あと2日間は月末棚卸で忙しい。
    早くこいこい中間決算報告!→川重の第一四半期決算までは絶好調、中間決算はどうかな?
    10月の安倍政権の第二ステージのスタート祝砲は日銀黒田総裁の金融緩和発表か?
    両者はツーカーの仲ですから、黒田総裁は安倍総裁の意を汲んで手を打ってくるでしょうね?
    安倍首相は長州男児なので明治維新の改革者の志を胸に秘めているでしょう!
    (安倍さんは一生懸命やっていますよ)好き嫌いは別として。
    高杉さんの「面白き無き世をおもしろく」「すみなす者は心なりけり」辞世の句を思えば空売り部隊の事も
    何の事はない!嵐が去れば晴れ間がやってくる。

  • 今日も忍耐の日々。こうなると判っているけどぼやきたくなる日々。
    まあ午前中はアルゴリズム空売りコンピュータがフル稼働できつく下げてまた安値更新するな。
    午後から反発で終値は410円といったところで終わってほしいな。
    ここまで67円下げたのでもう限界とは思いますが、神戸製鋼の下方修正は気に成るな。
    (取引は自己責任で→数値はあくまで自己視点ですので参考にしないでください)
    9月中は空売り部隊の圧勝でしょうね。利上げ延長・中国騒動よりひどい毎日の株価の連続安値更新。
    来年からは8月盆前に株は売って9月末に買い戻そう。
    年末に向けては、安倍政権の威信をかけた戦いが始まり株価は上がるだろうな!
    空売り部隊も今度は買い増し部隊に変身して儲けは2倍化か。(仮面ライダーの変身みたいに)
    しかし川重ファンにとっては、下がってばかりだと気鬱に成る。
    そろそろ秋晴れの如く晴天を見上げれるようになってほしいな。
    さあ早朝からゴミ当番して出張に行って来よう。元気にしていれば結果は付いてくる。
    川重ファン頑張れ!社員さんも家族と世の中のために頑張って下さい。不正をしては川重の信用を損ねる。
    しかし最近企業の不正が多く余計な事を心配してしまいます。

  • 日経先物は上がっているしそろそろ底が見えてきた。
    まあ今日は最後の攻防でした。400円割れをどうしても演じて弱気の心理戦が行われた。
    川重ファンはこんな下げでは諦めないで。
    早く10月にならないと下期の活動がスタートしない。
    金融機関も9月決算末で資金を動かせない。空売りのやりたい放題は後1日ですよ。
    そろそろ買戻しの10月相場が始まる。下げる余地より上げる余地の方が大きい。
    今日の400円攻防を見てみると大きく売り込めない状況が伺える。
    あくまで私の個人見解なので投資は自己責任でお願いします。
    しかし5日連続のマイナス相場はさすがにきついな!いやになりますね。
    まあ夜明け前が一番暗いものです。川重の中間決算に期待します。

  • やはり出たな潜水艦売却前向きニュース!
    なんで今夜の20時ロイターなのか400円攻防で売り込めない理由がわかった気がします。

    [東京 29日 ロイター] - 豪潜水艦の共同開発候補に名乗りを挙げている日本が、必要な技術を移転し、現地で建造する本格的な検討に入った。競合するドイツとフランスに比べ、オーストラリア国内で造ることに後ろ向きとみられていた日本は、現地建造の姿勢を明確にして巻き返しを図る。

    日本は豪州の技術者を訓練し、自力で建造できる水準まで能力を引き上げることを検討。三菱重工業<7011.T>と川崎重工業<7012.T>の造船所がある神戸市と、造船産業が集積する南オーストラリア州アデレードの両方で、数百人規模の技術者を指導することを想定している。

    明日は日経先物も上げているし、川重の買戻しにも拍車がかかるようなニュースだね?

  • インドネシアより本命はアメリカ高速鉄道!トンネルの多いインドネシアよりアメリカで新幹線が走る方が良いのでは?
    まあインドネシアを失ってアメリカ死守で政府も頑張るのでは。中国はインドネシアを日本に渡してアメリカを狙うはずだったのでは。
    全戦全勝はできないで。これで日本政府の威信にかけてアメリカ高速新幹線受注に取組むでしょう!
    そろそろアメリカも景気が良いうちに決めるでしょう!

    高速鉄道 日本vs中国、アメリカでの受注争いが白熱化?

    新華社通信によると、中央財務高官の会見で、米中はアメリカ西部高速鉄道計画について確実な進展があったと報じられた。
    日本メディアは日本と中国がアメリカ高速鉄道の建設受注をめぐって、競争が白熱化する

  • 日本株を9月に大きく売り込み10月末の上がりを確保しヘッジファンドの運用利回りを
    最大限確保して10月末に売り込みヘッジファンドの11月決算に備える?
    そうだったのか?その点では日本株は運用しやすい。個人投資家が直ぐに弱気になる。
    サウジの投資資金も27日までに引き上げたようだしそろそろヘッジファンドも仕込んだ株の
    上がりを確保する行動を起こすのでは?
    あくまで私の考察ですので自己投資は個人の責任でお願いします。
    そろそろ実体経済が見える中間決算発表の企業が増えて来る。
    空売り部隊は実体経済が見えるまでが売りの勝負ですね?

  • 一日遅れの411円での終了。
    昨日の下げは何だったの?空売り部隊の買戻しで往復の差額GETでやり放題。
    素人には心理戦をしかけ8月盆明けから今日までアップダウンの毎日。
    そろそろロイターあたりから三菱重工と川重の上方修正ニュースがでそうだけど。
    ヘッジファンドも買い方に回ってどっちにしても儲けて素人が損するばかり。
    ゆすって、ゆすって最後は追い落とす。
    中国の相場は連休でしばらく休眠中。今日は終始安心できる平和な日を久しぶりに迎えれた。
    9月18日終値466円から9月30日で55円のマイナス。あっという間の下げでした。

  • 実体経済の数字が一番大事!
    中間決算発表の数値が四季報より上回るのかどうかが今後の株価を左右する。
    すでに川重の経理は判っていると思うのですが我々には情報が入ってきません。
    まあ川重はI社のように海洋プラントでの損失計上が無いと思うので株主にとっては良き企業ですが。
    以下のような話は期待が持てる話で売上のベース事業としてはこれからの事業売上。
    今現在の売上が大事。(これが実態経済の売上数値)←社員さんは判っているだろうな?良いか悪いか?

     三菱重工業<7011>、川崎重工業<7012>、IHI<7013>など総合重機メーカーをはじめ、東レ<3402>、帝人
    >などの炭素繊維を手掛ける素材関連やナブテスコ<6268>、ジャムコ<7408>など航空機部品や関連部材を生産するメーカーが買いを集めている。世界景気減速に対する懸念が取り沙汰されるなかも、世界の民間航空機需要は趨勢的に拡大基調を強めており、機体や設備、素材、部品など航空機分野に展開する日本メーカーのビジネスチャンスに期待して株式市場でもテーマ買いの動きが出ている。日本メーカーはその技術力の高さから、米ボーイングや欧州エアバスのサプライヤーに選定されている企業も多い。そうしたなか、30日付の日本経済新聞で「日本企業が米ボーイングや欧州エアバスの新型旅客機に向けて相次ぎ部品を増産する」と報じており、ボーイングの次期大型機「777Ⅹ」の胴体部分を手掛ける三菱重、川重をはじめ、炭素繊維複合材(CFRP)で高シェアを持つ東レや、飛行制御の「アクチュエーター」関連で高い納入実績を持つナブテスコなど、関連企業へのマークが改めて強まっている。

  • 川重の経営者様に御願!【ワーゲン・東芝社のような経営損失を招くような目先の保身の行動をしないで下さい!】
    会社は公的なもので個人の鋭利目的に使用してはいけません。
    60歳を過ぎてなお自己の鋭利目的のために生きるのでなく社員・社員の家族・グループ企業・社会のために残り少ない人生をマズローの自己実現の欲求のために活用して下さい。
    日本男児の若くて特攻に行った人たちの姿を思えば目先の欲のために経営を私利私欲しないで下さい。
    何社か情けない経営者の不祥事が続きましたので大変心配します。
    若い者に経営を任せ出処進退の時期を間違えないよう晩年を汚さないようお願いします。
    川重は大丈夫だろうな?隠ぺいするような事はないだろうね。悪い事をしたら何時かわかるよ。

  • このサイトは川重ファンが多いと思っていましたが
    川重の応援団の声が少ないような気がします。
    もう書き込み卒業します。

本文はここまでです このページの先頭へ