ここから本文です

投稿コメント一覧 (159コメント)

  • 選挙期間入り、好決算、下値切り上げGC直前。
    仕手筋が仕掛けるタイミングとしていい時期ですね。

  • それにしてもかずある仕手株のうちここほど財務健全性が高い銘柄他にありますか?
    どこも悪情報と隣り合わせだがここは違いますね。

  • 値幅150円になってストップ高狙えるようになったな、後はタイミングだけ

  • 典型的な仕手株ですね。投資顧問系情報でここが配信されてるようです。早漏組がPTS買ってるようですが。しばらく祭りにはなるだろうがその後は・・
    旬の時期はそう長くない

  • アナリストレポートVOL1

  • 明日は特買い気配濃厚だな。決算内容の見直しでPTS買われ始めた

  • 金曜日に信用買い残が30万株激減したから明日は売り込まれる可能性は低い。朝一から上がって決算発表前にチキン売りで少し下げる展開を予想しています。

  • 現時点で黒字はかなり濃厚。
    下方修正→下げ過ぎたので800
    上方修正→リバウンドで3000
    を予測してる。どっちがリスクあるかは一目瞭然。売り煽りは素人

  • 逆に危険ですよ。空売り残高2100株しかない銘柄の中にあなたの空売りがあるの?誰にでも分かる嘘はやめましょう。

  • 昨日32万株信用買いが減ってる。月曜日からの売り圧力激減の可能性大。しかも改元と決算発表など話題性がある。昨日買っておくべきだった。
    月曜日参戦します。

  • 信用買い昨日で激減してる。月曜日ストップ高ありえそうなら参戦

  • ここ新卒募集の数増やしてるし千葉県内での評判聞く限り健全な会社だぞ。

  • ここの今後を占うにあたって6467ニチダイが参考になる。なぜならトンピン銘柄だから。
    サンバイオにせよレオパレスにせよリバウンドの背景に複数の仕手の存在があった。ここはトンピンとトンピン信者とウルフ村田でしょ。
    ニチダイそのもの。チャート見れば分かるよ。

  • ここ興味あるんだが今日の感じだと怖くて買えない。アマゾンと提携してるし成長性は認めるが直近IPOがことごとく初値後失速してる現状を見るとロックアップ解除後の暴落の可能性が高い。
    しばらく様子見としよう。

  • リプロセルの上髭回数は今まで20年間投資した中でも指折りの頻度。ニュースが出て期待先行でPTSと寄りで買われて後場失速。何度も経験してるのに今度こそと思ってしまう人がカモになる。
    こうなってしまう根本的原因は発行株式枚数・浮動株が多いし買い残もかなりあるから本格的な上昇までは時間がかかりそう。そしてIPS関連ニュースとリプロセルの本業との相関性がそこまで高くない。
    結局は業績が大事なのに売り上げが伸びないのに赤字額が広がるのを何とかしてほしい。
    ここの黒字化は後5年は最低かかりそうだが。
    期待しているが今の現状はひどい。

  • 他のバイオだとストップ高するのにリプロセルは上値重すぎて上髭パターン多いが。
    今度こそ信じて良いかな。
    握りしめてる2万株やっと救われるかいな。

  • ブタ体内で人の膵臓、研究申請へ=解禁受け、国内初-東大など
    3/2(土) 15:23配信

    時事通信
     動物の体内で人間の臓器を作る研究が1日、解禁された。これを受け、中内啓光・東京大特任教授らのチームは、ブタの体内で膵臓(すいぞう)などを作る国内初の研究計画を今春にも東大の倫理審査委員会に申請する方針を明らかにした。

     移植用の臓器提供は不足しており、チームは将来、作製した臓器を移植に利用することを目指している。膵臓のほか肝臓や腎臓の作製も検討する。

     チームによると、膵臓などの臓器を作れないよう改変したブタの受精卵に人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)を入れ、ブタの子宮に戻すと、胎児の臓器はブタと人の細胞が混ざったものになる。当面は出産させずに胎児を取り出し、人の細胞の割合などを検証する。 

     チームはラットの体内でマウスの膵臓を作り、マウスに移植して糖尿病を治療する研究に成功している。だが、げっ歯類同士のラットとマウスの組み合わせと異なり、ブタと人は遺伝的な違いが大きく、米国で行われた研究では、胎児に含まれる人の細胞はわずかだった。

     実用化までには課題があるほか、動物と人の細胞が混じった生物を誕生させることの倫理面の問題なども指摘されている。

     政府は2001年に策定した指針で、動物の受精卵に人の細胞を入れる基礎研究を認め、動物の体内に戻すのは禁止していた。今回、研究が進展したとして解禁し、指針を1日に改定した。

     チームは東大の倫理審査を経て国の専門委員会に計画を申請し、認められれば研究を始める。

     中内特任教授は「長い年月をかけた議論を経て、研究が可能になったことは喜ばしい。人の臓器を作る研究を申請し、透明性を保ちつつ慎重に進めていく」とコメントした。

    リプロセルの研究顧問の1人である中内教授の研究チームの研究がニュースになっています!

  • iPSで「ミニ肝臓」、重症乳児に移植計画 研究申請へ
    2/25(月) 20:00配信
    7
    朝日新聞デジタル
    iPSで「ミニ肝臓」、重症乳児に移植計画 研究申請へ
    iPS細胞を使った「ミニ肝臓」を移植する臨床研究のイメージ
     iPS細胞から「ミニ肝臓」を作り、重い肝臓病の乳児に移植する臨床研究計画について、横浜市立大のグループが、夏にも再生医療を審査する慶応大の委員会に申請する方針であることが23日、わかった。肝臓のような複雑な臓器の組織をiPS細胞から作るのは難易度が高い。2020年度の移植を目指している。

     谷口英樹教授らのグループは、iPS細胞から「肝臓前駆細胞」「血管内皮細胞」「間葉系(かんようけい)細胞」という3種類の細胞を作り、組み合わせて肝臓の機能を持つ組織「ミニ肝臓」(直径約0・15ミリ)を作製。大量に移植して肝臓の機能を補う。

     iPS細胞を使う臨床研究で移植する細胞数は、慶応大の脊髄(せきずい)損傷で約200万個、大阪大の心不全治療の心筋は約1億個。今回は数億個と大幅に多い。

     グループは肝疾患のマウスに移植し、肝組織が作られて治療効果があったことを確認した。

    朝日新聞社

    今度は横浜市立大学の研究グループですね。リプロセルの培養キッドや細胞提供の需要が増えることを願いましょう。

  • リプロセルの研究試薬の需要も増える思惑買いが入る展開になりそうですね。IPSの市場規模を考えると思惑だけで上げるバイオ銘柄の中でも最低位銘柄。売り煽っても下げは知れている。見上げればどこまでも青天井。ここを買わずしてどこを買う。

  • 慶大、iPS心筋移植を春に申請 重い心臓病患者に
    2/23(土) 17:49配信
    7
    共同通信
     慶応大の福田恵一教授は23日、人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から心筋細胞を作製し、重い心臓病の患者に移植する臨床研究計画を4月にも同大の審査委員会に申請する方針を明らかにした。大学と厚生労働省の2段階審査を経て実施が認められれば、秋以降に拡張型心筋症の患者3人に移植する。

     計画では、京都大が備蓄しているiPS細胞のストックから心筋細胞を作製。特殊な注射で心臓の表面15カ所に計5千万個を注入する。他人の細胞由来のiPS細胞を使うため、当初は免疫抑制剤を使い、拒絶反応を抑える。

本文はここまでです このページの先頭へ