ここから本文です

投稿コメント一覧 (788コメント)


  • 助成金等受領一覧覚えメモ(2

    ◎北京コンチネント薬業有限公司

    *2019年8月6日
    ¥中国人民元総額492万元の内初回分147万元(日本円で約2,200万相当)
    ・中国政府
    ・アイスーリュイの適応症であるじん肺治療薬開発費用として

    *2018年10月26日
    ¥中国人民元85万元(日本円で約1,300万円相当)
    ・中国北京市順義区経済情報技術委員会
    ・アイスーリュイの結合組織疾患を伴う間質性肺疾患(CTD-ILD)の臨床試験

    *2016 年8月24 日
    ¥ 中国人民元740千元(日本円で約11,151千円相当)
    ・中国北京市順義区科学技術委員会
    ・アイスーリュイの結合組織疾患を伴う間質性肺疾患(CTD-ILD)への適応症拡大
     にかかる助成金として

    *平成 27 年 11 月 24 日
    ¥ 中国人民元 788千元(日本円で 15,1 88 千円 相当)
    ・中国北京市順義区科学技術委員会
    ・中小企業による革新的 技術の創造


    *平成 27 年 11 月5日
    ¥ 中国人民元 14 万元(日本円で 2,671千円 相当)
    ・中国北京市科学技術委員会
    ・小規模製薬企業の借入支払利息に対する助成金


    *平成 27 年 4月22日
    ¥中国人民元10万元(日本円で1,936千円相当)
    ・中国北京市科学技術委員会
    ・高新技術企業(ハイテクノロジー企業)としての認証を取得

  • >>No. 425

    塩野義のピレスパ(ピルフェニドン)てのがあります。
    (勿論進行を抑えるのみですが)

    うろ覚えながらこんな投稿がありました、
    ピレスパを投与されていたが、医師からオフェブに切り替えようと言われ、
    オフェブにしたとたんに急性増悪?とかで亡くなった。
    医者は薬の事は案外と知らないものです。

    OHを付けたF351、間違いなく成功しますよ。

  • 3分割は想定外、2分割と推測したが。
    (3月2日&それ以前の投稿です。)


    以下私の希望再掲です。

    GNI発展記録

    2030年:
    *売上高遂に9500億円
    *現在販売中の5つの抗がん剤に加えて、さらに3種の抗がん剤候補薬の2相治験開始
    *ヒドロニドン(F351)の想定外の適応拡大が進展
    *株価250,000円(4分割以前の1,000,000円相当)


    2025年:
    *売上高2千億円
    *Cullgenの抗がん剤2種が販売承認される。
    *ヒドロニドン(F351)適応拡大が進展
    *アメリカでの順調な販売拡大
    *株価216,000円


    2020年:
    *売上高400億円
    *Cullgenの抗がん剤2つ目が2相治験へ、
    *ヒドロニドン(F351)中国の販売承認申請へ
    *アメリカ3相治験早期完了見込
    *欧州大手製薬会社へ導出し約600億円を調達
    *アイスーリュイの適応拡大分の販売開始
    *BAB社の売り上げ大幅アップ
    *子会社上場株式売却利益200億円計上
    *株価55,000円(2分割以前の110,000円相当)

  • 助成金等受領一覧覚えメモ(1

    ◎上海ジェノミクス有限公司

    *2019年4月2日
     ¥中国人民元 中国人民元 中国人民元 20 0万元(日本円で 約3, 300 万円相
     当)
    ・中国国家精密医療研究イニシアティブ
    ・当社グループが中国における間質性肺疾患領域いて指導的立場あることが評価

    *平成30年12月4日
    ¥中国人民元208万元(日本円で約3千400万円相当)
    ・当地政府から
    ・1.1類の新薬であるアイスーリュイの糖尿病腎症(DN)を適応症とした臨床試  験にかかる助成金として、

    *平成 28 年6月 27 日
    ¥ 総額中国人民元 50 万元(日本円 で約7.7 百万 円相当)相当)の内中国人
     民元 40 万元(日本円で約 6.1 百万円)
    ・中国上海科学技術委員会
    ・F573 の慢性肝不全急性化治療薬としての中国における臨床試験

    *平成 28 年5月2日(平成 28 年4月 年4月 29 日)
    ¥ 中国 人民元 80万元(日本円で 13.4 百万 円相当)
    ・中国上海市張江高科技園区管理技園区管理委員会
    ・ヒドロニン(F351 )の肝線維症治療薬として中国における第2相臨床試験

    *平成 27 年 6 月 30 日
    ¥ 100万人民元(約20,090千円)
    ・上海市政府
    ・肝線維症に対するF351の第2相臨床試験
    (この助成金は、上海科学技術委員会生物医学支援プログラムの一部であり、  100万人民元の内80万人民元(約16,072千円)をこの度受領し、本臨床試験
     終了に残り20万人民元(約4,018千円)を受領する予定)

    *2016 年9月23 日
    ¥ 中国人民元784千元(日本円で約11,861千円相当)
    ・中国上海市張江高科技園区管理委員会
    ・アイスーリュイの特発性肺線維症治療薬としての開発を行った


  • 助成金等受領一覧覚えメモ(2

    ◎北京コンチネント薬業有限公司

    *2019年8月6日
    ¥中国人民元総額492万元の内初回分147万元(日本円で約2,200万相当)
    ・中国政府
    ・アイスーリュイの適応症であるじん肺治療薬開発費用として

    *2018年10月26日
    ¥中国人民元85万元(日本円で約1,300万円相当)
    ・中国北京市順義区経済情報技術委員会
    ・アイスーリュイの結合組織疾患を伴う間質性肺疾患(CTD-ILD)の臨床試験

    *2016 年8月24 日
    ¥ 中国人民元740千元(日本円で約11,151千円相当)
    ・中国北京市順義区科学技術委員会
    ・アイスーリュイの結合組織疾患を伴う間質性肺疾患(CTD-ILD)への適応症拡大
     にかかる助成金として

    *平成 27 年 11 月 24 日
    ¥ 中国人民元 788千元(日本円で 15,1 88 千円 相当)
    ・中国北京市順義区科学技術委員会
    ・中小企業による革新的 技術の創造


    *平成 27 年 11 月5日
    ¥ 中国人民元 14 万元(日本円で 2,671千円 相当)
    ・中国北京市科学技術委員会
    ・小規模製薬企業の借入支払利息に対する助成金


    *平成 27 年 4月22日
    ¥中国人民元10万元(日本円で1,936千円相当)
    ・中国北京市科学技術委員会
    ・高新技術企業(ハイテクノロジー企業)としての認証を取得

  • 少し真面目に?

    期待の星、ヒドロニドン(F351)は、ピルフェニドンと同様にTGF-β
    を阻害して繊維化を抑制し、然も改善に導く。
    そしてピルフェニドンに比較して薬効10倍、副作用5~10分の1といわれて
    います。


    ところが何と、TGF-βの阻害は癌治療にも有効なのです。
    人が成長するとき、その細胞が免疫細胞に攻撃されないのは何故か?
    そんなことは常識と思っていらっしゃっても、然しそこに制御性T細胞が絡んで
    いる。

    癌細胞はTGF-β因子を操作放出し、制御性T細胞を取り込む(成長している組織と間違って集結)が、この制御性T細胞は免疫T細胞の活動作用にブレーキを
    掛ける。
    つまり、F351はTGF-βを阻害することにより、免疫T細胞によるガン細胞への攻撃を可能とさせる。


    やがてGNIは太陽の様に光り輝くと思っていますよ。

  • > ピルフェニドンみてわかるようにある肺線維症で成功したから別の肺線維症で成功するなんてもんでもないです。

    ホルダーからお叱りを被るかもしれませんが、ピルフェニドンでは、そもそも光過敏の副作用が強くて何もかにもの適応は難しいのでは、そんな危惧はありますよ。

    それを水酸OHを付けたヒドロニドン(F351)との適応拡大が難しい事例にあげられてもね。
    ヘルパーさん、実際は薬の事知らないのでは?

  • (ちょいと休憩)

     鈍才バカボン塩漬け語録

    ・つゆと買い露と消えるかわが夢は
    ・テンバーガー、見つける才能羨まし
    ・回転が、出来る才能あればなあ
    ・また買った、平均取得額は五里霧中
    ・はや痴呆、過去の爆上げ忘れえず

    ・1万円、夢見て何年経ったやら
    ・宝くじ、いつか大株主の夢を追い
    ・株数を、増やさないとてまた買って
    ・今もまた、夢をゆめみてドリンクを
    ・いい天気、わが身のてんき能天気

  • さん氏で思い出すが

    sun21sun2008の投稿者が居た。
    朝方古い中国情報を貼り付ける、すると朝高となってそれから元に着地する。
    それを何度か繰り返して、かなり儲けたかな?
    後には分かってしまい、俗にペタ酸と言われていたかな。

    それがヘルパーと同一人物なのか???

  • つらつら思うに

    ヘルパー氏は何者なのか、について詰碁詰将棋を解くように考えてみる。(4)

    ではヘルパー氏は何故今登壇したのか、彼はGNIの放った隠密同心ではなく、
    実態はハゲタカ機関が放った刺客であろうか。

    そしてここ2日程の言動から類推すれば、先ずステロイド含有云々で迎合を得る、
    それによって自分の説明が絶対正しい旨の認識を植え付ける。その後の解説も歯
    抜け状態にして間違った知識をさも絶対正しいかのように思わせる。
    そしてハゲタカ機関の空売りを捌く。

    まもなくヒドロニドン(F351)が佳境に入って治験結果を元に米国に本格進
    出か・・・etc

    あれやこれやで空売り機関の懸念は増すばかり、、、
    ヘルパーじゃないさんモルのお手当、日当幾ら?


    あ、今更何を、くどくどと失礼しました。

  • つらつら思うに

    ヘルパー氏は何者なのか、について詰碁詰将棋を解くように考えてみる。(3)

    ではヘルパー氏は何故今登壇したのか、彼はGNIの放った隠密同心ではなく、
    実態はハゲタカ機関が放った刺客であろうか。

    そして昨夜からの言動から類推すれば、ヒドロニドン(F351)が佳境に入って
    いる、治験結果を元に米国に乗り出すであろう。
    つまり間もなくF351のⅡ相終了で、或いはアイスーの誘導体であるが故にⅢ相
    飛ばしあり得るかも…etc

    香港上場その他の要因で大暴騰前に空売りを捌きたかったか。

  • さっきも言ったが

    GNIとしては「非ステロイド」である筈が、「ステロイド含有」説が
    放置するといつのまにか拡散する。
    それが許せない状況になってきているのではないかな。

    ヒドロニドン(F351)の米国治験や導出に影響がでるかも、とかね。

  • おっとっと

    mukacyuさんのプログなど見た事もなくみたくもありません。
    そもそも9年ほど前だったか、妙な事を投稿されるから指摘したが訂正はなし。

  • つらつら思うに

    ヘルパー氏は何者なのか、について詰碁詰将棋を解くように考えてみる。(2)

    ではヘルパー氏は何故今登壇したのか、彼はGNIの放った隠密同心であろう。
    つまり中国は何でもありみたいなイメージを払拭したかった。

    そしてそれから類推すれば、ヒドロニドン(F351)が佳境に入っている、治験
    結果を元に米国に乗り出すに際して、如何なる支障も許さない断固とした姿勢を示
    したのではないか。

    つまり間もなくF351のⅡ相終了で、或いはアイスーの誘導体であるが故にⅢ相
    飛ばしあり得るかも。

  • つらつら思うに

    ヘルパー氏は何者なのか、について詰碁詰将棋を解くように考えてみる。

    まず、今回の2つ前の増資が有ってその際隠密同心だ、と言ったら最近はコンセルジュと言うとたしなめられたが、その方が登壇し諸氏に丁寧な説明や指導助言があった。(参考:内容はイノシシさんが保存されています。)
    そして前回の増資の際もまた別の詳しい方が登場し、同様の助言があって増資は無事成功したのであった。
    (今回の増資には登壇ありません。)

    さてヘルパー氏の登場は何故か、それは中国の薬には何でもありの混ぜ物がある、その認識が一部に広まっていくのを看過できなかったからか。
    その根源であるムカチュウ氏を掲示板に引き出す為、フェイントをかけ釣りだされ
    論破された訳であろう。

  • 横から失礼
    どうも話の前提がちがうかも

    それは兎も角、
    1万株持っていて1千万の配当などスズメの涙みたいな感覚です。
    株価が216000円!ならその時点で現金化して別途趣味や投資に活用
    した方がベターでしょう、
    配当などまどろこしくって。

  • なるほど

    ステロイドではないとしても、その中国4千年古来からの漢方秘薬
    があったとして、その含有は何%認められるのでしょうか?
    0%ではなく、含有限度は決められていますよね?

  • 横から失礼

    なるほど、だから何を言っても構わないのですか。
    では状況証拠とは何でしょう、プログに行けば分かるでしょうか?
    どのあたりに?

  • 横から失礼

    彼は文系男子でしょう、だから同じ化合物でも違うと言ったり、「似て非なる物」
    のキャッチフレーズがお気に入りでしたね。

    設問が無理、難問を解く力はないでしょう。

  • 白髪三千丈とか言いますが、それよりは現実性があるませんか?

    惜しい、F351の去就を見ずして去るつもりとは!

本文はここまでです このページの先頭へ