ここから本文です

投稿コメント一覧 (14コメント)

  • おめでとうございます。
    短信の説明が進捗の時の文章から訂正されてますね。
    はじめから今回の文言であれば、問題は少なかったはずなのに、、、
    次回から、気をつけてもらいたです。

  • 進捗のIRで三ヶ月毎の受注高を調べると
    2018.4Q 受注高 15億8000万
    過去最高受注

    2019.1Q 受注高 9億8000万
    歴代2位の受注高

    2019.2Q 受注高 3億4000万
    踊り場?
    IR担当の方に確認したところ
    売上に計上されるのは来期と考えて問題ない
    =今期には関係ない
    =来期の前期も進捗悪い?

    受注高が過去最高なのは間違いないので、開発残高も過去最高なのは間違いないのでは?

    進捗の読み方間違えていたら教えてください。

  • 2Q に受注した分は、ほとんど来期だと思ってもらって問題ない。そうなので今期は問題なさそうですね。

  • こんなIRを出されると信用していいのか心配になりますが、契約から竣工引渡までプロジェクトの標準的な期間が、契約してから5カ月から9カ月かかる事を考えると1Q終了時点でほぼ今期の見通しが立っているはずです。
    今期の見通しが悪かったら、流石に精鋭達も育成どころではなかったと信じたい。
    契約時点で3分の1、着工時に3分の1、竣工引渡時に3分の1入金してもらう為、キャッシュフローがマイナスにならないのが特徴です。
    地主の立場で考えると、着工時までに3分の2の代金を支払わなければならない。
    契約時点で、本当に納得できる具体的な提案が必要になる。その提案が新しい人材ではスムーズに進められなかったから2Qの受注高が減ってしまった。

    と楽観的な見解をしています。
    本日から含み損ですが、2Qの決算資料でビジネスモデルに問題が生じていない限り、本決算まで損切りはせず、下手なナンピンをする覚悟です。

    ただこんな信者でも、株主軽視は許せない。
    能見社長シャキッとせんかい。

  • 風説の流布に該当すると困るので参考までに

    本日IRの方と話した内容をまとめると
    問題の文章を載せた理由は、昨年の受注高より今年の受注高が減ってしまった理由を説明したかったようです。
    プロジェクトが進行していても、今までより時間がかかってしまって受注高に含めれなかった案件が多い。
    2Qの決算が悪い事を暗示したわけではなく特に問題はない。
    この期間を育成に充てる事は、計画通りであり通期では問題ない。

    と受け取りました。

    お話したIR担当の方は若そうな印象で、誠実そうで数字には強そうですが、説明があまり上手くなく言葉の選択が良くないなと思いました。

    犯人はお前かと思いながら電話を切りました。

  • 郵政は全く関係ないと思います。
    大丸京都店の北側にある大丸が所有していた土地に、新しく商業施設を建設していました。それがフィルパーク東洞院プロジェクトです。
    場所が祇園祭りの長刀鉾がたつ場所から、だいたい200mぐらい北側で京都のど真ん中なので、フィルパークの代表的な建物になる事を期待してましたが、流石に地価を考えると駐車場の上に店舗を作るより商業施設の方が有効な土地活用という判断になったのではないでしょうか。

  • 大丸松坂屋が発注したフィルパーク東洞院プロジェクトが昨年7月から工事が始まって12月30日完成予定でしたが、用途変更になり3月になっても工事が続いていました。12月のニュースでは3月1日オープン予定が、実際には4月3日にオープンしました。メインのフィットネスクラブの完成は6月予定のようです。引き渡し時点は不明ですが、この物件が期ズレになったんじゃないかと思っています。今までのフィルパークの中でも大型の案件だったので期ズレだとしたら1Qの見栄えが悪くなった原因ではないかと、、、

  • 大丸松坂屋百貨店が発注したフィルパーク東洞院プロジェクトを覗きに行きました。オーソドックスな商業施設が出来上がっているように思いました。
    駐車場もなさそうですし、入り口すぐにエレベーターも設置されているのが確認できました。
    なぜフィルカンパニーに発注したのか疑問に思いましたが、前回の実績があって気に入ってもらえたからなのでしょうね。
    どんどんリピーターが増えるといいですね。

  • 一昨年の11月に高成長企業に投資することと、日本郵政グループとの連携をしていくために、日本郵政キャピタルが設立されました。
    その最初の投資先としてフィルCが選ばれ、更に最高投資責任者の前川氏が社外取締役に就任しました。日本郵政の所有している土地に対し受注があるのではないかという思惑がありますが、今のところ提案を続けているが実績がないという状況です。

  • パルマは郵政と増資したラインを割り込んでいましたもんね。
    進捗が怪しかったとはいえ、郵政との提携がフィルよりも業績に直結しそうなパルマが郵政ラインを割り込んでいたとすると、今のフィルカンパニー の株価は郵政との提携は、ほとんど織り込んでいないと考えてもいいのかなと思っています。

  • ということは推していたのに、空売りしていたということでしょうか?
    どこかで買い方に回ってくれると嬉しいのですが、、、

  • 18日にsmbc日興証券が41300の空売りを買い戻しているのですが、18日の出来高が52400です。
    18日の買いはほとんどsmbc日興証券だったということでしょうか?

  • もし下方修正すると思っている人がほとんどなら最高ですね。
    てっきり、上方修正まで織り込み済みかと思っていました。

  • 一昨日、順調に進んでるか確認しに行きましたが予定通り進んでる様子でした。
    四条烏丸近くなので大丈夫だと思ってましたが、もう少し北だと掘った時に何か出てくるケースが多くて、調査に時間がかかり最悪1年ぐらい工事が遅れるケースもあるので安心しました。

本文はここまでです このページの先頭へ