ここから本文です

投稿コメント一覧 (1976コメント)

  • FCA提携いいですね!
    実現すれば、EVや自動運転など技術投資の回収効率、車格の似通った車種間でのプラットフォーム共有化など色々とメリットがありそう。
    ジープやアルファロメオなど強力なブランドを有していますし、三菱パジェロやフェアレディZなど、単独では開発に踏み切れない、かつての名車の復活劇なども見られるかも知れませんね。

  • 最大の問題点、北米市場における利益率低下は盛大なボタンの掛け違いという感じで、確かに回復に時間が掛かりそう。
    ただ、個々の車種等に目をやれば、日本とは対極の購買傾向を持つ北米市場で本当によくやってきた。
    日本国内においても基本設計の古いノートやセレナでよくここまで粘ったと言って良いと思う。

    e-POWERやプロパイロットの様な他社との差別化要素、安易なブランド復活などではない的確なモデルチェンジ実施、アライアンスを活用したコスト低減と水平展開、この辺りを着々と進めればV字回復いやVモーション回復は十分に可能と考えている。実際それを実行しているので、値動きを見つつ買い増ししようと思う。

  • 経営的な問題はともかく、現場が粛々と動いているところを評価している。

    日産設計、ルノーエンジン、三菱生産の新型デイズとekクロスはその結実。期待の持てる良い車だと思う。新型デイズルークスとekスペースには更に期待している。
    個人的にはルノー版カングーミニもラインナップして世界展開すれば売れるんじゃないかと思う。

    また、先日次期タントのカタログを見せてもらう機会があった。いまいちパッとしなくて、あれじゃN-BOXの牙城は崩せないと思った。

  • 悪材料出尽くし感ありますかね?

  • 4月度販売台数、ノートがプリウス、アクア、ヴィッツに抜かれて4位に転落というニュースも入ってますね〜

  • >>No. 455

    このご時世にスカイライン?
    私も思っていました。
    新型デイズとekクロスを見るまでは。
    共通プラットフォームとして、ライバル他車を上回る商品力を持ち、デザイン面でekクロスはD:3などと違い、しっかりと三菱らしく差別化されています。
    ダイナミックシールドはエキスパンダーあたりからグッと良くなりました。
    三菱デザインチームの力ですね。
    販売台数はまだ分かりませんが、私はいけると確信しています。
    話を戻して、スカイラインはもっと大変でしょう。何しろライバルは、プリウスやクラウン、カローラ、VW、BMW、メルセデス、ボルボにテスラ。このあたりを商品力で上回るのですから。鍵となるのはeパワーとEV、自動運転技術でしょうか。
    でも、このご時世、あのアライアンスの中で新型車を作るということは、そういうことなんだと。

  • この板を拝見していると、三菱は独立した方が良いと思っている人は意外と多いんですね。
    ゴーンのもたらした効率化と選択と集中。それは今後とも絶対に必要な考え。
    新型ekクロスとデイズのクオリティの高さ、日産版と三菱版の絶妙な作り分けに、アライアンスの未来は明るいと感じました。
    想像ですが、例えば日産がスカイラインを国内市場重視で復活させるという噂があります。
    世界的にシューティングブレークスタイル流行の兆しがあるので、新型スカイラインはセダンとシューティングブレークにGT-Rという3本立て。
    これに三菱版としては、ギャラン、レグナム、GTOの復活と相成る訳です。レグナムなどはekクロスよろしく、よりSUV方向に振ってみたり、GTOは北米市場向けにエクリプス名で復活させる等。
    色々組み合わせて戦略を考えると実に面白い。

  • VR、USJ、マリオ映画化、ドラクエ映画化、この辺りは仕掛け的に繋がっていそう。相互に二次、三次とコンテンツ流用しつつ、さらに続編とか第二弾とかの流れ。超長期的な収益源になり得る。

  • ですね!
    次期ノートと次期デイズのEV&e-Powerプラットフォームを日産車とルノー車で水平展開すれば、バッチリだと思います。
    勿論プロパイロットなど先進技術も搭載。利便性、燃費、走行性能、環境性能の四拍子揃った車で世界を席捲してもらいたいですね。
    そのバリエーションの中にカトルやパオの復刻版やカングーの軽自動車版なども加えてくれたら言うことなし!

  • ゴーンはもう過去の人。
    大事なのはこれから。
    アライアンス維持と言っても、大事なのは、その枠組みの中で何をするか。
    個人的には日産の次期デイズのプラットフォームを流用して、カングーミニをevとeパワーで世界展開して欲しいかな。
    ルノーには余り興味ないけど、カングーだけは昔から憧れの車だった。モデルチェンジで大型化して益々手の届かない車になってしまった。
    そんな日本人は他にもたくさんいると思う。
    あの絶妙な道具感のあるデザイン。男性は勿論、女性にも好きな人は多い。カングーミニを日産の販売店でも売って、メンテも受けられるとなったら、売れると思うんだけどなぁ。

  • 現状のアライアンスに囚われ過ぎるのも問題。ゴーン氏どうのこうのでもなく、今後全世界レベルにて自動車社会が変容していく中、トヨタがソフトバンクと提携した様な大胆な決定を、ルノーや仏政府を後ろに抱えながら日産が可能かどうか。本来はルノーや仏政府が先導して、よりマクロな視点で取り組むべきところ。どう見ても望み薄。

  • まー、売っちゃいました。
    建機メーカーが現場の施工状況や進捗管理が可能なサービスを実施するというのは面白いですね。
    建機を発注する建設会社やリース会社にとって、付加価値が大きいのも間違いない。
    継続的に受注できればカヤックとしてもおいしいと思われる。
    ただ、これコマツの建機なくても成立するんじゃ。。。

  • ヒラキのカタログ最新号って過去に購入したことのある全ての顧客に毎号送付されるっぽい?
    カタログが届いても、購入タイミングが合わなければスルーになるので、コスト的にどうかと思いますね。
    ただのネット通販との差別化要因でもあるので、一概には言えませんが。。。

  • >>No. 236

    東京プリズンは確かにどこかで見たことある様な感じですね。
    で、やっぱり電子コミックとの連動企画なのかな?

  • 発電時に二酸化炭素(CO2)を排出しない再生可能エネルギーでの電力調達について、地球温暖化対策を所管する中川雅治環境相は22日の閣議後の記者会見で「環境省として、再生エネ100%を目指していきたい」と初めて明言した。15日に「再生エネ100%を目指す」と宣言した河野太郎外相と足並みをそろえた格好で、今後再生エネ100%で事業活動を展開する企業連合「RE100」への加盟も検討する。

    来たな、これは。

  • おはようございます。
    ま、機関は売りから入るとも言いますから。

    株価以前に、事業展開そのものが今は問題。傍目から見ると思考停止。

    思い切ってコンビニなどサービス業から執行役員を招聘したほうが、スピード感を持って、やってくれるかも知れませんね。いつまでもkwh幾らみたいな考えでも、これからの電力サービスは乗り切れないでしょうし。

  • よし!損切り! by KDDI

  • カード式いいですね!
    私は宅配は元々使わないですし。
    また、以前ここの書き込みで、紙の優待券をすかいらーくのアプリに読み込んだ後に、金券ショップに売り払うという不正について拝見したことがあり、心配していました。
    紙の優待券だと、金券ショップの店員さんも額面通りに使えるものと信じてしまいますもんね。
    カード式なら使用済みもあり得る前提なので、その心配はないのかと。

  • 安く買って高く売る。
    その当たり前が出来ないのであれば、確かに構造的な問題なんだろうね。
    ただ、エナリスの目指す構造とは、スマートグリッドあったり、VPPであったり、ブロックチェーンを用いた電力取引であったり。
    現在の構造などは、より大きく普遍的な構造を形作るまでの仮置きの様なもの。
    中途半端をやるくらいなら、今のところは利益的に少々不利であっても売上拡大(=顧客基盤を広げる)に重点を置くことも、ある意味正解と思える。

  • おはようございます。久しぶりに覗いてみれば、なんだか書き込むのに気が引ける感じですね。ふむふむ。。。

本文はここまでです このページの先頭へ