ここから本文です

投稿コメント一覧 (521コメント)

  • No.137045

    怒れ株主

    2012/11/22 21:43

     今回のストックオプションは“ふざけるな”の一言です。
     1円オプション自体を認可する東証の姿勢もおかしい。
     既存の多くの株主を無視して、すなわちまともな株主還元もせず、絶対に損をしないストックオプションを付与したことになります。
     公開時の株主は最低で35000円以上にならなければ、利益が出ないのに、取締役にオプションを付与する姿勢は、どうかしています。
     どれくらいのダイリューション(希薄化)が起こるかは不明ですが、会社技術に寄与した社員も例外でしょうから、社員からも不満は出るはずです。
     木村という社長の今後の経営姿勢は信じられないといえます。今はいかに、利益の出る体質に改善するのが、最優先です。同社の経営が安定してから付与すべきで、通常の株価(時価)プラス5%くらいが妥当です。
     怒れ株主!!!!!ふざけるな経営者です!!!!!

  • No.137089

    買いたい

    Re: 怒れ株主

    2012/11/23 06:00

    >>No. 137086

     35万円で公開し、10分割しているので、理論価格は35000円になります。
     私見では、今回の1円オプションのタイミングが悪すぎることです。
     株主平等の原則を無視していますから、企業家として利益の出る企業体質が出来た時点でやるなら、少しは理解できます。
     ただし、今後も株価の上昇は期待していますよ??????

  • No.137138

    Re: 怒れ株主

    2012/11/23 13:30

    >>No. 137045

     昨日投降しましたが、反響も少しあったので、自分の見方を記載しようと思います。
     今回の1円オプションは経営者の経営責任を超えた、悪行です。
     最大の理由は、取得者にリスクが発生しないことと、既存株主にダイリュウーション(希薄化)が発生し1株資産が目減りすることになります。会社にとっても何らメリットがありません。
     同社は自社株買いが出来る状況には全くないわけですから、最近の株高をリスクなく享受しようとした、とんでもない行動です。
     もしストックオプションをどうしても取締役に付与したければ、時価の5%上位で行使価格を決めるのが通常です。これであれば、企業業績を上げるという責任を付与された人間が頑張るわけです。1円は最低の単位ですから、倒産しない限り、絶対に利益になります。
     今までの株価動向を見ても、35万円で公開後10分割を行っただけで、今の株価でも、多くの投資家は利益が出ていないことになります。という私も公開から所有し、さらに買い続けています。
     同社の将来性を思い、買い増しをしてきました。
     今回の1円オプションは誰のアイデアか判りませんが、主幹事証券の審査責任、引受責任は全く批判されず、まして東証の責任も問われません。
     株主に一度も配当を行わず、将来性を買われて、マザーズに公開したわけですが、公開後に同社がそれほど企業努力に励んできたのでしょうか?株価が証明していますよね。
     株主が何を望むか?それは株価が上がることにつきます。しかし、株価を上げるために、同社の経営者は努力しているとは、思えません。利益がマイナスで、何時黒字化を実現できるのでしょうか?
     ここで株価が急騰した最大の理由は、山中教授のノーベル賞受賞決定が最大の理由です。その前から、ぷーちゃんの投稿は参考になりましたし、実際に現実になった情報もあります。
     ここは経営陣は襟を正し、1円オプションは中止すべきであると思います。
     黒字化が確保でき、いろいろな研究が社会から受け入れられてからでも、遅くはないはずです。ターニングポイントは今の自由診療から保険診療に替わった時であれば、多くの一般株主も納得するでしょう。このような状況になるにはまだまだ時間が必要なことも理解しています。
     一般株主にはリスクをとらせて、経営側がリスクを取らない企業が、公開を続けていいのかと、ふと考えてしまいます。
     株主は本当に怒って欲しいと思います。

  • No.137209

    Re: 怒れ株主

    2012/11/23 22:58

    >>No. 137138

     多くの上場会社は役員退職慰労金を廃止する方向にあります。
     その為、同社は今回の1円オプションになりましたということでしょうか。これは何度も申しあげていますが、暴挙です。
     そもそも民間企業に勤務して、退職金を期待する役員がいたらと考えると、そのような方は役員には向きません。ただのサラリーマンです。しかも同社はベンチャー企業です。利益も出ていません。株主還元もしていません。
     上場会社は多くのステークホルダーに囲まれていますが、今回の暴挙は、役員以外に何らメリットがないのです。ダイリューション(希薄化)が起こっても問題ないという投稿者はどうかしています。
     出来うる限り、希薄化は避けるべきです。都市銀行、証券会社が金融の番人として君臨してきましたが、ほとんどの企業が公募増資などでダイリューションを発生させ、投資家からそっぽを向かれている現状を理解してください。株価も低迷どころか、40年前の株価に戻っています。野村証券の有利子負債は10兆円を超え、毎年の金利負担だけで2000億円以上あると推察します。大和証券も5兆円を超えています。どうやって毎年それだけの利益を稼げるのでしょうか?
     しかもこれらの企業の従業員は持ち株会に加入しているため、退職時に積み立てた資金を大きく棄損していることも現状なのです。
     ですから、明らかに損をしない1円オプションは、私は個人の不当利得に当たるとすら思っています。しかも明らかに、立場を利用した不当行為と考えています。
     何度も申しあげたいことは、通常のオプション(時価の5%くらい上の行使価格)で発行するくらいなら許せます。この通常オプションでも行使しない限り、リスクはゼロです。株主平等の原則にも抵触するのではないでしょうか?
     私も同社の株主です。株価は別の考えで、1円オプションは株式市場の禁じ手です。多くの投資家がこの会社を見下す可能性があります。
     怒れ株主!!!!!!!

  • No.137212

    Re: 怒れ株主

    2012/11/23 23:25

    >>No. 137145

    最近同社以外に注目バイオ企業として、ナノキャリアがあります。
     ナノキャリアは中間時価発行増資を1万円で行い、既存株主から資金調達を行い、今の11万円台の株価になっています。当然企業としては経営が苦しかった中での決断でした。多くの株主に利益還元を行いました。同社の社長は最近持ち株を売却し批判を浴びていますが、これは多分その時価発行増資に応じるために借入金を発生させた返済のための売却であったといわれています。
     それに比べ、メディネットの1円オプションは暴挙です。
     まさに、中富社長の“爪の垢を煎じて飲め”です。

  • >>No. 137254

     投稿者に一言。
     東京海上は売却の時点まで、株式に転換しません。これは間違いです。どこで売るかもわかりませんが、同社の将来性を買っていると考えるのは妥当です。納得いく売却価格になれば、転換する可能性がありますが、借株してつなぎ売る可能性もあります。つまり株価が下がれば、買い戻し、株価が上がれば転換して現渡しをするという、初歩的な対応です。
     今回の1円オプションについては、“怒れ株主”で最初に投稿しましたが、株価の見通しは明るいと思っています。ただ一方で多くの株主を、役員が軽視していることを許せないと申しているのです。リスクは平等に取らなければ、経営を任せておけますか?一人ひとりの株主を大切にしない経営者は、最後にしっぺ返しがあると覚悟すべきです。株式公開をする責任、意義を取締役全員
    はき違えていることを、怒っているのです。
     私見ですが、リプロセルの上場がいつ実行されるのでしょうか?例えば、今年中とか来年の何時とか?これはインサイダーを含めこうなればと言う仮定です。株価が上昇するという理由は、同社が発表したNK細胞、ナノキャリアとの共同研究で取りあえず、理論価格の35000円を取ってくると考えておくのが、妥当であると思います。

  • >>No. 137302

     ちょっと本音を書きます。今は昔、持田製薬と言う会社がOH−1と言う制癌剤を作っているという話で株価が、1000円くらいから15000円くらい急騰したことがありました。この時の買いの本尊は森ビルだと言われ、創業者が癌にかかり、期待を込めて買い進んだと噂になりました。本当にすごい相場であったと記憶しております。
     更にクラレのスマンクス、旭化成、東レ、帝人等が急騰したと思います。インターフェロンの制癌効果、ミサイル療法と言う言葉が市場をにぎわしました。OH−1にいたっては、癌が消えたとか、林原研究所との共同研究との話が出ていたと記憶しています。
     のちに癌関連株が、政治銘柄と揶揄された記憶があります。
     しかしいまだに癌対策が実現したという報告はありません。
     今回のメディネット、ナノキャリア他のバイオ株はかなり実態があるわけで、実現性に期待が持てる訳です。特に、山中教授のノーベル賞受賞が更に火をつけたと理解しています。
     もし仮に、売り方が証券会社他の機関投資家であるならば、今回の1円オプションは売りを誘う材料ですから、買い戻しもしくはドテン買いに回る可能性も秘めています。(月曜の後場は買っても面白いかもしれません)
     選挙資金は本当に以前の様な潤沢な状況ではないので、その前に株式市場を利用する可能性も高いといえます。
     とすれば、メディネットは格好のターゲットになるはずです。
     日興証券が主幹事でこの様なえげつないことを考える、ストラテジストはいくらでもいるはずです。
     こんな勝手なストリーは面白くありませんか???????

  • No.91935

    強く買いたい

    株はストレスとの戦い

    2012/12/05 18:39

     自分そうだが、期待と常に反する動きをするのが、何十年株式投資をしていても感じる。
     株価が上昇しないと、投稿も減る。
     同社のDDSは間違いなくすごい材料である。癌細胞をミサイルの様に集中的に攻撃する技術が、それ以外の薬にも適用されれば、薬の概念が大きな変化をもたらすと確信している。
     一方でやっと炭素繊維が、自動車に採用されそうで、帝人が増産する記事が出ていたが、なんと炭素繊維は30年以上も前に話題になった。
     我国企業の先見性を期待しているし、電機、IT、自動車と言った、わが国経済をけん引した企業群から、バイオ、新エネルギー開発等が今後の世界経済での生き残りを左右する時代が来ている。
     同社の技術が早いうちに花開くことを、期待している。
     どれくらい信じて保有できるかが、大きな利益を生むのであろう。
     同社株は上場時から保有しているが、昨日も買いました。今日は確かに下がったが、下がれば信じて買いを入れるのみである。
     大きな反騰が待っているに違いない。

  •  20日開催される定時株主総会では、事前に議決権を行使できます。インターネットを使い、簡単です。
     あくまでも個人の意見として、第3号議案の1円オプションには、株主として反対しましょう。個人の持ち株比率が高い同社株では、個人株主に何らの利益をもたらさないばかりか、1株当たりの資産を棄損させます。要は一般株主からの搾取でしかありません。役員の利益の不当搾取ではないでしょうか?
     同社役員がまず、きちんと利益を上げる企業にしない限り、このような不当なオプションは認めてはいけません。
     同社は35万円で公募を行い、株式を公開させましたが、その後に10分割を行いました。理論価格は3,5万円と言うことになりますが、それも越えていません。
     多くの投資家が同社の株価推移に関心を持ち、将来性に期待して投資をしています。
     議決権を行使しないと、賛成票とみなされることを多くの同社株主に理解をしていただきたいと思います。

  •  誰か静かに120円台で種玉を仕込んでいるように感じてならないが??????

  •  21日245000株は出来すぎたくらいであるが、来週は期待してもよいと思う。

  •  新年早々からフジテレビ系列で、“ほこたて”が放送される。
     そこでの4回目の対決は楽しみ。
     全勝の同社であるが、同社の技術水準の高さは、多分、超合金では世界NO1であろうと思う。
     勝つことを期待している。

  • No.3331

    勝利

    2013/01/02 05:58

     昨日の“ほこたて”で不二越との、対戦が放映された。
     タンガロイ、アプライドマテリアル、OSG全ての企業に勝利した同社であるが、今回は富山の上場一部会社の不二越との戦いであった。
     同社の超合金NWSをどのように応用するかを、不二越の開発者が主張し、そのために穴を開けることが出来ることが、重要であると、主張していた。
     同社は放射能対策製品としてのタングステンシート、超合金を使ったダイカッター、LED用放熱基板等、有望、成長性の期待できる商品が存在することを、忘れないでほしい。
     PBRも低い。
     もっと株価の評価が高くても不思議ではない。

  • 北京=栗原守】中国政府が、マンガンなどのレアメタル(希少金属)を含む9種類の原材料にかけていた関税を今月から撤廃したことが分かった。

     中国メディアが報じた。中国による9種類の原材料の輸出規制は、米国、欧州連合(EU)が不当な規制として世界貿易機関(WTO)に訴え、2012年1月に中国側の協定違反との判断が確定していた。

     中国の関税撤廃は、日本などがレアメタルの代替品を開発し、輸出が伸び悩んでいることに加え、国際社会からの批判をかわす狙いがあるとみられる。

     これまで中国はこれらの原材料に対して、最高で40%程度の輸出関税をかけていた。

     日米欧は12年3月、レアアース(希土類)についても、中国の輸出規制はWTO協定違反として提訴している。

    最終更新:1月5日(土)18時58分

     原材料の調達額が大幅に変わる。収益様変わりの可能性が高い。
     明日からの相場に期待したい。

  •  長い調整局面が終わっているのかなー。
     パラボリックがやっと一昨日陽転しています。
     騙しにならなければ、上昇傾向になったといえます。
     IRが出れば、加速します。

  •  陰転していたパラボリックが、わずか2日で陽転している。
     ダマシを入れて、今日高ければ非常に面白い展開になるのだが?????

  • >>No. 96012

     配当はしないというか、しないほうがよいと思います。
     何故なら、配当資金を事業に回したほうが、利回りが高いからです。
     問題は経営陣等の、ストックオプション等のダイリュウション(希薄化)が起こらないような、適度の浮動株を増やすにとどまることです。
     さらに申せば、株主に今後どのような配当に代わる還元をするかでしょう。
     現状はiPS細胞での山中教授のノーベル賞受賞から相場が今に至っており、あくまでも夢を買う相場から、どの時点で黒字化が達成できるか?、DDSの商品化の実現性の証明があれば、まだまだ株価の将来性があると考えます。
     逆のバイオ株で評価されていない上場企業にアンジェスMGがあると思います。株主を無視し、とんでもない希薄化を実行し、しかも何一つ株主還元をしていません。株価は高値から40分の1になっています。
     同社の株主対応はかなり良いといえます。
     まさに株はロマンでしょうし、答えてくれるだけの材料はあると思います。

  •  政府のIPS絡みの援助が1000億円との報道があったが、新興市場で特に、過去IT関連株が時価総額1兆円を超える銘柄が出現した。インターネット総研、ヤフー位は覚えているが、今やインターネット総研はオリックスに吸収されてしまった。
     新興市場から東証1部に移行した企業で、著名な企業として、さらに申せば株主を重視していた企業として、ワコムがあると思うが、時価総額1000億円が目先の同社の目標としてはどうか? 
     ざっくり348700円が、株価の目標となる。
     あくまでも目先の話ですけど。そこまでは我慢しても面白い。

  •  同社は理論的には35000円で株式公開を行っているが、いまだに、その価格を上回っていない。
     時価総額1000億円と見積もると、株価は136500円になるが、それでも過去の高値を上回っていない。公開時は35万円の公募価格で高値は173万円まであった。つまり理論的な過去最高値は173000円となる。
     ダイリュウション(希薄化)も既存株主を無視して行っている。それだけ株主を尊重している企業とは言えないのである。
     決して過去は株主を尊重しているとは言えないのである。
     経営陣は襟を正し、社業に取り組んでほしい。

  •  結論から申せば、多分上昇基調に変化は起こらないと考えます。
     時価総額1000億円すなわち348700円くらいまでは、一気に行く可能性があります。
     株主分割期待は当初、10分割でもかまわないからです。再度10分割をしてもかまわないわけですし、単元株が100株単位になっても、最低取引金額は変わらないわけで、意味がありません。
     様は市場取引が1株単位の現状で、どれくらい多くの投資家が参加できる市場を作るかではないでしょうか?
     10分割後の100分割でも、かまわないと考えているのは私だけでしょうか?(結果的には1000分割になります)
     その前提は高株価にするということにはなります。
     メディネットの売却株がどこに向かったかよりも、メディネットの資金繰りと、ベンチャー投資の実現益を出したと理解したほうが分かりやすい。
     6億円の利益を上げて、PTS市場で3万円を超える取引があった様ですが(終値は28000円台であったと思います)、メディネット株の上昇が、同社の株価も引っ張っていくと、考えるのが妥当ではないでしょうか?
     政策、市場環境は整っています。一方で為替の影響をほとんど受けませんし、市場の調整局面にもおいても、株価に影響を大きく受けないというセクターと考えます。
     とすれば、来週も期待で間違いないと思っています。

本文はここまでです このページの先頭へ