IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (382コメント)

  •  この株の時価である370円台を拾っておけば今年の正月の高値からの半値戻しである500円位は6月ごろには戻っていると思う。

     したがってこの辺の時価の370円処は自信を持ってどんどん買い下がる予定である。

     この、株式投機の世界に棲んで、もう40年。かつて三光汽船や、近くは三光マーケティングフーズなど 三光 を冠した銘柄には随分とやられたが、この三光産業の時価近辺をしこたま買って一気にそれら全ての損失の倍返しの儲けを至現したい。また、それは可能たろう。そんな心境である。

  • ザラ場とはいえ577円まで急伸した。明日あたり場合によってはストップ高まであるかもしれない。この株にしては出来高が膨れてきている。

  • ここから下はあっても知れているおそらく800円台に下がったところは果敢に買い下がって、下がって、正解となるだろう。4月末の頃には4桁に回復してることだろう。そう信じてここより安いところはどんどん買い下がる予定。

  •  この株の約1ヵ月間の出来高をつぶさに観察すれば明瞭であるが、ザラ場にしろ30円をつけたときにはこの株は2,000,000株以上の出来高がある。今日はわずかに十数万株ができたのみ。

     これを冷静に判断すると明らかにそろそろこの株の暴騰の狼煙が上がってもいい頃だと見る。

     すなわち玄人的に言えば買いのエネルギーがそろそろ満ち始めていると見る。

     先日の私の投稿のようにように、倒産する株ではないと思う。そうなるといずれ出遅れ株でこの株に人気の矛先が回ってくる事はおそらく確率的にはかなり高いと思われる。

  •  まぁこの株に関して言えば2375円の大きな節目を一瞬といえども上回ってきたので、明日、地合いが特に悪くなければ、2400円の大台には乗せるような気がする。

  •  この会社が経営する堺のアゴラホテルは実に素晴らしい。過去に3回泊まったが本当に素晴らしいホテルである。今度、来月あたりに京都の一等地にこの会社が2つのホテルを開業するみたいだが、ある程度の勝算なしにこのような未曾有のコロナ禍の時期にホテルを2つも開く事は企業としてはありえないと思う。

     それはとりもなおさずこの株の現在の株価が明らかに安すぎると言うことになると私は感じる。

     倒産がない限り、近未来に、かつての額面である50円にまでは、戻してくる可能性が高いと観る。

     したがって時価近辺は、積極的に買い進んで、報われると思う。目先一月、下値は25円、上値は50円と私は観ている。

  •  まぁいくら控えめに見ても2500円あたりで初値がつくような気がしている。

     よほどのことがない限り公募価格割れの事態は避けられると信じている。

  •  この株は今270円台に急落しているが、ここは絶好の拾い場と思う。そんなわけで先程からこの安いところはどんどん買い下がっている。おそらく3月末には300円台は回復しているように思う。株の大儲けの急所は、落ちてくるナイフを掴む気持ち。そういう気持ちがあれば相場は儲かることが多い。これが40年間この世界で棲んでできた私の偽らざる実感である。

  •  今日はこの会社が株式市場に登場してまさに5年と言う記念日の日である。この株の面白いところは何があるかわからないと言う小悪魔的な魅力があるところである。現に去年の10月には今の株価のほぼ倍の高値をつけている。具体的に言えば去年の10月に273円と言う高値がある。わたし的にはこれから8月に向けてこの高値を取りに行くようなそんな相場展開を見ている。40年間この世界に棲んでできた私ですが、ひょっとしたらこの直感が当たるかもしれないそう思って、此処より安いところはどんどん買い下がる予定。そういうふうにこの株を観ている。

  •  久々に1日の出来高が1,000,000株を超えた。
    この株の大反騰に向けて大きく狼煙が上がったそういう展開である。まぁこの株の実力から言っても、今月中に200円の大台は回復すると見ている。この株は本来適度な仕手性があるのでじっと握力を維持して握っていれば今年の夏ごろには300円が見えてくる頃と私は観ている。

  •  株式市場に登場したときの地合いがあまりにも悪すぎて、会社の実態からはからはかけ離れた過少評価を受けてきた銘柄。やっと日の目を浴びてきた。今日4桁至現の勢いを買ってストップ高まで十分にあり得る。3月末にはじっと持てば1100円処は至現しているかもしれない。数少ない珠玉の出遅れ株である。

  • 去年の4月に500円の大台に乗せた実績がある株である。仕手性も適度に保有しており、上場来高値も遥か彼方の上にある。この株の300円割れはじっくりと拾って近く大きく報われる予感がするのでこの辺から下は自信を持ってどんどん買い下がる予定。ズバリ目先の底値10円上値200円。そういう感触で私は観ている。

  • この株に
    物色の矛先が向かってきた。おそらく一両日中にも出来高を伴って300円を取りに来ることだろう。

  • 先週の300円越えと噴き上げたところから今日はいってんして押し目を形成しているが、この押し目こそ勇気を持って拾っていくべきである目先如月の相場は、ざっくりといえば、したね10円、上値100円、そういう感触の相場つきになっていると思う。

  • この株の、今日の245円処の押し目は自信を持って買うべき絶好の拾い場である。この辺を拾っておけば今月中に280円位の戻りは十分に考えられる。

  •  この株の時価の250円処は絶好の
    買い場になると思う。かつて、この株の10位以内の大株主を目指して50,000株程現物買いをしたことがある。その時は大失敗になったが、改めてこの辺からの安いところはどんどん買っていくつもりである。

  •  この株は、220円処を基準としてもう3ヶ月以上も極めて小幅のボックスの往来相場になっている。私の40年の投資経験からすると、おそらく暴騰へのエネルギーが充満してきている頃だと思う。近く配当取りに向けて気の利いた上げ相場が至現するかもしれない。かつて、数年前には、大化けを夢見て60,000株を現物で持っていた私としてはこの株の春の雪解けを心より期待している。目先三か月のレンジは、下値10円、上値は100円と観ている。ここより下値があれば、数年前のように全力で買い増す予定。

  • この株の5年のロングチャートを見る限りにおいては上場を維持さえしてくれれば非常に面白い銘柄と言えるだろうおそらく今年中に化ける可能性は十分にあるおもしろい株だと思う従ってここより安いところは業績には目をつぶってどんどん買い下がりたいと思う。

  •  出来高も今日久しぶりに200万株を超えこれまた久しぶりに180円台に乗せてきた。    
     この株の実力を考える時に200円以下はどう考えても明らかに割安と考えてしまう。 
     私はこの株は今月中に200円の大台を取りに来る可能性が8割以上あると信じている。
     従ってここより安い所は自信を持ってもっと買い下がる予定である。

  • まあこのところ株価にうねりが出てきているからおそらく今月の末には300円は回復してることだろう、
    そしていずれ春先には500円どころの大相場になる可能性も十分にあると私は見ている

本文はここまでです このページの先頭へ