ここから本文です

投稿コメント一覧 (70コメント)

  • 完全子会社としてグループ入りしたコインチェック2018年3月期業績(見込み)
    どうなって
      売上高 ( 純額 )    626 億円
      販売費及び一般管理費     88 億円
      営業利益          537 億円
      ( 特別損失 )     ▲473 億円
      税引前利益          63 億円

     サービス停止後・一部再開期間2ヶ月の営業利益は黒字 ( 5億円 )
      
    今期特別損失がなくサービスが平常化した場合どうなるか、静かに見守り
    たいと思います。

  • 3808 OKウェイヴ ほど上がらないでしょう!
       月末株価推移
    2017年10月31日  526円
    2017年11月30日  542円
    2017年12月29日  581円
    2018年 1月31日 1800円
    2018年 2月28日 2360円
    2018年 3月30日 4250円 
      そして現在4月6日の終値 4860円

  • 週刊ダイヤモンド 11月11日号
    外食160チェーン全格付け ・・・☆☆☆彡
    P36~39 4ページに渡りペッパーの記事
    ‘’俺のシリーズに誘われていた
      いきなり!ステーキの快進撃‘’

  • ワタミの「にくスタ」調べてみました
    ファミリー向けのレストランで「ブロンコビリー」に意識して開発したそうですが
    専業のブロンコビリーとは違い、多品種少量生産の工場のため、コストがきつく
    多店舗展開にはまだまだ課題が多いとありました。

  • 大型商業施設のフードコート、空港や駅のターミナル、高速のインター・サービスエリア
    安くて速いという特性から、本来あまり出店されていなかった場所への出店も歓迎され
    ているようです。駅前やロードサイド店と今後の出店余地は計り知れないかも?
    30年前のセブンイレブンの流通革命の相場が思い出されます。

    J-STEAK ニューヨーク
    コーナン港北インター店
    宇都宮インターパーク店
    名鉄刈谷オアシス店
    宮原サービスエリア店
    イオンモール天童店
    イオンモール松本店
    イオンモール神戸南店
    イオンモール甲府昭和店
    イオンモール川口前川店
    イオンモール八千代緑が丘店
    イオンモール徳島店
    イオンモール新小松店
    イオンモール新潟南店
    イオンモールりんくう泉南店
    イオンモール浜松志都呂店
    イオンモール盛岡店
    イオンモール四条店
    イオンモール日の出店
    イオンモール大和郡山店
    イオンモールKYOTO店
    イオンモールナゴヤドーム店
    イオンモール出雲店
    イオンモール檀原店
    イオンモール神戸北店
    イオンモール多摩平店
    イオンモール八幡東店
    イオンモール常滑店
    イオンモール筑紫野店
    イオンモール千葉ニュータウン店
    イオンモール津田沼店
    イオンモール伊丹店
    イオンモール広島府中店
    イオンモール沖縄ライカム店
    アゼリアモール館林店
    アリオ蘇我店
    アリオ橋本店
    セブンパークアリオ柏店
    川越クレアモール店
    ゆめタウン甘日市店
    ゆめタウン佐賀店
    ゆめタウン光の森店
    ゆめシティー新下関店

  • 売ってしまわれた方には
    残念なお知らせですね‼︎

  • 日経10月19日(水)の朝刊
    本決算 6172 メタップス
           売上高  経常益   利益   
    15年8月   41 ▲349  ▲390 
    16年8月   88 ▲553  ▲817
    17年8月予 180    0     0

    17年8月期、経常利益予定0とありますが?
    営業利益7億というのは、どこの発表ですか?

  • 営業利益7億円?って、四季報見る限り3億ってなってますが、
    いつの話ですか?(どこで見れますか?)

  • とてもいい感じですよ
    ”嵐の前の佐渡おけさ”

  •  6033 エクストリーム
      
        売上高  経常利益 純利益 1株利益
    四半期 803  103  66  27,28

    2分割したとはいえ、時価総額はまだまだ47億
    売上も小さく、成長株投資にはうってつけの銘柄
    長期に期待です。

  •        売上高   経常利益   純利益   1株利益
    15年3月  25,696  2,037  1,124   52,1
    16年3月  30,574  3,574  2,804  146,8
    17年3月予 34,699  4,832  3,102  166,6
    18年3月予 37,000  5,480  3,520  189,2

    平成28年7月29日に ”最近の業績動向を踏まえ業績予想を下記の
    通り修正いたしましたのでお知らせします”
    17年3月予 37,991  6,935  4,604  247,5

    経常利益69億・1株利益247円なんて、本来なら19年3月期
    あたりの業績予想のはず、驚愕修正です!! 四季報によると、「今期
    増産投資を検討、来期にも稼働へ。想定を上回る自社製品需要拡大に
    対応。」と、来月発売の四季報が待ちどうしくなりました!

  •  7575 日本ライフライン
           売上高   経常利益   純利益   1株利益
    15年3月  25,696  2,037  1,124   52,1
    16年3月  30,574  3,574  2,804  146,8
    17年3月予 34,699  4,832  3,102  166,6
    18年3月予 37,000  5,480  3,520  189,2

    7月29日に業績予想の修正があり
    17年3月予 37,991  6,935  4,604  247,5

    上記のように変更されていたようです。いまさら気づいてビックリして
    います。次号四季報が待ちどうしくなりました。

  • 発行株式が少なく、時価総額43億と
    極小です。長期に期待します。

  • 公募の三分の一ではなく、
    上場後高値 9670円 ( 2015年1月 )
    の三分の一ですかね?

    631
    利回り10%でなく、1%でないですか?

  • 決算もすばらしかったけど、増配ですね!
    昨年の6円配当に対し、四季報予想でも
    配当7~8円なのに
     普通配当9円+記念配当3円 12円と
    前期比倍増となっています。

    まだまだ時価総額37億の極小の会社です
    長期に期待します

  • バーゲンセール
    名古屋セントレックス市場の
    今だからこその値段だと思います

  • 個人投資家の注目は
      3932 アカツキ
      6176 ブランジスタ
      6191 エボラブルアジア
    あたりでしょうか?
    昨年夏からの株価急落で、資金に余裕がなく
    どうしても人気銘柄に集中してしまう傾向にあります

     2424 ブラスも内容が悪いわけではありませんが
    ひと単位30万では、不人気業種には見向きもしません
    上場前にもう2分割か3分割が必要でしたね。

  • 3674 オークファン 時系列
      
      日付    始値   終値   前日比    出来高
     3月 7日  664  660  △ 10   28,300
     3月 8日  663  653  ▼  7   16,900
     3月 9日  650  655  △  2   11,500  
     3月10日  652  664  △  9   26,400
     3月11日  669  668  △  4   22,100
     
     3月14日  677  683  △ 15   40,700
     3月15日  693  684  △  1   74,600
     3月16日  692  728  △ 44   91,000
     3月17日  736  760  △ 32  316,200
     3月18日  764  864  △104  434,700

     3月22日  850  944  △ 80  399,200

  • 3674 オークファンの株価は2013年の上場直後の
    32,350円(5分割換算6,470円)を頂点として
    この3年間売られに売られ現在944円です。下落の理由は
    もうおわかりですよね
    (3年間の四季報の業績予想・評価をご覧ください)
    前四季報 新春号においても、評価は ↓↓ 大幅減額と
    まったくいいところがなく、株価は下がり続けました

    しかし、3月14日発売の春号において、
     見出しは【上振れ】【体制着々】↑↑大幅増額
     ☺☺大幅強気(ニコちゃんマーク2つ、四季報超強気)
     と評価が一変しました。大転換期を迎えたのです!!

    こうした評価が変わったのは、子会社買収により
    B to Bで仕入れから販売まで支援機能が整ったからで
    それにより実際に利益が出る体制が確認されたのです
    まさに不死鳥がすさまじい復活をとげた瞬間です

    みなさん四季報は読んでいるのでしょうか?ここ
    数日売りたい方がたくさんいたようですが、それ以上に
    ほしい方が多かったようです。上に行くためには株主が
    変わることは大切ですね
     
     3674 オークファン 時系列
    日付 始値 終値 前日比 出来高
    2016年3月22日 850 944   △  80 399,200
    2016年3月18日 764 864   △ 104 434,700
    2016年3月17日 736 760   △  32 316,200
    2016年3月16日 692 728   △  44 91,000
    2016年3月15日 693 684   △  1 74,600
    2016年3月14日 677 683   △ 15 40,700
    2016年3月11日 669 668   △   4 22,100
    2016年3月10日 652 664   △   9 26,400
    2016年3月9日 650 655   △   2 11,500
    2016年3月8日 663 653   ▼   7 16,900
    2016年3月7日 664 660   △  10 28,300

  • 月14日発売の四季報で評価いっぺんしたと思います
    まだまだ気づいていない方がたくさんいるようですが

    2013年の上場直後高値6,470円から
    今年2月12日には最安値まさかの 521円
    まさに~ 売り枯れの極致!!どん底の底~♪

    前 新春号では ↓↓ 大幅減額だったのに

    今 春号では  ↑↑ 大幅増額 ☺☺大幅強気
     しかも四季報の見出しが【上振れ】となっており
     大転換期を迎えています!!

    高値奪回は無理でしょうが、どこまでもどすか
    明日からの相場に期待したいと思います

本文はここまでです このページの先頭へ