ここから本文です

投稿コメント一覧 (70コメント)

  • >>No. 2072

    12年6月期の実績と今季第1四半期決算を見比べれば、この会社が
    いかに変貌しているかが分かります。

                売上高 経常利益 純利益  1株利益
    12年6月期実績   10,374  345  215  254,8
    今季第1四半期実績  3,347  284  187  218,7

    第1四半期におけるセグメント別の売上は     前年同期比
      ? コミニュケーション事業  789百万円 (63,7%増)
      ? スポーツ事業        252百万円 (36,0%減)
      ? 開発事業           37百万円 (88,7%増)
      ? SP・MD事業       1,694百万円 (48,5%増)
      ? bills事業            572百万円 (64,4%増)

    “当社グループは、「創造型PR商社」への事業構造転換を掲げた中期
    経営計画の第2期目として、新規プロジェクトの開発に積極的に取り組み
    高収益が見込まれるビジネスへの選択と集中を進めています”
    というコメントからも、今回の上方修正は一過性のものでなく、今後とも
    成長が見込まれるものと思います。

    サニーサイドアップは発行済み株数が85万株と異常に少ないため
    時価総額も異常に小さく現在32億円しかありません。浮動株は17,6%
    なので、みなさんが買ってる部分は5,6億円しかありません。今、もし
    私にBIGで6億円当たったとしたら、全額買ってしまいたい気もします
    新規事業のすさまじい伸びをみると、時価総額300億くらいを目標に
    したいですね

    前回も書きましたが比較するとしたら、3661エムアップです。
    エムアップの時価総額は今年8月ぐらいまではまだ30億ぐらいしか
    ありませんでした。しかし8月に2分割した後3か月で時価総額が70億
    まで急伸したのです。ここも分割後が本番と思ってます。
    時価総額でエムアップと逆転する日もそう遠くはないはずです。

  • >>No. 2124

    創造型PR商社への事業転換を掲げた中期経営計画の第2期目として
    新規プロジェクトの開発に積極的に取り組み高収益が見込まれるビジ
    ネスへの選択と集中を進めています。

                 売上高 経常利益 純利益 1株利益
    13年6月期予想    10,800  260  180  210,0
    今季第1四半期実績  3,347  284  187  218,7

    上記四季報2012年第4集(秋号)での予想に対し、11月5日発表され
    た今期第1四半期決算は、すでに通期予想利益を超えた驚異的なもの
    12月14日には次期四季報(13年新春号)が発売されます。今回の
    4分割といい、この年末年始相場で見直されるのではないでしょうか?

    第1四半期におけるセグメント別の売上は    前年同期比
      ? コミニュケーション事業  789百万円 (63,7%増)
      ? スポーツ事業        252百万円 (36,0%減)
      ? 開発事業           37百万円 (88,7%増)
      ? SP・MD事業       1,694百万円 (48,5%増)
      ? bills事業            572百万円 (64,4%増)

    セグメント別売り上げ構成比をみても、新規事業の伸びがすさまじく
    bills事業だけ見ても、3年前は無かったものが2013年度の売り上げ
    30億程度が見込まれるそうです。それだけでも中期経営計画の売り上げ
    目標は達成できるとのこと、営業利益率目標は今期5,5%(実額6億円)
    今後は10%を目指すというコメントからも、今回の上方修正は一過性の
    ものでなく、今後とも成長が見込まれるものと思います。

    サニーサイドアップは発行済み株数が85万株と異常に少なかったため
    時価総額も異常に小さく現在33億円しかありません。浮動株は17,6%
    なので、みなさんが買ってる部分は5,8億円しかありません。たとえば
    600万円投資している人が100人で売り切れてしまうくらい激少なの
    です。新規公開の銘柄ですとみなさん注目しますが、SSUのように
    数年前のIPOは注目する人があまりいません。SSUの成長に気づいて
    いない投資家がほとんどなのです

    前回も書きましたが比較するとしたら、3661エムアップです。
    エムアップの時価総額は今年8月ぐらいまではまだ30億ぐらいしか
    ありませんでした。しかし8月に2分割した後3か月で時価総額が70億
    まで急伸したのです。ここも分割後が本番と思ってます。
    時価総額ですぐにでもエムアップの倍くらいあってもいいと思っている
    くらいですので、中期(5年)で300億目標としたいです。

  • ここは4分割でしたから、6月に3分割した 
    3662 エイチームの値動きが参考になると思います
    分割後はすぐに上げずにモミモミして、短期の方が
    撤退するのを待ったほうが、いいようです

    今週四季報が出ますが
    SSUのように、第1四半期で、通期予想利益を超えて
    しまった場合四季報では、四半期利益×4倍とは出ません
    せいぜい四半期利益×2倍くらいにして、“上振れも”
    と言った表現にして、後は四半期ごとの決算をみて
    徐々に上方修正というかたちになると思います。

    時価総額はまだまだ30億たらずの超割安銘柄
    bills事業の売り上げだけでも今期30億からすると
    とてつもなく大化けコースか?あくまでも長期で!!

  • >>No. 9099

    3661 エムアップ 
           12年3月  13年3月   14年3月
    売上高    3,603   4,800   5,400
    経常利益    471     730     800
    純利益      261     430     470

    3662 エイチーム
           12年7月  13年7月   14年7月
    売上高    6,379   9,000    次期四季報
    経常利益   1,047   1,800      に掲載  
    純利益      590   1,000

    12月の次期四季報が出れば圧倒的な差があきらかになる予感!!
    エムアップは前四季報より売上・利益ともかなり予想が引き下げられ
    四季報の今期予想の達成も微妙
    13年3月期予 4,800 730 430 132,1
      中間決算  1,991 310 179  55,18  

    一方エイチームは前四季報より売上・利益ともかなり予想が引き
    上げられたが、すでに今期予想はそれ以上に引き上げられている
    引越しの価格比較、引越し侍のCM知らない人いる?
    グリーと提携のAKB48、NARUTOもこれからが本番
    「AKB48ステージファイター」、GREEの中で最速で
    累計登録者数200万人突破!!
    目の付けどころが違う。センスが違う。全てが大ヒットの予感
    利益予想はかなり控えめなようです

  • 四季報予想があまりにも低かっため
    ホルダーの方も、ほとんどの方が
    持ち株を減らしてしまいましたね。
    さて、買い戻すだけでも大変そうです

    第2四半期 経常利益63,5%増って
    通期予想もはるかに越えてしまっています
    株価3000円も射程圏となりましたね

  • >>No. 2382

    現在四季報(新春号)の予想
           売上高  経常利益 純利益  1株利益
    11年6月   7,744  204   69   20,9  
    12年6月  10,374  345  215   63,7
    13年6月  11,100  400  260   75,8

    今回修正した第2四半期決算は、
    前期実績第2四半期 4,719 219 180  53,3
    今期修正第2四半期 7,257 587 376 109,6 (←今回修正)

    四季報の予想に対し今回発表になった第2四半期決算は
    今期どころか、14年6月期の通期利益予想をも越えています

    当社グループは、「創造型PR商社」への事業構造転換を掲げた中期
    経営計画の第2期目として、新規プロジェクトの開発に積極的に取り
    組み、高収益が見込まれるビジネスへの選択と集中を進めている。
    ということから、今回の上方修正は一過性のものでなく、今後とも更な
    る成長が期待出来ると思われます

    第1四半期におけるセグメント別の業績は      前年同期比
      ? コミニュケーション事業  789百万円 (63,7%増)
      ? スポーツ事業        252百万円 (36,0%減)
      ? 開発事業           37百万円 (88,7%増)
      ? SP・MD事業       1,694百万円 (48,5%増)
      ? bills事業            572百万円 (64,4%増)
    これを見ても解るように、本業と思われていたスポーツ事業以外
    がすさまじい勢いで成長しているのが確認できます

    時価総額も異常に小さくいまだ32億円です。浮動株は17,6%
    しかなく5,6億円分しかありません。安くかえるのも今のうち
    だけです。3年で時価総額300億を目標でどうでしょうか?

  • >>No. 2563

    「第二の創業」 始まる
    〜時代の追い風を捉え、
        時代と共に変化する会社〜
    http://cdplus.jp/company/download/240836/16369.pdf

    まだまだ始まったばかりだったんですね、
    創造型ビジネスへの展開で、ビジネスチャンスは
    無限大に拡大しそうです。前回時価総額300億目標
    と書きましたが、その10倍・100倍でもいいかも!

  • >>No. 2629

    上半期偏重型?(上半期に利益が集中しているということですかね)
    冷静に考えて、私なりに予想させてもらいますが

    11年・12年とも下半期に次期への投資ということで1億円程の
    先行費用負担を計上しています。利益が2〜3億しかなかった
    前期・前々期ではかなりの負担でしたが、今期は違います
    半期で3億7000万もの利益が出せるようになった今では
    1億円の先行投資など問題になりません、次期のことを考えたら
    2億円ぐらい計上してもらったほうがいいと思います。それでも
    1株利益150円はいくのではないでしょうか?

    売り上げ70億円→100億円→140億円?
    1株利益20,9円→63,7円→150円?

           売上高   経常利益 純利益  1株利益
    11年6月実績   7,744 204  69   20,9  
    12年6月実績  10,374 345 215   63,7
    13年中間予想   7,257 587 376  109,6 (←今回修正予想)
    13年通期予想  ○○○○○ ○○○○ ○○○  ○○○  

    2年前の中期経営計画では12年度の売り上げ80億、13年90億、
    14年100億が目標でした。会社の目標は控えめすぎて、当てに
    出来ません。その結果がいまだ時価総額50億以下という株価の
    評価になっています。

  • 1997年11月新規公開の ヤフー上場後の値動きです
    公募価格は70万円、上場後初値は200万でしたが
    たった2年3ヶ月で株価が300倍の6億となったわけです
    上場後売らずにずっと持っていられたらの話ですが・・・
    ヤフーの1999年3月分割前の値動きがガンホーの株価
    を10倍するとよく似ています。とすると、来年2月に
    6000万目標か?

    月日         安値     高値     終値
    1997年11月   154万   219万   184万
         12月   191万   318万   299万
    1998年 1月   270万   305万   275万
          2月   260万   365万   365万
          3月   363万   485万   450万
          4月   445万   614万   499万
          5月   460万   549万   460万
          6月   340万   505万   485万
          7月   490万   630万   540万
          8月   400万   581万   401万
          9月   390万   520万   456万
         10月   425万   480万   465万
         11月   465万   800万   790万      
         12月   690万   865万   849万
    1999年 1月   840万  1700万  1480万
          2月  1400万  2200万  2200万
          3月  1600万  3500万 (2400万×2株)分割
          4月  2400万  6000万  4140万×2株
          5月  2280万  3940万  2280万×2株
          6月  2130万  4530万  4530万×2株
          7月  4690万  6150万  5750万×2株
          8月  4730万  6220万  6220万×2株
          9月  3300万  8000万 (3900万×4株)分割
         10月  3900万  5500万  5500万×4株
         11月  5700万  7600万  7200万×4株      
         12月  6750万  9140万  9140万×4株
    2000年 1月  8740万 10500万 10500万×4株
          2月 10700万 16790万 15000万×4株

         1株 1億5000万×4株(2分割2回) = 6億円

  • 1997年心機公開時の ヤフー上場後の値動きです
    公募価格は70万円、上場後初値は200万でしたが
    2年3ヶ月で株価が300倍の6億となったわけです
    上場後売らずにずっと持っていられたらの話ですが・・
    ヤフーの1999年3月分割前の値動きがガンホーの
    株価を10倍するとよく似ています。
    日本・韓国・米國・カナダ・ポルトガル・フィンランド
    オーストラリア・・・すべての市場でトップになれば
    すごいことに!まだまだ初動です

    月日   安値     高値     終値
    1997年
    11月  154万   219万   184万
    12月  191万   318万   299万
     1月  270万   305万   275万
     2月  260万   365万   365万
     3月  363万   485万   450万
     4月  445万   614万   499万
     5月  460万   549万   460万
     6月  340万   505万   485万
     7月  490万   630万   540万
     8月  400万   581万   401万
     9月  390万   520万   456万
    10月  425万   480万   465万
    11月  465万   800万   790万      
    12月  690万   865万   849万
     1月  840万  1700万  1480万
     2月 1400万  2200万  2200万
     3月 1600万  3500万(2400万×2 分割)
     4月 2400万  6000万  4140万×2株
     5月 2280万  3940万  2280万×2株
     6月 2130万  4530万  4530万×2株
     7月 4690万  6150万  5750万×2株
     8月 4730万  6220万  6220万×2株
     9月 3300万  8000万(3900万×4 分割)
    10月 3900万  5500万  5500万×4株
    11月 5700万  7600万  7200万×4株      
    12月 6750万  9140万  9140万×4株
     1月 8740万 10500万 10500万×4株
     2月10700万 16790万 15000万×4株

    1株 1億5000万×4株(2分割2回)=6億円

  • 通期連結業績予想に対し本日発表の第3四半期決算は
    いつもながらすごすぎ、通期利益予想を超えてます

             売上高(百万)経常利益 純利益 1株利益
    平成25年6月予想 12,109 613 356 103,48円
    第3四半期実績   10,259 645 423 117,93

    ① コミニュケーション事業 2,557百万円(前年同期比64,2%増)
    ② スポーツ事業       802百万円(前年同期比25,0%減)
    ③ 開発事業         330百万円(前年同期比508,2%増)
    ④ SP・MD事業      4,916百万円(前年同期比26,3%増)
    ⑤ bills事業        1,651百万円(前年同期比61,6%増)

    てっきり2,5円増配の10円くらいかと思っていましたが、
    12,5円増配の20円ですって、3,000円も通過点となるようですね。

  • No.6545

    CMの効果

    2013/05/27 01:43

    CMといえば、ダークサマナーのCMの効果は
    あったのでしょうか?

    コジハルばかりが強調されてしまい
    一体何のCMかさっぱりわからなかった
    あれでは、ダークサマナーを知っている人は
    わかったかもしれないが、本来アピールすべき
    やったことのない、新規のユーザー獲得には
    つながらなかったのではないか?

    人気ゲームというが、私の回りのゲーム好きの
    人にダークサマナーを知っているかと聞いても
    ほとんどの人が、いまだに知らないといっている

    どんなゲームなのか、わかるようなCM
    ゲーム本来の魅力が伝わるようなCM
    せめてダークサマナーというゲーム名だけでも
    記憶に残るようなCMを作ってもらいたい

  • 2013/06/17 00:23

    モバイルゲームと比較情報サイト運営が柱とあるように
    エイチームはゲームだけではありません、比較情報サイト
    運営(ライフサポート事業)の売り上げは

      平成22年7月  1,145(百万円)
      平成23年7月  1,564
      平成24年7月  3,100
      平成25年予想  4,300
     
    また今後は食事や旅行にも参入するのではないかと秘かに
    期待してます。ゲームを抜いた比較情報サイトだけの会社
    としても今の時価総額はかなり割安に思えます。

  • 2777  カッシーナ・イクスシー
           売上 経常利益 純利益 1株利益 1株配
    2010年12月  5,377  -258   3  0.9  10
    2011年12月  5,308  237  518  135  10
    2012年12月  5,313  196  186  49.1  10
    2013年予定  5,800  270  220  57.9  20
    2014年予定  6,200  350  250  65.8  20

    8月9日発表の中間決算
    12年中間   2,500   34  27  71.4
    13年中間   2,700   90  70  184.6
    13年予定   6,200  350  290  70.9  20

    四季報の予想はあまりにも低く、今期で2014年通期予想
    を上回りそうです
    1株純資産716円(2013年3月)
    上場時公募価格4,000円(2003年7月)
    上場来高値14,800円(2004年)
    現在株価530円で時価総額22億とあまりにも激安です
    私は素人ですので間違っていたら、ご指摘お願いします

  •  日付     終値    前日比
    9月 2日  3135円  -325円
    9月 3日  3070円  - 65円
    9月 4日  3180円   110円
    9月 5日  3880円   700円
    9月 6日  4580円   700円
    9月 9日  5270円  -210円
    9月10日  5650円   380円
    9月11日  5050円  -600円
    9月12日  4900円  -150円
    9月13日  4790円  -110円
    9月17日  4365円  -425円
    9月18日  5070円   705円
    9月19日  5630円   560円
    9月20日  6630円  1000円
    9月24日  7630円  1000円
    9月25日  6960円  -670円
    9月26日  7960円  1000円
    9月27日  9460円  1500円
    9月30日 10750円  1290円

    Nフィールドはうまくふるい落としを入れながら
    1万円になりました。まだまだ上を目指しそうです
    あとは全体の地合いしだいと思います

  • 例えば、エイチームの
    『ダービーインパクト』は、5月23日リリースで
    10月11日100万ダウンロード達成!
    『レギオンウォー』は、8月8日リリースで
    11月22日で100万ダウンロード達成!
    双方とも、現在は月商1億円規模に成長している


    それに比べ
    キティのパズルチェインは、11月14日配信開始
    20万ダウンロード、11月29日(15日間)
    40万ダウンロード、12月 3日(19日間)
    60万ダウンロード、12月12日(28日間)

    ドン★パッチンは、11月25日配信開始
    10万ダウンロード、12月 4日( 9日間)
    20万ダウンロード、12月13日(18日間)
    30万ダウンロード、12月16日(21日間)

    双方とも最低限、100万ダウンロード、月商1億が
    期待できそう。これにジャグモンが加われば
    前期売上22億のケイブにとってかなりのインパクト
    ではないでしょうか?

  • 7777 スリー・ディー・マトリックス

     5,550 △555 (+11.11%)

     ほんと良く並びましたね。
     証券コード番号も、社名も 偶然?

  • 4689 ヤフー
           売上   経常利益  利益  1株利益
    96.3     0    -3    -5  -1323
    97.3   413    49    23   5989   
    98.3  1269   131    64  11896
    99.3  1700   190    90  15000   
    00.3  2500   270   120  20000

    1997年11月新規公開の ヤフー上場後の値動きです
    公募価格は70万円、上場後初値は200万でしたが
    たった2年3ヶ月で株価が300倍の6億となったわけです
    上場後1度も売らずにずっと持っていられたらの話ですが・・・

    月日        安値     高値     終値
    1997年11月   154万   219万   184万
         12月   191万   318万   299万
    1998年 1月   270万   305万   275万
          2月   260万   365万   365万
          3月   363万   485万   450万
          4月   445万   614万   499万
          5月   460万   549万   460万
          6月   340万   505万   485万
          7月   490万   630万   540万
          8月   400万   581万   401万
          9月   390万   520万   456万
         10月   425万   480万   465万
         11月   465万   800万   790万      
         12月   690万   865万   849万
    1999年 1月   840万   1700万  1480万
          2月  1400万  2200万  2200万
          3月  1600万  3500万 (2400万×2株)分割
          4月  2400万  6000万  4140万×2株
          5月  2280万  3940万  2280万×2株
          6月  2130万  4530万  4530万×2株
          7月  4690万  6150万  5750万×2株
          8月  4730万  6220万  6220万×2株
          9月  3300万  8000万 (3900万×4株)分割
         10月  3900万  5500万  5500万×4株
         11月  5700万  7600万  7200万×4株      
         12月  6750万  9140万  9140万×4株
    2000年 1月   8740万 10500万 10500万×4株
          2月 10700万 16790万 15000万×4株

        1株 1億5000万×4株(2分割2回) = 6億円

    成長株の条件
    ・毎年しっかり成長している会社で、利益の伸びが加速する
    ・画期的な製品や、しっかりした経営陣が存在する
    ・売上、発行株数(時価総額)が小さく伸びしろがある
    市場が上昇局面で、投信の買いが期待できる状況
    であれば株価はぶっ飛びます

  • 3686 DLE のホームページ
    http://www.dle.jp/jp/

    ホントに前期売上たった9億の企業ですか?
    そうそうたる企業とのコラボ、連日のIR
    売上100億の企業でも、こんなに多くのIR出ないよ
    でも残念、4月以降は第3四半期決算には関係なし

    DLEの成長戦略、必見
    http://www.slideshare.net/tyrevolution/dle-32798308

    4月1日 鷹の爪団×コロプラ 位置ゲー『鷹の爪あなたが
          世界征服+』にて映画公開記念コラボ企画
    http://colopl.co.jp/products/colopl/takanotume2.php
    4月1日 DLE×DeNA 共同キャラクター開発プロジェクト
           第一弾「ももじりぞく」をリリース
    4月2日 DLEが成長した秘密を公開します!出来る範囲で。
          鷹の爪団がわかりやす~く説明してくれました!
    4月4日 4月11日からNHK Eテレにて新シリーズ放送決定!
           『秘密結社 鷹の爪 EX(エクストリーム)』
    4月8日 『Go!Go!家電男子』がいよいよ地上波に登場!
           TOKYO MXにて放送開始
    4月10日 DLE、「カロリーメイト」のマルチメディア
          ・プロモーションを展開 名作アニメ”ぶっ壊し”
           企画第二弾は「攻殻機動隊 ARISE」
    4月10日 DLE、「ジョブーブ」のマルチメディア
           ・プロモーションを展開 目玉の無料映画
           「鷹の爪7」は、満員御礼スタート!
    4月11日 DLE制作『銀河特急イチジョウマン7』4月13日より
          NHK 『おとうさんといっしょ』内で放送スタート!
    4月14日 DLE×au損保 マルチメディア・プロモーション
           を展開 新キャラ『こぐま』が楽しく安全な
           自転車ライフを提案
    4月16日 DLE×甲府市 活性化ソリューションを展開
            新キャラ開発×鷹の爪コラボ!
    4月17日 DLE×米国Fenox VC  戦略的業務提携を締結
    ~ファスト・エンタテインメント事業のグローバル展開を加速~
    4月17日 DLE×トランスコスモス スマホ向けアプリ
          『鷹の爪団のマインスイーカー』を共同開発

    3686 DLEの業績動向【百万円】
                売上   経常    純利益  
    2012.6      758   -89     -91
    2013.6      942   64     66
    2014.6予    1627  300    300

    第2四半期実績     871  186    249

        今期売上500億予想のコロプラに対し、
          今期売上予想16億のDLE
      コラボ企画なら双方にメリットがあると思うが

          コロプラの時価総額3149億
        ディー・エル・イーの時価総額162億
      ここから、10倍高狙うならどちらを買うべきか?

    3月13日 『パンパカパンツ』シリーズ、LINE関連とは
      静岡発!人気キャラがついに映画化!5月10日公開決定!
    http://www.dle.jp/jp/news/release/415.html
         静岡放送?なんかローカルな匂いプンプン
           一見見過ごしそうな情報ですが、
           LINEスタンプ(有料)が大好評。
       リリース直後に世界ランキング1位の実績と

  • 3686 DLEの業績動向【百万円】
                売上   経常    純利益  
    2012.6      758   -89    -91
    2013.6      942    64     66
    2014.6予   1627   300    300

    第2四半期実績  871   186    249

    必見!! DLEの成長戦略
    http://www.slideshare.net/tyrevolution/dle-32798308

    前期売上たった9億、成長余力十分です
    前期経常利益も、今期第2四半期ですでに約3倍に!
    通期では6倍?いえいえ、後期業績は急拡大中ですので
    上方修正あるかも!です。6月になれば四季報が発売され
    2015年6月期予想が初掲載。さらに9月になれば
    2016年6月期予想と全貌があきらかに!!!

    4月1日 鷹の爪団×コロプラ 位置ゲー『鷹の爪あなたが
          世界征服+』にて映画公開記念コラボ企画
    http://colopl.co.jp/products/colopl/takanotume2.php

    4月1日 DLE×DeNA 共同キャラクター開発プロジェクト
           第一弾「ももじりぞく」をリリース
    4月2日 DLEが成長した秘密を公開します!出来る範囲で。
          鷹の爪団がわかりやす~く説明してくれました!
    4月4日 4月11日からNHK Eテレにて新シリーズ放送決定!
           『秘密結社 鷹の爪 EX(エクストリーム)』
    4月8日 『Go!Go!家電男子』がいよいよ地上波に登場!
           TOKYO MXにて放送開始
    4月10日 DLE、「カロリーメイト」のマルチメディア
          ・プロモーションを展開 名作アニメ”ぶっ壊し”
           企画第二弾は「攻殻機動隊 ARISE」
    4月10日 DLE、「ジョブーブ」のマルチメディア
           ・プロモーションを展開 目玉の無料映画
           「鷹の爪7」は、満員御礼スタート!
    4月11日 DLE制作『銀河特急イチジョウマン7』4月13日より
          NHK 『おとうさんといっしょ』内で放送スタート!
    4月14日 DLE×au損保 マルチメディア・プロモーション
           を展開 新キャラ『こぐま』が楽しく安全な
           自転車ライフを提案
    4月16日 DLE×甲府市 活性化ソリューションを展開
            新キャラ開発×鷹の爪コラボ!
    4月17日 DLE×米国Fenox VC  戦略的業務提携を締結
           ~ファスト・エンタテインメント事業の
                  グローバル展開を加速~
    4月17日 DLE×トランスコスモス スマホ向けアプリ
          『鷹の爪団のマインスイーカー』を共同開発
    4月21日 株式分割及び定款の一部変更に関するお知らせ
           5月15日を基準日とし、1株につき3株の 
           割合を持って分割いたします 

    3月13日 『パンパカパンツ』シリーズ、LINE関連とは
      静岡発!人気キャラがついに映画化!5月10日公開決定!
    http://www.dle.jp/jp/news/release/415.html
         静岡放送?なんかローカルな匂いプンプン
           一見見過ごしそうな情報ですが、
           LINEスタンプ(有料)が大好評。
             世界ランキング1位の実績と

本文はここまでです このページの先頭へ