ここから本文です

投稿コメント一覧 (55コメント)

  • >>No. 40197

    6月13日の発行済み株式の総数には、ABC種優先株がすべて入っている。
    よって、普通株だけの時価総額計算比較はなんら意味がないだろう。
    現在の方が、アーク取得のA種1億株などの消去がおこなわれ、
    実質中味はスッキリと良くなってるね。
    だから、あなたが云うように、55円にはならない

  • 今朝、着いた。
    目的事項・決議事項は、A種/C種優先株の廃止にともなう定款規定の変更、
    そして、親会社オリックスからの役員を選任すること。そのほかは、特になし。
    社長などからは、今後の経営方針や株主への施策についてのコメントはなにかあるだろう。
    まあ、ヒマだから、出かけるとするか・・・。

    今日の株価、午後からも買いが分厚く強いが、売りも結構しぶとくあるねえ。

  • オリックスが売り売り、KBLが買い買い・・とかをもっともらしく言いまくってる人がいる。
    いいことではないねえ。希薄化で55円説から、今は「強く買いたい」とか、わからないですなあ。
    四季報掲載・アークの事業報告書に明記されてるKBLの持ち株数をここに、いま出して「KBLは買っている」「株主総会への要求事項」というのは何?
    KBLの持ち株比率は、今や2%以下だろうし、みずほなどメガバンクより少ないはずだよ。

  • >>No. 40099

    オリの掲示板で同じことを言っても、まともに相手にもされない。
    といって、この掲示板ならとの、確証もないデタラメはアカンですね。
    とにかく、オリックスともあろう大金融グループ会社が、そんなチャチなことを
    するかいな。
    むこうで「もっと高くなってから、考えるだろうよ」と助言されたnに。

  • お父さん、オリ掲示板で大活躍中。
    「ブラック字父さんで危ない。だからアークで資金調達、エゲツイことを・・」なんて

    これに応えての、ある良識人のもっともな返信

    「大丈夫やてアーク、
    かなり株価あがるまでは売らんよ」

  • >>No. 40004

    結構、結構! 夢でないアタリマエの動きですね。
    昨年からこの5月までは、ほとんど240~300円が定位置でした。
    そのあと、支援機構からオリックスへの経営と株式の移譲、膨大な優先株の消去などが、
    順調に進められた。55円TOBでみんなをビックリさせた以外は、良いことばかりだろう。
    希薄化といっても、その株式の80%は親会社オリックス所有であり、
    その60%ほどへの移行もあるだろうし、心配いらん。まあ明るく楽観やね。

    父さんのオリックスが、倒産かも、と心配してる方もおられるけれど(笑い)、
    そこに移譲した支援機構の人びとはアホではないだろうよ

  • 誰かさん。オリックスの掲示板にも「倒産の恐れアリ」と出没。そちらの方に「勉強不足の馬鹿」と云われてる

  • 2014/09/03 09:36

    >>No. 39904

    いやあ~倒産なんて、なんですかね。無借金のここも、当期利益2000億ほどのオリックスも100%ないのにねえ。  倒産♪ 父さん♪ 降参♪ 
    失礼しました

    今朝も買いが強い。とにかく、ここで上昇するのは良いことですね

  • >>No. 39863

    売上高1兆超えの大総合金融グループ/オリックスの社員が、こんな一子会社のケチな掲示板でウロチョロせんやろ。また、どうして彼らが、馬鹿げたような売り煽りとか55円論をする必要があるのかいな。まあ、オリックスとその宮内イズムをボロクソに言うばかりの、ほとんど実際を知らない人びとの投稿ばっかりで、オリックスの人なんかみあたらないよ。

  • アタリマエかもしれんが、次のサプライズはオリックス所有の2.7億株のうちの例えば、1.5億株の償却である。となれば、アーク総株数は1.9億株 うちオリックス所有は1.2億株で所有比率64%。オリックスはこの償却によって1株55円計算で83億円の損失、時価計算ならその3倍。だが、この希釈化の圧倒的改善で、株価が250~300円にでもなれば、残り1.2億株との掛け算で分かることだが、すぐにペイされるのだ。関係グループ会社800社を率いて、決して禿鷹ではないオリックスだから・・ね。法的に何時どのようにできるのかはワカリマセン

  • 支援機構から60億円ほどで取得したA種優先株1億株の償却は、スッキリした決断である。無借金となった財務内容のおかげもあろうが、親会社オリックスとここアークの今後の経営姿勢の一端を示すものだろう。
    以前に投稿したが、A種優先株を保有して、今後の業容の発展や株価の上昇にあわせて、少しづつ普通株に転換し売却していけば、大いに儲かる・・のに。だが、そんな本業以外での稼ぎはやっぱアカンことや

  • まあアッタリマエの動きだろう。
    ここの高技術力の散逸を防ぐために乗り出した支援機構が再生計画を順調に進めて、オリックスに今後を移譲したことは悪かろう筈がない。希薄化はすでに3年前に明確になっていること。
    多くの皆さんはチャンとわかっておられますね。

  • ここの株・株価に関係ないが、オリックス宮内氏について、ひとこと。
    オリックス前会長宮内氏だが、日本のプロ野球の正常化、パ・リーグの観客・ファンの増加に、大いなる貢献をした。YGのなべつねが長期間、一極集中的に君臨し、プロ野球界の改革・民主化を阻止してきた。宮内氏は、阪急Bの買収、そして球団の地域立脚の推進で、近鉄Bと合併し、仙台・楽天球団の創設に尽力。この間、指名打者制やドラフト制度改革も進めた。今後もオリックスBの球団社長はつづけるとのこと、なべつね一派への道義にもとづいた戦いを引き続き期待だ。
    以上、30数年来のパ・リーグファンからのコメントです。

  • オリックス6/23PressRelease(p4)より、買付けの理由について
    公開買付者(オリックス)は、対象者(アーク)の保有する試作成形に係る技術力及び自動車メーカー各社との強固な取引関係を重要な資産と認識し、これらの資産をベースとしつつ、オリックスグループが持つ国内外の主要な自動車メーカー及び民生機器メーカー各社との取引ネットワーク及びこれまでの投資経験・知識を有効に活用することで、対象者の更なる成長を実現し企業価値を高めることができるものと考えております。

    アークの過去の経緯も含めた、買付けに関わるすべてを18ページにわたって記載。その一部です

  • >>No. 39570

    そうでしょうね。当社をグローバルな成長路線に乗せて、その結果300~400円でのTOBもあるかも。
    とにかく、オリックスは現時点、155円でも、300億円近い含み益を抱えた筈で、また当社アーク自体も、同じく大きな含みをもった自社普通株と優先株を確保しただろう。9月末の株主総会で、これら株式の処置やこれからの道筋がどのように出てくるか、たのしみやね。

  • 明日はTOBの期限、もう55円はないねえ。
    もう少し下がってから、なんて様子見してたら、こりゃイカン。
    今が、そこそこ底だね。

  • >>No. 39512

    株が順序立てて動くのなら、チットもおもろくないよ。知識・先見の明で儲けることができん。
    「ここは中長期・将来性もあり、数年先200~300超えもあるかも、だけど、まず今は希薄化だ。8/19のTOBの期限には55円が妥当だよ、皆さん」でしょうか・・。
    まあともかく、今の株価は大手株主、金融機関、そして我ら少数株主の多くも、数年先をにらみつつ、さらに仕手性もあるので「利に乗るとみたカケ」をしてるのだろう。

  • 何かとややこしい場面ではあるが、支援機構の主導で、優先株の部分的な普通株への転換と、オリックスや当社への機構からの移譲が一段落する直前にあるのだろう。
    3年前の優先株発行の株主への資料で「金融支援の実施で、一時的に株主の皆様にご負担をおかけしますが、機構の支援の下、・・・中長期的な株主価値の向上に努めます」と明記されていた。その再生計画が順調に進み、今年の46期報告書では「これからは事業再生ステージを脱却し、グローバルに事業を拡大し、成長を目指すための取り組みを最優先に行っております」とある。
    とにかく、当社の中長期的な株主価値の向上を、金融機関、海外投資家、そして普通の我ら株主がどのように見るかやね。
    まあ、ここ数日少しは下がっても、やがてこのレベルでは買えないようになるかも・・だね。

  • >>No. 39478

    >アークが保有した大量の株式が市場に放出されれば株価が下がるのは自明の理。
    ではアリマセン。この様なことがされた場合は、それによって膨大な内部留保が積み上がり、株主資本が大きく増加するのです。会社や株主の値打ちが上がりますね。それと希薄化と、どちらが大事なのかやね。

  • ここが所有したA種優先株1億株の値打ちだが、その見方のひとつ、算術計算でわかることだが。定められたh34年までに、4億株の普通株式に転換して金融機関や企業、一般株主に買ってもらう。その平均取引株価が、200円なら800億。300円なら1200億円が入るのだ。この膨大な資金で業容の拡大をはかり、またホントに優秀な会社をどんどんM&Aして利益を積み上げればよい。その間の配当に必要な原資も10円配当でもせいぜい50億/年ほど。なお、もちろんかなりの自社株買いもあるべきだろう。
    すごい希釈化だ、B種優先株がどうだとか言う方々もいるが、まあ上記と比したら些細なこと。株価の動きをみても、多くの人びとは健全な認識をしてるのだろう。

本文はここまでです このページの先頭へ