IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (592コメント)

  • 長期金利にリンクさせたAIアルゴリズム売買に振り回されてる感じですね。
    しかし、信越はPERが高くなくまだ維持できています。
    今月はグリップ力が問われますね。

  • 半導体・電子部品等の値嵩株なら何でも上がる熱狂相場は終わりましたね。
    NYダウ、ナスダック、SOX、日経先物が大きく上がっていたにもかかわらず、多くの値嵩株が売られて、先週の金曜日の大幅な下げの反動も寄りだけで、その後は売られました。
    みんな売り時を探していたのですね。金利上昇は絶好の売りの理由となりました。
             金曜日   月曜日
    ファーストリテ ▲3.39%  ▲1.66%
    エムスリー   ▲1.87%  ▲2.79%
    レーザーテック ▲1.33   ▲5.05%
    東京エレク   ▲2.47%  ▲1.13%
    ディスコ    ▲0.30%  ▲2.28%
    アドテス    ▲0.27%  ▲3.38%
    FUJIは先週金曜はわずかにプラスでしたが、本日は▲1.31%と売られました。
    今週はMSQだし、3月は機関の益出しで厳しい状況ですが、PERの低い割安銘柄に入れ替えていくので、期待できます。
    今しばらくはこんな状態でしょうが、ここはホールドしていきます。

  • 今週はMSQだし、3月は機関の益出しで利が乗っている値嵩株は売られるし、個人も益出しに走っている感じですね。
    でもこの円安で、本決算は良さそうですね。
    4月末は期待できます。

  • 半導体・電子部品の値嵩株なら何でも上がる熱狂相場は終わりましたね。
    NYダウ、ナスダック、SOX、日経先物が大きく上がっていたのに多くの値嵩株が売られてマイ転しました。
    みんな売り時を探していたのですね。
    買いやすくなったので後場は買い戻されるかもしれませんが?
    しかし、割安株は上がっています。PERが高くない信越は買いエネルギーもあってよく持ちこたえています。
    我慢と期待のホールドです。

  • 本日はジェットコースターみたいでしたが、ほぼ日経平均通りに動きました。
    やはり、PERが低いので最後は買われますね。
    このあたりがやはり底なんでしょうね。
    花王や資生堂、ユニチャーム等が大きく買われ、循環物色されているのを見ると、
    また資金はグロースに回ってくるかと思います。
    しばらく我慢して決算までホールドします。

  • この円安で相当利益は積み上がりますね。
    本決算の発表が楽しみです。

  • マーケットが628円安の28930円と29000円も切りました。
    ファーストリテやソフトバンクだけでなく半導体・電子部品等幅広く大きく売られました。ボラが上がると機械売りが増えるそうです。そうなると大きく下げます。
    FUJIの後場の反発を見ても、ここらあたりが底と見て買いが入りました。
    それにしても、自律反発はあるでしょうが、調整は続きますね。

  • 本日は、半導体関連はさらに売られましたね。
    やはり30000円が上値とみているんでしょうか?
    通過点ではあるでしょうけど、しばらくもみ合いますね。
    このもみ合いで上がらないのに嫌気がさして売られるハイテク銘柄も出てきています
    が、そのような銘柄はPERが高く、その点からも買い上がりづらいです。
    FUJIも2600円を挟んでもみ合いましたが、売りも多いが買いも多く、かろうじて
    8円高と何とかプラスで引けました。とにかくPERは低いですら。
    しかし、しばらくは大きな動きはないかもしれませんね。

  • NYダウ、ナスダック、SOXが大きく上げていたし、金利上昇も止まっているにも
    かかわらず日経ダウは大きく下げました。
    276円高からスタートしたのに前場中にマイ転して、255円安で終了。
    半導体関連も結構売られ、超有望値嵩株も最後は小幅ダウンと言うところでしょうか
    買っておきたいエネルギーはあるものの、少し戻ったところで、損を最小限に確定したい「やれやれ売り」の方が強かったのでしょう。
    FUJIはかろうじて2600円台をつけましたが、まだまだ上がれば売られる状況は続きそうです。
    しばらくは我慢のホールドですね。

  • 2,600円まで戻って欲しかったですね。
    ここで売るのはもったいないと思うのですが、更なる下落不安の売りも結構あるし、
    いくら割安でも、ちょっと恐々買っている感じですね。
    マーケット全体はファーストリテやソフトバンクが引っ張りましたが、各ハイテク値嵩株もまだ様子見の買いと言う感じです。
    山高ければ谷深しなので、じわじわの戻りでいいのではないでしょうか。

  • 証券価格=CF/金利 という話が出ていました。
    債権はCFが変化しないので金利が上がれば債券価格は下がります。
    でも株は企業の成長でCFが増えていくので金利が上がっても株価は上がっていきます。
    今は企業のCFが増えていく時期なので、一時的に長期金利が上がって株価が調整しても株価の上昇が期待できます。従って日経ダウは上がっていく事になります。
    ただ、今は株価が調整したことで超有望銘柄が軒並み割安になり大口の買いはそちらに向かいます。東エレ、ファナック、村田、信越、アドテス等々電子部品や半導体関連の超有望値嵩株が絶好の買い場になってしまいました。
    金余りとは言えFUJIに回ってくるにはそれらの超有望銘柄が上がってからでしょう
    それらの銘柄が割安でなくなるところまで買われたら、PERも14.1倍なので買われると思います。そこまでしばらくは我慢のホールドです。

  • 今日のマーケットは1202円(3.99%)も下げるなんて、一昨日以上でした。
    損切りした人も多かったでしょう。
    特に2月最終日でしかも金曜なので利益確定も多かったと思います。
    ハイテク値嵩株は3.5~5.0%くらい下げて、特に買い残の多いところは売りが膨らみました。
    ここは昨日の戻りが少なかったからか、2.83%安となっています。
    こんな時は業績の裏付けのない銘柄は怖いです。
    ここは決算発表までに戻ってくると思いますのでホールドです。

  • ホントにFUJIは信じられない会社ですね。実力はあるのに。
    いわゆる戻り待ちの「やれやれ売り」をこなしている状態ですね。
    だけど売った人はその後のもどりは指を加えてみているだけですね。
    自信を持ってホールドしましょう。
    今は正直悪いチャートですが、もう2か月くらいかかります。
    3000円に行くと思います。
    それまで自信もってホールドです。

  • 今日の下げは厳しかったですね。
    大きな調整ですが、振出しに戻る感じです。
    本決算はいいと思うので、戻りを待ちます。

  • 13週移動平均の18216円も割ってきているので、ほぼ狼狽売りの損切りですね。
    ある証券会社の解説では大きな流れは半導体の使用量拡大の方向は間違いないので、一旦売るもいいが、ホールドでいいのではないかとの話でした。
    お金があれば絶好の買い時ですね。

  • 三菱UFJモルガン・スタンレーの18800→21400円の目標株価引き上げに続いて、

    「信越化学-シティが目標株価引き上げ 相変わらず主要事業の見通し明るい
     信越化学工業<4063>が続伸。シティグループ証券では、相変わらず主要事業の見通し明るいと指摘。投資判断は「買い」継続、目標株価は17500→21500円に引き上げた。」
    「前回の修正(11/17)以降、塩ビは一段と市況が改善、ウェーハも見通しが良化している2022年3月期の営業利益予想は4300→4560億円(前年比16%増)へ増額」

    という記事がありました。
    また、25日移動平均線の上抜き銘柄としての記事もありました。
    21000円まで上昇期待です。

  • 戻りの強さは、まだ結構利確したい売りが入っているので、こんなものでしょうか。
    売りを吸収して少しづつ戻していけばいいかと思います。

  • これまでファナックの決算で中国が牽引となって株価も上がってきましたが、本日の日経の銘柄診断でファナックが取り上げられています。
    「1月の工作機械受注額(確報)で中国向けが5か月ぶりに前月実績を割り込んだ」とあり、「売上高に占める中国比率が高いファナック株に利益確定売りが広がった」とあります。
    FUJIも中国比率が高く同業界なので同様の理由で利益確定売りが出たと思われます
    しかし、この記事の最後の方で「季節性の影響が高い」との指摘や、「世界の機械需要は年前半に中国、後半に中国以外が支える形で回復が続く」と予想しています。
    「下落余地は限定的」と締めくくっています。
    ファナックのPER60倍台に比較してFUJIはPER14倍台なので伸びしろも高いと思います。来週以降の戻りに期待したいです。

  • 本日は大きく下げましたが、個人のグリップ力が弱いというよりは、大口が買っていないのかもしれませんね。
    マーケット全体より下落率が高いのはお金の流れがバリュウへ向いているのかもしれません。
    どちらにしてもここは5月中旬の本決算を楽しみに我慢してホールドします。
    FUJIの見込みはいつも固めなので。

  • 半導体、機械関連は軒並み大幅ダウンでした。
    それにしても売りたい人はまだ多いですね。
    ここは我慢ですね。

本文はここまでです このページの先頭へ