IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (34コメント)

  • 柱のFXが新規顧客獲得増え回復。
    カバー手法変更等も効き収益性上向く

    暗号資産交換業に加え、空港外貨受取など不採算事業相次ぎ撤退し、販管費大幅削減。

    営業益浮上。事業撤退特損ない。増配。


    主要通貨のFXスプレッド引き下げで手薄だった新規獲得へ本腰。

    キャンペーンなども順次展開。暗号資産CFDに今夏参入、ビットコインなど取り扱い予定。

  • 【続 落】下期もコロナ禍続き販売電力量減退。
    修繕費計上が集中。

    持分法の火力会社は燃料価格反転で差益消失。
    廃炉関連の特損ない。

    賠償特損は国の交付金で穴埋め。
    22年3月期もコロナ影響残り回復途上。


    【原 発】柏崎刈羽7号機は規制委の審査手続き終了。

    20年12月工事完了後の地元同意が焦点。

    電気自動車所有者等対象に電化設備サブスクサービスを21年度上期開始。


  • 【反 発】投信など個人向け手数料苦戦。国内中小向け利ザヤ続落だが、大企業や海外向け貸出健闘。

    売却損なくなり市場部門回復。経費抑制想定超。与信費用増でも経常益反発。システム減損特損ない。21年3月期は海外貸出や手数料伸び、経費抑制加速。

    【店舗改革】23年度までに全店の後方事務集約。
    銀信証一体で対面コンサル重視の次世代店舗を24年度までに330店に拡大。

  • No.905

    強く買いたい

    優待内容 優待獲得株数 備…

    2020/01/28 22:24

    優待内容
    優待獲得株数
    備考
    (1)自社商品券または(2)茨城県産米
    (1)2,000円相当または(2)2kg
    100株以上
    ※(1)と引換えに(2)と交換可
    (1)4,000円相当または(2)5kg
    400株以上
    (1)8,000円相当または(2)10kg
    2,000株以上
    (1)16,000円相当または(2)20kg
    4,000株以

  • 2020/01/28 22:14

    【高水準】食料はタイ肥料や国内マグロ養殖苦戦。
    石炭は前期市況高の反動で利幅大幅縮小。が、鉄道・航空が着実増。エネルギーも国内外発電事業が大幅増。

    最高純益。21年3月期は航空などが稼ぎ、小幅増益。

    【売 却】ブラジル・フラージ油田権益を売却。エネルギー分野は上流から中下流展開へシフト。
    ミャンマーの通信タワー管理運営会社に出資参画、5G需要など狙う。


  • 業績見通し
    【横ばい】

    柱のネット広告代理業は既存顧客との取引深耕、新規顧客増で順調。

    メディア事業は広告掲載基準厳格化の影響薄れ回復歩調。

    ただ費用負担で会社計画下振れ。

    20年12月期はメディア事業伸長し上向く。


    【収益力】

    自社アド・テク新商材を拡充、商材比率は18年度13%を21年度22%に高め収益力向上。

    AI活用の独自広告審査システム開発、メディアのブランド保護に前進。

  • 2019/08/20 09:13


    【堅 調】パルプや原油は市況高一服し減速。電力もIPP事業が軟調。ただ、金属の市況高が牽引。

    米中貿易摩擦の影響で前期軟調だったアグリも復調見込む。北米穀物輸出事業や発電事業での減損ない。

    増配。




    【還 元】純有利子負債比率0・8倍程度の達成以降は自己株買いも株主還元の選択肢に追加。

    21年度までに既存事業に7000億円、新規事業に2000億円投資予定。

  • 2019/08/20 09:10

    21年度までの新中計は車載電池を中核事業から外し工場合理化等に注力。

    テスラ用電池は追加投資慎重視。

    20年1月パナ、トヨタ系住宅事業統合し合弁設立。


  • 【好反発】出店17、退店6(前期各24、19)のほか改装100店程度。洗濯機など白物軸に伸長。

    テレビも堅調。住宅関連強化店は採算改善。増税前の駆け込み需要で上期膨らむ。店舗改装費用も抑え営業益好反発。


    【対 抗】大都市圏で既存大型店を補完する小型店をインショップ出店。

    都市型店舗を強化する競合に対抗。


  • 受注抑制が響き、期初単体受注残は3532億円(前期比約11%減)。

    渋谷や南町田など再開発の完工進む。

    手持ち減と好採算案件剥落が響き大幅減益だが、会社は工事採算をやや慎重視。

    30円配維持。


    【短期交代】電鉄出身の今村社長は1年で副会長に、後任はプロパーの寺田副社長が昇格。

    短期と中期の戦略分担と会社説明。

    大型工事一巡、物流やホテルの受注を強化。

  • No.20

    強く売りたい

    ださっ よわっ …

    2018/09/21 10:20

    ださっ

    よわっ


    ひよわっ

    来期から

    軟弱組にせい怒!

  • だいたい第一商品が訪問躍起になってくると
    下げ止まり近い

    おととい来たよ

    そろそろいい感じかな

  • はい、ダレ時間

    9時30分過ぎ

    ここを仕込んで力めよ

  • No.983

    強く買いたい

    さぁ ダレ時間 9時半 …

    2018/09/14 09:34

    さぁ ダレ時間
    9時半

    ここを頑張るのよ!

    大林根性

  • やはりチャートはでたらめ

    妄想神 負け
    現実神 NY等海外の尻尾振りにとにかく右えーーーーーーーーーーーー習え
    はい下向いて ワンワン

  • 2018/03/29 09:46

    やめてよ

    日足で期近下値見てるのに

    週足みろに持って行かないでよ

    たーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーいした問題や内のノーに

    発火したわけ?誰かひんだの?

    NO!NO!

    YES!パナはすぐ対処しますよ

    あ! サービス価格提供ってこと?

    OK 買い増し益々増し

    ぼくちゃんは資金無いけどね、、、

    先輩方、どーんと買ってください!5月前には^^

  • フージャースホールディングス
    第2回新株予約権

    3/9
    (新株予約権の行使期間満了の日前の日であって、取引所が定める日)に該当

  • No.937

    強く買いたい

    若田部氏 質疑 「現在…

    2018/03/05 21:28

    若田部氏
    質疑

    「現在の金融政策で2%の物価目標達成が難しければ、追加緩和策を考えざるを得ない」表明。

    その上で、大規模金融緩和から抜け出す「出口戦略」について、「2%達成前に発動することはあり得ない」と強調。

    出口戦略

    雨宮
    「どういう手段を持ち、それをどう使うのか検討はしている」と。

    黒田
    2日の衆院の所信聴取
    「2019年度ごろには物価が2%程度に達し、出口をその頃に議論しているのは間違いない」と。

  • 若田部氏は質疑

    「現在の金融政策で2%の物価目標達成が難しければ、追加緩和策を考えざるを得ない」表明。

    その上で、大規模金融緩和から抜け出す「出口戦略」について、「2%達成前に発動することはあり得ない」と強調。

     出口戦略
    雨宮
    「どういう手段を持ち、それをどう使うのか検討はしている」と。

    黒田
    2日の衆院の所信聴取
    「2019年度ごろには物価が2%程度に達し、出口をその頃に議論しているのは間違いない」と金融政策を正常化する時期に言及している。

     若田部氏は質疑に先立つ所信表明で、「時期尚早の政策変更によりデフレに逆戻りするリスクは避けなければならない」と強調。低金利の長期化に伴う銀行収益の悪化など副作用も目立つ中、金融市場に根強い緩和の早期修正論を否定した。

     デフレの完全克服に向け、「政府と日銀が協力することも欠かせない」と指摘。政府・日銀の政策協定に関し、「場合によっては改善することが必要だ」と見直しの可能性を示唆した。

     雨宮氏は現行政策を継続する考えを示し、「類例を見ない大規模緩和の効果と副作用の評価、将来の出口戦略など検討課題は多岐にわたる」と述べた。

  • 東京電力平均年収

    東京電力の平均年収は724万
    ※過去数年の年収から平均値を算出

    電力業界の平均年収は800万円といわれているので少々少ないです。
    国内の電力会社で単独首位にたつ電力会社になっております。


    東京電力の年度年収

    過去の平均年収推移は、以下のようになっています。
    平成28年:822万円
    平成27年:733万円
    平成26年:709万円
    平成25年:684万円
    平成24年:619万円
    平成23年:653万円
    ※参考:有価証券報告書

    全体としては、平成22年に、全体の給与水準を年120~140万円削減の方向へシフト

本文はここまでです このページの先頭へ