IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (59コメント)

  • 【台北=中村裕】半導体受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は13日、2022年の設備投資額が最大440億ドル(約5兆円)に達すると発表した。21年比で4割強増え、過去最高額になる。5年前の17年比では4倍の水準になる。現在の最先端品より、さらに2世代先の技術となる「2ナノ品」の新工場を年内に台湾で着工するなど、競争優位性を一段と引き上げる狙いだ。
    【関連記事】台湾TSMC、10~12月の売上高・純利益が過去最高
    TSMCは13日、オンラインで21年10~12月期の決算発表会見を開き、売上高、純利益がともに四半期ベースで過去最高を更新したと発表した。売上高は前年同期比21%増の4381億台湾ドル(約1兆8000億円)、純利益は16%増の1662億台湾ドルだった。
    会見に出席した経営トップの魏哲家・最高経営責任者(CEO)は今期の見通しについて「22年の売上高は25~29%の増収になる見込みだ」と述べた。その後の数年間も「年間売上高は15~20%増が続く」と語った。

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (1月14日発表分) ■マルマエ <6264>
    12月受注残高は前年同月比93.4%増。

  • 【アナリスト評価】ローツェ、レーティング強気を継続、目標株価15,300円に引上げ(日系中堅)日系中堅証券が1月18日、ローツェ<6323>のレーティングを強気(Outperform)に据え置いた。一方、目標株価は12,000円から15,300円に引き上げた。因みに前日(1月17日)時点のレーティングコンセンサスは5(アナリスト数2人)で「強気」の水準、目標株価コンセンサスは13,000円(アナリスト数2人)となっている。

  • 2022/01/25 19:15

    【アナリスト評価】ローツェ、レーティング強気を継続、目標株価16,000円に引上げ(日系中堅)

  • No.502

    強く買いたい

    特報 TSMC、熊本工場投資1…

    2022/02/15 21:26

    特報 TSMC、熊本工場投資1兆円に拡大 デンソーも出資

  • 2022/02/15 21:29

    半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)は15日、ソニーグループとの合弁会社で手掛ける熊本県の新工場に追加投資すると発表した。投資額は86億ドル(約9800億円)と当初見込みから約2000億円積み増す。合弁にはデンソーも400億円を出資する。自動運転システムなどで使う車載半導体の安定調達につなげる狙いがある。

  • 2022/02/15 22:06

    [東京 15日 ロイター] - デンソーは15日、台湾の台湾積体電路製造(TSMC)が熊本県に新設する半導体工場に約400億円出資すると発表した。10%超の株式を取得する。

    TSMCはこれまで計画していた回路線幅22─28ナノメートル(ナノは10億分の1)の半導体に加え、より高性能な12─16ナノも生産する。約8000億円だった設備投資額を約9800億円に積み増し、月間生産能力を4万5000枚(300ミリウエハー)から5万5000枚に増強する。

    同工場は2022年に建設を開始。24年末までに生産を始める。ソニーグループも約570億円出資し、株式20%未満を取得することを発表している。

  • 2022/02/18 12:22

    【アナリスト評価】ローツェ、レーティング強気、目標株価14,000円(欧州系大手)欧州系大手証券が2月17日、ローツェ<6323>のレーティングを強気(アウトパフォーム)とした。また、目標株価は14,000円としている。因みに前日(2月16日)時点のレーティングコンセンサスは5(アナリスト数2人)で「強気」の水準、目標株価コンセンサスは15,650円(アナリスト数2人)となっている。

  • 2022/02/18 17:39

    レーティング日報【新規格付け】 (2月18日)
    ●2月18日に調査機関が新規に投資判断を付与した銘柄をまとめました
    ローツェ <6323>     マッコリ  新規に強気 14000→14000

  • 2022/02/20 09:51

    各社より発表された、ローツェ (6323)の目標株価やレーティング情報の一覧を日付順に掲載します。
    2022/02/18 マッコーリー 新規OP 14,000
    2022/01/26 岡三 強気継続 14,000 → 16,000
    2022/01/19 東海東京 OP継続 12,000 → 15,300

  • 2022/02/25 11:30

    ローツェ-大幅高 貸借銘柄に選定 25日売買分から実施
    ローツェ<6323>が大幅高。同社は24日、同社株が新たに貸借銘柄に選定されたと発表した。25日売買分から実施される。株価は流動性の向上に期待した買いが優勢となっている。

  • No.725

    強く買いたい

    ナスダック100CFD +2…

    2022/03/09 20:22

    ナスダック100CFD +2.1% 爆上げ中 この値をキープして欲しいと思っています。以上

  • 2022/04/11 17:24

    【決算速報】ローツェ、経常17,818百万。アナリスト予想を上回る
    【業績予想/決算速報】ローツェ<6323>が4月11日に発表した2022年2月期の経常損益は17,818百万円、直近のIFISコンセンサス(16,133百万円)を10.4%上回る水準だった。また同日発表された業績予想によると2023年2月期の経常損益は38.9%増益の24,755百万円、IFISコンセンサスを17.5%上回る水準となっている。尚、中間の経常損益は11,859百万円を予想している。

  • 来週は21日に日本電産のほか、ディスコ<6146>、オービック<4684>、22日に東京製鐵<5423>、ジャフコ グループ<8595>が決算を予定している。米国では19日のネットフリックス<NFLX>、それに20日のテスラ<TSLA>の決算が注目されるほか、同じく20日の半導体製造装置大手ASMLホールディングADR<ASML>の決算も関心を集めそうだ。

  • ローツェの証券アナリスト予想詳細
    2022/04/16時点における、ローツェに対する、アナリスト判断(コンセンサス)は、強気買い。内訳は、強気買い4人となっています。アナリストの平均目標株価は14,575円で、株価はあと19.27%上昇すると予想しています。

  • 悪材料
    ■HENNGE <4475> [東証G]
    東証と日証金が18日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施する。

  • ディスコ、22年3月期営業益66%増に 半導体装置が好調
    エレクトロニクス
    半導体製造装置のディスコの2022年3月期の連結営業利益が前の期比66%増の880億円程度になったことが分かった。2期連続の最高益で、従来予想から50億円弱上振れする。世界的な半導体不足を受けて増産に向けた設備投資が活発な状況が続いており、製造装置の引き合いも高水準に推移した。
    連結売上高は37%増の2500億円程度となったようだ。1月に公表した会社予想の2431億円を上回る。 日本経済新聞より

  • 2022/01/26 岡三 強気継続 14,000 → 16,000

  • 水戸証券 ◆ 目標株価は 17,500 円へ引上げる
    株価レーティングは「A」継続。目標株価は今期予想PER約 15 倍の 17,500 円(前 回 10 月は 12,000 円)。月次終値をベースとした過去 2 年間の予想PERは約 12 倍~ 約 20 倍(平均約 16 倍)であり、参考にした。

  • 株たんより
    ●ローツェはウエハー搬送装置が絶好調で高成長路線まい進

     ローツェ <6323> [東証P]は世界的な 半導体需要の拡大を追い風に、ウエハー搬送装置の販売が絶好調に推移している。前期は中国向けの売上高が倍増したほか、米国装置メーカーや台湾ファウンドリー向けも伸び、経常利益は178億1800万円と前の期に比べ2.1倍に膨らんだ。ベトナム工場での生産効率改善や円安進行で為替差損益が好転したことも利益を押し上げた。高水準な受注が継続するなか、23年2月期は経常利益247億5500万円(前期比38.9%増)と5期連続最高益の計画で、配当も110円(前期比45円増)に大幅増配する方針だ。同社の期初予想は保守的で期中に上方修正するケースが多く、更なる上振れにも期待がかかる。株価は調整含みの展開となっているが、予想PER11倍台と割安感が強く見直し余地は大きそうだ。

本文はここまでです このページの先頭へ