ここから本文です

投稿コメント一覧 (509コメント)

  • 2019.01.21

    美容-医療 消える“お肌の境界線”
    ナノキャリア 粒子技術を美肌成分へ 化粧品が起こすイノベーション(日刊工業新聞)

  • 2018 Highly Cited Researchersに選ばれた片岡一則先生ですが、

    Highly Cited Researchers(高被引用論文著者)とは、クラリベイト・アナリティクスが、10年以上にわたり絶え間なく高い評価を得ている、影響力のある研究者を引用分析により特定しているもので、自然科学および社会科学の21の研究分野において論文の被引用数による上位1%論文著者を選出しています。

    2019年1月28日にドラッグキャリア設計入門 片岡 一則/原島 秀吉
    の本が出版されるようです。

  • エクラフチュールdのベストコスメ受賞一覧

    MAQUIA 1月号
    ベストコスメ2018下半期
    美容液部門 第2位

    美的 1月号
    2018感嘆のベストコスメ
    ブースター部門 第2位

    VOCE 1月号
    2018年下半期ベストコスメ
    美容液・オイル部門 第5位

    CREA 12月号
    毎日使いたいベストコスメ2018
    エイジング部門 第3位

    marisol 1月号
    うぬ惚れベストコスメ大賞
    美容液部門 第2位

    大人のおしゃれ手帖 1月号
    50代が本気でほしいベストコスメ2018
    美容液部門 第3位

    BAILA 1月号
    NTJ美人への近道!ベストコスメ
    ブースター部門賞

    HERS 1月号
    「底上げ力」絶大!ベストコスメ
    美容液 第3位

    美人百花 1月号
    私たちの本気のベストコスメ
    美容液 第1位

    また@COSMEでは集計期間:2018/10/3~2019/1/2なので発売日:2018/10/18とまだ3ヶ月の期間経てないのでもっと上がっていくと思いますが今の段階で14位となっています。

  • 青えんぴつさん、こんばんは

    エクラフチュールの発売日でご祝儀相場で上がることもなく、織り込み済みで下がることもなく、無風で無視されている状態で何とも悲しいですね。
    ナノキャリア社もバナー広告が変わったのみで、発売予告のIRから何の動きもみせていませんので当然といえば当然の結果なのかと感じる次第です。

    エクラフチュールで検索すると多くの検索が引っかかるので小売店や使う人にとっては今日の発売日は待ち遠しかった一日になったかもしれません。

  • 今日18日にエクラフチュールdが正式発売になりますね。

    原材料はほとんど変わらずナノキャリアから供給されているナノセスタBLがナノセスタEX
    (医薬品開発で培ったアクティブターゲティングの知見に基づき、皮膚細胞の特徴を巧みに利用し開発された「ナノセスタ EX」は、皮膚への浸透性のみならず、効率的な皮膚細胞へのアプローチを追求したミセル化ナノ粒子です。細胞膜の一部に負(-)の電化が存在することに注目し、粒子の細胞表面への直接的な親和力を実現しました。)
    に変わったことで新商品の売り上げはナノセスタEXがかなり重要なウェイトを占めているような気がします。

    前回のエクラフチュールでは発売1か月少し前に、供給売上が当初の予想を上回る見込みとなったことで2億円ほどの上方修正となりました。今回は初年度の売り上げ見込みを1.5倍くらい見込んでいるのですが、織り込み済みなのかまだ検討中なのかはわかりませんが、全然IRなどでの音沙汰がない状況ですね。
    上手く交渉して少しでも供給の売上や契約金などを得るようしてほしいものです。

  • 10月18日発売のエクラフチュールdですが、気の早い店舗だと今日から売り出しているところもあるようです。
    またYou TubeにCM動画が掲載されました。

    エクラフチュール d〈美容液〉 毎日、キレイをアップデート。今日の素肌と、輝く未来のために。
    ttps://www.youtube.com/watch?v=Wx6x50_00Tg

    18日発売のファーストセット以外の通常商品を購入するとアンフィネスの乳液&化粧水のミニセットが貰えるキャンペーンも始まるらしいです。
    初年度は販売目標として60万本を目指しているらしいので、およそ60億円の売上となりますが、そのうちナノキャリアに何時どのくらいの収入になるのか興味津々であります。

  • 青えんぴつさん、こんばんは

    株価はなかなかさえない状況が続いていますが、エクラフチュールの情報をひとつ。
    今までの商品に使っていたナノセスタBL(ボーダーレス)から今回新たに進化したDDSのナノセスタEXになり、とあるBA(美容部員)さんによると、約5倍の速さで浸透する新ナノセスタになっているとのことです。

    化粧品を開発することにより、より良いDDSが作られればそれが薬の分野にも活用できるので、それが活かされる機会が早く訪れることを願うばかりです。

  • アルビオンの公式サイトにエクラフチュールdが新製品として、たった今掲載されました。

    10月18日の発売までに、これから多くの宣伝や広告も目にすることになるかと思います。

  • 青えんぴつさん、こんばんは

    以前、ナノキャリアの有価証券報告書に
    「アルビオンは当社に対し、当社技術利用の対価として一定額を段階的に支払う。」とありました。第一弾のエクラフチュールである程度の実績は残しているはずですから、ほんと次の段階の対価はほしいものですね。

    また、エクラフチュールdの公式発表が10月1日ですが、その時にでも、まだ知らない細かな商品情報がホームページに載せられるかもしれませんね。
    宣伝もそれから本格的になるのではないかと思います。

  • Depth新着情報

    2018/09/28
    エッセンス購入キャンペーン開催!抽選で3名様に「ヤーマン スカルプドライヤー」プレゼント

    9月28日(金)~11月4日(日)の期間中、Depthオンラインショップにて対象商品(スカルプ ケア エッセンス / スカルプ ケア エッセンス フォーシェア)を1点以上ご購入いただきキャンペーンにご応募いただいたお客様の中から、抽選で3名様に、圧倒的低音風で乾燥させ、髪と頭皮のダメージを低減、育毛剤やエッセンスの浸透を涼風と美容音波振動で高めるドライヤー「ヤーマン スカルプドライヤー」をプレゼントいたします。

    この機会に、エッセンスとスカルプドライヤーで
    頭皮に贅沢な潤いを届け冬の乾燥に負けない頭皮環境を作りませんか?

  • 青えんぴつさん、こんばんは

    美的にエクラフチュールdの紹介あったのですね。明日にでも確認してみます。
    公式サイトでの発表の10月1日まで1週間を切りましたが、ネット上では早々とアルビオンのお店に行ってファーストセットの予約をしている方の書き込みが多くみられます。もしかすると早々と売り切れるかもしれません。

    また、「※メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。」と書いてあって多くは書き込みできませんが、Depthのクリスマスのキャンペーンがあるらしいです。

  • 青えんぴつさん、お久しぶりです。横から失礼します。

    新製品のエクラフチュールdですが、美容部員の方の書き込み見ると9月11日にセミナーがあり説明を受けた方がおられるようです。お近くの店舗でも説明できる方がもうおられるかもしれません。

    また、ファーストセットとして10月18日に半分のサイズの20mlが5500円(税抜)でスキコン27mlとハーバルオイルゴールド12mlがおまけでつくものが限定発売されるらしいです。
    試すにはちょうどよい商品かもしれません。

  • 「アルビオン、エクラフチュールd新製品発表会を開催
    粧業日報 2018年9月5日号

    アルビオンは8月3日、同社№1の売上実績を誇る美容液「エクラフチュール」を「エクラフチュールd」としてバージョンアップし、10月18日より発売するのに先駆け、プレス発表会を開催した。

     発表会当日は、アルビオンの小林章一社長による挨拶の後、染谷高士常務(研究開発統括部長)と、ナノキャリア社の安岡佐季子 化粧品事業部長によるプレゼンテーションが行われた。

     初代エクラフチュールが開発された当時、アルビオンといえば化粧水(スキンコンディショナー)や乳液、ファンデーションに強いメーカーと認知されていたが、「美容液についてはスターが不在で、脚光を浴びる商品がなかった。一方、ナノキャリア社はドラッグデリバリーシステム(DDS)を使った美容液を発売したものの、化粧品としての完成度に不満を持ち、苦戦を強いられていた」(染谷常務)という。

     このような状況の中で両社が出会い、スターとなりうる美容液の開発をスタート。ナノキャリア社の独創的なDDS「ナノセスタ」にアルビオン厳選の美容成分(リュウキュウガネブ・クパスバター)を配合し、医薬品に用いる製剤技術を応用して、届けたい場所に美容成分をベストな形で届ける、化粧品の枠を超えた美容液として2013年秋に誕生した。

     初代「エクラフチュール」は、その機能性の高さから発売初年度に37万本のヒットを記録。年を追うごとに順調に販売本数を伸ばし、17年度は49万本と50万本に迫る実績を上げており、キーとなるDDSを大幅にアップさせた今回の「エクラフチュールd」(本体:40mL・1万円、60mL・1万4000円、レフィル:40mL・9500円、60mL・1万3500円)では、初年度販売目標として60万本を目指す。

     「エクラフチュールd」は、従来のDDSをバージョンアップさせ、肌浸透性、細胞表面への到達率を大幅に高めた「ナノセスタEX」を採用。微弱なプラスとマイナスの電荷が互いに引き合う「静電的相互作用」を用いることで、肌への浸透性や細胞表面への到達率が増し、日々受けるダメージを素早く修復、全ての細胞コンディションをベストな状態に整え、肌を健やかに保つ。」

    初年度販売目標として60万本を目指していることが判明しました。
    前回は発売より数か月前に原材料供給で上方修正ありましたが今回はどのようになるか興味津々です。

  • アルビオン オフィシャルブログ
    8月30日

    【ALBION新製品情報】2018年10月発売①|エクラフチュール d

    早いものです

    今日の素肌と
    輝く未来のために
    と、エクラフチュールが誕生してこの秋で5年

    たくさんのうれしいお声をいただきながら、あっという間にアルビオンの名品の1品として、季節を問わずご愛用いただける商品へと育てていただきました

    そのエクラが今年の秋、"エクラフチュール"の魅力をより進化させ、新登場いたします

    その名も
    アルビオン
    エクラフチュール d

    フランス語で2を意味する"deux"からdをとり、エクラフチュールにプラスしました

    ラインナップと価格はそのまま
    40ml 10,000円(税抜) 〔レフィル 9,500円(税抜)〕
    60ml 14,000円(税抜) 〔レフィル 13,500円(税抜)〕


    先進のデリバリーシステムのアイディアを応用し、核心に美しさを届けるエクラフチュールですが、今回はまさにオートパイロット、まるで自動運転してくれるみたいに、ただなじませるだけで目的地に到着です。

    ご愛用くださっているみなさんにも、今までのお手入れでは、少しもの足りなくなってきたな。どうしようかな…と迷っているみなさんにも、是非お手元で顔で体験していただきたい自信の新作腕。


    過日、美容のプロのみなさんに、この新しいエクラフチュール dをお披露目し、開発背景やアルビオンサイエンスに深くご満足いただけました♡

  • 青えんぴつさん、こんばんは。

    エクラフチュールdのサンプルもらったのですね。
    プレス発表はされましたが、まだアルビオンのホームページの秋冬の新商品にも載っていないので、公式ホームページの更新はアルビオンの予定している10月1日ですかね。
    ただ、女性誌の発売が月初めか月末が多いので、その前にもどこか載せるような気がします。

    お店での新しい情報などお待ちしております。

  • 今日はバイオ銘柄総じて好調でしたね。明日も引き続き続騰してほしいものです。

    エクラフチュールdのキャッチコピーですが、
    「毎日、キレイをアップデート
    今日の素肌と輝く未来のために。」だそうです。

    そういえば、2018.08.10にはナノキャリアと共同開発した主力美容液 初の改良 アルビオン DDS機能強化
    (化学工業日報)と美容の媒体以外でも取り上げられているようです。

  • 10月18日発売のアルビオンのエクラフチュールdですが、一部専門店では早々とサンプル配布が開始されているようです。

    現行の商品と比べてナノキャリアが言うには「ナノセスタ EX」を配合しているということですが、
    *「ナノセスタ EX」は、皮膚への浸透性だけではなく、より深く効率的に肌へ届けることに着目して開発されたミセル化ナノ粒子です。

    成分は今発売の物と比べて9割5分は同じで新たにアスコルビン酸Na(ビタミンC誘導体)と(カワラヨモギエキス細胞修復と抗アレルギー作用)などが入っているようです。

    発売まで短いようで長いですが、その分事前に広告やサンプル配布などで多くの方に認知してほしいところですね。

  • 仕事が忙しく、やっと決算確認できましたが、バイオ銘柄の中では順調に赤字も減って無難な着地となりましたね。

    Depthは現在、全部で取扱店舗が156店となりました。4月から5か月あまりで130店舗近く増えましたが、徐々に増えている感じなのでこれらの売り上げも徐々にという感じですかね。
    直近では、エクラフチュールdが発売になりますが、こちらはネット検索をかけるともう早耳の人の話題になっています。来月辺りからは女性誌などにも取り上げられたりもすると思いますので発売前から前のエクラフチュールに比べると宣伝効果が段違いに凄そうです。
    売上も早い段階で目標以上にしてほしいところです。

  • 契約内容は良くなっていることを望んでいますが、交渉事がナノキャリアは上手な印象はありませんのでどうでしょうかね?

    一応、プレリリースでわかったことは今までの商品とパッケージはあまり変わらないのと金額も40mlが税込み10,000円と60mlが税込み14,000円と同じということでした。
    前回のエクラフチュールはプレス発表会の際には売れるかどうか不確定で、アルビオンの社員さんがもしかしたら爆発的に売れるかもしれないという印象を持ったということでしたが、今回のエクラフチュールdはここ数年の高級美容液の中では3本の指に入るくらいの好調な売り上げをあげている実績があるのでアルビオンも力を入れてプレス発表会をしてナノキャリア側も化粧品事業部長の安岡さんが、前のエクラフチュールからのパワーアップしたポイントを説明したようです。

    売れるのは確実だと思いますが、ナノキャリアにどれだけ恩恵があるのかが本当に重要ですね。

  • モーmoさん、おはようございます。

    アルビオンによるとプレス発表会は終わりましたが公式サイトでの発表は10月1日を予定しているそうです。
    その時にアルビオンと同時期に発表っていう感じですかね。

    プレス発表からだいぶ長い期間ありますね。

本文はここまでです このページの先頭へ