ここから本文です

投稿コメント一覧 (30コメント)

  • このままだと、売り方さんらが熱〜いフライパンの上で丸焦げになっちゃうよ(ToT)/~~~

  • ソニー<6758.T>  30日引け後に今3月期の連結営業利益予想を6700億円から8700億円(前期比18%増)に大きく増額。市場予想を1000億円近く上回る水準。上期の営業利益も4345億円(前年同期比20%増)と観測報道(4200億円程度)を超過。株価は好反応が期待される。

  • 明日からナイアガラの滝を見せて下さい!

  • http://www.mag2.com/p/money/320920

    メルカリの年内上場は厳しいのか…

  • U&C好決算でしたね!次年度も当年度の特利の影響を除けば、本業利益の拡大が見込まれ、今後の成長が大いに期待できると感じました。
    優待はないだろうと思ってて、分割はひょっとしたら、、で結果残念でしたが、成長性を加味すると、次回に持ち越しで。

  • 2016/09/04 22:54

    任天堂の現時点の想定PERは約200倍(9/2終値ベース)となっており、
    他業種(トヨタ、三菱UFJ等)と比較しても、バカみたいな数値になっている。
    依然とした先行き不透明があり、妄想・理想論の空中戦が繰り広げられている現状は
    超スーパー割高株と判断せざるをえない。
    確固たるベースラインの確立と、場当たり的な策ではなく、数年先を見据えた経営計画・体制の確立(変更も含む)を望む。

  • ポケモンGOを起因にした死亡事件、
    私も当該掲示板で日本配信前から懸念していたものの、
    正直やっぱり起きてしまったかという気持ちで大変遺憾ですね。

    なぜ事故が起きたか、霞が関も含めて、
    詳細原因の分析と再発防止策の手は打つ必要あり。

    責任うんぬんはともかく、
    任天堂としても、当然、迅速且つ抜本的な行動ができるかが重要で、
    何もしない、対応遅延が起きる等無きよう、お願いしたい。
    それができなきゃ、どんなに良いゲームを作っても、
    また利益も出しても、何も価値は無い。企業評価なんて無いに等しいと思う。

    長期的な視野に立って、くれぐれも社会的な評価を損なう事のないように。
    二度目は無いのだから。

  • 直近ボックス圏相場が続いており、本日は値を上げたものの、
    上昇率、出来高ともにあまり大きくなく、正直、長い目で見て影響無しとの印象。思惑や予想ではなく、まずは確固たる実績値が上値への足がかりとなると思われる。
    ・リオ閉会式のマリオ→別にマリオ(任天堂)が悪いというわけではないが、正直、なぜ五輪閉会式の大舞台で首相がマリオになったのか、理由が不明。一国の首相として東京五輪への架け橋となるべく、もう少し違った演出は無かったのかというのが個人的な思い。各国から何のコスプレかと思われても異論無し。

    ・マリナーズ売却→元々、売却の話はあり、本業益の営利ではなく、経常益の変動なので、一時的な利益計上という思いしかないのだが、なぜこのタイミングで売却なのか、またこの売却益は何使われるのかの明確化が必要。キャラクタービジネスへの投資や研究/技術開発投資といったプラス側面ならよいものの、例えば想定外に膨れたかもしれないNX開発費用補填や為替差損の相殺でなければよし。

    ・ポケモンGO→先月の初動における結果(恩恵)を受けているものの、任天堂業績へどれだけ反映できるか、またピークをどこまで継続できるかが今後の焦点。実績値と、他への横展開への布石となれるかに注目。また、ポケモンGOプラスはピーク時に投入できなかった事による機会損失の方が大きい。

    ・7月爆上げしこり→信用買い残400万(27000-32000ラインの予想)モンスターフォールがほぼ1ヶ月解消されておらず、仮に上値を試す展開になっても、これを崩すのは直近の出来高から困難であり、跳ね返されるため、上値を追えない素因の1つになっている。ホルダーが今後の何のイベント、トリガーにて返済予定で考えているのか不明だが、直近は大きく値を崩す展開も無いと思われ、残念ながら、しばらく続く可能性高い。

    ・日経225への採用→私は今年度も無しとの予想。現状、ファンダメンタルズに基づいた株価ではなく、過剰な期待値が先行している部分あり、インデックスとなりうるには採用時の影響が大きく、実体との乖離懸念が発生するため、今年度は時期尚早。(そういう意味では日銀ETFも微妙だが。)
    選定する日経新聞自身も、8月コラムから底力は認めつつも、どちらかというと先行き不透明感から今後の成長性へ懐疑的な印象をもっていると思われる。

    ・VR/AR→ソニーのPlayStation VRが10月投入であり、投入時期が大きくズレる任天堂の経営手腕によっては主導権をとられかねない。任天堂がARに対してどのようなビジネス展開を行い、他社を凌駕できるか。

    ・NX→期待値先行で、正直、任天堂ビジネスの中核、成長起爆剤となりうるかが現時点で不透明。ここが明確になってくると、欧米機関の動きも活発になってくるのだが。3Q以降期待。

    ・各社証券レーティング→期待値先行の思惑相場で根拠無き株価をいくらでも設定できるため、特に何も無し。

  • 先週の20000をなかなか割らない展開の中で、今週の唐突な急騰劇で一時23000越え。
    あきらかにプロの大口が絡んでいると思われ、7月から続いている信用買いホルダーを嘲笑うかのような下品な動きを見せる局面が上下とも今週何度かある。まだまだ金を取れるとも言わんばかりに、高値掴み者の足元を見た上での、ナンピン買いや新規買いを呼び込もうとしているかのような動きを見せており、今週残りと来週はかなりの用心が必要。ポケモンGOも大いに結構だが、くれぐれも盲目にならず、身ぐるみをはがされぬように。チャンスは今後もあるはずなので。

  • No.990

    次週は…

    2016/08/05 19:45

    相場地合いが悪いこともあるが、本日時点の信用買い残状況は日増しに増えており、且つ出来高もないため、次週は20000割れを試す展開となりそう。
    いずれにしても、任天堂の公式発表の「ポケモンGOの影響は限定的」が全てであり、ポケモンに関するものは基本株価には反映しないが直近における正常判断であり、現状は騰がる要素は無し。高値掴みは現実から目を逸らしてホールドし、また25日移動線を意識した買いやナンピン買いの状況が続いている。20000を切り、買い残の強制整理➡︎信用取組の改善が必要と思われる。証券会社や大口は、それだけ、したたかだったということ。

  • 7月のヘリコプターマネー思惑も重なった上げ相場とは逆に、イギリスEU離脱以来の全体相場が凍てついている地合いの中、現時点で20000を切っていないのはある意味予想外。出来高の激減と、信用買い残が大きく整理されていない状況から、追証も含む見切り損切りがされないラインを超えない程度の線を維持する買いは入るものの、上値ははねかえされる状況から、現在、方向性は見えずらい。また保有者も判断が難しいと思われる。
    いずれにしても、現状ラインから20000下、もしくは22000上になれば変わるので、次の動きに注目。
    証券会社は7月で想定以上の手数料を儲けたポケノミクス相場を今後も続けるためか、高値掴みの損失補填のためか、分からんが、各社とも作為的且つオーバーなレーティングを出しているが、結局、民間会社は儲けてナンボなところなので、7月同様、あまり振り回されないように。

  • リスク対策が今後に向けて必要だね。

    【ニューヨーク共同】スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」を巡り、米東部ニュージャージー州の男性が2日までに、ゲームで架空の生き物「ポケモン」が所有地に無許可で表示され迷惑を受けたとして、開発を主導した米ナイアンティックや任天堂など3社に損害賠償を求めて西部カリフォルニア州の連邦地裁に提訴した。    米メディアによると、同ゲームを巡る米国での初の訴訟とみられる。    男性は、ゲームで遊ぶのに必要な道具を入手できる地点「ポケストップ」に無許可で設定された土地所有者らを含めて、米国の同じ境遇の人を全て原告とする集団代表訴訟として扱うように求めている。    訴状によると、米国でゲームの配信が始まった7月6日以降、男性の自宅の裏庭が無断でポケモンの出現場所となり、少なくとも5人のプレーヤーから裏庭に入れてほしいと求められた。    男性は、全米で他人が私有地に勝手に入り込む事態になっていると指摘。「ナイアンティックは迷惑行為の責任があり、全ての被告は不当に利益を得ている」と主張している。

  • 2016/07/29 19:29

    日銀発表が円高に振れた以上、市場の期待外れとの判断。欧米の投資家動向は気になるところ。日証金の本日時点の信用買残があまり結局整理されていないため、需給改善ならず…今なお、高値掴み保有者を含め、ナンピン買い、逆張り買いが多いと思われ、上値は限定的となりそう。
    とりあえずは激動の7月を終え、調整は続くかもしれないが、8月の新しい動きに期待したい。

  • オフィシャルに公表された指標を元に各人が判断すればよく、
    根拠の無い想像や妄想に固執すれば、したたかな投資家に結局、丸めこまれるだけ。
    ポケモンではなく、次フェーズ見据えていきましょう。

  • No.7278

    信用取組

    2016/07/26 22:42

    先週末時点の信用売残1,154,000、信用買残4,993,800で明日以降も上値は重く、また下落の幅によっては大きく下がる可能性が高いので、株保有者含めて、とても手が出しにくい状態。実際、先週から取引している利益出ている者、また損失出ている者の大部分はともに今もホールドしていると思われる。

  • メリルリンチのレーティングであるが、7/12に中立20200から、たった2週間での変更。先読み視点の欠如か、背景は不明だが、いずれにしても、短期にコロコロ変わるのは信用ならんね。

  • No.4506

    調整局面

    2016/07/23 15:42

    任天堂規模のIRであれば、1担当者の判断で報告してるのではなく、複数関係者、監査、役員承認まで行うはずで、そんな直ぐに変更はされない。
    ポケモン効果の多少恩恵はあるものの、円高の為替差損でトントン→決算修正無し。しばし調整局面は致し方無し。
    直近はPERが60〜90ある状態であれば、妥当な15000〜17000まで下がりうると予想。それまでの少々な上昇は少数派の博打打ち買いを除けば、20000代であれば空売りの利確分の上昇と考えるべき。
    周りに振り回されず、次のフェーズを待ちましょ。

  • 売り増はまだしも、買いがほとんど減っていないことから、
    やっぱり土日のポケモンGOフィーバー、翌週騰げを期待していたものが多かったよう。

    日証金 貸借取引残高 (07/22)速報
      貸株 融資 差引
    新規 52,900 18,200 --
    返済 100 20,200 --
    残高 80,700 521,500 440,800
    前日比 +52,800 -2,000 -54,800

  • モルガンのレーティングは、他キャラクターの有効活用と、次世代ゲーム機「NX」「MH」の収益期待値が前提。中長期の目標値で1Day、1Weekで達成するものではないよ。
    もう1段階への伸びにはリリース日云々のポケモンに振り回されず、それ以外の何かが必要。
    それが無きゃ、しばらく調整も致し方なし…
    ポテンシャルはあるんだから、任天堂のさらなる飛躍に期待。

  • 2016/07/21 13:14

    本来は子供の夏休みに合わせたリリース予定が
    想定外の人気化により配信リリース日未定。
    アメリカでは人気化とともに事故がいくつか起こっている状況で
    事件、事故に対するリスク対策が万全かが焦点。
    日本はアメリカとは違う。

    国も注意喚起しているものの、
    後から何か起こった時に、国からはちゃんと指示しましたとの保険とも思えなくない。

    何か起こった場合の、安全対策がないと現段階のリリースは困難では?
    任天堂として、日本配信に対するリスクをどこまで考えているのか、また責任所在の明確化等
    により日本の配信リリースは大きく遅れる可能性はあるのではとの思い。

本文はここまでです このページの先頭へ