ここから本文です

投稿コメント一覧 (5コメント)

  • アメリカの金利が2年物と10年物が逆転するように
    JR西日本株がJR東日本株価を追い越す時が来るだろう。
    経済は首都圏は成長し切っており一極集中が徐々に解けていき
    これからは大阪と福岡、北陸の時代がやってくる。

  • >>No. 742

    南海はインバウンドなど外部からの要因で潤ってるだけで
    なにわ筋線も少子高齢化で余り収益は見込めないと思う。
    南海自力ではこれまでの発展は無理。
    泉北ニュータウンの人口減少が止まらないし泉北線は
    優待券が使えない理由がなんとなくわかる。
    南海は将来、外資系の傘下に陥ると思う。

  • 南海は踏切がない泉北線から徐々にATOシステムを導入により
    運転士ハンドル操作を廃止し人身事故などトラブル要員として
    乗務させれば良い。
    動力免許を取得に一人当たり約800万円と運転士手当を削減できる。
    また運転士の突然死も防止できる。
    そうすれば財務健全性が大きく向上する。
    株主優待券は泉北線利用可能にすべきである。

  • 来年は利権まみれの炎天下の冷めた東京オリンピックと首都圏の
    混雑警備に嫌気し外国人を含め観光客は関西に集まると思う。

  • 来年、めでたく「ひのとり」がデビューするが料金値上げで
    東海道新幹線のぞみ(新大阪―名古屋)と運賃料金が変わらなくなり
    くつろぐ余裕がない名阪のビジネスマンは断然速さを選び
    来年ダイヤ改定でのぞみ増発とひかりこだまも時速285キロに
    スピードアップで更に新幹線に客が流れると思う。
    最初の数か月は鉄道マニアなどが利用してくれて出足は好調に
    見えるだろう。
    減収に備え近鉄は関西5私鉄に先駆けATOシステムを導入し
    運転士ハンドル操作を廃止し乗務員を人身事故などトラブル要員
    として乗務させれば良い。
    一人当たり約800万円の動力免許取得費用や運転士手当を削減できる。

本文はここまでです このページの先頭へ