ここから本文です

投稿コメント一覧 (223コメント)

  • 甘口辛口

    正直驚いた田口容疑者の人気 ボランティアで汗流し、自分を見つめ直しては
     ■5月25日 人は見かけによらぬもの-とはよく言ったものだ。俳優でミュージシャン、ピエール瀧被告(52)のコカイン事件に次いで、今度はKAT-TUNの元メンバーで歌手、田口淳之介容疑者(33)が大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕された。一見、細面の端正な顔立ちの好青年だ。

     彼を知る芸能関係者も実際、「おちゃらけることはあっても、礼儀正しくやさしい」「真面目で純粋な男が一体なぜ…」と落胆を隠せない人が多い。逮捕に加え、小欄が正直驚いたのは、今も人気を保っていることだった。3年前にジャニーズ事務所を退社し、昨年秋には大手レコード会社との契約を解消。後ろ盾を失って四苦八苦していると思いきや…。

     ライブ活動やツアーのほか、CS放送やラジオのレギュラー、デジタル写真集の出版など抱える仕事は多かった。それだけ魅力があったことになる。今回の事件で仕事のほとんどを失うだけでなく、支払う損害賠償は数千万円ともいわれる。逮捕となれば、分かっていたはずなのに、である。

     一緒に逮捕されたのは、同居する元女優、小嶺麗奈容疑者(38)。神奈川県出身の田口容疑者は、彼女の実家がある熊本市から昨年秋、熊本の食をPRする初代「熊本ふれんず応援大使」に任命されたが、これも23日付で解任された。市はイメージダウンになったとして、大使自体を廃止することも決めた。

     そもそも大使になったのは、3年前の熊本地震に遭遇、その後、市内や阿蘇市内でボランティア活動をしたことがきっかけだった。罪を償い更生を目指す折にはもう一度、現地でボランティア活動に汗を流し、ファンを裏切った自分を見つめ直してはどうか。 (森岡真一郎)


  • 阪神・矢野監督「手に汗1リットル」継投!守屋→能見→球児→ドリス
    (セ・リーグ、DeNA2-3阪神、10回戦、阪神8勝2敗、24日、横浜)危機を脱するたび、何度も何度も、ナインと一緒に拳を突き上げた。次々と大胆な手を打っていった矢野監督だったが、その“手の内”は実はグッショリぬれていた。3連投でこの日を迎えていた絶対的リリーフエース、ジョンソンを温存せざるを得ない状況で、見事に勝ち切った。

     「1年間戦う上でね、いろんなことがやっぱりあるし。球児もこれで3連投目になって、そういうなかでアレやし。守屋なんかね、ピシャっと行ってくれて。能見も責任果たしてくれて。手汗は1リットルかいたわ。めちゃめちゃ手汗かいたわ!」

     先発の西が一回に失った2点以降、見事に8つの「0」を並べて逆転勝ち。これでヤクルト3連戦(甲子園)から、4日間で4戦連続1点差勝利だ。2007年9月にも「1点差5連勝」があったが、そのとき以来、実に12年ぶりの“接戦への強さ”といえる。

     同点に追いついた直後の六回、将が送り出したのは守屋だった。矢野監督に背中を押されて一気に花開いた右腕は、最速152キロの鬼気迫る投球で六回を三者凡退に斬ると、1点のリードを奪った七回も1死まで奮投。「リズム良くいけた。前回1つもアウトを取れなかったので」と胸を張った。17日の広島戦(甲子園)で、打者5人に4安打1四球だった悔しさを見事に取り返した。

     ブルペンの大黒柱、ジョンソンは3連投しており、温存しておきたかった。守屋から能見、藤川とつなぎ、ドリスに至っては4連投を解禁。将は全員に感謝だ。

     「みんなホントよう頑張ってくれた。そういう形(日替わり救援)にやっぱりしていかないとなかなか1年間、苦しいんで。まあまあでも、明日は打ってもらいましょう」

     苦しくても、これが強さでもある。ぬれた手をぬぐい、全員、満面の笑みでハイタッチした。

  • 昨日の試合は接戦でしたが
    勝たせて頂きました。選手の皆様有難う御座いました。
    本日も頑張って 頑張りましょう 頑張れるでしょう!

  • >>No. 94

    お早うございます。
    ミッチーさま

    以前掲示板がありましたね
    その時昭和歌謡全盛期を振り返って
    いうトピ私立てたんですよ
    その時に一番に入ってきてくださった
    四国高松のお方でした この方がユニークで
    すごくいいお方でした。

    ミッチー言うお名前もご自分で作り
    もう一つ のぐそもりお この名前も
    作ってたのですね 面白いお方でした。
    また思い出してきました。

    お会いしたことも 電話のお声も聞いてないのにね
    忘れられない掲示板の思い出です。

  • 甘口辛口

     ■5月23日 歴代最多1433勝。将棋界の「鉄人」といわれた故大山康晴十五世名人の持つこの記録にあと1勝と迫っている羽生善治九段(48)が、23日に大一番を迎える。王位戦の挑戦者決定リーグで、永世名人の資格を持つ谷川浩司九段(57)との対局だ。ここまで羽生は公式戦通算1432勝590敗の戦績を刻んでいる。

     晩年はがんと闘いながらも順位戦A級の地位を守り続けた大山は、63歳で名人戦の挑戦者となり中原誠名人に挑んでいる。現役のまま69歳で亡くなるまで52年で積み上げた1433勝だった。羽生は15歳でデビューし33年。大山時代とはタイトル戦や対局数が違うとはいえ年平均40勝を超える驚異的ペースだ。

     大山時代は升田幸三九段との“死闘”が物語るように将棋は人対人の勝負だったが、いまや将棋界はAI全盛。「若手はいかにAIの評価値の高い手を指すかで頭がいっぱいで、人を見て指していない」とあるベテラン棋士は苦笑いした。羽生はAIにも関心を寄せているが、まだまだ人を見て、人の手に合わせて指すタイプという。

     最晩年の大山と若き日の羽生は9局対戦し羽生の6勝3敗。「当時棋士の誰もが羽生さんを天才と認めていたが、大山先生だけは初対局で負けてよほど悔しかったのか後継者になるとは絶対に言わなかった。あの頑固さこそ還暦すぎてもA級を守った勝負師の真骨頂かもしれない」とベテラン棋士。

     その羽生が積み上げた最多勝に並ぼうとしている。相手の谷川も人を見て指した世代だ。両者はここまで羽生の104勝62敗。人対人…。平成の将棋の集大成のような対局で勝てば、さすがに泉下の大山永世名人も納得がいくのではないか。 (今村忠)

  • >>No. 92

    ミッチーさん お早うございます

    明日ですか?
    今日ですね
    必死のパッチで応援させていただきましょう

    ミッチーちゃん=のぐそもりお いう方が
    いてたんです。
    すごく、いいお方でしたがいいお方は早くなくなるって
    本当ですね。

    肉親が亡くなったみたいに暫くは悲しかったです
    七回忌も終わりました。
    早いものですね。 春の独り言

  • <阪神3-2ヤクルト>◇21日◇甲子園

    阪神が同率3位で並んでいたヤクルトとの直接対決を制し、Aクラスを死守した。福留の先制打などで前半戦に3得点。先発青柳ら投手陣が踏ん張って、競り勝った。試合後の矢野燿大監督の談話は以下の通り。

       ◇   ◇   ◇

    -甲子園連敗を止めた

    3連敗とか、5連敗とか俺らには関係ない部分もある。どんどん目の前の試合を勝っていきながら、ファンの人に喜んでもらえる試合をね。プラスをどんどん考えていきたい。

    -ジョンソンは良くなかったスライダーを修正

    自分の球を信じて投げるしかない。リュウ(梅野)との信頼関係がある。あのなかで真っすぐでも空振りを取れたのは、最後の雄平のところなんかは、逆にそのスライダーが効いた。

    -先発青柳は前回に揺さぶられたが立て直した

    そういう繰り返し、俺らはね。相手は嫌なことをしてきたり、左打者を並べられるし、セーフティーバントの構えをされる。免疫がついてアイツが成長をしてくれるのがチームにとってもプラス。しっかり勝てたことで、相手がそういうことをしてきても「俺、いけるな。大丈夫やな」とクリアしていけばいい。

    -4回、二塁走者梅野の本塁突入は藤本三塁コーチが好判断で回した

    リュウも1歩目、ライナーバックというか一瞬、止まった。そのなかで藤本コーチがよく回してくれて。外野の守備位置とか、普段から確認してくれてはいるけどちょっと深いのと、打順とか、いろんな絡みでナイス判断。あそこで1点入ったのは全然違う。その判断もすごく勝敗に大きい。

  • 甘口辛口
    池袋暴走事故の87歳男性から受けた違和感 「私だって大けがしたんだ」と言わんばかり
     ■5月22日 4月19日に事故が発生してから1カ月。東京・池袋で車が暴走し親子2人を死亡させた87歳の男性が姿を見せた。任意の事情聴取を受けた警視庁目白署。サングラスにマスク、両手につえを持ち署員の手も借りておぼつかない足取りで入っていった。自らも重傷を負ったことを差し引いても、よく運転していたものだとがくぜんとした。

     集まった報道陣に「申し訳ありません」と何度か消え入るような声で言ったものの、誠意は感じられなかった。サングラスもマスクも外し、前を向いて「謝っても謝りきれない。できる限りの償いをしたい」などと謝罪の言葉を述べれば少しは印象が違ったかもしれない。

     厳しいことを言うようだが、まるで「私だって大けがしたんだ」と言わんばかり、とみられても仕方ないような違和感があった。車の機能検査ではアクセルとブレーキに異常はなかった。それでも男性は「ブレーキをかけたが、利かなかった」と言い続けているという。あくまでも車のせいにするつもりなのか。

     妻と長女を失った会社員の男性は謝罪の申し出を断った。「2人の未来を一瞬で奪った。厳罰に処してほしい」と言うのもわかる。それでも逮捕はされず任意の聴取が続くという。テレビの情報番組で元裁判官の八代英輝弁護士は「退院し、事情聴取を受けた時点で逮捕するのがふつう」と疑問を投げかけた。

     逃亡や証拠隠滅の恐れがなく、高齢で勾留に耐えられないといった理由らしいが「警察に出向くのがあんなに大変なら、逮捕され泊まる方が楽だろう」との皮肉も聞こえる。逮捕が厳罰につながるわけではないにしても、これでは被害者感情は救われず国民の理解も得にくい。 (今村忠)

  • >>No. 197

    tomちゃん お早うございます

    難波の空は まさに五月晴れ
    こんな日は珍しいですゥ。
    其方は如何?

    今日も宜しくお願い致します。 春☆彡

  • ばう爺さま お早うございます
    大阪はまさに五月晴れです
    其方は如何?

    今日も元気で頑張りましょうね
    今日は私メ病院すべて お休み 嫌私がお休みなんです(笑)

    今日も宜しくお願い致します。 春

  • >>No. 197

    tomちゃん お早うございます
    今日はまさに大阪は、五月晴れです
    空が青く澄み渡って 嫌なことも悲しいことも
    忘れさせてくれそうです
    今日も宜しくお願い致します。 春☆彡

  • >>No. 197

    追伸
    YouTubeありがとうございました
    大好きなんですよ
    堀内さんとか 井上さん大好きなんです。 春

  • >>No. 197

    tomちゃん 今日は

    何時もお気遣い有難う御座います
    頑張って生きてます、

    最近は喘息もお見限りでこのままに
    永久にと思いますが…
    そうは、問屋が卸しませんわね(笑)
    頑張ります。

    本当に有難うございます
    思い出したら覗いてくださいませ。春☆彡

  • 本日の花言葉 かすみそう

    花言葉 無邪気、無意識
    欧米ではベイビー・ブレスと呼ばれています。直訳すると「赤ちゃんの息」という意味ですが、思わず頬がゆるむ名前です。

    科名 ナデシコ科
    原産地 ウクライナ~イラン 
    栽培方法 実生、挿し木、接ぎ木で増やします。タネまきは8月、苗の植え付けは10~11月と2~3月。有機質を多く含み排水と通気性のよい所を好みます。開花期は6~7月で、花は雨に弱いので、直接当たらないように工夫が必要です。


  • 「大関の権威」はもう死語なのか…千賀ノ浦親方は鬼の教え思い出し貴景勝に指導を
     ■5月21日 「大関の権威」などという言葉は、もう死語なのか。けがは仕方ないにしても休場→再出場→再休場という貴景勝の前代未聞の出入りを見て思った。中日の再出場を決めたときの師匠千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)の「相撲を取ってダメだと思ったら休む。大関だから出たり休んだりしたらいけないけど」の談話も首をひねった。

     大関はかつて力士の最高位とされ、2場所連続負け越さない限り落ちないなど特権も多い。貴景勝は4日目まで3勝している。途中休場しても中日からの再出場で5勝して勝ち越せば何とか大関の座は守れたが、特権に報いるため優勝争いに加わっていてこその大関ではないか。

     来月には都内のホテルで大関昇進披露宴が開かれる。座してカド番を迎えたくない気持ちもわかるが「ダメならまた休む」は安易すぎた。貴景勝戦はこう取ると一生懸命考えている相手にも失礼で、お客さんを裏切ることにもなる。大関という地位に対する自覚に欠ける身勝手な行動といわれても仕方ない。

     平成12年夏場所で大関に昇進した武双山(藤島親方=本紙評論家)は腰の故障でその場所をスパッと全休した。「ファンや協会には申し訳なかったが、休んでもすぐ落ちるわけではなく先のことを考え休場させた」と当時の師匠、元武蔵川親方の石山五郎氏。「師匠には休ませる勇気も必要だ」とも話した。

     千賀ノ浦親方は現役時代の愛称が「ドラえもん」。童顔で温厚だが、“土俵の鬼”初代横綱若乃花の弟子として厳しい指導に耐えた。元貴乃花親方から託された貴景勝には遠慮があるのかもしれないが、協会の看板に恥じない大関として育てるためにも鬼の教えを思い出してもらいたい。 (今村忠)

  • 巨人・原監督、上原引退に「戦友…さまざまな勉強をさせてもらいました」
    特集:上原浩治.

     巨人・上原浩治投手(44)が20日、東京・千代田区のホテルニューオータニで記者会見し、現役引退を表明した。

     原監督は球団を通じてコメントを発表。「『雑草魂もついに燃え尽きるときを迎えたか』という印象です。44歳までプレーを続け、日米で好成績を挙げたことに敬意を表します。お疲れさまでした」と指揮官ならではの言い回しでねぎらった。巨人での日々を振り返り、「長年にわたりともに戦った戦友であり、彼と戦ったことで私もさまざまな勉強をさせてもらいました」と感慨に浸った。

    本当にアンチ巨人の私ですが、長い間ご苦労様でした。
    終生忘れる事はありません
    ごゆっくり、お休みになって又 球児たちのご指導を
    宜しくです。 ご苦労さまでした。

  • >>No. 202

    坊ちゃん お早うございます

    本当にこんなはっきりしないお天気には
    かないません お手上げです。

    坊くんのゲージ
    ばう爺さんが、作られたの?
    器用なお方だからですが 素晴らしいゲージですね
    ばうクンも大喜びでしょう

    動物は物言わないけど 体で表しますものね
    動物大好きです
    身障猫三か月 保護してこの六月で 17年に
    なります。
    人間の子供ですね すべて解ってくれて
    私もディナーの事は判ります

    思ってます 願わくば私より先にあちらに
    行ってくれること願ってます。
    兄弟に迷惑ですからね (笑)

    今日も宜しく願います。 春☆彡

  • >>No. 202

    お早うございます

    本当に大雨で、大変な皆様
    お見舞い申し仕上げます・
    早く快晴の日が来ますように念じています。
    頑張ってくださいますように!

本文はここまでです このページの先頭へ