ここから本文です

投稿コメント一覧 (2356コメント)

  • >>No. 1233


    論理が破綻してるでしょう

    三菱重工は独力で第5世代戦闘機(いわゆるステルス機、スーパークルーズ対応機)
    を開発する能力も経験も技術力もない

    ダメリカから事実上共同開発を断られて、仕方なく英、伊の防衛企業を頼った
    だけの話
    三菱は永遠の下請け企業だ
    そんなこともわからないのかなw

  • >>No. 1234

    1機だけで用済みで終了の実証用機と
    ステルス戦闘機開発用の開発機を混同して笑える

    わずか1機でステルス戦闘機が開発できるのだったらどこの国でもやる

  • >>No. 1194

    ステルス機がどのようにレーダーに映るのか程度のシロモノ
    戦闘機の開発に即つながるようなシロモノではない
    将来ステルス戦闘機にするなら、別バージョンの新機種なりを開発しないと
    とても国産ステルス機自主開発など夢のまた夢


    このような状況を受け、日本も将来の国産戦闘機開発を視野に入れた要素技術の研究開発に着手しており、それらの技術を実証するために飛行試験用の実証機を製作する事になった。
    実証機の開発により、航空自衛隊の防空用レーダーなどに

    ★ステルス機が実際どのように映るかを独自に解明し、高度な探知能力とステルス性と運動性を持つ将来国産戦闘機の実現を目指すものである

    2020年8月20日に同機と思われる機体が運ばれているのが目撃され、現在では千葉県の防衛装備庁電子装備研究所飯岡支所にて、
    ★詳細なステルス性の計測を行っていると思われている。

  • >>No. 1223

    バ・化相手にしても仕方ないが
    ステルス機開発の機体ではない

    ステルス機対応の実証機だ
    そもそも三菱重工にステルス戦闘機はつくる能力がない(技術がない)

  • >>No. 1218

    >F-3戦闘機などの第6世代

    おジイちゃん前にも言ったが、毎日腹を抱えて投稿を楽しませてもらってるが、

    民間旅客機の認証すら取れない航空部門の会社が
    どうやって世界でまだ実用化すらされてない最先端の第6世代戦闘機を開発
    するんだw

    ものにはまず順序がある
    第5世代機の開発、製造工程、技術を習得しなければ、
    第5世代機+αも開発できない
    もちろん第6世代戦闘機なんて到底無理
    まだ民間旅客機を作れれば、イチかバチか可能性はあるんだけどな

  • >>No. 1195

    財務省が心配して、次期戦闘機は国際共同開発にしろと
    横槍(思いやりともいう)を入れた

    重工がMRJ(旅客機)の米国認証が取れないのに危惧した
    戦闘機開発に兆円単位の予算を投入して、何もできないわけにはいかない
    財務省としては、それは許せないからな

  • >>No. 1191

    それはステルス戦闘機として開発されたものではない
    詳細は省くが、ステルス機対応(防御)のために開発された実証機
    完成した時点でそこで計画は終了

    その証明ではないが、防衛省に納品された後は、更に生産するとか何も
    音沙汰がない

  • >>No. 844

    これすら知らないイナゴがどこかの動画見て、重工をNISAで買うのだから
    2000円台で大天井感があるわな

    三菱重工の得意技は、国から補助金や予算をもらって
    米国の下請事業をやることな
    米国から設計書をもらって、サンプル品を送ってもらい
    その通りのものをライセンス製造、組み立てをする
    昔のF-15J戦闘機のように
    これが重工の理想だ

             ↓

    三菱重工は、ここ数年というより10年以上も戦闘機を製造していない
    もっと言えば、ここ10年以上日本国内でライセンス生産を含めて
    すべての日本企業は戦闘機を製造していない

    三菱重工の現在の戦闘機事業は、既存の古い戦闘機の改修、保守修理
    米国から輸入したF-35A戦闘機の組み立て、保守、整備事業である

  • >>No. 1097

    モウソウF-15
    あまりに事実認識不足、論理破綻
    相手にするだけ無駄(他のアカ同様)


    >爆装F15無人機を作ると良いね
    >マッハ2.5の高速

    釣りで書いてるだろうが
    第4世代戦闘機のすべてに当てはまるが
    アフタバーナーを使えば、数分で燃料切れになる

    機体自体の強度も、数分しか音速超の飛行に耐久ができない

  • >>No. 1087

    >爆装F15無人機を作ると良いね
    >マッハ2.5の高速

    釣りで書いてるだろうが
    第4世代戦闘機のすべてに当てはまるが
    アフタバーナーを使えば、数分で燃料切れになる

    機体自体の強度も、数分しか音速超の飛行に耐久ができない

  • >>No. 1081

    日本は敗戦後以来の強烈な米軍の統治下状態
    (日本列島全体が最前線の米軍基地と言ってよいくらい)

    中露が日本(尖閣を除く)を攻めてくるとか心配する人は
    相当な情弱か、騙されやすい人


    オスプレイ

    海兵隊所属
    普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)

    空軍所属
    横田基地(東京都福生市など)

    海軍所属
    岩国基地(山口県岩国市)

  • >>No. 1074

    植民地オメデトウ
    さすがジャイアン様様や


    米海軍オスプレイ、岩国に初配備 最新鋭機F35Cも
    7/15(月) 16:02

  • >>No. 1073

    ド・白ートさんはロケット工学の基礎も知らんからかわいそうw

    ずんぐりしたソーセージのような形状のトマホーク
    現状の推進システムでは
    改修して、速度を向上しようにもどうにもならない
    (現在の戦場では、この速度では使い物にならない)

    基本設計を破棄して、一から新型ミサイルを作り直さない限りは

  • >>No. 1068


    トマホークの設計書をどんな優秀なエンジニアを集めていじり、改修しようが
    性能は大して変わらない
    一から新ミサイルをすべて作り直さない限りは・・・
    今の時流から見れば、時代遅れの設計思想の産物だから

    これだからド・白ートは困るw

  • >>No. 1064


    それはあんただろう
    天に唾するのはw
    基本設計が完全に違えば、トマホークは音速の2倍で飛行可能になってる

    基本設計が変わらないから、
    いつまでたっても音速以下の鈍足で
    世界中から買い手がない不人気なミサイル

    トマホークの欠点を変えるには基本設計をやり直す
    トマホークの基本設計、設計思想を否定し、捨てることだ
    つまり新型のミサイルを開発する以外方法はない

    中身のないおバ・化投稿しかしてないが
    ひょっとしてアンカーもらいのバイトの古事記か???

  • >>No. 1054

    >F-16AとF-16block70

    第4世代戦闘機だが、アビオニクスが違い性能が全く違う
    何よりも違うのは生存率
    これを同じ扱いにしてる時点でド・白ート

    トマホークは敵領土内(限りなくゼロまで)に突入する兵器なので
    生存率が変わらなければ、微改修程度では意味がない
    トマホークを買う国がない時点で不要なシロモノ

    米国は不用品、使えないもの、在庫処分品しか日本には売らない
    もしくは普及品

    旧敵国で、アングロ以外の異民族の日本に
    最先端兵器を売る気はサラサラない
    日本は植民地待遇だ

  • >>No. 1051

    >まずあのトマホークは湾岸時とは別物だ

    基本設計は同じ(変わらない)
    そこからソフトウエアを改修して的中率等欠点は改善してるだろうが、
    推進原理は同じで、肝心のスピードはほとんど変わってない
    昔は英国が買ってくれたが、もはや時代遅れのシロモノ
    今はどの国からも見向きもされない
    知ったような口を利くな

  • >>No. 1028

    1発2.5億円の高額の在庫処分のトマホークを買うよりは
    12式ミサイルの方が、国内で製造できる分だけまだマシだ

    高額
    撃墜可能率ほぼ100%
    鈍足
    旧式の
    トマホーク推しは

    日米合同委員会経由の元自衛隊幹部か
    S川財団系の電波専門家くらいしかおらん

    このヤカラは、まるで買わされることが日本にありがたいように
    言うのなw

  • >>No. 1040

    >いや、だから安価なドローンに高価なアイアンドームなどを使用した時点
    >で勝ちなんだって。

    トマホークを売る方ではなく、ありがたがってFMS契約で
    2.5倍の価格で買う国(日本)が一番ド間抜けだよなw

  • >>No. 1035

    >巡航ミサイル

    巡航ミサイル、ドローンはほぼすべて
    射程圏に入ればSAMで撃墜される
    ウク戦争、イランのイスラエル空爆の実戦で証明された
    訓練では得られない貴重なデータだ

    超音速の弾道ミサイル撃墜にはまだ未対応だ
    逆に言うと、超音速弾道ミサイルを配備しない限り
    意味はない

    音速以下のトマホークなど時代遅れのシロモノ
    とっとと戦争博物館にも展示しろ

本文はここまでです このページの先頭へ