ここから本文です

投稿コメント一覧 (987コメント)

  • しばらく日柄調整になりそうですね。
    ただ、経験的に言ってこういう時って意外といい材料が連続します。
    勘ですが。

  • >>No. 249

    ないと思います。

    貿易戦争の長期化と増税による消費低迷はあると思いますが、それを織り込んだ上で、内需の官公庁ビジネス銘柄は全体的に底上げしています。ここを含む建設コンサル株がこの秋以降全体的に堅調なことからもわかります。

  • さすがに信用残70万株あるんで、売り枯れまでは時間かかりそう。
    自信ない人は降りるのもアリです。

  • CM市場に関しては「拡大している」ということは確かだと思うのですが、私が調べた限りでは公開されている具体的なエビデンスがほぼ見つからないので、明豊の決算書から推測するしかないかもしれませんね。一応、業界に近しい人に色々とヒアリングはしていますが決め手になる資料はなかなか出てきません。

    ある程度参考になる資料としては、日本コンストラクション・マネジメント協会(CM協会)が昨年から年1回の頻度で出している市場調査アンケートのレポートがあります。CM市場全体の最新の動向としては、まずまず参考になるかなと思います。

    cmaj.org/index.php/ja/aboutcmaj/committee/research/1774-research20191107

  • >>No. 211

    インターネットの世界には「情報の対称性(非対称性)」という言葉がありますね。

    お金を出す側(発注者/消費者)とお金をもらう側(受注者)の情報格差を埋めるサービス。今では当たり前になったECにおける商品レビューや価格比較サイトもまったく同じ思想で生まれたものだと思います。

    ほぼ全ての人間がカメラと録音機を日常的に持ち、瞬時に世界へ情報発信できる時代になりました。インチキやえこひいきをすれば確実にバレます。情報格差を悪用して短期的に儲けられても決して長くは続かず、ブランド力低下や社会的制裁を考えれば割に合わない。そんな時代になると思いますね。

  • 既にジャスダック時代や未上場の頃から国内外の有名企業と仕事をしていましたので今回の1部昇格は既定路線だと思っていますが、坂田会長は講演の中で「フィービジネスはブランドが大事」と度々語っていますので、中長期的に様々な形で良い影響が出てきそうな気がします。特に社員採用ではかなり有利になると思います。

    少し前だと関西電力の不祥事。最近では「桜を見る会」のことが話題になっていますが、この会社の「透明性」や「フェアネス」という経営理念の根底にある「隠し事の出来ない社会」に、世の中が大きく変質している気がします。どなたかも書かれていましたが、こういう会社が大きくならないと日本は確実にダメになるでしょうね。

  • (ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエ―イ

  • >>No. 167

    今回のプロポーザル公募の様式表の20ページをみますと、自由記載ではなく具体的な認証マークの所持が前提になっているようです。

    こういう認証マークってJISやISOを筆頭に無数にありますが、更新するのに年間数十~数百万円かかるので、費用対効果があるのかどうか正直私にはよくわかりませんが。

    www.pref.aichi.jp/uploaded/attachment/309631.pdf

  • >>No. 158

    仕様書の「社会的取組」の要件を見ますと、半分以上は愛知ローカルの規格のようなので仮に取れても4~5点が限界でしょうね。環境規格のISO14001と障がい者雇用は今後の課題かもしれませんが。

    それにしても、コンペというのは落選すれば1円にもなりませんし、資料作成のコストによっては大赤字になる可能性も高いはずです。各社それなりに力をいれて作ってくると思うのですが、なんでこんなに評価点に差がつくのか正直不思議です。明豊が強すぎるのか、他社がダメ過ぎるのか。

  • プロポーザル審査は大差での勝利だったようですね。今年度はコストマネジメントですが、来年度以降の施工CM業も当然取るのでしょう。

  • あと「公共事業が減る」という指摘は少しピントがずれているように思います。この会社の将来を考えた場合、重要なのは「公共事業が増えるか減るか」という点では無く「公共事業においてCM採用率が上がるかどうか」という点です。そしてCM採用率は間違いなく上がります。国策ですので。

    現実的には、建設投資はあと数年横ばいとなり、減りもしませんが増えもしない状況になるという予測が一般的のようです。なぜ増えないかというと、これは主に建設業における人手不足が原因であり、国や地方自治体としては「供給を増やしたくても増やせない」という状況にあります。よって、公共事業を請負う立場にある会社の「生産性向上」が非常に重要なカギになると思います。

  • おそらく今の信用買い残なら上方修正があったとしても材料出尽くしで結構売られてたと思います。上方修正の含みを残し、12月は1部昇格の1年ルールも見えますのでいい感じの調整になるのではないでしょうか。ただ、この銘柄でまともに大儲けしたいならまだ年単位で時間が必要でしょうね。

  • 今後、公共案件でのCM導入が増えることは間違いないと私は思っていますが、現状では土木における建設コンサルタント業(技術士)と違ってCM(CMr)は制度的な位置付けがされておらず(例えば技術士は国家資格ですがCMrは国家資格でありません)、ここ数年で公共事業におけるピュア型CMのモデルケースは着実に増えていますが本格的な普及はもう少し先の話になるでしょうね。

    とは言え、それほど先の話でもないと思います。ご承知の通り、国土交通省において9月末までにピュア型CMの制度的枠組みに関する6回目の検討会が行われ、来年春頃CMの制度的枠組みに関するガイドラインがまとまるようです。詳しく知りたい方は、国土交通省のサイトに検討会の議事録や資料がまとめられていますので読んでみて下さい。

    www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/totikensangyo_const_tk1_000169.html

    一般的に、国は不況期には公共事業で景気回復のテコ入れをしてきますので、公共事業予算が増えることはあっても減ることは無いと思います。しかし、無意味に道路や箱モノを作ったバブル期と違い、今後の公共事業はシビアな費用対効果が求められるはずです。当然ながら事前事後の説明責任も厳しく求められます。だからこそ国土交通省は(つまり国は)CMを普及させたいのでしょうね。

  • 中立性を重んじる社風から考えると、政策投資(持ち合い株)をすることはなく、仮に買うなら今回のような公債であることは自明なので、この程度の規模なら別に公表しなくても構わないと思うんですが、まあ、律儀な会社です。

  • 長期的には未来が約束された会社だと思いますけどね。PMのアウトソースの流れは止まらないだろうし、AIやRPAの活用でまだまだ効率化・省人化の余地が残っている。

  • >>No. 220

    スノーピークの一番の競合は(商品ラインナップからみて)やはりコールマンでしょうね。ただ、90年代キャンプブームを席巻した頃の勢いは明らかに無いです。ここ数年でスノーピークにシェアをかなり奪われてるはずです。

    ロゴスやユニフレームやキャプテンスタッグも安くて良い商品出してますけどブランド力ではスノピには及ばないと思います。個人的にはキャプテンスタッグ大好きですが。

    高価格帯のキャンプ用品で競合しているのは、テントだとオガワやノルディスク、チェアだと韓国のヘリノックス、火器はSOTOでしょうか。

  • 「どんどん利確しちゃって下さい~」

    って感じですね。

  • >>No. 215

    モンベル:登山系
    スノーピーク:オートキャンプ

    この2メーカーは競合してるようで実際はそんなに競合してない印象があります。売れ筋のテントやシュラフも大きさや重さが全然違いますね。アパレルに至っては方向性が完全に違います。

    まともに競合してるのはクッカーくらいじゃないでしょうか。私はクッカーはスノピのチタンですが、炒め物をする時に掃除が面倒なのでモンベルのテフロンパンも使ってます。どっちも良い商品だと思います。

  • ケンカして株価あがるなら大歓迎ですね。

  • そもそも生産性を「数値化してる」こと自体が凄いと思うんですよね。
    社員数が少ないうちにこの仕組みを確立したのは先見性があります。

    営業職なら売上とか利益とか分かり易い指標は出せるでしょうけど、コンサルはかなり難しいはず。だいたいどの企業でも「あいつはできるやつだ」とか「あの人は客からの評判がいい」とかそういうふわっとした評価がほとんどでしょうし。

    ここ十年くらいのスマホやクラウドの進化も大きいですが、この手の仕組みは道具だけ揃えただけではダメで社員の意識や行動管理も伴わないといけません。すべての社員がちゃんと自分のアクティビティを分単位で管理して入力しないと意味が無いわけですね(ずぼらでマイペースな私は一発でクビでしょう)

    ホワイトカラーの生産性測定は今後どの企業でも普及するとは思いますが、社員の行動を変えるのが一番大変だと思います。社員数100人くらいならなんとかなるかもしれませんが、社員数が千人万人の規模になると途方もないパワーが必要になるでしょうね。

本文はここまでです このページの先頭へ