ここから本文です

投稿コメント一覧 (2コメント)

  • 人手不足や働き方改革が進められている中で、組織や仕事の生産性を向上させることは多くの企業の課題となっています。その生産性向上を検証するための研究が「ホーソン実験」です。

    ホーソン実験とは、アメリカの電機機器製造企業のウェスタンエリクトリック社でジョージ・エルトン・メイヨー教授によって行われた実験で、目的は生産性向上において何が起因するのかを導き出すこと、ホーソン実験から、生産性向上には作業環境ではなく人間関係が影響することがわかりました。企業は人なり

  • 大島社長は社員の人間関係を重視してるようだが下位まで伝わらずリーダークラスで意地が悪かったり切れやすい人材がいるそうだ店は増えても人材が集まらず辞める社員も出てくるだろう企業は人なり

本文はここまでです このページの先頭へ