ここから本文です

投稿コメント一覧 (1325コメント)

  • 中国自動車市場
    MRKLINEで9月分が更新しています。
    順調に、販売台数が増加しています。
    日系は、本田、トヨタはじめ前年比増加基調です。

  • >>No. 863

    案の定1600円を超えてきました。
    毎日買ってたから、今日寄付きの買いで当分様子見します。
    また、下がったら、引き付けて買い下がります。

  • >>No. 866

    セクシーボリンジャー示現ですね。
    5G向けスマホもネットで瞬間蒸発らしいし、車載もこれからでしょう。

  • MACDもGCし、プラスに浮上。ボリンジャーも、1580円超えで、セクシーボリンジャー示現。25日も上昇。RSIも50を超え9日が14日をGC.一目は、雲下限で押し戻されたものの、先物も上がっており、円安も進行。明日上がる可能性も高いことから、雲の中に突入する可能性大。日証金も大幅売り越し。モメンタム、ROCも買いシグナル。

  • >>No. 852

    今日、ずいぶん上げましたね。何かあったんですかね?
    ところで、OPPOのスマホが日本でバカ売れらしいです。シムフリーのエントリーモデルだそうで、コスパがすごいらしいです。サムスンも中華系も売れてるらしい。
    車載は、どうなんですかね?ラジオ日経で、鎌田記者が、車は売れてないけど、車載向け半導体はいいと。確かに、村田は、高付加価値コンデンサーが車載向けに伸びてるようだし。

  • >>No. 832

    URL貼り付けたら投稿できなくなって、削除してみたら、投稿できました。
    ところで、最近のニュースは、結構、前向きなものが多いんですけどね。
    AI,IOT,ASAS,CASEと5Gの普及も相まって今後、大きく伸びるとみている関係者は、多いんだけど。足元の業況も悪くはないし、去年同様下期Q4の減速はあるかもですが、前期ほどひどくはないと思いますけど。

  • さっき帰って株価見たらマイナス。終値でかろうじてプラスという体たらく。
    日経これだけ上げてもおいてけぼり。四季報の不透明感という記述で、下期業績悪化懸念か?
    中間で、業績修正ないと思うけど、下方修正懸念か?
    上期は、会社計画に沿って、業績推移すると思われる。稼働率の上昇、車載の製品ポート改善は続く。生産性改善投資で労務費も削減されてる。一方、単価下落は続き綱引きか?下期業績急落した前期がトラウマになっている?下期は、減価償却10億が乗ってくるから、これをどれだけ消化して、会社計画を達成するか?仮に未達でも、大きな乖離はないと思う。最悪でもいちよしの営業利益70億程度と見ている。

  • >>No. 667

    中国の経済状況は、悲惨ですから。中国とつながりの深いドイツはぼろぼろ。
    ドイツ銀行問題もある。北京もネオンが消えて真っ暗らしいですね。GDPもマイナスでしょ。
    それでも、共産党を守るため、習近平は必死。自動車へのテコ入れもやってるし、これからもやる。
    メイコーは、5G,IOT,AI,CASEと本命でないけど、関連銘柄。現在は、世界的景気悪化(リーマン以上という研究者は多い)で成長株が売られてる。メイコーのような新興株は成長株が多い。今はGAFAもアンダーパフォーム。自動車の全体市場は厳しいから、従来の車載部品メーカーは大変だけど、車載電子備品は、来期からいいと思います。慎重な中にも、強気姿勢です。楽天の今中氏も秋口には5Gスマホが出てくると。4月からもしょぼく出てくると思いますけど。ブイ・テクノロジーテクは、中国でローカルが大型設備投資してなかったですか?

  • >>No. 661

    おばQさんおはようございます。
    トヨタとの取引は、親密であり、表彰も受けてますよ。トヨタが22年稼働で広州工場を広州汽車との合弁会社で着工するニュースは、発表済みです。
    ご承知の通り、サプライヤーを工場周辺に置くのは、周知のことですね。従って、広州工場との取引の可能性は大きいと期待しています。トヨタは、第一汽車との合弁でも同様の計画を持っているようですね。日系は無論、欧米競合他社も環境車拡大に注力中です。基板需要は、今後、急増しますね。Q1決算でもBU比率は上がっており、今後もBU中心に需要は拡大するのは明白だと思っています。メーカーとサプライヤーは、3年前後をかけて、新車開発を進めています。現状、23年までの新規受注案件が上記の理由であるはずで、広州工場の件も協議している可能性が高いと思っています。電産もフリクションモーターの受注が急増しており、サプライヤーをどう確保するかが課題と述べています。メイコー大忙しになりそうですね。その始まりが、下期であり、来期から本格的に拡大すると考えています。

  • >>No. 574

    現下の稼働率は、95%を超えており、絶好調です。5月から受注が急回復して、量産は6月から、売り上げは、7月から計上されます。年内は、順調に推移するものと思われます。(正確に言うと例年11月まで)Q4には、例年弱い四半期ですが、今年はどうなりますか?3月には5Gの規格が決まります。来期については、秋口から、5Gスマホがどんどん出てきます。車載も、コネクテッド、ADAS関連の新規案件が次々出てきます。新規先もH社、B社ほか受注となる見込みであり、S社のハイエンドスマホ受注と、期待できそうです。ベトナム第三工場の第二期も、新規案件中心に確定受注がなければ、設備投資はないでしょう。現状、投資計画に変更がないということで、これら受注は、確定受注として、年を追うごとに拡大する予定です。一方、既存製品の受注動向は、自動車市場の全体市場の動向次第ですが、正直中国ローカルメーカーは、ひどい状況であり、失業問題もあり、習近平も必死でテコ入れしてくるでしょう。HVをNEV規制対象外になる見通しであり、HVへの引き合いがローカルからも多いようです。デンソートヨタもHVユニットの販売を積極化するようで、自動車生産も回復すると見ています。来年から23年まで、業績も拡大するでしょう。実際にはトヨタは、25年には環境車、を550万台に半年前倒しして、生産する計画であり、各社も同様に環境車へ大きく舵を切っていくのは、明かです。
    以上から、現状絶好調も年末から、2月あたりまで弱いかもしれませんが、来期から成長軌道に戻るでしょう。会社は、以前そう説明しています。
    22年稼働のトヨタ広州工場も時間的に、すでに水面下で話し合いが始まってるかもです。ミャンマー工場もあります。案件は豊富であり、どれだけ受注できるか?
    下期業績には不安もありますが、来期以降の業績には期待が持てそうです。
    第三工場竣工時には、売り上げも1500億営業利益率10%(EPS450円)以上(社長)達成も十分可能と見ています。第三工場竣工時の生産キャパは、1600億ていどにはなりそうです。22年中の株価目標1万円は変えていません。

  • >>No. 574

    Q1決算では、予想に反してスマホの利益率は高かった。会社は、単価下落で、収益性が大きく下がると予想してたけど、ある理由で下がらなかった。今後短期的には下がる可能性も高いと思われるが、一方で、車載において、6月より稼働率が大きく改善しており、Q2決算では、売り上げ過度益ともに大きく改善すると見ています。
    会社側は、下期の不透明感を強調しているようですが、既存の車載部品が軟化する可能性もあるものの、新規案件が下期から量産化、BU比率も毅然しているようなので、稼働率改善とあわせ、収益性は大きく?改善するものと期待しています。
    Q2から量産のアミューズメントもQ3から売り上げに上がってくる。立ち上げ費用10億をどれだけカバーできるか?
    来期には、大型案件も多く(H社、B社、S社など)事務機関係(規模収益性ではもう一つ)のベトナムシフトなど、大小さまざまな案件も多い。5G関連も立ち上がってくる。今後大きく期待できそう。第三工場第二期も立ち上がる。
    来々期には、5G関連のスマホが本格化し、車載もADAS,コネクテッド、EVが本格化、第三工場第三期も大きく立ち上がってくる。
    生産能力もそのころには1500億を超えてくる。収益性の高いスマート工場である第三工場の稼働は、利益面で大きく期待できそう。
    また、中国においてもトヨタがメイコーの工場のある広州で広州汽車合弁で環境車生産に入る。ミャンマーでも生産を始める。今後の増産投資は、主に、環境車(主力はHV?)で、ADAS,コネクテッドの普及と相まって、部品搭載点数が大きく伸長されそう。収益性も売り上げの伸びによる量産効果のみならず、収益性の高いBUの生産が伸びること、スマート化で労務費が大きく削減されることなどから、
    業績も来期から急拡大するものと期待している。また、注力しているEMS事業もベトナムで拡大しそうで、新規工場の立ち上げも今後検討課題になってきそう。その場合は、すでに取得済みのベトナムの土地か?今後5年前後で売り上げも2000億をこえてくるのは必至。米中経済戦争で、ベトナムシフトが鮮明になり、一方で中国では景気対策としての自動車市場の規制緩和策などてこ入れが始まり、その中心が環境車で、基板需要は急増してくる。
    今は、丹念に安値を拾う場面といえる。米中の緩和も期待?1400円台でもポジションを無理せず積み上げる考え。

  • >>No. 569

    おばQさんおはようございます。
    四季報予想ですが、私のQ2予想では、21憶プラスマイナス1憶です。上期38億プラスマイナス1億。通期進捗率で50%前後。
    下期は不透明感があるものの、
    1、アミューズメントが売り上げに貢献すること
    2.ADAS,コネクテッドの受注が量産化される。
    3.車載部品でBU比率が改善し、収益性があがること。
    4.上期特に低稼働率のQ1のような事態がなくなることで下期では、上期比稼働率があがること
    一方、
    1.スマホ売り上げが下がり、単価が下落すること。
    2.既存製品に不透明感があること
    3.立ち上げ費用10億がかかってくること。
    以上から最低営業利益35億通期73億は確保できそう。
    来期は、ADAS,コネクテッド、EVと車載向け基板が伸びること、BU比率も伸び、車載向け基板が業績を牽引すること、第三工場(売り上げ100憶)でのサムスン向けMSAP基板が売り上げにあがり、第三工場第二期も一部売り上げに。
    5G向け基板も始まりそう(本格化は来々期から)
    以上から、来期から成長軌道への復帰が鮮明になりそう。

  • >>No. 556

    おばQさんこんにちわ。

    Q2決算も増収増益ですよ。アミューズメントも量産開始ですよ。前期のように、Q4で業績急悪化はないですよ。

    Q3もまずまずとみています。Q3から新規案件が、入ってきます。

    昨日のトヨタカローラ発表でコネクテッドカーへの装備が話題になっています。

    コネクテッドカーは、どこまでということはあるけど、従来より基板を最大3倍使用するそうですよ。他社も追随するでしょう。いよいよ基板業界は成長軌道に戻りそうですよ。フラクタルで1478円。ちょっと、割り込みましたけどね。

    1470円台は買いだと思いますが。

  • >>No. 510

    そんなニュースガありましたか。
    円高元安で輸出は大変でしょうね。
    足元の稼働率は絶好調のようですが、今後の見通しは難しいですね。
    ただ、来年には、変化がみられると思います。5G基地局がどんどん整備され、22年をピークにサービスエリアも拡大、先行する中国、米国では、5G対応の車種も増えるでしょう。スマホも来年4月には、機種も増え、21年から本格化するとみられています。短期的には、いろいろリスクもあるでしょうが、来期から成長軌道に戻るでしょう。まあ、25年まで超多忙となると思います。
    因みに22年上海で、トヨタは環境車専用工場燃40万台稼働。それに合わせて、デンソーは、1800億投資が決まっています。ホンダ、日産も続くでしょう。
    基板市場は急拡大しますね。

  • >>No. 358

    今日も、まさかの指値が入ってた。粗い値動き。5日移動線割れまで刺してたけど、200株だけ刺さってた。当分、様子見。
    総会出席のある方情報ビンGRからの受注に期待。

  • >>No. 358

    逆差し、で下がったことからアルゴでも働いたか?最後の30分で20万株。
    コンピュウターでないとこんな売り方しないと思うけど。

  • えらい急落だったんですね。たまたま前場1540円でもろ安値で買えたと思ってたけど、
    下に刺してたのも入っててびっくり。明日以降も、買い下がりで、刺してるのが刺さるか?

  • 今日は上がりそうですが、まだまだ、不安が付きまとう市場ですが、今日のモーニングプラスで中国自動車市場関連でHVについて解説があり、日系に大いに商機と。HVが環境車に認定されることで、HV車の生産が増加し、その分ガソリン車の生産が可能に。ナンバープレート規制緩和などで、今後中毒での自動車市場は回復する。HV車の生産は基板需要を拡大。
    トヨタは、22年広州汽車と1800億円をとうじて40万台の環境車生産の工場建設。デンソーも同じく1800憶を投じてHV部品生産工場建設を発表。
    5G設備投資のピークが22年と言われており、好材料続々。22年中1万円を目指すと期待。

  • いちよしレポート前回営業利益90憶から70憶へ。
    野村はまだ出してないですが、77億で、だいぶ収斂してきました。因みに私は従来から80億を予想しています。会社が75憶ですから、70憶から私の80憶まで誤差の範囲に。第三工場立ち上げ費用10億を考慮すると、いちよしでも80億で、かこさいこうえき更新した前期比微減益ということで、ここまで売られる業況ではないですが。今日も刺してるけど、100株もできず。今日は絶好の買い場のような気がするんですが。

  • >>No. 224

    おばQさん、まあ地合いが悪いですね。特に小型新興が。
    おばQさんも少し買いましたね(笑)
    先日1400円割れで買っていいとこかったと思ったんですが。
    足元絶好調だし、Q2も順調な滑り出し。Q1は、前Q4比2.5倍以上の増益で下が、期初はまだ病み上がり、5月から受注が急回復。Q2は、期初から、通期で好調なわけで、Q2から消却が始まるものの、それをこなして20億は固いと思っています。元安効果も1億以上ありますし、ここは強気で買い増しますよ。

本文はここまでです このページの先頭へ