ここから本文です

投稿コメント一覧 (1385コメント)

  • 2019 年2月 14 日

    JIG-SAW
    北米における海外子会社2社(米国及びカナダ)設立手続完了に関するお知らせ(開示事項の経過報告)

    ①米国子会社
    JIG-SAW US INC.
    資本金 1,000,000 米ドル
    ②カナダ子会社
    JIG-SAW DT INC.
    資本金 1,000,000 カナダドル


    2019年 JIG-SAW これから楽しみです!

  • >>No. 263

    くりくりさん、また、JIG-SAW 応援していきますので
    よろしくお願いします。

  • >>No. 260

    これからも、JIG-SAW 応援していきますので
    よろしくお願いします。

  • 2019/02/14 05:00
    ニュース
    TOTO、NTTコムのクラウドからAWSにリプレース
    染原 睦美=日経 xTECH/日経コンピュータ

     TOTOは同社のシステム基盤に米アマゾン・ウェブ・サービスのパブリッククラウド「Amazon Web Services(AWS)」の採用を決めた。受発注などの基幹業務システムだけでなく、3D CADや電話システムを含めて順次パブリッククラウドで稼働させる。一部のシステムは2018年11月から移行を始めており、2022年までに移行を終える計画だ。

     同社は2018年10月に業務システムの実行環境を自社サーバーからNTTコミュニケーションズのプライベートクラウドに移し終えたばかりだった。それにもかかわらずAWSへのリプレースに踏み切ったのは、BCP(事業継続計画)を考慮してサーバーの冗長性や災害対応を強化するのに加え、AI(人工知能)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)関連のサービスの柔軟な利用を考えたためだ。


    AWSへ移行する企業が増えればいいですね!

    JIG-SAW これから楽しみです!

  • >>No. 148

    そうですね!
    これからは投稿しませんので安心して下さい。
    私は中長期でJIG-SAWに投資していくのは変わりませんので、よろしくお願いします。
    JIG-SAWこれから楽しみです!

  • 【決算】 JIGSAW、前期経常は16%増で4期連続最高益、今期業績は非開示【連結】

     JIG-SAW <3914> [東証M] が2月8日大引け後(15:00)に決算を発表。18年12月期の連結経常利益は前の期比15.8%増の5.3億円に伸び、4期連続で過去最高益を更新した。5期連続増収、5期連続増益となった。
    なお、19年12月期の業績見通しは開示しなかった。

     同時に、従来未定としていた前期の期末一括配当を見送るとし、今期の年間配当は未定とした。

     直近3ヵ月の実績である10-12月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比19.2%増の1.8億円に伸び、売上営業利益率は前年同期の21.8%→28.8%に大幅上昇した。

    株探ニュース


    JIG-SAW のこれからの成長に期待しています!

    JIG-SAW 楽しみですね!

  • 来週からは、株価急上昇ですかね。
    JIG-SAWこれから楽しみです!

  • 2019/02/08 19:39

    今後のビジネス拡大について


    ◆既存事業は引き続き順調に推移・拡大

    ◆今期も引き続き最高益(IoTサービス及び新規分野含
    まず)

    ◆2019年後半より世界中のあらゆる地域・シーンでIoTの取り組みが具体化

    ◆地球上に存在する「つながっていないモノや生物・細胞」が加速度的に繋がり始める

    JIG-SAWは、多様な業界・業務・エリアへのコア技術とビジネスモデル浸透を実行

    また、当社内においても「中長期的な取り組み目標」を設定し、巨大ビジネスの創出フェーズに入る


    私はJIG-SAWに期待しています!

  • いいんじゃないの?
    買いたい人は買って、売りたい人は売ればいいし
    私は、今年もJIG-SAWに期待しています!

  • いいんじゃないの?
    売りたい人は売って、私は下がれば
    買い増ししますよ!

  • 明日から株価上昇するといいですね!

  • >>No. 21

    決算後どうなりますかね⁈
    JIG-SAWこれから楽しみです!

  • そろそろ何か出るといいですね!


  • 米国最大級の電力・エネルギー業界イベント
    「DistribuTECH 2019」にIoTサービス出展

     JIG-SAW株式会社(本社:東京都千代田区、以下、JIG-SAW)は2019年2月5日-7日に米国ルイジアナ州ニュー・オリンズで開催される北米最大級の電力・エネルギー分野関連イベント「DistribuTECH 2019」に北米マーケットでの当社IoTサービス展開のために出展いたします。


    JIG-SAWこれから楽しみです!

  • いいんじゃないの?
    買いたい人は買って、売りたい人は売ればいいし
    私は、今年もJIG-SAWに期待しています!


  • 2019年2月8日

    2018年12月期通期決算発表(予定)

    JIG-SAWこれから楽しみです!

  • そろそろ、暴騰するんじゃないかなぁ
    JIG-SAWこれから楽しみです!

  • 北米にIoTサービス事業及びデータコンロール事業の現地法人2社(米国/カナダ)を設立。IoTサービス・データコントロール・クラウドマネジメントで世界3極体制の営業・サービス提供へ。

    2019年1月30日

    北米にIoTサービス事業及びデータコンロール事業の現地法人2社(米国/カナダ)を設立
    IoTサービス・データコントロール・クラウドマネジメントで世界3極体制の営業・サービス提供

     JIG-SAWは2019年2月(予定)に米国及びカナダにそれぞれ現地法人を設立いたします。
    これは、今年度国内で開始されるIoTサービスのグローバル展開の拠点と、今後の需要の大幅な伸長が見込まれるデータコントロール・クラウドマネジメント及び北米テクノロジー拠点として設立します。

     当社は従来より、米国シリコンバレーにプロジェクトオフィスを設置し、エンジニア・スタッフの現地駐在等を通じ、サービスのグローバル展開を視野にいれ活動してまいりました。また昨年度にはUSラスベガスで開催されたAWS re:Inventへのサービス出展においては、世界中から2,000人を超える方々の当社ブース訪問があり、今年度は次週に北米最大規模の電力関連業界イベント(DistribuTECH 2019)に出展いたします。

    また2月下旬には、スペイン・バルセロナでのMWC(Mobile World Congress 2019)への出展も控えています。これらは全て、グローバル向けのサービス出展になります。「IoT」が大きなマーケットとして認識されてから数年が経過し、ようやくそれらの実証・テスト等を通じた取り組みが世界中で具体化し、本格化・ビジネス化していく流れに入ってきており、当社は国内だけではなく海外も含めたグローバルマーケットを対象とした取り組みをここで一気に拡大していくこととなりました。
     また、既存事業であるクラウドマネジメントを軸にしたサービスにおきましても、今後の大きな需要が見込まれ、それに対応するための既存コントロールセンターにおける各種リソース増強に加え、北米地域での先進的なコントロールセンター立ち上げも必要と判断いたしました。
     なお、今回の現地法人設立の概要は以下のとおりです。

    【米国】
    社 名: JIG-SAW COMPANY(予定)
    資本金: 100万USドル(予定)
    登 記: 米国 デラウェア州
    事業所所在地: 米国 カリフォルニア州(予定)
    事業内容: 全産業向けグローバルIoTサービスの提供

    【カナダ】
    社 名: JIG-SAW CORPORATION(予定)
    資本金: 100万カナダドル(予定)
    登 記: カナダ ブリティッシュコロンビア州
    事業所所在地: カナダ オンタリオ州(予定)
    事業内容: クラウドマネジメント・IoTデータコントロールサービス・各種テクノロジーの研究開発



    私はJIG-SAWに期待しています!

  • JIG-SAW---IoT・クラウドマネジメントサービスの拠点として、アメリカとカナダに子会社を設立

    1/30 12:52 配信 FISCO

    *12:52JST JIG-SAW---IoT・クラウドマネジメントサービスの拠点として、アメリカとカナダに子会社を設立

    JIG-SAW<3914>は29日、グローバルIoTサービス及びクラウドマネジメント・データコントロールサービス拠点として、アメリカ及びカナダに子会社を設立することを発表。

    アメリカ法人は、グローバル向けIoTサービスの提供拠点、カナダ法人は同社グローバルコントロールセンターと研究開発テクノロジー拠点としての役割を想定している。

    同社グループは、北米・グローバル市場をターゲットにしたIoTサービス開始と、クラウドマネジメントを軸にした既存事業の今後の大幅な需要拡大が見込まれ、本格的にスタートするグローバル向けIoTサービス展開のためのビジネス拠点新設と国内既存サービスの今後の大幅な伸長を考慮し、オペレーションサービス・技術拠点の開設へと至ったとしている。


    JIG-SAWこれから楽しみです!

  • 各位
    2019 年1月 29 日
    会社名 JIG-SAW株式会社
    代表者名 代表取締役社長 山川 真考
    (コード:3914 東証マザーズ) 問合せ先 取締役CFO 鈴木 博道 (TEL.03-6635-6657)

    北米における海外子会社2社(米国及びカナダ)設立に関するお知らせ

    グローバル IoT サービス及びクラウドマネジメント・データコントロールサービス拠点開設

    当社は、2019 年1月 29 日開催の取締役会において、下記のとおり、米国及びカナダの2ヶ国に海外子 会社を設立することを決議しましたので、お知らせいたします。


    1.子会社設立の目的

    この度、当社グループは、北米・グローバル市場をターゲットにした IoT サービス開始とクラウドマネジメントを軸にした既存事業の今後の大幅な需要拡大を見込み、米国及びカナダの2ヶ国に現地法人を設 立することを決定いたしました。これは、本格的にスタートするグローバル向け IoT サービス展開のため のビジネス拠点新設と国内既存サービスの今後の大幅な伸長を考慮したオペレーションサービス・技術拠 点の開設となります。なお、米国・カナダの2ヶ国の現地法人は以下の役割を想定しております。

    ・米国:グローバル向け IoT サービスを提供する拠点 ・カナダ:当社グローバルコントロールセンター&研究開発テクノロジー拠点

    2.設立する子会社の概要

    1JIG-SAW COMPANY

    (1) 名 称
    JIG-SAW COMPANY
    (2)所 在 地
    米国 デラウェア州(登記上の本店所在地) ※事業所所在地はカリフォルニア州を予定しております。

    (3)代 表 者
    山川 真考

    (4) 事 業 内 容

    全産業向けグローバル IoT サービスの提供
    (5)資 本 金
    1,000,000 米ドル(予定)

    (6) 設 立 年 月 日
    2019 年2月(予定)

    (7) 大株主及び持株比率

    当社 100%
    (8) 上 場 会 社 と 当該会社との関係

    資本関係
    当社が 100%出資する子会社であります。
    人的関係
    当社代表取締役社長が当該子会社の取締役を兼務する予
    定であります。
    当社従業員が1名当該子会社の従業員を兼務する予定で
    あり、今後も増員を見込んでおります。
    取引関係
    該当事項はありません。
    2JIG-SAW CORPORATION

    (1) 名 称

    JIG-SAW CORPORATION
    (2)所 在 地
    カナダ ブリティッシュコロンビア州(登記上の本店所在地) ※事業所所在地はオンタリオ州を予定しております。

    (3)代 表 者

    山川 真考
    (4) 事 業 内 容
    クラウドマネジメント及び IoT データコントロールサービス 自動制御及びエッジ AI 等の研究開発

    (5)資 本 金

    1,000,000 カナダドル(予定)
    (6) 設 立 年 月 日
    2019 年2月(予定)
    (7) 大株主及び持株比率

    当社 100%
    (8) 上 場 会 社 と 当該会社との関係

    資本関係
    当社が 100%出資する子会社であります。
    人的関係
    当社代表取締役社長が当該子会社の取締役を兼務する予
    定であります。
    当社従業員が1名当該子会社の従業員を兼務する予定で
    あり、今後も増員を見込んでおります。
    取引関係
    該当事項はありません。
    3.今後の見通し

    当期連結業績に与える影響は軽微であると判断しておりますが、今後開示すべき事象が発生した場合には、速やかにお知らせいたします。


    JIG-SAWこれから楽しみです!

本文はここまでです このページの先頭へ