IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (75コメント)

  • 随分と簡単な銘柄になり下った。
    明日は朝一で空売りして9時30分に買い戻し、そこから買って14時半に売れば倍々で儲かります。

  • また今日も誰かがNYダウ先物を上げて、円売り介入をコソコソやって、日経が落ちないようにしてる。
    上海も香港も落ちてるのに不自然。

  • 今日はやはりダウ上がりそうですね。
    300くらいは行きそう。

  • 気のせいですかねぇ。
    最近、東京市場が開いてる間だけダウの先物を下がらないように買い支えてる輩がいる気がするんですよ。
    場中のETFを買って支えるよりも時間外のダウ先物を買って支える方が楽ですからねぇ〜。

  • 何だかんだ言って今日が底値でしょ。今晩あたりトランプが何かわめいてダウは暴騰するよ。
    だから今日は買い場、ということです。

  • トランプ、ドル安介入したがってるって記事読みましたが、何かすべての国が自国の通貨の安売り戦争しているみたいで可笑しいですね。
    だから仮想通貨が流行ったりするんでしょうね。
    お金の価値がどんどん低くなっていって、そのうちある日みんなが気付くんでしょうね、お金って何だ、ただの紙切れじゃんか、って。
    その時資本主義経済が崩壊するんですかね。

  • [ワシントン/サンフランシスコ 18日 ロイター] - トランプ米大統領は今月、通貨安を誘導しているとして他国を非難し、ドル安を望む姿勢を強調した。これを受け、大統領がドル売り介入に動くとの見方が強まっているが、他国の反発や市場の混乱を招く恐れがあるほか、議会から独立している米連邦準備理事会(FRB)の助けなしに大幅なドル安誘導が可能かどうかも定かでない。

    ドル相場は現在、数十年ぶりの高水準で推移しており、国際通貨基金(IMF)が17日公表した報告書によると、ファンダメンタルズで正当化される水準より少なくとも6%過大評価されている。

    <ドル安誘導の手段>

    ドル安誘導のためのトランプ大統領の口先介入は、これまで効果を発揮してきたが、最近では効き目が薄れている。

    さらにドルを押し下げるため、米財務省は保有しているドルを売ることが可能だ。こうしたドル売り介入は、導入されたばかりのユーロが暴落するのを阻止するための国際協調介入の一環として、2000年9月に実施されて以来、行われていない。

    米国の準備金1260億ドルの大半は為替安定化基金(ESF)に入っている。しかし米国の一方的な措置により「通貨戦争」が起こった場合には、これでは足りないかもしれない。「より大きな力を持つヘッジファンドが数多くある」とキャピタル・エコノミクスのエコノミスト、ポール・アッシュワース氏は言う。

    中国の外貨準備は3兆1000億ドルに上る。世界の外為市場では1日に5兆ドル前後の取引が行われている。

    ADVERTISEMENT


    米財務省は、為替介入を検討しているかどうかについてコメントを避けた。

    米財務省が金融市場に介入する際には連銀が実働部隊を務めており、過去の介入では両機関が協力してきた。財務省はより大規模な介入を行うため、無制限にドルを生み出せる潜在力を持つFRBに軍資金を要求する可能性がある。

    ピーターソン国際経済研究所のフェロー、ジョゼフ・ギャノン氏によると、米政権は議会に追加資金へのアクセスを要求する可能性もある。その場合、外貨買いの資金を増やせるよう、連邦債務の法定上限を引き上げる可能性も出てくる。「債務上限を撤廃すれば、米国が通貨戦争に勝てるのは明らかだ」(ギャノン氏)

    Reuters Graphic
    <FRBの独立性>

    FRBの協力を仰ぐこと自体も難題だ。FRBは物価安定と完全雇用および穏やかな長期金利という、議会から与えられた責務を果たすために金融政策を運営している。

    ドルが下落すれば輸入物価が上昇し、2%のインフレ率目標の達成に役立つ可能性はある。しかしドルを押し下げるための市場介入は、経済的な目的で為替レートを目標にしないという、13年の先進7か国(G7)の合意に反することになるだろう。

    ADVERTISEMENT


    外交問題評議会のフェロー、ブラッド・セットサー氏は「日銀や欧州中央銀行(ECB)を敵に回すような、一方的な行動をFRBが起こそうとするだろうか」と語った。

    <ファンダメンタルズ>

    仮に無制限のドル売り介入を行ったとしても、米政府がドル相場をコントロールできるかどうかは不明だ。ドル相場は、米経済の強さや他通貨と比較したドルの魅力を反映しているからだ。

    コーネル大の貿易政策専門家、エズウォー・プラサド氏は「ドルの価値を押し下げるため介入主義的な政策に出ても、マクロ経済のファンダメンタルズに圧倒されるだろう」と述べた。

    Reuters Graphic
    <利下げ>

    FRBは今月利下げを実施し、その後も来年あたりにかけて何度か追加利下げを行うと予想されているため、いずれにせよドルは下がりそうだ。

    米経済の成長率は今後減速し、欧州との差が縮まるとの見方が多い上、米国の財政赤字拡大もドルを圧迫する可能性がある。

    ADVERTISEMENT


    CMEグループのエコノミスト、エリック・ノーランド氏は「金融政策自体が、まず間違いなくドルを押し下げそうだ」と話した。

  • 半導体製造装置の6月の販売高統計値速報出ましたね。
    前年対比で▲23.1%、かなり悪いです。

  • みなさんに聞きたい❗️
    ダウが下がると必ず無理くり買って元に戻す輩がいます。
    この買い手は一体誰なのでしょうか❓
    出来高が少ない中で物凄く意図的な買い方です。
    ダウをこの先上げていってどうするつもりなんでしょうか❓

  • 誰も中国政府発表の数値は信用してない、ってことてますよ。

  • 何か不思議なんですが、安川の決算発表からNYダウと日経先物が連動しなくなった気がするんですが‥。
    きっと気のせいですよね。

  • 一方、日本鍛圧機械工業会(日鍛工)によると、6月の鍛圧機械受注実績は、前年同月比23・7%減の252億9700万円で4カ月連続で減少した。プレス系機械の輸出が同56・7%減、プレス系と板金系機械の輸出合計も同46・0%減とほぼ半減した。日鍛工は「国内水準は比較的高いが、輸出は世界経済停滞の影響が出始めている」と指摘する。

     19年は前年を上回ったのが2月のみで、米中貿易摩擦を契機とした設備投資の手控えが鮮明だ。

     6月のプレス系は同39・2%減の100億1900万円で4カ月連続で減少し、かろうじて100億円台を維持した。輸出が大幅減だった一方、国内は同25・8%減と5月の同43・3%減からは持ち直した。板金系は同12・3%減の80億8100万円で3カ月連続で減少した。輸出は2カ月ぶり減の同23・2%減、国内は3カ月連続減ながら同6・1%減にとどまった。

     機械合計は同29・6%減の180億9900万円、うち国内は同18・2%減だった。輸出の仕向け地別は、北米が同38・1%減、中国が同48・0%減、インドが同84・2%減と全世界的に停滞した。

  • 日本工作機械工業会(日工会)がまとめた6月の工作機械の受注実績(速報値)は、前年同月比38・0%減の988億2900万円で、2016年10月以来32カ月ぶりに1000億円を割り込んだ。内需は同40・3%減の376億300万円、外需は同36・4%減の612億2600万円でともに大幅減。米中貿易摩擦に端を発した設備投資への慎重姿勢が内外で広がっている。

     前月比での減少は3カ月連続。19年3月は期末効果もあり1306億6400万円で前月比19・1%増と盛り返したが、4月以降は再び1000億円台となり、大台割れが危ぶまれていた。

     内需は17年1月以来29カ月ぶりに400億円を割った。ものづくり補助金の審査が6月にあり、7月以降に向けて発注を手控える動きが影響した。外需は16年12月以来31カ月ぶりの650億円割れ。投資への慎重姿勢が中国以外にも広がった。

     今後の見通しは不透明。米中摩擦の行方は予断を許さないが、内需では補助金関連による受注増に期待。人手不足や次世代自動車、第5世代通信(5G)関連などで強気の設備投資を計画する大手企業もあり、受注競争は激しさを増しそうだ。

  • 安川電機の為替レート
    今回の3〜5月 四半期 米ドル111.0円
    通期予想6月〜2月 米ドル110.0円
    となっています。
    全然今のレートを織り込んでいません。

  • 安川電機の財務状況が悪化してます。
    期首2月末に比べて5月末の3ヶ月の間に、
    ①現預金が28億円減少
    ②売掛債権が83億円減少
    ③短期借入金が68億円増加
    いったい3ヶ月の間に何があって、これからどうなるんだろうか❓

  • 何か売り煽ってる人が多いから多分決算発表で上がるんだろ〜な〜。
    よし、買いに賭けます❗️

  • そしてトランプはオオカミ少年、になりましたね(笑)

  • こうなってくると利下げは様子見、ですね。

  • もうそろそろバカなアメ公も気付いた方がいいよ。
    自分の国の経済指標がおかしくなっていってることに。株が上がって有頂天になってると知らないうちにいつか大変なことになってるよ。
    アメリカ人って本当にバカだよなぁ〜

  • でも外資はそうは思っていないみたいでサイバーエージェントにはいっぱい空売り残高がくっついていますね(笑)

本文はここまでです このページの先頭へ