IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (4347コメント)

  • >>No. 392

    矢野経済のレポート読ませて頂きました。

    毎回 矢野経済のレポートには弁護士.comの シェア80%が書かれ、弁護士寄りの文言が多かったと記憶しますが、今回はAgreeの急追や、弁護士.comに不都合なシェアに付いて一切記されていませんね(笑)

    私見ですが、現在のシェアは、Agree(7万~社)が30~35% クラウドS(約12万社)が50~55% 他が10~15%(海外勢含む)程度でしょう。

    今後、300万社とも500万社とも言われる事業所の余白が多すぎ、シェアの逆転は充分可能と考えます。

    電子契約は、設備投資などの一過性の需要とは違い、当分 毎年上積みが続くストック型ビジネスの需要であり、売上げが上がる程 利益が大きく増え、競争相手も限られ、当社に取っては絶対勝ち取らなければならない案件なんです。

    GMOの組織力、自前 認証局での利便性とコスト、熊谷会長の人脈など総結集しており 今後目が離せん。

  • 2020年11月13日の海外情報で少し古いですが、東欧でも頑張っています。心強い限りです。

    「GlobalSign、ポーランドのジャンメディアパートナーにSSLソリューションを提供」

    「当社は、デジタル証明書市場で利用可能な最も信頼性が高く安価なコード署名とSSLセキュリティオプションを提供しているため、ヨーロッパ最長の認証機関であるGlobalSignと提携することを決定しました」と、JanmediaホスティングディレクターのAlicja Baranは発表しています。

    「GlobalSignのデジタル証明書は、当社の既存の製品ポートフォリオを補完し、我々はこれらのエキサイティングな新しいセキュリティソリューションを世界中の購入者ベースへ供給することを期待しています。

    GlobalSignのコード署名ソリューションにより、ソフトウェアの販売者は、配布用のCDベースのソフトウェアを圧縮して配布するウェブであるNet経由でデジタル署名とタイムスタンプを付けることができ、Adobe AIRを含むアプリケーションを究極のユーザーに保証します。

    Janmediaは、GlobalSignの機能豊富なSSL証明書の範囲を利用するために、別の大手デジタル証明書サプライヤーから変更しました。

    これは、迅速な発行のためのドメイン検証SSL証明書だけでなく、より伝統的な組織検証SSL証明書を提供する予定です。

    「セキュリティ上の懸念が高まる中、より多くの企業が現在の買い物客にさらなるセキュリティソリューションを提供しようとしています」とGlobalSignハンドリングディレクターのポール・タレットは発表で主張しました。

    「ヤンメディアを最近のコード署名とSSLパートナーとして迎えたいと考えており、この大手デジタルエージェンシーとの長く共同で有利なコラボレーションを楽しみにしています」

  • 2020.11.24 13:26
    暗号化メール、内閣府など廃止 平井デジタル相「対策不適切」

    平井卓也デジタル改革担当相は24日の閣議後会見で、省庁職員がメールにファイルを添付して送信する際に、暗号化した上でパスワードを別のメールで送る「自動暗号化ZIPファイル」を26日に内閣府と内閣官房で廃止すると明らかにした。パスワードが記載されたメールを同じ経路で送ることを問題視し「セキュリティー対策としても、受け取る側の利便性の観点からも適切でない」と説明した。

    デジタル政策へのアイデアを募る「デジタル改革アイデアボックス」に多くの意見が寄せられ、対応を検討していた。

    代替策は決まっておらず、民間企業の動きも参考にしながら望ましいセキュリティー向上策を検討するという。暫定的な対策として「(パスワードを)電話で教える」と例示した。他省庁の状況も実態調査を進める。

    -----------------------------

    グローバルサインの出番ですね

  • >>No. 572

    >②10年後1億円とすると税引き売却8200万円に対する相続税で、物納がいくらとか?

    亡くなった日の終値で計算され、それが1億だったら1億に対して相続が発生します。

    相続人は、相続税の物納株を差引いた残りの株を相続し、相続人の原価は1株9000円となり、相続人が売却した場合、株式売却益に対し20%の税となります。

    物納か、現金での納税かは、その数か月以内の判断となりますが、没後 株価が急騰した場合は、現金での納税がお得です。

  • ここ、数名の情報収集能力がスゴイ!良い勉強になります。

  • SB系列が運営する投稿サイトで、概ね全体の縮図となります。
    https://www.itreview.jp/products/agree/reviews#review-57081

    投稿日:2020年11月17日
    不動産賃貸 300-1000人未満
    Agree 契約タイプ 有償利用

    ●この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?
    従量課金かつ低価格で設定されているので、サービスの導入ハードルが低く導入しやすいかと思います。APIを使ったシステム連携も出来、最初から署名依頼にSMS対応しているのも評価ポイントです。

    ●改善してほしいポイントは何でしょうか?
    新しい機能である「封筒機能」と「契約締結証明書」がAPI経由で利用できるようになるのを心待ちにしております。

    ●どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?
    契約の締結スピードが格段に向上しました。
    契約内容の変更が必要な場合でも、迅速に再署名⇒契約締結に至れるので、「紙」の契約書にはもう戻れません。

    -------------

    今 電子契約は破竹の勢いで普及が進んでいます。
    人件費、収入印紙、郵送費、紙、管理等が大きく削減され、もう以前に戻れないとの声が実情です。同業者間でも遅れを取れば、企業間格差が生じ淘汰に追い込まれる危機さえあります。

    ----------------------
    以下 今日現在の比較です。Agreeは大企業に採用が多く、有償化も進んでいます。

    Agree 94社
    20人未満 (33 内有償3)
    20-50人未満 (8 内有償1)
    50-100人未満 (11 内有償2)
    100-300人未満 (9 内有償2)
    300-1000人未満 (13 内有償5)
    1000人以上 (16 内有償5)
    不明 (4 内有償2)


    クラウドサイン 105社
    20人未満 (41 内有償5)
    20-50人未満 (24 内有償2)
    50-100人未満 (8 内有償0)
    100-300人未満 (13 内有償3)
    300-1000人未満 (8 内有償6)
    1000人以上 (8 内有償1)
    不明 (3 内有償0)

  • こんな記事拾って来ました。
    最近のサイバー攻撃の守備に付いて

    2020年11月20日
    平井大臣も断言「パスワード付きZIPファイルの添付は無意味!」ルールを見直し正しい運用をはじめよう。
    https://keepmealive.jp/stop-attachingfiles-passwords/

    要約です
    パスワードは8文字以上にして定期的に変更しよう
    鍵マーク(SSL)がついたサイトは安全です
    は、すでにに誤っている危険な常識です。

    以下略

    「正しい方法として S/MIME方式のメールシステムを利用する」があり、システムには唯一 当社の企業が推奨されています。

  • GMOグローバルサインのセキュリティ技術で「空」もセキュアに 空飛ぶクルマ・ドローンの「通信・制御」のセキュリティに関する技術供与で基本合意

    GMOインターネットグループは、「空×ITの領域」への事業拡大を視野に入れ、まずは次世代モビリティ産業の発展をセキュリティ面から支援するべく、電子認証サービスを展開するGMOグローバルサイン株式会社において次を行います。

    GMOグローバルサイン社は、ドローン・エアモビリティ特化型ベンチャーキャピタルであるDRONE FUNDが出資する、ドローン専用メーカーである株式会社プロドローンと、「空飛ぶクルマ」を開発する株式会社SkyDriveの各社と、ドローンの社会実装に向け、「通信・制御」のセキュリティ強化における技術供与に関して、本日2020年11月20日(金)に基本合意いたしました。

  • 「GMOグローバルサインがZiFiSense社およびテクサー社との協業に合意、2020年内にZETA規格対応デバイスへの電子証明書の発行を目指す」

    輸送トラック搭載型の基地局(AP)である「ZETA AP Micro」に、GMOグローバルサイン社の電子証明書を発行する予定で、2020年内の実現を目指します。

    これが実現すれば、GMOグローバルサイン社の電子証明書が発行されたAPのみネットワークへの接続が許可されるため、複数事業者間における物流データの共有・活用によってサプライチェーン全体の効率や生産性向上を促す「スマート物流サービス」において、物流システムのセキュリティを強化することが可能となります。

    これを皮切りに、GMOグローバルサイン社は、この度のZiFiSense社およびテクサー社との協業を通じて、IoTの普及に向けて注目の集まるZETA規格デバイスのセキュリティ強化を支援してまいります。

  • シムトップスの取引先がスゴイです。10万社中 以下一部です。

    電子契約でGSが乗っからない手は有りません。

    トヨタ自動車株式会社
    トヨタ自動車九州株式会社
    トヨタ自動車東日本株式会社
    株式会社豊田自動織機
    アイシン・エィ・ダブリュ株式会社
    株式会社デンソー
    株式会社本田技術研究所
    日産自動車株式会社
    スズキ株式会社
    富士重工業株式会社
    いすゞ自動車株式会社
    ヤマハ発動機株式会社
    株式会社マツダ
    株式会社東海理化
    矢崎部品株式会社
    三菱重工業株式会社
    川崎重工業株式会社
    ダイキン工業株式会社
    住友重機械工業株式会社
    株式会社東芝
    東芝機械株式会社
    オイレス工業株式会社
    東レ株式会社
    三菱電機株式会社
    SMC株式会社
    株式会社クボタ
    株式会社ブリヂストン
    住友ゴム工業株式会社
    リンナイ株式会社
    株式会社JM
    株式会社大塚商会
    富士ゼロックス株式会社
    株式会社ニッセイコム

  • 2020.11.19

    建築・建設業の現場作業や社内業務のテレワーク推進!脱ハンコ・印鑑を推進する電子契約・現場帳票ペーパーレス・建設業向けERPセミナー(12/15)

    本セミナーでは、業界最速で会長自らグループ全体の「印鑑廃止宣言」を発表したGMOインターネットグループの●GMOグローバルサイン・ホールディングスと、国土交通省・経済産業省から建設業法へ適法性を確認されている電子契約・契約管理サービス「WAN-Sign」を提供する日本通運グループの●ワンビシアーカイブズ、現場帳票ペーパーレスソリューション国内No1シェアの「i-Reporter」を提供する●シムトップス、建築・建設業向けERP「PROCES.S」を提供する●内田洋行ITソリューションズ、そして各ペーパーレスソリューションやEPRを業務自動化させるデータ連携ソリューション「Magic xpi」を提供する●マジックソフトウェア・ジャパンの5社が共催し、社内・社外取引の電子化や自動化から作業現場を含めた脱ハンコ・印鑑を推進し、テレワークを円滑に実施する方法を成功事例とともにご紹介いたします。

    --------------------------

    新たな提携企業が加わりましたね。

  • 追証売りの仕掛けでしょ、信用は機関にやられます。

  • >>No. 69

    そうですね。

    先日の青山社長の動画、来期は電子証明書組込のICチップが史上初の量販で、何らかの数字が計上出来るとの事。そして、それが今後 莫大な利益をもたらすと、、、

    業績に付いて あれだけ保守的な社長が満面の笑みで話したのだから楽しみしか有りません。

  • 目先の↑↓は機関のサジ加減次第でどうにでもなります。

    そうして90%以上の個人から養分を吸い取っているのです。

    その養分が肥料となり、将来株価が大きく育つのです。

    よって養分は必要不可欠なんです。

  • 官公庁に採用されていますね。
    https://www.itreview.jp/products/agree/reviews?page=4

    投稿日:2020年10月09日

    官公庁
    1000人以上
    契約タイプ トライアル

    この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?
    電子ファイル上に簡単に電子印鑑を打つことができます。電子印鑑を付けてもファイルサイズにほとんど影響がないため、メールでのやり取りできるファイルサイズであり、メールの送受信がスムーズに出来ます。

    改善してほしいポイントは何でしょうか?
    導入に関して起動してからの実際に使用するまでの手続きが簡単に行くようにしていただきたい。今後のバージョンアップを期待します。

    どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?
    電子印鑑を使うことで在宅ワークの際に、押印した電子ファイルを職場へ送ることが出来ました。使い方も簡単でオススメです。

  • >かなりの古参の方いますが、今まで一度も利確せずにいるんだとしたら持ちすぎですよね。
    >いつ利確するの?持ち過ぎてると利確のタイミング逃しますよ

    多分 私が利確に走ったら株価は大きく↓になりますが、私は株価が千円台の時も、1万円台の時も売却はしません。なぜなら先の繁栄を願う真のステークホルダーだからです。

    現時点では株式の売却益より、配当の方が生活の重要な収入源であるからです。

    昨年(一昨年?)の法改正により、株式は現金同等に扱われ、没後の相続は株式の物納が容易になったので、売却は全く考えていません。

  • 辛い時は、来年のICチップの量販を思い出して下さい。

    相場の敵は、自分の弱い心理です。

  • 最近、機関がカラ売を大きく増やしており、買戻しの為の仕掛けでしょう。

  • 2020 11月16日 byクリスティーン・ホートン
    https://www.thinkdigitalpartners.com/news/2020/11/16/globalsign-talks-importance-of-partners/

    世界的なパンデミックに対応して企業が直面している課題は予想外でしたが、COVID以前の状況に戻る可能性はほとんどありません。GlobalSignは、こうした新しいアイデンティティとセキュリティのニーズを満たすために、エコシステムを拡大し、2020年の経過後に顧客に利益をもたらす革新的なソリューションに協力するチャネルパートナーを探しています。

    中略

    GlobalSignパートナープログラムの機能には、トレーニング、サポート、ビジネスプランニング、および取引登録、リード生成、マーケティングサービス、セールスイネーブルメントなどがあります。認証局は最近、6つのパートナープログラムのそれぞれに合わせた情報を提供する新しいマイクロサイトを立ち上げました。

本文はここまでです このページの先頭へ