ここから本文です

投稿コメント一覧 (3409コメント)

  • 「火の無い所に煙は立たぬ」

    煙(株価の動き)は見えているのだが、火(核心材料)が見えない。

  • 「陰の極」とは、相場が下げ続け、これ以上 下げようがない水準の状態。
    人気がなくなり、これ以上下げようがないといった状態まで株価が下がり、売買高も極端に少なくなった状態を言います。

  • 一昨日、異変に気付き 千トビ台で再度参入しました。

    相場的には少し調整が欲しく、その調整を待って もう少し買い増したいところです。

    四季報の文言の中で、↓特に「研究開発機能をグループで育成」が気になります。

    ◎商社・製造・メンテに加え研究開発機能をグループで育成、メーカーへの提案力を一段強化。

    発行株数は300万株弱、浮動株は75万株と、業績の変化でPERや株価に大きく反映するので、一旦 業界が上向けば、今回の受託製造部門の増強や研究開発の成果が大相場の肝となるでしょう。

  • 現在は「陰の極」ですね。

    さあ、どう転ぶか、、、

  • >>No. 479

    本発明はこのような課題を解決するためになされたものであり、高価な真空凍結乾燥装置を必要とせず安価に製造でき、かつ長期間保存できる移植材料の製造方法を提供することを目的とする。

  • UBSの141.800株のカラ売り残は、たぶん社長の借金返済の売切りと読んでいるので無視しています。

    しかし以前の、モルガン、ドイツBK、ゴールドマン、ノムラのカラ売り 約45万株は返済され、後発に参入したシティだけが 112.200株をカラ売りしています。

    本来なれば、将来的に魅力がなければ、群がって来ますが、そうではありません。

    株式市場の外部環境は改善しており、もう少しの辛抱ですが、その一寸先が勝敗の分かれ目となります。

    売りたい方は早く売って下さい。


    毎回、少々の枚数ですが、微力ながら着実に沈めています。

    沈めた玉は当分門外不出です。

    それと、クラウド本体の将来像は、御指摘と通り「電子契約サービス Agree」と「ハカルAI」が主体となります。

  • UBSの141.800株のカラ売り残は、たぶん社長の借金返済の売切りと読んでいるので無視しています。

    しかし以前の、モルガン、ドイツBK、ゴールドマン、ノムラのカラ売り 約45万株は返済され、後発に参入したシティだけが 112.200株をカラ売りしています。

    本来なれば、将来的に魅力がなければ、機関がカラ売りに群がって来ますが、そうではありません。

    株式市場の外部環境は改善しており、もう少しの辛抱ですが、その一寸先が勝敗の分かれ目となります。

    売りたい方は早く売って下さい。

    毎回、少々の枚数ですが、微力ながら着実に沈めています。

    沈めた玉は当分門外不出です。

  • グローバルサインのS/MIME採用に関し、九電は単発、Sanminaは他社への連鎖効果の違いでしょうか、、、いずれも3Q、4Qの業績に寄与しますがSanminaの方が重要です。

    こんなのは序の口です。

    SBがなぜARMを性急にM&Aしたのか?、それはSBがARMのM&Aより半年ほど前にインフニィオンがグローバルサインとの実証実験でICチップに電子証明書を組み込む事に成功したので焦ったのです。

    そして膨大なデーター保有が世界を制覇する事に熟知した孫氏は、いち早くトレジャーデータも買収しています。

    しかし、孫氏の青写真通りにコトが進むか如何か、それは予期しなかった米中の関係等を鑑みれば二者択一を迫られ頓挫するかも知れません。

    しかし、グローバルサインは、個別企業との縛りはしておらず、今後 超ド級の企業が接近してくるかも知れません。

    世界の進む方向は概ね一致していますが、グローバルサインが どの道を通るか不定です。

  • >>No. 322

    企業の機密情報漏洩は、一企業の損失ではなく、国の損失ですから、防止の為、総務省が暗号化を義務化すると思っています。

  • 2019年10月15日
    GMO GlobalSignは、グローバル認証局(CA)であり、モノのインターネット(IoT)のIDおよびセキュリティソリューションのリーディングプロバイダーであることが本日発表されました。主要な統合製造ソリューションプロバイダーであるSanminaが、すべての送信メールにデジタル署名できるようにします。

    フィッシング攻撃やその他のセキュリティ問題が世界的に増加し続ける中、Sanminaは、Gmail内の25,000人の従業員アカウントのすべての内部通信を暗号化し、電子メールにデジタル署名するために、GlobalSign S / MIME証明書をITセキュリティプログラムに追加しました。 GlobalSignと連携することにより、Sanminaは既にS / MIMEを実装している顧客との間でGmailメールを暗号化することもできました。

    Sanminaは、世界で最も複雑で革新的な光学、電子、機械製品のいくつかを設計、製造、修理し、OEMにエンドツーエンドの設計、製造、物流ソリューションを提供します。

    「GlobalSignを電子メールシステムに統合することで、サンミーナは電子メール通信の業界をリードするセキュリティを提供し、フィッシングやソーシャルエンジニアリング攻撃に先んじる能力を強化します」とSanminaの情報セキュリティ担当副社長、マットラムバーグは述べました。 「GSuite内でS / MIMEが最近利用可能になったことで、GlobalSignでこれらの改善を行う機会が得られ、従業員、顧客、およびサプライヤがさらに安全に通信できるようになりました。」

    Sanminaは、世界的な電子機器製造サービス(EMS)市場で最も急速に成長しているセグメントにサービスを提供する大手統合製造ソリューションプロバイダーです。 テクノロジーリーダーとして認められているSanminaは、エンドツーエンドの製造ソリューションを提供し、主に通信ネットワーク、ストレージ、産業、防衛、医療、自動車、およびエネルギー産業のOEMに優れた品質とサポートを提供します。 サンミナには、世界中の主要地域に戦略的に配置された施設があります。

  • 太陽日酸と三菱田辺を吸収合併してこそ、世界の三菱ケミカルとしての存在感が生まれる。

    お荷物の三菱田辺も、ミューズが上市した段階で販路に欠かせない力を発揮出来るだろう。

    近況を鑑みれば、全て良い方向に進んでいる。

    年内に四桁挑戦も視野に入って来ましたね。

  • >>No. 313

    徳田新之助さん、なかなかユーモアの有る方ですね。頼もしいです。

    徳田新之助ー貧乏旗本の三男坊・徳田新之助という名前だが、その正体は徳川 八代目将軍である。皆からは「新さん」と呼ばれて慕われている。爽やかな好青年な為、女性からモテる。

    あ、それとnioさんを嘘つきとは誰も思ってないです、文面と流れを読めば、多分勘違い、人違いの様に思います。

    最近 IOTのセクターは売優勢となっており、どうしても下げたい(売りたい)勢力が有るようですが、必ず裏返しがあると思います。

    社長がこの場に及んで、気が引けたか、フィスコのインタビューで語っています。

    今 進めている北米での案件の一つは、昨年 11月に発表したLongview社及びIntrinsic ID社との協業を社長が暗に指摘しています。

    今後の展開に注目です。

  • >>No. 68

    経営の根幹に関わる事案ですので、ガセでは済まされないでしょう。

  • >>No. 56

    株式交換方式なら、ここの株価を↑にもって行くのが得策です。

  • >田辺三菱製薬と太陽日酸の出資解消をどうするのか?

    多分、両社とも吸収されると思いますよ。

    一機に発表すれば、市場の動揺やインサイダーも疑われるので、地ならしの為、今後も随時小出しするでしょう。

  • >>No. 301

    >アルファ テクノロジーズ と グローバルサインのコラボ、少し期待ですね。

    なかなか気付いてくれませんね。

  • 本日で全て損切完了しました。

    皆様の御武運を祈ります。

  • アルファ テクノロジーズ と グローバルサインのコラボ、少し期待ですね。

    キーワード ↓

    「 Alpha Technologies  GlobalSign 」

  • >>No. 268

    現状の商いは、概ね機関同士の商いの繰り返しですが、それも実商いか疑わしい状態です。

    要は、個人を損切、振り落とす為に株価を操縦しているのです。

    主な売り方機関はシテイで、社長貸株のUBSは、動きなく除外としています。

    買い方機関は、レオスとみずほです。アセット投信等は除外です。

    その「みずほ」ですら、数か月前、僅かですが貸株の報告が見られました。

    足元の業績が如何であれ、相場はあくまで需給ですので仕方有りません。

    とは言っても業績と需給の相関関係は最終的には不動ですので、気長に現物投資に限ります。

  • ◎「2785円抜け」

    売り方機関と買い方機関は、同床異夢状態ですね。

    どちらも今は、2785円は抜けて欲しく無い様ですね。

    カラ売機関は、抜けを絶対に阻止しなければならない。

    買い方機関は、もっと仕込みたいが故に、今抜けを阻止しなければならない。

    どちらが優勢かは解りませんが、個人が試されています。

本文はここまでです このページの先頭へ