ここから本文です

投稿コメント一覧 (31コメント)

  • まさか今日に限って寄り付きでロスカットした、スットコドッコイはいないよな?

  • 素人のフグやんです。
    予定どおり打診買い。

    3200 LCでexitは未定。

    誰かの爆上げ想定内に期待します w

  • >>No. 387

    知らんし、そんなものが有効な株価対策になると思わない。
    会社は本業専念して、リリースした通りの内容で粛々と自社株買いをすれば良い。

    さて、今日明日は絶好の買い場が来そうで楽しみ。個人は買う機会を待てるのが強みだね。

    さて、ヘッジファンドとやらはどこまで売り崩してくれるかな?-3.0%以上だと嬉しい!!

  • ネタですか?踏み上げ誘発のためJALに追加の自社株買いを「皆で」要求とかもう投資家とは思えない発想。

    売り手がヘッジファンドなのか、大口個人なのか、分かるわけないだろう。色は付いていないから。なぜ分かるか、推論でいいから説明してほしい。
    買い手にも売り手にもヘッジファンドもいるのは当たり前だが、そんなに気になるか?
    基本は歩み値と日中出来高の推移を見てこれまでの経験から判断。

    先週、1Q決算の失望売りと市場全体のセンチメント悪化が主因とみたから、一旦撤退した。
    今日は後場アク抜け感も感じたから、明日も大幅に下がるようなら打診買いはしてみたい。

    誰か知らないが大口買いが入って暴騰とか、何のホワイトナイトだよ。
    少し上がってから後付けでフォローするニュースが出て、第二、第三の上げがくるのが常。
    大口が動いてるのに、大量保有報告出ないのは何故?

    さて、そろそろ自社株買い結果のリリース出るかな。

  • >>No. 346

    というか、言う方も言われる方も、「現渡し」すら知らないのか。。。

    信用売りもヘッジファンド売りも、事実かどうか分からないが、仕掛け的な売りなら買い方は喜ばないと。
    評価以上の大バーゲンなんだから。
    なぜ経営批判になるのか、分からん。

    明日もバーゲン期待。3200下回ったら少し買ってみる。

  • >>No. 325

    >>JALは空売りに空売りしてきて売り抑えつけての差も含んでのこと
    >>JALに魅惑、思惑の強い株は機関投資家は空売り仕掛けてきます
    あなたのこういう主張には、裏付けや推論がないのですよ。機関投資家が具体的にどういう動きをしているのかな?
    こうだったらいいなという、思い込み。

    私の考えるANAとJALの株価の差は、結果論になるが、大方予想に反してのHNL線の成功にヒントがあると思う。
    圧倒的な供給量で、需給バランスが崩れると思ったA380のHNL線への投入が、搭乗率だけで評価すれば2社とも90%越え。
    いわば、需要喚起が成功したわけだが、この場合、リスクをとって市場を取りに行ったANAの評価が上。
    そういった攻めの姿勢が今の株価には反映されているのではないかな?

    長期的には、両社とも羽田空域拡大による供給増への先行投資が1Q決算を圧迫したわけだが、そのスタンスが全く異なる。
    ANAの1Q経営環境評価
    「企業収益が高い水準で底堅く推移し雇用環境の改善が続く中、個人消費の持ち直しが見られる等、景気は緩やかに回復しました」
    JALの1Q経営環境評価
    「米中貿易摩擦の影響等により企業業績の先行き不透明感が広がる中、日本経済も力強さを欠く状況となりました」

    似たような企業間での景気に対するスタンスの差も、長期的投資行動を変化させる要因となりえます。
    株式においては守り=下げ、攻撃=成功したら上げ、失敗したら下げ で守りに入ったらずるずると下げるばかりで、短期的には言ったもん勝ち。
    JALが数字で結果を示すまで、ANA優勢は変わらないと思います。

    あと、私は売りあおりではありません。何度か撤退していますが、現物買いポジションです。
    このところの下げで、水準的にはエントリーしてもよいところに来ていますが、反転を確認してからでまったく遅くないのと、航空株にはリスク大の地政学的なリスクがあちこちにくすぶっているので、これも様子見です。
    JALは自社株買いによる株主利益向上が顕著なので、長期保有向きです。長期保有はエントリーが重要。今の市場センチメントでは到底エントリーできません。

  • あと、ここらでどこかの証券会社が、買い奨励、目標株価3400円とかしれーっと出してくるのよ。モメンタムがどうのこうの、後付けの理由つけてね。

  • 指標面でもPER10、利回り3.5%で割安でもないのだけどね。

    いつかは上がるからと損切りもせずホールドして、いつのまにかいなくなった投資家って、発言内容が同じなんだよなぁ。

    誰とは言わないが。

  • >>No. 216

    空売りがなければ買いたい値段で買えない買い方もいるわけで。想像力が欠落しすぎてませんか?

    もー、オモロイくらいに高値掴みのボヤキばかりだな。

  • >>No. 199

    おいおい、日航は今日年初来安値だよ?
    1日の値動きだけ見て他には目を瞑りますか。
    そこまで盲目的になれるのはある意味感心。

    まさに木を見て森を見ずとはこのことだな。

  • >>No. 185

    利益を上げる投資家の大半は損切りラインを意識する。
    以下想像。
    ここで騒いでいる人たちは、目標株価4200円か何か知らないが、将来達成するまで持ち続ける人ばかり。
    フツーの人なら3800のbox下限割った時に一度撤退するんだけどね。
    多分4000近辺で高値掴みで損切りもせず、うだうだ買い煽りの書き込みしないと精神的に落ち着かないのでしょうね。

    まあ暇つぶしに反論してあげればいいかと。

  • >>No. 158

    あなたは1Q 1700億円の黒字という表現が好きなようですが、勘違いも甚だしいと思います。

    1Qの営業利益は前年同期比15.6%減の210億です。

    短信くらい読めるようになってくださいね。

  • >>No. 141

    この掲示板にまともな人がいて安心した。
    まー、おかしな奴ばかりですわ
    数億円で売り崩し
    貸借倍率が改善しない限り絶望的
    Y!の掲示板書き込みが株価に影響与える

    どれも噴飯ものですが。

    大局的に今は先行き不透明感が強く、成長企業とは言い難いJALには手を出さない方が良いよ。

    リーマンショック前のパリバ騒動の頃に漂う空気が似ている。

    空運株は下がりきったところで日経さげても強いから、買いたい人はもーちょっと待ったら良いと思うよ。
    ホルダーはまず3400で損切って、3000で拾うとよいと思うな!

    おれは3420で買ったのを、決算後3370で損切りしたよ〜 先行き良くない!

  • >>No. 117

    あなた自分では気づいていないけど、色眼鏡で物事見ているのはあなたでしょ。こちらが引用したのは、ニュースからの幹部発言の引用。

    それを古いニュースじゃないのと疑ってみせたのは誰だったか。都合の悪いニュースは信じようとしないのは勝手だけれども。
    まあ、ニュースぐらいはきっちり目を通しておきなさいということです。

  • >>No. 115

    7/31の取締役専務執行役員の発言だよ。
    IRみたらわかる情報ばかりネットで拾うんではなくて、ちょっとした発言の裏側から真意を拾うということを言ったまで。

  • 「相対的に申し上げると、国際旅客・国際貨物の需要が力強さを欠いている」と指摘。「第2・四半期以降、十分に動向は注意しないといけない」と語った。

    ここ数日の数あるJALのニュースの中でも、わたしはこれに注目。
    幹部のこういう発言を見ても、この先楽観的に4000円回復すると思う?
    総括で、国内線は伸びているので、年初目標を達成できると言いながら、本音がポロリのパターン。1Q進捗率13%から国内線で弱含みの国際線のフォローして、どこまで伸ばせるのかな?

    売り上げ高利益率が非常に低い業種なので、JALのように守りの会社は株価も大きく伸びないのは明らか。JALの下げがANAにくらべ大きいのは、攻めて拡大する姿勢が見えないから。

  • 信用倍率はその規模によるでしょう。ここは高々120万株。
    今日の大引けの数分の出来高は40万株。
    それで20円動かすのが精一杯ですから、買い残など無視できるレベルです。

  • 1Q業績はアナリスト予想の26%下なので、3100ぐらいが妥当なところと予測。もともと目標株価がありえない高値だから、3400から26%下は行き過ぎだとは思う。
    でも地合いが悪いから、最大瞬間風速で3000割れもあるかもね。

    とにかく、搭乗率、旅客数が伸びても、コストオーバーすると利益が軽く飛んでいく航空業界特有の決算内容でしたね。
    2Qからは企業業績悪化要因が加味されるから、ますます厳しくなる。通気見通し変更なしの理由が知りたい。

  • 決算、ほれ見いせーって感じやね
    銘柄にほれたらダメよっ

  • 株価は1Q決算ではなくてこの先数年の航空需要を織り込んでいると思いますよ。
    景気が冷え込んで削られるのが人の往来。貨物も減ります。先行的に航空株が値下がりする局面は、過去何度も繰り返された光景です。
    インバウンドとか、オリンピックとかそういうキーワードで楽観的になる前に、7月に入ってからの製造業の業績悪化を素直に評価すべきと思うけれど。

本文はここまでです このページの先頭へ