ここから本文です

投稿コメント一覧 (57コメント)

  • やばいよ。
    早く逃げて。

  • PTS2495円で買うやつの気がしれん。
    予想PER25.5だぞ。
    ばか高い。

  • なんか情報漏れてる?

  • 一旦、調整っぽいね。

  • 【材料】 ローツェの上値追い鮮烈、今期業績大幅増額に加え来期も高成長継続期待

    ローツェ<6323>の上値追い鮮烈、一時160円高の2695円まで買われ、新値街道復帰をうかがう展開にある。同社はウエハー搬送装置などを手掛けており、世界的に好調な半導体設備投資需要を捉えている。17年2月期の連結売上高は207億1100万円から247億300万円(前期比23.9%増)へ、営業利益を39億6600万円から47億300万円(同60.1%増)へ大幅上方修正しているが、18年2月期についても、同社の韓国子会社が日本円にして約90億円の製品を一括受注し、これが計上される見通しにあることから高成長トレンドが継続するとの見方が強い。

     また、独自技術を生かして細胞自動培養装置を製造しており、市場では再生医療関連の一角としてもテーマ性を見出している。再生医療分野は周辺機器を含め2030年には10兆円を超える市場規模に成長すると試算されており、同社の中長期的な成長期待につながっている。

    出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

  • No.358

    やばい。

    2017/02/10 12:32

    これジェットコースターのパターンだぞ。

  • 子会社の特別損失を計上してこの数字には驚きました。
    どこまで上がるのか楽しみです。

  • No.66

    あらら

    2017/02/08 14:57

    ユーフォーさんは買い遅れたのかな。

  • 2017/02/03 12:39

    2070円で待ってたのに、買わせろ。

  • 日経がやばそうなので一旦利確しました。

  • ローツェ は10日、17年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結決算を発表した。売上高162億9600万円(前年同期比28.3%増)、経常利益33億3600万円(同92.5%増)と大幅な増収増益を達成した。通期予想の経常利益39億7900万円に対する進捗率は83.8%に達している。上半期決算時に上方修正した通期予想のさらなる上振れが想定される。主力製品であるウエハ搬送機の販売好調が継続していることが好業績の背景になっている。

  • No.826

    おおっ

    2017/01/23 12:37

    これは2300円はいきそうな気配だぞ。

  • 再生医療関連銘柄 ビックウェーブ到来か?

    ここでローツェがとりあげられてます。

    http://kabu-fighter.com/2017/01/13/%E5%86%8D%E7%94%9F%E5%8C%BB%E7%99%82%E9%96%A2%E9%80%A3%E9%8A%98%E6%9F%84/

  • 再生医療関連銘柄 ビックウェーブ到来か?

    ここでローツェがとりあげられてます。

    E7%94%9F%E5%8C%BB%E7%99%82%E9%96%A2%E9%80%A3%E9%8A%98%E6%9F%84/

  • No.711

    楽しみ。

    2017/01/16 09:45

    俺も2150円で拾えました。2500円くらいまでは期待してます。

  • No.627

    これは

    2017/01/13 12:31

    これ暴騰するぞ。

  • ローツェが受注急回復―バイオ・ゲノム関連も強化、9-11月期は営業益74%増 <6323.T>


    半導体用ウエハーや液晶ガラス基板の搬送装置を手掛けるローツェ<6323.T>の17年2月期9-11月の受注高が82億円(前年同期比3.0倍)と急回復している。受注後ずれの影響から、6-8月の受注が33億円(同68%減)と伸び悩んでいたが、受注回復により同社への見直し買いが強まりそうだ。

     9-11月の受注高は、大型案件が集中した前期6-8月の103億円(前年同期比3.4倍)以来の高水準。ウエハー輸送機の好調が続いたほか、ディスプレー製造装置向けのガラス基板搬送機も売上を伸ばしている。

     9-11月の連結営業利益は13.7億円(前年同期比74.4%増)と大幅増益で着地。第3四半期累計の営業利益は、通期予想の39.7億円(前期比35.0%増)に対して9割近い進ちょく率となっており、通期予想の上ブレ期待が高まっている。また、注力する再生医療などのバイオ・ゲノム関連事業でも関連会社の完全子会社化で強化を図っており、注目材料となりそうだ。


    株式新聞ニュース

  • サムスンがV字回復 半導体けん引で営業益は約3年ぶり高水準

    【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子は6日、昨年10~12月期の本業のもうけを示す営業利益が前年同期比49.8%増の9兆2000億ウォン(約8980億円)になる見通しだと発表した。9兆ウォン台を記録するのは2013年7~9月期(10兆1600億ウォン)以来。

     営業利益はスマートフォン「ギャラクシーノート7」の回収・無償交換による損失を反映した昨年7~9月期に5兆2000億ウォン台に落ち込んだが、10~12月期は前期比76.9%増加した。

     市場予想の平均(8兆2000億ウォン)も1兆ウォン上回った。市場はサムスン電子がギャラクシーノート7の生産・販売打ち切りのショックから立ち直り、V字回復に成功したと評価する。ドル高ウォン安も業績を押し上げた。サムスン電子の好調は続き、今年1~3月期には営業利益が10兆ウォンを超え過去最高を更新するとの見方も出ている。

     昨年通期の営業利益は29兆2200億ウォンで、前年比10.6%増加した。2013年(36兆7900億ウォン)に次いで過去2番目の高さとなった。

     売上高は昨年10~12月期が前年同期比0.6%減の53兆ウォン、通期は201兆5400億ウォンで前年比0.4%のプラスに転じた。

     昨年10~12月期の部門別の営業利益をみると、半導体部門が4兆5000億~5兆ウォンで、四半期別で過去最高だった2015年7~9月期(3兆6600億ウォン)を大きく上回る見通しだ。スマートフォン事業を担当するIM(ITモバイル)部門が2兆ウォン台、ディスプレー部門と消費者家電(CE)部門がそれぞれ1兆ウォン程度と予想される。

     営業利益増をけん引した半導体部門の場合、モバイル向け半導体メモリーの需要急増に伴う単価上昇が大きい。また、18ナノメートルプロセスのDRAMと48層の積層構造の「V―NAND」型フラッシュメモリーを量産し、競合他社との技術力の格差を維持した。

     ディスプレー部門は液晶パネルの価格上昇が収益性の向上につながった。IM部門ではギャラクシーノート7の生産打ち切りの一方で、主力スマホ「ギャラクシーS7」が善戦し、そのほかの価格帯のモデルも販売が好調だった。

     部門別の業績は今月末に確定値が発表される。 


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170106-00000036-yonh-kr

  • No.366

    おっ〜

    2016/11/16 09:56

    なんかよう分からんけど来たぞ。

  • >ワシは来月の上旬のCNFの展示会で急騰するとみているやん

    これですね↓
    星光PMCも出展するみたいで経済産業省、農林水産省、環境省、文部科学省などが後援する
    みたいなので楽しみです。テレビや新聞で取り上げられて株価が上がってくれればいいですね。

    https://unit.aist.go.jp/rpd-mc/ncf/eventAll/eventAll_tenjikai.html

本文はここまでです このページの先頭へ