IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2702コメント)

  • おはようございます。

    ランドは6.45あたりかな。

    日足ではやや上昇。

    全体的には経済再開による買い戻しが継続。
    ただし、過熱感から株価は上げしぶってきたかな。
    それとは別に欧州中銀は70兆円規模の追加緩和を発表、ユーロが為替を牽引した。
    新興国通貨も好調ではあったが、ADP雇用統計を境に対ドルで苦戦してきている。
    円安に助けられている側面が強いので、調整される可能性が高い。

    今日も雇用統計に注目。

    週末であるため、ポジション調整推奨。

    中国株価は横ばい、2900台。

    原油はやや上昇、37ドル台。

  • おはようございます。

    ランドは6.42あたりかな。

    日足では8銭ほどの上昇。

    全体的には経済再開によるリスクオンとアメリカの指標が上振れたことでドル円クロス円は続騰。
    ランドも連れ高。

    今日は南アフリカの四半期経常収支に注目。
    とは言っても既にムーディーズから格下げされているので、割と指標はスルーされそう。

    中国株価は横ばい、2900台。

    原油はやや下落、36ドル台。

  • おはようございます。

    ランドは6.33あたりかな。

    日足では15銭の上昇。

    全体的には経済再開による買い戻しが圧倒的に優勢。米中対立やアメリカのデモによるマイナス要因を一蹴。
    ドル円クロス円は大きく上昇、ランドも連れ高。

    みなさん、おめでとうございます。

    ランドについてはまだまだ波乱要因はありますが、現在はまだ低金利の状況。
    経済回復とともに先々は多少金利を戻すと思われるので、上昇余地は十分ありますね。

    今日はADP雇用統計、ISM非製造業が材料。

    中国株価はわずかに上昇、2900台。

    原油は大きく上昇、36ドル台。

  • おはようございます。

    ランドは6.19あたりかな。

    日足では強めに上昇。

    全体的には昨日から経済再開をした国が多く、アメリカを除き、買い戻し優勢。
    米中対立やアメリカのデモによるマイナス要因を打ち負かした形。
    また、経済再開をした国の中には、コロナ感染拡大中の国が多数含まれており、世界的に経済優先とする動きが見て取れる。

    今日は経済再開による買い戻し一巡後で、持続するか否かが焦点。

    中国株価は大きく上昇、2900台。

    原油はやや上昇、35ドル台。

  • 南アフリカ、タバコの販売禁止延長をめぐり、イギリスと日本のタバコ会社から法的措置を受ける見通し。

  • おはようございます


    ランドは6.13あたりかな。

    先週末と同水準のスタート。

    全体的には米中冷戦にらみも、経済再開に対する戻しが優勢。

    今週は雇用統計に注目。

    では今週も頑張りましょう。

  • おはようございます。

    ランドは6.14あたりかな。

    日足ではやや下落。

    全体的には経済再開に対する買い戻しがやや優勢だったが、引けにかけてはトランプの記者会見を前にリスクオフに傾斜といったところ。
    ランドも比例した動き。

    今日はトランプの記者会見までは上値の重い展開になる見通し。

    南アフリカは財政収支、貿易収支が発表予定。

    月末、週末であるためポジション調整推奨。

    中国株価はやや上昇、2800台。

    原油はやや上昇、33ドル台。

  • おはようございます。

    ランドは6.19あたりかな。

    日足ではやや上昇。

    全体的には経済再開によりリスクオンが継続して、円売り優勢。
    他方、中国の国家安全法成立を控え、新興国通貨は軟調だった。

    今日も香港情勢には引き続き警戒。

    その他の材料としてアメリカの四半期GDP改定値が発表予定。

    中国株価はやや下落、2800台。

    原油は大きく下落、31ドル台。

  • おはようございます。

    ランドは6.17あたりかな。

    日足では7銭ほどの上昇。

    全体的にはややリスクオン気味。
    日本の非常事態宣言が解除されたことは、大きかったようで、円売りが持続し、新興国通貨を中心に強く上昇。
    特にメキシコでトヨタの工場再開を検討していることが伝わり、ペソは10銭以上上げた。

    今日は国家安全法関連で香港情勢に注意。

    中国株価は強めの上昇、2800台。

    原油は小幅上昇、34ドル台。

  • おはようございます。

    ランドは6.10あたりかな。

    日足では横ばいかわずかに下落。

    全体的にはアメリカ休場による小動き。
    新興国通貨は小動きの中でも、多少明暗が分かれた感じで、中国の影響を受けやすい国の通貨はちょっと軟調気味。
    香港情勢と元安が嫌われている原因かな。
    ランドも軟調気味で円安に救われた印象。

    中国株価は横ばい、2800台。

    原油はやや上昇、33ドル台。

  • おはようございます。

    ランドは6.10あたりかな。

    先週末と同水準でのスタート。

    今日はアメリカが休場。
    為替は小動きかな。

    今週は経済再開の動きと香港をめぐる対中圧力との綱引きか。

    では今週も頑張りましょう。

  • おはようございます。

    ランドは6.11あたりかな。

    日足では10銭強の上昇。

    全体的には米中摩擦懸念と日銀会合を控えたでややリスクオフ。
    一方、経済再開が比較的順調に進展していることで、原油、新興国通貨買い戻しの動き。
    為替全般としてはやや円高ではあったが、新興国通貨高の買い戻しが際立った。

    南アフリカは政策金利を0.5ポイント引き下げたが、来年のGDP予測を上方修正。
    ランドは大きく上昇した。

    今日は日銀会合に要注目。

    週末であるため、ポジション調整推奨。

    中国株価はやや下落、2800台。

    原油はやや上昇、34ドル台。

  • おはようございます。

    ランドは5.99あたりかな。

    日足では10銭以上の上昇。

    全体的にはワクチンへの期待が継続、FOMCではQEによるバラまき的な金融緩和に言及。
    これにより円安、ドル安が進展。
    ランドや新興国通貨は大きく上昇。

    新興国通貨の中でもランドは強かったかな。
    ランド神の子不思議な子みたいな。

    今日は南アフリカの政策金利発表があります。
    0.5ポイントの利下げが市場予想で、ある程度織り込まれているので、現状維持となった場合はサプライズ。

    中国株価はやや下落、2800台。

    原油は強く上昇、33ドル台。

  • おはようございます。

    ランドは5.88あたりかな。

    日足では4銭ほど上昇。

    全体的にはワクチンへの期待が継続したこと、日銀の会合が週末に行なわれると発表があったことなどで円安が進展。
    夜間はダウの利確売りに押され新興国通貨がやや売られた。

    本日はFOMCが予定されている。
    ただし、直前にパウエル議長が低金利維持など、既にネタ出ししているので、極端なサプライズはない見込み。

    皆アフリカは明日が政策金利発表。
    市場予想は0.5ポイントの利下げ。
    こちらはある程度織り込まれているので、現状維持になった場合はサプライズとなる。

    中国株価は強めの上昇、2800台。

    原油はやや下落、31ドル台。

  • おはようございます。

    ランドは5.84あたりかな。

    日足では8銭ほどの上昇。

    全体的にはワクチンへの期待から、米中対立を抑え、原油、株価が強く上昇。
    為替も一時的に全面安となった。
    ランドも連れ高。

    中国株価はわずかに上昇、2800台。
    原油は大きく上昇、32ドル台。

  • おはようございます。

    ランドは5.76あたりかな。

    先週末と同水準のスタート。

    今週はFOMCがありますが、本日8時頃からパウエル議長の発言が予定されています。
    為替変動には注意。

    では今週も頑張りましょう。

  • おはようございます。

    ランドは5.80あたりかな。

    日足ではやや上昇。

    全体的には経済回復への期待と長期化懸念のもみ合いをベースに米中対立、アメリカの経済対策への期待などが材料となっている。
    直近でダウが続落した反動もあり、昨夜はダウ反発し、クロス円は円安に傾いた。
    ランドはトランプ発言の下落を全戻し。

    引き続き、いつ下がるかよりもいつ上がるかの方が強い。

    今日はアメリカの小売が材料。

    週末であるためポジション調整推奨。

    中国株価は強めの下落、2800台。

    原油は強く上昇、27ドル台。

  • おはようございます。

    ランドは5.78あたりかな。

    日足ではやや下落。

    全体的には経済再開への期待と経済回復に時間がかかりそうとの思惑がぶつかり合っている展開。
    為替も方向感無く、レンジ内で小動きといったところでしょうか。
    ランドはダウ下落に伴なう円買いの影響でやや下落した。

    ランドは引き続き、いつ下がるかよりもいつ上がるかの方が強い。

    今日は特に注目する指標はなし。

    中国株価はわずかに上昇、2800台。

    原油は横ばい、25ドル台。

  • おはようございます。

    ランドは5.81あたりかな。

    日足では3銭ほどの下落。

    全体的には経済再開への期待が一服し、第二波への警戒感とニュースは報じているが、後者の割合は低いだろうね。
    レムデシビルやらアビガンやら出回るので。
    ということで、経済立て直しに時間がかかりそうという理由で過度なリスクオンが抑制されているということで調整の下げ。
    為替的にはアメリカのマイナス金利が台頭してきたことで、新興国通貨が一時的に急騰。
    その後はダウ下落に伴なうドル高、円高により下落。

    今日は22時のパウエル議長の発言に大注目。
    マイナス金利に対する見解によって新興国通貨のレートが動きそう。

    ランドは引き続き、いつ下がるかよりもいつ上がるかの方が強い。

    中国株価は横ばい、2800台。

    原油はやや上昇、25ドル台。

  • おはようございます。

    ランドは5.84あたりかな。

    日足では5銭弱の上昇。

    全体的には経済再開への期待からややリスクオン。
    クロス円はやや上昇。

    第二波とかの警戒もあるのでゆっくり回復といったところでしょうか。

    本日はアメリカの消費者物価指数に注目。

    ランドは昨日に続き、いつ下がるかよりもいつ上がるかが強い。

    中国株価は横ばい、2800台。

    原油はやや下落、24ドル台。

新着スレッド

  1. なぜ?
  2. MXNJPY
  3. EURJPY
  4. AUDJPY
  5. USDJPY
本文はここまでです このページの先頭へ