ここから本文です

投稿コメント一覧 (19コメント)

  • >>No. 436

    関連子会社のイフとキュアリサーチ両社から、大脇前社長とその仲間がいなくなりましたね。経緯は分かりませんが、これでグループ全体が新経営陣で経営される方向に舵取りされ、新生五洋インテックスが新しく船出できました。
    あとは、食い荒らされた会社財務の見える化を踏まえた決算発表と、それに対する新経営陣に再建計画を示していただくことが、今後の株価を左右する大きな要因となりますね。

  • ちなみに特別背任罪は、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金です。

  • >>No. 417

    刑法ではありませんが、会社法960条の特別背任罪の可能性があります。
    (以下少し長くなります)

    五洋インテックス社(以降G社)は運転資金として大倉商事(以降O社)から9千万円借り入れ、担保としてG社の子会社キュアリサーチ社(以降C社)の全株(多分2000株)を差し出しました。(当時のG社、O社の代表取締役は大脇前社長、又大脇前社長はC社の取締役)
    4月19日、当借入の返済スケジュール変更のIRがG社から出されましたが、その中には「3.今後の見通し 当該返済スケジュールの変更は、当社の事業活動をより円滑にするものであります。令和2年3月期の連結業績への影響は軽微であり、また、当社の今後の事業活動に支障はない見込みであります」と記載があります。

    特別背任罪とは、一定の権限を有する者(取締役や監査役等)が自己若しくは第三者の利益のため,又は株式会社に損害を加えるために会社の任務に背く行為をし,会社に財産上の損害を加えた場合です。
    上記IRを出した時点では、当借入に対する返済方法・スケジュール変更はG社の事業活動には支障なしとしていますので、現時点G社としては何の瑕疵もないのにも拘らず『子会社を失う』という、G社に対し損害を与えており会社の任務(インバウンド医療事業)に背く行為をし、G社に財産上の損害を加えた、と考えられます。

    以上はあくまで個人的な意見であり、新経営陣がどう対応するか、期待です。

  • キュアリサーチ社の株主が、臨株総会前日の4月27日付で100%大倉商事に変更になってます。
    やっぱり姑息な手段を使いました。
    五洋インテックス社は大倉商事に対し9千万円の借金(返済期間2年)があり、担保としてキュアリサーチ社(資本金1億円)の全株を差し出していましたが、これが実行されたのかも。
    (お得意の)キュアリサーチ社の取締役会で一方的に決められ、前社長に乗っ取られた形になりました。
    五洋インテックス社としてはこの借入金9千万円は返済期間中で、何の瑕疵がないにも拘わらずこういったことをされるとは、法的に認められるのでしょうか?
    最後の最後まで引け際が悪く、どうしようもない前社長です。

    まあこうなったら前社長を法的に訴えるのと同時(これだけではなく他の悪事の数々)に、キュアリサーチ社は切り離して新たにインバウンド医療会社または部門を作った方が良いかも。

  • 大脇前社長の解任は良かったですが、子会社のキュアリサーチ取締役とイフの代表は、そのままなのかな?
    今後の対応が気になります。
    全ての職からの排除が必要かと思います。

  • いよいよ明日になりましたね。
    ダイヤモンド社 田島記者から連絡がありました。
    以下メール内容。
    -------------------------------------------------------------------
    ご指摘、誠にありがとうございます。
    ご指摘の点も踏まえつつ、今後の取材に当たりたいと思います。
    至らない点も多々あると思いますが
    以後、気をつけていきたいと思っております。
    -------------------------------------------------------------------
    このメールでは具体的にACTIONするかどうか不明ですが、
    現時点、訂正記事等はでていません。
    明日ダイヤモンド社も総会に来るんでしょうかね?

    ちなみに文春砲にも当件連絡していますので、明日の総会は
    マスコミ注視で行われると考えられます。
    よって会社側も明日の総会では、これ以上姑息な手は使えないと思います。

    朗報期待しています!!

  • 4月20日に掲示板にダイヤモンドの記事を紹介し、ダイヤモンド社にクレームしましたが、今のところ回答なしです。
    その代わり、今日五洋インテックスから添付のハガキが来ました。
    これが株主の皆様への重要なお知らせ(その二)なんですかね?
    内容はどうであれ、まぁ当件の対応はダイヤモンド社より会社の方が早いですね。
    経営もこういう早い対応だったら・・・。

  • >>No. 124

    >”社長が貸株をして空売りさせた事実が何処にも書かれてない”ダイアモンド社の調査不足ですね。

    先ほどダイヤモンド社に対し、もっとキッチリ調べた上で記事を書くべきであり、少なくとも公表されている以下の事実を確認しないと週刊ダイヤモンドの名が泣き、信頼性を著しく低下させる、記事の撤回又は訂正を強く望む旨、クレームしました。

    1.現社長が社長就任後13期中12期赤字を計上し、責任を取らない 
    2.現社長が個人保有の株を投機筋に貸株して空売りさせ、株価を大きく下げる手助けをした 
    3.一度3月に予定されていた臨時株主総会開催決定を、開催決定発表の一週間後に強引なやり方で中止させた(上場会社とは思えない)

    いずれにせよ、あと一週間で会社の将来と株価の方向が決まります。
    外野の空中戦や会社側の悪あがきも益々エスカレーションしてくるでしょうが、落ち着いて待ちましょう!!

  • >>13698

    会社側からの「委任状撤回通知書」とは、ハガキと先の中期計画が同封され、ハガキには先に出した委任状(対会社側、対株主側)を撤回するという主旨で、宛先が臨株側のみと大脇社長、臨株側連名の2通です。

    これは4月19日にBTホールディングのHPに出された委任状の数を見た結果、委任状を無いものにしたい、という
    どこまでも往生際の悪い事極まりない、ムカつく手紙です。

    124円のハガキ代を含むこの費用、この状況で益々赤字が増えるばかりです!

    即、破り捨てました。

  • 会社側から4月19日に株主の皆様へ重要なお知らせ(その一)という、お知らせが出てますね。
    http://www.goyointex.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2019/04/h31-kabunusinominasama-sono1.pdf

    それに合わせてダイアモンドオンラインに、五洋インテックス社長解任請求の裏で浮上する「乗っ取り疑惑」、という会社側からにリーク記事が4月20日に掲載されました。
    https://diamond.jp/articles/-/200471

    記事は会社側からのお知らせを踏襲した内容で、実名で田久保氏、中島氏と会社側、臨時株主総会招集側(以下、臨株側)との関係を出しています。

    これらを見ると、会社側の今までの対応(田久保氏が関与したとされる不適切な会計処理に対する第三者委員会報告や中島氏との顧問契約、キュアリサーチ事業の縮小等)については、会社経営陣の自分自身の経営ビジョンの無さ・他人への責任転嫁が伺い知れます。こういう経営陣はどんなに新しい計画を出しても性根が変わるわけがありません。(三つ子の魂百まで)

    確かに田久保氏と臨株側の関係が気になります。(上記お知らせや記事が事実であれば)
    私はダイヤモンドの記事で言う一般の株主ですが、言うまでもなく、株主総会後に臨株側が経営権を持った場合、田久保氏との関係を一切断ち切ったうえで再度新経営計画(長期、中期)、再建のための現在の会社の財務分析(含む借入金の24ヶ月分割支払い)を行っていただきたいと希望します。

  • >>836
    >>現経営陣は、直近では元上場企業との業務提携、そして新中期計画、それ以前から、新規事業含めて、戦略的に取り組みを打ち出してきました。まだまだ確信は持てませんが五分五分。投資する価値は十分あり。野球でならば高打率です!

    「強く売りたい」派のご意見ですが、『投資する価値は十分あり』、と書いているのに何故「強く売りたい」なんでしょうか?
    支離滅裂ですね。
    「強く買いたい」派に鞍替えしたんでしょうか?
    また中期計画を実行する上で、それにかかるコストはどう捻出するんでしょうか?
    コスト計画のない中期計画書は、計画書ではありませんし、これを作成したコンサル会社の能力を疑います。

  • 昨日、新東京グループという千葉県松戸市の産廃処理会社と業務提携する、というIRが掲示されました。「双方の取引先での顧客基盤の拡大、再生樹脂を使用したカーテンの開発や廃棄カーテンの再資源化、再資源化した素材から、カーテン商材と親和性の高い新たなインテリア関連プロダクトの共同開発」が目的のようです。
    これを読むと、五洋側には本業で少しメリットがありそうですが、相手側のメリットが見えません。
    このタイミング(経営陣が会社にしがみつくのに必死な状態)での業務提携の発表、裏に何かありそう・・・

  • 今日、ようやく臨時株主総会に関する郵便が会社から来て、あきれて絶句しました。内容を見ると総会の案内ではなく、会社側の委任状でした。
    株は他に数社所有していますが、このような株主総会の案内?は初めてです。(承知していますが)何時から、どこで開催するかの案内がなく、会社側に委任していただきたいという一方的な郵便です。
    このような事を平気でする事自体、本当に上場会社か、と疑います。
    委任状の議決欄には「賛」に〇して返送するつもりはありません。(こんな経営者は「賛」の委任状を捨てる懸念があるため)
    早く株主側からの委任状が来ないかな、と思います。

  • 昨年初から当株を保有していますが、最近の乱高下や当スレッドを利用した売買煽り(特にユーザー表示をころころ変えて売りを煽る輩)に辟易です。
    結局は、昨年末の経営能力がない現経営陣の株主を無視した経営方針と株主提案無視が発端ですので、臨時株主総会でこの会社のかじ取りする人を決めて、新経営陣の経営手腕を見たうえ、株売買はその後で良い、と思います。
    話は単純です。

  • >>335
    訂正
     4月26日 ← 5月26日

  • >>333
    あなたが長文。言っていることとやっていることが支離滅裂。
    少し株価が下がった程度(それも100株や200株で少しづつ下げていく子供めいた方法で)で勝ち誇ったようなコメント!負け犬の遠吠えなんでしょうか?
    いずれ結果は5月26日に明確になるんでしょうね。それまで静かにしていて欲しい。

  • >>300
    貼り付けただけ?
    じゃあ何故消したの?
    何か後ろめたいことがあったからじゃないの!

    >>297
    252番インサイドアウトローwさんは最近ここに入ってきたのであまり知らないと思うけど、yonさんは昨年から五洋インテックスの将来を思って色々コメントされているんですよ!内情詳しいって言っても少し真剣に調べれば誰でもわかる事ですよ。

  • 相変わらず訳が分からない取締役会の決議事項。貸した会社が借りた会社にご丁寧にも返済期限の延長と金利の半額の提案をし、それを借りた会社が取締役会で決定するという、上場企業では考えられない会社。今後の見通しとして、当社の今後の事業活動に支障はない見込み、だと。現在の財務状況も開示せず運転資金の返済ができない会社が事業活動に支障なしとは。どう考えてもおかしい・・・。まさか臨時株主総会前にxxxxするつもり???

  • 一週間前の取締役会での決定事項を一週間後に翻すなんて、上場企業では考えられない会社が、実際にあるんですね!

    中止理由も、全く理解できない内容で、今時の小学生でももう少しマシな理由を考えます。
    中止理由の2 不自然な株価推移の調査に時間を要する、も ビジネスなら当たり前の、「いつまで」も無いし。

    「延期」ではなく「中止」なので、期限も無しでこのままウヤムヤにしたい、と言う考えがミエミエ。

    法的にこういう行為は許されるんですかね!

    一株主として、非常に腹立たしく思います。

本文はここまでです このページの先頭へ