ここから本文です

投稿コメント一覧 (1962コメント)

  • >>No. 597

    チャレンジフライデーとか言うのもあったよね。

  • >>No. 495

    お医者さんが言っています。人間の人生の閉じ方としては、だらだらと訳の分からない病気等を患って閉じるよりも、余命を告げられて生命を閉じる形の生き方の方が、幸せということも言えるそうですよ。

  • >>No. 462

    特にAmazonは、3000㌦へ。

  • >>No. 470

    なんか、このコメントどのように受け止めればいいのか、少し不愉快!

  • 2019/05/25 22:40

    >>No. 464

    PayPal株は、Squareがもたらす競争上の脅威に対処しようとしているにもかかわらず(NYSE:SQ)、目覚しい成長を記録し続けています。 これを推進することは、キャッシュレス社会の高まりであり、より多くのeコマースへの動きです。 これはPayPal株とSquareの株価だけでなく、Visa(NYSE:V)やMasterCard(NYSE:MA)のような支払い処理業者も強化します。

  • 立ち直りかけたと見えたシャープが、今世界を騒がす中国銘柄にどっぷりとなってしまっていることなど、夢にも考えられることではなかっただろうな。

  • 理に適った食事だと言えるのですよ。冬に辛いカレーを食すると、カゼを引いてしまうのです。

  • アナリストによると、小売事業がWalmartではなくAlibabaのように評価されている場合、Amazonは65%急上昇するという。

    成長が続けば、Amazonの株価は今後2年間で65%増の3,000ドルになるだろう、とPiper Jaffrayのアナリストは言う。
    •評価は、アマゾンの小売部門を実店舗ではなく電子商取引会社として評価することによっても推進されています。
    •Amazonがクラウドサービス事業をスピンアウトすることで、残りの事業の価値が浮き彫りになるだろう、とアナリストは述べている。
    •Amazonの見本市をご覧ください。

    ウォールストリートのある会社は、市場がその小売部門を実店舗として評価するのをやめて、代わりにそれを電子商取引として見ると、Amazonの株価は2年以内に65%から3,000ドルに急上昇するかもしれないと言う。

    Piper Jaffrayのシニアアナリスト、Michael Olson氏によると、現在のところ、Walmart、Costco、Home Depotを比較すると、市場はAmazonの膨大な小売セグメントを0.8倍の売上高の「れんが造りのモルタル」で評価しているという。

    市場が電子商取引を複数回適用し始めた場合(2.1倍)、ビジネスの価値は倍以上になり、7,600億ドルになります。この記事によると、これを行うことで、Amazonの小売部門をAlibaba、eBay、およびExpediaと比較することになる。

    Olson氏はまた、自社のクラウド事業であるAmazon Web Servicesを分割することで、評価ギャップを強調する選択肢になる可能性があるとも述べています。 AWSがスピンオフした場合、その取引は5,000億ドル以上になる可能性があり、市場では小売事業の評価にもっと注力する可能性があると彼は言う。

    LyftやPinterestなどのハイテク企業による最近の公募では、それぞれがAWSとの複数年契約に署名していることが明らかにされており、ビジネスに対する収益は数億ドルに達することが保証されています。

    「私たちはAMZN株がこのレベルに達することができるという大きな自信を持っています、大規模な買収や他の重要な事業変更なしに」とオルソンは書きました。 「しかし、AWSのスピンオフの可能性は、間違いなく、他のセグメントの比較的低い評価を強調するのに役立ちます。」

    驚くべきことに、オルソン氏は、レンガとモルタルの倍数を適用したとしても、Amazonは過小評価されていると考えています。これに基づいて、同社は一株当たり2,031ドルの価値があり、これは現在株が取引されている場所に対して10%のプレミアムです。

    Amazonの株価は、Alibabaのような地元のプレーヤーによって支配されている中国市場から大きく撤退したにもかかわらず、貿易の緊張の中で変動しています。

    さらに、同社の事業は、CEOのJeff Bezosの私生活を取り巻くドラマの影響を受けていないようです。彼の離婚の条件の下で、Bezosは夫婦の1,440億ドルの出資の投票管理を維持するでしょう。ジェフは株式の75%を保有し、1,000億ドル以上の価値があります。

    Amazonは現在までに22%アップしています。

  • >>No. 1263

    72才ではなかったかな。まだまだ若い。

  • >>No. 462

    拡大する国際決済サービス

    海外旅行・海外への留学・海外との取引・海外での買い物などを10年・20年の期間でみると進歩し続けています。

    日本国内だけで取引・友人関係・教育が完結した時代から世界中と繋がれる時代へと変わりつつあります。繋がるということは、人と人のつながりに加えて、お金の繋がりも増えてくることになります。

    すでに、外国為替の分野では、世界中でFX取引(外国為替証拠金取引)が、普及し低コスト・高い利便性のもとに取引を行うことができるようになりました。

    海外送金や決済サービスの分野で、より低コスト・高い利便性を持ったサービスの普及が進んでおり、その一つが、「Earthport(アースポート)」です。

  • ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は前日比8.725ポイント(0.1%)高の7637.009で終えた。アナリストが3年以内に株価が6割あまり上昇するとの見方を示したアマゾン・ドット・コムが買われた。

  • Piper Jaffray:Amazonの株価は2年間で3,000ドルになる
    Yahoo Finance Video 5月25日、2019年

    Piper Jaffrayは、2年以内に株式が3000ドルに達するとAmazonは予測している。 Yahoo FinanceのJen Rogers、Myles Udland、そしてInes Ferreがその日の電話について話し合った。

  • PayPalと組み合わせると、VisaとMastercardはデジタル決済市場では実際上使用できないように見えます。価格は、伝統的な価格/収益指標では高価ですが、減速の兆候は見られません。

  • 2019/05/25 04:09

    ビザについて

    Visa Inc.(NYSE:V)は、デジタル決済における世界のリーダーです。私たちの使命は、最も革新的で信頼性の高い安全な決済ネットワークを通じて世界をつなぐことであり、個人、企業、そして経済が繁栄することを可能にします。当社の先進的なグローバル処理ネットワークであるVisaNetは、世界中で安全で信頼できる支払いを提供し、1秒間に65,000以上のトランザクションメッセージを処理することができます。同社のイノベーションへの絶え間ない集中は、あらゆるデバイス、あらゆる場所でのデジタル商取引の急速な成長を促進するきっかけとなります。世界がアナログからデジタルに移行するにつれて、Visaは私たちのブランド、製品、人、ネットワーク、規模を応用して、将来の商取引を再構築しています。詳細については、ビザについて、visa.com/blogおよび@VisaNewsをご覧ください。

  • Amazonは1株当たり$ 3,000を目指している、と強気パイパーは言うJaffray

    Piper Jaffrayのアナリストが2021年半ばから2022年半ばまでにオンライン小売大手の株価が3,000ドルに達すると発表した後、金曜日のプレマーケットで上昇していた。 金曜日のプレマーケット取引では、上昇幅が65%上がり、0.75%増の1,829ドルとなった。 しかし、AWSのスピンオフの可能性は、他のセグメントの比較的低い評価を強調するのに役立つだろう」とアナリスト、Michael Olsonは書いている

  • >>No. 232

    Amazon、ダウ、ナスダック下げた中、健在観を、しっかり表現。

  • >>No. 451

    マスターカードとの争奪戦に勝利したということなんですね。

  • ヤフーファイナンスのサマリーを覗くと、業務進展も多岐にわたり、ポテンシャルはまだまだ健在なのがうかがい知れる。

    株価の進展もそれに伴い、成長するであろうし、EPSが高目とは云え、現在の株価で天井を打っているとも思えない。(2000㌦を超えて行くのも時間の問題か)

    しかし、投資家の誰もが新規で入って来やすい株価とも言えなくのなく、株式分割が行われるときがやってくるかもしれない。最近の株式分割は何時ごろのことなんだろうか。ご存知の方が居られたら教えて頂きたいです。

  • 貴方は、医者などの特別業ですか?でも、公務員でそのような措置があるなんて?

本文はここまでです このページの先頭へ