ここから本文です

投稿コメント一覧 (95コメント)

  • 戦争が起きれば全面安になりまっせ。
    一段落すれば個別に騰がる銘柄は出てくるでしょうが・・・

  • 近本はレッドの一年目39盗塁を抜きそうですね。

    来年は木浪と一、番コンビで揃って3割が見れそうです。

    近本はレフトにHRも打ったことがあるし、左利きの左バッター特有の押し込みで
    浜風を利用したレフト方向へのHRをもっと打てれば、トリプルスリーも絶対に無理とは言えない。それには逆方向HR名人の掛布のバッティングを参考に、というより教わればよい。
    体格のあまり変わらない真弓氏が34HR打った年もあるのだから、近本にも可能性は充分にある。(ジャンルは違うが炎鵬を見習って・・・・)

  • 最近の選手では金本がいちばん犠牲的精神を払い、チームバッティングをしたのではないか。現役時代にも赤星が、金本さんにだいぶ走らせてもらいましたと言っていましたし、お互い引退してから二人で解説した時にも赤星がその話をして、金本が照れていました。
    いまのタイトルがかかった近本なら、バッターはわざと空振りして捕手の邪魔をしてやるぐらいでないと・・・・

  • メッセンジャー引退会見。
    外国人選手としては異例の引退記者会見を開いた。途中感極まって大粒の涙。
    若手投手達にもあれこれアドバイスを送るなど、いろんな意味でよくやってくれた。本人の都合さえよければ、投手コーチに打診してみてはどうだろう。

  • {新人列伝その一}長嶋茂雄

    .305  30HR(内1本はベース踏み忘れて無効) 92打点 37盗塁

    HR,打点の2冠王 あと少しで3冠王(打率2位、1位との差は僅か) ベース踏み忘れがなければトリプルスリー達成

    100m走11秒台  立ち幅跳び320cm の身体能力

    あらためて新人長嶋茂雄は物凄い新人だったことがわかる。打者の新人としては史上ナンバーワン。よく昔の選手は大したことがないと言う輩がいるが、全体的レベルとしては現代が優秀だが、たまにこういう傑出した人間がいたことも事実。

    ちなみに、公式リーグ戦、オールスター、日本シリーズ等すべての段階で3割以上を打ったのは、日本プロ野球では長嶋ただ一人。

  • 現役打者は藤川球児をどう見ているか、まとめてみました。

    ■(DeNA 筒香) 何というか、特殊なストレートを持っている。噴き上がるストレートというイメージ。
    タイミングが他の投手とは違う。バットを出しても、あれ? という感じになる。すごい投手だと思います。

    ■(ヤクルト 中村) 少しでもボールを見ようと思うと、捕手のミットに到達している。他の投手とは違うものがある。リリースしてからのスピードも力もある。

    ■(阪神 梅野) 自分の状態もいい時はもちろんですけど、悪いときにも抑えている。相手のタイミングを狂わせることができる。
    タイミングを狂わせてファウルを取る。そうやって相手を追い込む形を作れる。
    ただ単に力勝負ということではない。真っすぐも(コースが)偏らない。

    ■(巨人 坂本勇人) 去年も今年もずっと球は強いです。やっぱり、すごいのはキレですよね。それとマウンドでバッターを感じながら投げられているように感じます。

    ■(巨人 丸) やっぱりボールのキレが素晴らしいと思います。

  • >>No. 4188

    球児が頭角を現して来たころ、球宴であの松坂が球児にホップする直球の投げ方を教わっていましたね。球児も松坂も最高速は同じ155キロ、でも圧倒的に球児の速球が素晴らしい。球児、江川、上原らの球は回転数が異常に多いから見た目には浮き上がって見えました。かたやクルーン、大谷らはただ速いだけで棒球。だから空振りをあまり取れませんよね。昔の投手では南海の杉浦がホップしていました。
    球児には体のケアをしっかりやって、来年も抑えで魅せてもらいたいものです。

  • >>No. 4183

    しかし今思うと球児の全盛期は信じられない記録です。
    防御率0.68 0.67というのがあり、46セーブというのもあります。
    現在通算防御率が2点を若干超えており、あと2~3試合ゼロで押さえれば1点台になるそうです。本人ははっきりとそれが目標と言っていました。
    球宴でのカブレラ、小笠原らとの勝負は永く伝えられることでしょう。

  • 残り試合 阪神8、ヤクルト7

    村上35HR(最終的には38HR 100打点ぐらいの予測)
    近本(最終的には.275~.278 盗塁40個ぐらいの予測)

    村上の打率の低さが気になるところ。投票の記者連中がそれをどう評価するかだが、HRと打点が予想どおりいけば、十代での日本記録。いろんなことを鑑みて、
    私は村上に一票。

  • >>No. 4154

    バッキーさんはいい投手でした。直球にちょっと癖があり、日本人のようなきれいな球筋でなく、左右に動いていたように感じました。ちなみに彼の師匠は杉下茂さんです。


    阪神外国人野手で全盛期限定で今プレーしてほしい選手。

    1. バース 2.オマリー 3.フィルダー 4.ブラゼル 5.ラインバック

  • >>No. 4150

    1968年の巨人戦で王選手に危険球を投げ、乱闘になり荒川コーチに蹴られ、反撃とばかりにパンチを繰り出し、それで右手親指を骨折したのがきっかけでそのオフ近鉄に移籍するも全盛期には戻らず引退しました。 私は巨人戦での荒川氏とのやりとりの一部始終を生中継で見ておりました。
    バッキーさんは普段は人の好いにこやかな紳士でしたが、勝負のときには村山氏と同じくファイト満々の凄い投手でした。
    昨日亡くなったんですね。昨日メッセのことに絡めてバッキーさんのことを書いたばかりで、いまも投げているところが目に浮かんできます。
                                   合掌

  • 今シーズンは終わっているので、はなむけに明日はメッセとトリを先発で使ってやれ!

  • 大山3番はない。新人で1.2番なら、本日のメンバーだと3番は高山だろう。
    矢野は本音のところでは、CSを諦めてしまったのだろうと思うが、一応選手を鼓舞するためにも今考えられる最強のメンバーで臨まなければならず、それなら陽川先発もおかしい。残り11ゲーム、全部勝つつもりでやるなら、前述したのも含めて選手起用をもう少し考えてやってもらいたい。

  • 来日した頃は中継ぎだったが、メジャーで一緒にやった城島がメッセは十分先発でやれる投手だと言っていた。藤井との凸凹コンビがいちばん合ってたように思う。
    昨年球宴明けぐらいから衰えが目立ち、まったく勝てなくなり来年(今年)にせまるNPB100勝も個人的にはもう無理だろうと想像した。が、なんとか達成して約束のバッキー氏とマウンドでのハグが見たかったのであるが、それも叶わなかった。
    全盛期はセリーグ最高の投手だったと思う。

  • >>No. 4127

    まあ二人にやってもいいですが・・・・近本はあと打率がどこまで上がるかですが、どう考えても3割は無理。私は村上にさらわれると思います。

    阪神の先輩で過去にはもっと凄い成績で貰えなかった者がおります。
    昭和34年村山実 18勝、7完封、防御率1.19、沢村賞 活躍ぶりも人気も近本など足元にもおよばないものでした。近本がこれに並び称されるには、.330 20HR
    盗塁王ぐらいでないと・・・・

  • ひきかえ、ソフトVSライオンズは見ごたえがありますね、、、

  • 高橋遥人、いい直球がありながらなぜこんなにヘボ投球しかできないの?

    このあいだ解説者が江夏に匹敵する、とえらく遥人を持ち上げていたが、冗談ではない。部分的に見ればなるほどいいものは持っているが、江夏と決定的に違うのは、江夏は相手を見下して投げていた。たとえONであろうが、俺の球を打てるはずがないと思って投げていたように見えた。そのへんが、遥人はまだ少年っぽい。
    なにかがあればすぐに帽子を脱いで会釈したりで腰が低すぎる。当時の江夏のようにもっと生意気になれ! 江夏は2学年上の田淵に「ぶち」、一学年上の藤田平にも「たいら」と呼んでいた。これぐらい図太くやってみろ! もうちょっと成功すると思うぞ!!

  • >>No. 4109

    村上はいまの球界でいちばん将来が楽しみな選手。他所の選手とは言え、どこまで伸びるかとワクワクします。阪神が勝つならどんどん打ってほしい。昨日のHRもシングルだから許しました。同年齢で見れば筒香より上で、率がもう少し上がれば松井ゴジラに負けない打者でしょう。
    そのうちに凄い大打者になるでしょうな。

  • >>No. 4110

    外野の一人は高山でいいと思います。この才能をもう少し開花できないものかと前から思っていました。 もう一皮剥ければ.300 20本ぐらいはいけると思うのですが・・・・
    中谷は相手投手の配給をもう少し勉強し、同時にオフに160キロマシンで直球を打つ練習を徹底的にやるべし。ぼやぼやしていたらすぐ30歳!そのうちに有能な新人が来れば一軍も危ないです。
    マルテは率も上がってきて、いよいよ3割が見えてきました。彼はボールを見すぎるきらいがあり、もっと積極的に特にファーストストライクは絶対に振ることを心がけて来年フルに出れば、3割 20本台も夢ではありません。

本文はここまでです このページの先頭へ