ここから本文です

投稿コメント一覧 (129コメント)

  • ここ最近は1日の出来高が20~30万株くらいだったのに決算直前の本日後場が終わる30分前においての出来高が71万株
    朝一でいきなり5日線を割込んできたのに驚いてのパニック売りなのでしょうか

  • 前期の会社予想は3Q後に出されたもので明日発表される数字もそれほど大きくは変わらないでしょう

    今注目すべきは今期(2020年7月期)の通期予想ではないでしょうか
    特別損失は前3Qで計上済みですので今期は経常利益33億円(≒28.5億+4.3億)あたりは最低でもでてきて良さそうなものなのですがね
    今期も前期並みの28.5億円の予想だと月曜の株価はエライ事になりそうな気がします

  • ご指摘ありがとうございます
    今回の立会外分売は新株を発行してのものではなく大株主からの売出で
    希薄化はなしに株主数の増加のみを目的としたものでしたか

    ニホンフラッシュは日頃の出来高が5万株前後なのですが本日は21万株の出来高でしかも大きく下げてしまいました
    売出分の16万株だけ出来高を増やしての下落なので無事に株主数が増えたのかが気になるところではあります

  • 発行済み株式数が1253万株にたいしての分売株式数が16万株なので1.28%の希釈
    対して株価の反応は9/2終値2454円を基準に考えると9/3終値が-1.39%で9/4終値が-3.67%なので
    やや反応が過剰なような気もしますが時価総額は減少してしまいました
    株主数による2部への転落は免れても東証再編時に時価総額による市場の基準があると残留は危ういかもしれません

    キャッシュリッチな会社なので市場から集めた3億円あまりの金は金庫で眠らせてしまうのがオチ
    ここは創立55周年を記念して55円配くらいやってもらえませんかねえ

  • 来期はいよいよ待ちに待った経常利益黒字予想・・・・・・ここまでは前々から予想はされていましたが
    費用削減でも売上伸び悩みの心配はなさそうです

    今までが赤字続きなだけに当分法人税が免除されるのも大きそうです

  • 来期エンタメセクターの売上は100億円届かずと予想されましたか

    成長期待で買われていた銘柄なだけに来期売上も前期今期と同水準370億円だと株価的にも厳しいものとなりそうですね
    来期はライフスタイルセクターで広告費を増額するようなので営業利益もそれほど伸びないような気がしますのでなおさらです

  • 今期の業績は残念なことになりそうですが気を落とさず来期に期待することにします
    来期はライフスタイルセクターの売上目標300億円をどこまで達成できるのかがカギとなりそうです
    300億円は盛りすぎとしても270億円で着地できれば不調のエンタメセクターが売上110億円となってしまっても全セクターの売上400億円は達成できそうです
    前期今期共に期首通期予想として掲げながら達成できなかった売上400億円を来期こそは見事達成できるかどうか

    今期大幅減額修正と配当半減さらに来期新作ゲームのサービス開始はなしとこれでもかといったくらいに悪材料がでてきましたので
    そろそろ悪材料出尽くし感が出てきてもおかしくはないです

  • 決算前だというのに株価は盛り上がりに欠けますね
    現在株価1542(PER=11.6)と割安なのは今期の経常利益40億円が達成困難を織り込んでいるのか
    それとも来期も更に減益を織り込んでいるのか

  • 前期、前々期はともに3Qにおいて売上100億円と経常利益18億円の上乗せがありました
    今期もその通りになれば3Q決算では売上290億円、経常利益29億円となりそうなものなのですがさてさてどうなりますことやら

  • 届いた優待がクオカ3枚だった

    2017年10月18日 500株購入
    2018年10月19日 500株購入

    の場合は 500株1年以上の扱いになるのか

  • 「売上総利益」が27%増だったにもかかわらず「販売費及び一般管理費」の30%増で減益となってしまいました
    人件費をケチって他店のようにTwitter炎上なんてことになったら元も子もないわけですから
    値上げとなったとしても致し方ないのでしょうね

  • えらく雑な通期見通しですね 前期並みの売上だとマイナス80%の減益になるのですか
    前回の4Q決算も好決算だったのにも関わらず相当下げたのを思い出します
    レンジ予想するくらいならいっそのこと予想しなきゃいいのにいいのに

  • 定性的情報に米中貿易戦争の記述がないことからも、ニホンフラッシュに関しては米中貿易戦争による影響は軽微でしょうね。
    環境問題に対する規制強化による設備費の増加が痛手ではあるのですが、来期は前回全人代から3年目の年ということもありそろそろ規制緩和に向かったり
    財政出動等の景気刺激策を打ち出してきたりといったようなことが起こりそうなタイミングではあります。

  • 手元に資金が120億円あると言っていたので2~3年はワラントの心配はなさそうな気がします

  • 売上:120億円(2017 3Q)→149億円(2018 3Q)→170億円(2019 3Q)
    経常: 16億円(2017 3Q)→ 24億円(2018 3Q)→ 22億円(2019 3Q)

    経常利益にのみ注目するのなら確かに頭打ち感のある決算なのですが売上に注目すればまだまだ業績拡大中といった印象を受けました。
    2Q末時点で受注残高が18,667百万円あるとのことでした。
    3Q中での売上は7353百万円しか増えていなかったようですので生産さえ追いつけば4Q売上は会社予想を超えてきそうな気がします。

  • 紙巻煙草と各社の加熱式煙草を比較
    紙巻煙草 (480円)本体179.57円 税300.43円 (税率62.59%) ※メビウスの価格から計算
    アイコス (500円)本体255.09円 税244.91円 (税率48.98%)
    グロー_ (460円)本体297.25円 税162.75円 (税率35.38%)
    プルーム (490円)本体416.65円 税 73.35円 (税率14.97%)

    喫煙者としてはプルーム・エスに期待したいところだが
    株主としてはプルーム・テック・プラスのほうに期待したい

  • 現在の株価は昨年土地売却益のIRが発表される直前と同水準です
    当時の状況と比べ今期が最終年度となる新中計達成が困難に見えるのとナフサ価格が高騰気味なのは悪材料ですが
    資産は6倍以上に増加しているのでこのあたりが底だと判断

    期中に交代した新社長が来期新たな経営計画を発表してくれることを期待して追加購入しました

  • 今期いつも通りしていれば1Q経常利益が10億円以上になっていたであろうことから
    1Q経常利益の会社予想を0円としたのは1Qに10億円以上の新規事業投資をするぞと言っているようなもの
    仮に1Q決算が中途半端なプラスだった場合新規事業のスタートが遅れているという解釈もできるので予想比でプラスだからといって素直には喜べないんだよなあ
    1Qは経常利益よりも売上や新規事業の進捗状況を重視した方がいいように思えます

    「LIFE.」のページがあまり代わり映えしていないように見えることから葬儀相続関連のサービスとしてはまだまだのような気がします
    はやくて今期いっぱいで本格スタートといったところでしょうか

  • 前期比で減益ですが会社予想よりは上だったのでまあよしとしましょう

  • これはひどい決算ですね
    営業利益率が6%くらいで推移していたのがいきなり3%に半減ですか・・・・・・
    費用のコントロールが出来ていなかったとの分析でしたが、来期店舗数を増やしたらもっとコントロールが出来なくなりそうなのが不安材料です

本文はここまでです このページの先頭へ