IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (48コメント)

  • 先週末、26円の兆候は
    上げ方向と思うっすね !

  • >>No. 1338

    私は昔から
    相場全般、売り方指向なんですが
    (売りのポイントが見つけ易い)
    今回の日米の動きからは
    未だ未だ売り開始では無さそうと観測中
    売るならば、、、
    いつか解りませんが、目一杯上げてから売り開始
    目先は買いと、、、

  • 静かに、しばらく
    夢を見ておきたい

    何と言っても、おやすい銘柄
    ホンマの >夢株

  • ボロ株ですか?、、、流石ですね!
    流石のお見立てですね

    一見、ボロ株風でしょうね!、、、一見
    苦笑

  • >>No. 5169

    政府など無視して
    各首長は行動と活路見出す瞬間だ !

  • 更に加えれば、、、

    東大赤門等の前に集まった受験生は
    校内に入らず、全員会場にも入らずに
    帰宅すれば良いんだよ >受験拒否・・。感染怖いからね!

    東大などは、あなたの健康など眼中にない。。。!

  • >蔓延してない(?!)

     ソロソロというよりも早急に、ご決断、施行を
     (様子を見てからでは遅い!)

     交通車両等の消毒除菌(コロナw殺し)
     法令の枠を緩めて、想定外を想定した行動、施策
     外出禁、遊技場-禁、入試入学、入社の先延ばし施策
     長期の休日実施(代休、夏休み、他を利用など)

     命が危ない
     国が、、、 
     世界が、、、と云う事です

  • >下げだすと止まりません。

     proのカラ売り筋にとっては
     抜群な好環境なんです
     大して思考し無くても
     ウレばウル程にとなる現在の環境下でしょう

  • 最近のGniは、様々なIRに関して
    内容が曖昧
    irを出すタイミングをずらしている

    何らかの意図あって
    それらの内容やタイミングを
    ずらさざるを得ないのだろう

    社長は賢者でもあるし、策略家でもある
    今後はどう変身するかな ? 
    変心を期待しておこう

  • >ここまで株価が下がれば遠からず戻る。

     どうしたんだろうね?。云うまでもないが、、、
     **ここまで下がれば遠からず戻る**などと
     安易な銘柄では、ありゃせんのは承知の筈
     (素人の空売りも困難)

     ここからジワジワと上げ下げ後、可なり下げて後
     カイ戻しと新規カイ建ち等では上げるが
     それ迄は素人にとっては、かなりしんどい銘柄
     (超近々、巨大材料が立ち上がれば別だが、今の処?!)

  •   宜んじゃありませんか!

      約5年前かに(?)再起早々、、、
    a:僅かな債務を、僅かな増減資で身ぎれいにした事
      また、、、
    b:昨年は長き無配から僅かな黒字ながら(微笑)
      配当を行うなど強かな経営
      それらに依り金融機関の信頼を得るなど
      手堅く推移しています

      今後も市場世界の激変をかいくぐりながら
      成長を期待ですね!

  • 高級ホテル乱立したら失敗する
    中級、中流、価格破壊ホテル等なら成功 !
    (いまの処、LCCが良い例)
    (ブランドは一流でもよいと思うが、価格等は、、、?)

    観光客増加歓迎の本質が、政府や行政は把握できて居ないだろう
    観光客増加は、金持ちも庶民も相互に往き交い、相互理解を深め
    見果てぬ平和な世界を待望する事だろう
    (単なる経済効果追求では歪がね〜?)

  • 穿った見方
    先日の懇親会の話題の中での、、、
    12月中にトップラインを出すとの件は
    故意に外すかもしれないなと、、、
    加えて、、、proに有利なようにカラし易く誘導もと、、、

    、、、云うような事もしかねないかも、、、?
    注意 穿った見方ですからね、虫ね

  • 近いうちに
    大幅ではないだろうがアゲの気配を感じる
    400〜440程度までかな
    その後は若干の調整

    買い急ぐ事はないだろうが

  • 最近時々発生するね|〜 >不整脈
    何かありそうかな >期待の不整脈(?)

  • 全く愚か、馬鹿であるよっ!/いつまで労働させる気か?
    そのうち〜75歳〜までとか?
    大笑い
    〜〜〜〜
    年金改革「70歳まで働く」軸に 厚労省が相次ぎ具体案
    経済/2019/10/7 11:30日本経済新聞 電子版

    厚生労働省は年金と賃金を合算して一定以上の収入があると、年金を減額する在職老齢年金を見直し、対象になる高齢者を減らす方針だ。政府が進める全世代型社会保障改革の目玉の一つで、合わせて70歳までの就業機会の確保も進める。〜〜〜

    以下は、私の以前の投稿を参考にと、、、(2019/4/14投稿で〜す)
    政府、或いは役人、経営陣等が
    70歳まで働かにゃ〜遺憾とか
    100歳まで生きるのが当たり前の時代などと云うのは、どうもね?

    普通程度の健常者なら
    65〜69歳過ぎたら金のことなど気にせずに
    自由に生活できますよと福祉の意識を持ち
    国家形成すべきだろうね
    そしたら、、、
    *想定外の何か*良い副産物が発生するだろう(逆も、、、)

    自由に生きたい、自由に生かせたいの意識、政策がない
    いつの時代も日本ではセカセカ
    〜〜〜
    これじゃ〜*ゆとりある文化、文明など望めや〜しね〜な 
    苦笑が続行するのみだにゃ〜
    〜〜〜
    〜〜〜
    以上、異常な状況来たると成りそうだ、、、
    ん〜大笑い?

  • >>No. 1379

    >当時の日産の経営陣ではないのです。労働組合が大きな力を持っていた時代です。>工場閉鎖や人員整理〜〜
    〜〜〜
     経営陣は労働者(〜組合)を適切に
     コントロールする能力が必要なんですがね〜
     それが経営能力です
     
     従って経営能力不足で、、、
     外部勢力(能力・・・ルノ〜)の援助を得たのです
     今になっては自身も実力を得て、ルノ〜(フランス)の
     支配脱皮を目論みつつ有る段階でしょうが
     いかんせん、株式所有比率がね〜と云う処
    (民族自我意識に目覚めたのかな・・・グロ〜バル〜の反対だが)

     ルノ〜からの支配脱皮する為に如何に親分を悪人仕立てようかを
     画策した方々の一部が現役員に、、、
     今時点をまとめればそう云うこと

     一段落後の後講釈もそうなりそうだね〜!
     検察の思惑はまた別の意味合いもありそうだが
     それは今回も公言不可だな!?

  • >>No. 60

    検察当局には、別件逮捕に至ったのとは別の
    本件を派生的に想起させてしまったと思いますが?
    (現段階では、別件を本件にすり替えそうだなと観測中)

    その本件と何かですね?
    本件あるいは、本音を云ってしまえば、、、
    国際間の海外投資等に障害や弊害が生じるでしょう
    (日仏間の貿易政治問題化する)
    (〜〜で検察は本音を云えない)
    (本音〜〜>外資規制(外資による経済的侵略?の規制)

    現検察は戦前の特高警察の流れやその影響があると言いますから
    一般庶民でも些細なことで立件されそうです
    (些細な軽犯罪から〜〜>大げさの立件への危険も、、、)
    〜〜〜
    ホリエモン(LIVE DOOR)問題の処理も全く同様に見えました
     敗戦後の躍進した経済体制を一時的に混乱させそうだと判断し、、、
     ホリエモンの活動阻止に動いた?

  • 検察の本質的な狙いに関しては明らかにされてなく別件逮捕だが、、、

    本質的な狙いは、、、(財閥、財界のバックボーンの有る)
    準国策企業と思えもする日産を
    ゴーン氏がルノー、フランスへ手渡す手引きをして居そうだと云うのが
    言わず語らずだが見えてしまう本質だろう
    検察としては保守体制維持、保守権力として阻止を目論んでいるとしか見えない

    Nissan役員である西川氏の狙いは内紛レベルだが
    ゴーン氏の悪しき行為を明確化し主導権を取り戻そうとした

    それが現在の状況では、、、
    やや日産役員にとっても不都合に成りつつ有るように見える

    私が、当初から云っているように*準無罪の案件さ、、、笑 >今後はハテサテ?

  • ~氏は・・・日本の巨大財閥の一部を
    外資に手渡すかもしれないと観察されて
    関連容疑を掛けられたんじゃないかな ?

    それにしても~氏も   >猛者
    それにしても権力も   >猛者
    それにしても日本人役員も>猛者
    〜〜〜
    〜氏解任され居なくなったら
    Nissanは元の木阿弥(昔のようになる)

    如何にも日本的な企業になり
    転落の始まりを予感させる!!!

本文はここまでです このページの先頭へ