ここから本文です

投稿コメント一覧 (139コメント)

  • 【茹でガエル】について
     ユニクロの柳井正さんが 
    偶然にも同じ 2019年10月9日に
    日経ビジネスで
    私と同じご意見を述べています

    アホノミクスについても
    「成功したのは株価だけでしょう
    株価というのは国の金を費やせばどうにでもなるんですよ
    それ以外に成功したものがどこにあるんでしょうか」
    と、バッサリ切って捨てました。

    世界中の経済が鈍化しているにもかかわらず
    現在の日本が(いい国だ)と国民を洗脳し
    外資がとっくに売り逃げしている 下落寸前の【日本株】を
    (破綻が見えてきた年金)で毎月【買い支え】している現実
     これ以上の愚行なないですよ

    社保庁ではない財務省も
    『年金は、全額支給が難しいから、今から投資を始めなさい』
    なんてコトを言い出しましたが
    (高値掴み)している【日本株】を【売り抜け】し
    国民に(高値で売りたい)からで
    本音には 悪意がみられます

    国が国民をだますことは 今までにも何回もありましたが
    今回は団塊の世代を狙い撃ちしています

    私は【アメリカ株】全体が 年明けから【大暴落】して
    (33~55ヶ月)の調整に入ると思っています

    すぐにはならないかもしれないが
    日本が国債を買っている 複数の国がデフォルトすると思います
    そうなると
    日本の銀行や郵貯も破綻してしまい
    どんなに預金していても
    補償額である(1,300万円)になってしまいます 

    円高に進み【日本株】も【大暴落】してしまう

    この掲示板をみている すでに【茹でガエル】の人
    本当に大丈夫 ?

  • 株のチャートは【金欲のグラフ】です

    相場の格言に
    『強気相場は、悲観の中に生まれ、
    懐疑の中に育ち、楽観の中で成熟し、
    幸福感の中で消えていく』 というのがある

    皆が悲観的になり売っている時が、強気相場の出発点となり
    先行きに警戒感があるうちは上昇するが、
    先行きに楽観的になった頃、相場は既に天井圏に至っていて
    皆が幸福感に浸って、買いに奔走している時には
    既に上昇相場が終わっている というものです

    『群集心理に惑わされず、自分の目で相場を冷静に観察することが大切だ』
     という意味で
    【エリオット波動理論】を表す言葉として良く使われる

    株のチャートは (単なる株価のグラフ)ではなく
    相場に参加している魑魅魍魎の【金欲のグラフ】なのです。

    暇なので
    (個人投資家のあなたへ・第1回)を ググり
    第1回~第6回まで 初めて見たのだが 
    正直、ビックリした。

    こんな売買を 日足でやっていたら 
    毎日の(75日線とのニラメッコ)が大変だし
    いったい いくら? 儲かるのだろうか?
    一番儲かるのは、株の学校の講師と
    証券会社と 税務署なのかもしれない。

    はっきり言って、上記の(相場の格言)は
    日足のチャートのことを 表現しているとは思えない。

    この動画の投稿日から まもなく4年だが
    【3765:ガンホー】と【3632:グリー】の【買い場】が
    あと半年ぐらいに 迫っています。

    もう一つ、気になる銘柄は
    この最近、【出来高:0】の日が何日かあった
    【3181買取王国】なのだが 

    『悲観の中で売り涸れ』しています
    明日の決算発表で どうなるか?
    注目しています。

  • 私も 相場の将来の予測をする時には
    (Mさんという御仁)のように『絶対という文言』は使わない
    相場の未来の確率は
    (上がる、下がる、そのまま)の3通り
    それぞれが 3分の1 だからだ。


    嘘のような本当の話 (その2の2)

    現在保有している最も古い(特別編集号)は 
    2003年保存版で
    これで見つけた(お宝銘柄)は【4771:F&M】だった

    私はすでにネット取引を行っていたが
    Meネット証券の(スーパーチャート)の機能は素晴らしく

    【4771:F&M】のチャートを解析するために
    【一目均衡表】【エリオット波動理論】【ペンタゴンチャート】を
    ひとつひとつ 勉強することになってしまった

    一番難解だったのは【時間論】で
    これを詳しく解説しているサイトは皆無で
    将来を【いつ・いくら】で予測する例は無く
    過去のデータと照らし合わせて解説するモノが大半であった。

    ごく最近読んだ
    若林栄四著の最新刊「パーフェクト・ストーム」は
    【いつ・いくら】で(今後の世界の動向)を予測しているが
    この半分ぐらいの予測は 当たっていると思う。

    私が考案した【融合型・ペンタゴンチャート】は
    (株価の予測)をするためのモノであるので
    「パーフェクト・ストーム」とは
    チャートの解析の論点で違いがあるが

    【NYダウ】の【融合型・ペンタゴンチャート】でも
    『2028年までに アメリカで 何かが起こる』というコトを予測している。

    (投資の申し子)である(☆バフェット)は現在89歳なのだが
    日本の【90年バブル崩壊】が起こった1990年の大発会が
    日本の戦後の経済成長の歴史ともいえる昭和天皇が崩御される
    (ほぼ1年前)ということを考えると

    (☆バフェット)の人生と【アメリカの繁栄】が合致して
    独立後(約250年)で
    【ピーク】に到達してしまうような気がする。

    YouTubeで
    【武田邦彦】あなたのお金を”腐らせずに資産化する方法”はコレしかない!

    を 検索してみて下さい
    「パーフェクト・ストーム」の内容と共通する将来の予測をしています

    しかし、今回のデフレはタチが悪すぎる
    (アホノミクス)が(既に破綻している)のに
    ・ 誰も文句を言わないし
    ・ 文句を言う場所もないし
    ・ 期待が持てる人材も出てこない

       日本人の大半がすでに【茹でガエル】になっている。

  • 嘘のような本当の話 (その2の1)

    実は私も かつて【8136:サンリオ】の株主だった(しかも、2回だ)

    1回目は PCがまだ無くて 
    証券会社と電話で相対取引をやっていた頃で
    (たぶん2000年12月)だったと思う。

    大半の銘柄が 1単位=1000株で 取引をしていたのに
    サンリオは当時から 1単位=100株の銘柄だった
    株価が1600円の時に1000株買ったら
    運が良いことに 買った途端に上昇して 
    たったの1週間ぐらいで 160万円が200万円を越えた

    すると証券会社から電話がかかってきて 
    『売った方がいいですよ』と言うものだから
    素直に 私は売りました
    たったの 1週間で40万円も儲かってしまったので
    『株で儲けるのは簡単だな』と単純に思った。

    この時に、私が初めて知ったモノがある
    それは 今は廃版となってしまった
    投資レーダー社の赤い(週足チャートブック)である

    この本は(株価のチャート)のカタログみたいなモノで
    後に、緑色の(月足チャートブック)の存在を知り
    月足20年のロングチャートを解析することが可能になった。

    そして 正月には(特別編集号)が発売されることが判り
    日本の(全ての上場銘柄)の大納会までのチャートが
    たったの2日で印刷されて 
    正月の2日には 速達で配達されることに感激した
    だから 正月休みは(お宝銘柄探し)で暇がなかった。

    チャートブックなるモノの存在を知り
    (チャート・パターン)の解析を行うために 
    私はPCを購入した

    当時はまだISDNだったが 接続料金がやたらと高額で 
    プロバイダーへの支払い額は 月5万円を越えていた

    (PCの接続料)と(証券会社の手数料)が
    現在のように安くなったのは 
    (☆孫さん)が(NTTや野村證券)と戦って
    勝ち得た恩恵であると 私は思っている。 

    最近は
    この戦いの顛末を全く知らないクソガキが
    平気で(☆孫さん)の悪口を叩いているのを
    (9984:SBG)などの掲示板でよく見るのだが
    私は たいへん腹が立つ。

  • 【9984:SBG】の掲示板には
    私と全く同じ御意見の Mさんという御仁が住んでいる

    ・10月5日 04:02 の(書き込み)
    ど素人には到底理解出来ないと思うが
    強気相場は、悲観の中で生まれ、
    懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟する。
    幸福感の中で爆益を得る。
    このサイクルの繰り返しであるが
    今現状が悲壮感真っ只中てあり、調整を終えたときに相場は必ず反転する。』

    ・10月5日 04:06 の(書き込み)
    長期組が何故勝ち組であるかというと
    この悲壮感真っ只中の中でも、爆益だからです。
    含み益は更なる含み益を得て、
    サラリーでは到底成し得ない富をもたらすでしょう。

    ・10月5日 04:10 の(書き込み)
    投資成功者の大半は逆張りであることがわかってます。
    素人達には到底出来ない行為でしょうが、これが最強の投資法なのです。
    故に、勝ち組は極々少数しかおりません。
    ど素人達には、20パーセントも下がってくると
    売って安心し底値で手放す。

    10月5日 04:24 の(書き込み)
    自分が何故長期組が勝ち組であるかというのは
    添付のとおり、短期売買では長期に勝てないからです。
    ここにいる殆ど売り方が通算負け越している事実である。
    短期売買で勝っているのはたった3パーセントに過ぎない。
    こんな負け戦自分はしません。

    しかし、私は(今の現実)が(総悲観とは思えない)
    【リーマンショック】の時とは
    (悲愴感の雰囲気)のレベルが違うと思います。

  • 1年前に、上がると期待して買った株が
    思い通りに上がらないと
    たったの1年で
    クソ株と呼ぶようになるのかな   笑

    クソガキは忍耐力が無いから
    人に 喧嘩を売るようになる
    そういう時は
    まず、テメエのクソ株を売るのが 一番だな
    気が楽に なるぞ

    お前が ココをぶん投げた途端に
    ここは たぶん【爆上げ】開始だろうな

    【波の数】が完成するまで あと1つ
    【波の数】も(フィボナッチ)なのだよ

    クソガキが耐えられるかどうかが 楽しみだ。

  • 本日、現物の1000株ホルダーになりました。

    (上場直後)の(最高値)から4年半
    月足チャートでは(底値圏)での収斂から
    MA24ヶ月を(底値)とする(陽線:小さなロウソク)が
    上場後、初めて立ち上がった。

    これは月足チャートが【トレンド転換】したからで
    10月、12月とさらに陽線が続いて現れれば
    (赤三兵)が出現すると思う。

    早ければ、来月
    MA(12/24ヶ月)でGC(ゴールデンクロス)が起こり
    月足チャートでの【トレンド転換】がほぼ確定する。

    【トレンド転換】までに5年弱かかったので
    少なくとも5年は長期保有する予定なのだが
    ココは、今まで一度も株式分割を行っていないので
    株価が上昇していけば
    4000になるまでには
    必ず分割があるハズだ

    一生、最高品質の生ガキを只で食べられる。

  • なぜそんなに 時価総額を気にするのですか?
    時価総額というのは 単なる『人気の尺度』で
    企業の真の価値や将来性をとは無関係だと思います。

    将来性が期待できる企業でありながら
    (時価総額が低くて、株価が安い)ということは
    大半の人達が、知らないうちに
    安い株価で【仕込み】を出来るということですから

    むしろ喜んでいいのでは?

  • いよいよ 来週
    【上値抵抗線】を上昇ブレークする気配

    予定通りのチャートになった

  • 2019/09/14 22:14

    今後の目標は
    (今年の年末で、1700を達成すること)です。

    もし、この目標が実現したら
    その後の調整の
    『カップ・ウィズ・ハンドル』の(取っ手の底値)で
    【本気買い】する予定です
     おそらく(1300、850)のどちらかだと考えています。

    チャートの【現在位置】は(鍋底の底値圏)で
    去年の12月25日の【大底:402】から
    (下降5波)の後に(上昇5波)が出現したことによって
    【トレンド転換】していると想定しています。

    今年の4月5日の(上昇5波)の【高値:831】からの調整は
    8月15日の【安値:463】で完了し
    現在は、次の(上昇5波目)の(高値)が
    4月5日の【高値:831】を抜くことを目指しています。

    だから 
    こんな安値圏で一喜一憂するのは滑稽なんですが
    500~490までの日足の調整ならば【買い増し】です

    目標は(今年の年末に、1700を達成すること)なんですから
    騒ぐのは
    【週足:一目均衡表】で『雲入り』してからです

    あと3か月半、大らかな気分で
    【株価】が上がっていくのを、見ていましょう。

  • 9月6日に1212を突破して
    約5年の≪下降トレンド≫の月足チャートの
    【上値抵抗線】を(第1ブレーク)しました

    その後 予定通りに
    日足チャートはコツコツと(底値)を上げながら上昇し
    9月13日には 日足チャートの(第②ブレーク)が起こり
    今年(5月15日:1250)を抜きました

    次の目標は
    昨年(12月25日:801)の【大底Ⅱ】からの
    (最高値)である(1月25日:1420)をオーバーして
    日足チャートの(第③ブレーク)が起こることです

    そして、できれば 年末~新年に
    18年2月23日の 1652を抜き上げれば
    予測通りに【トレンド転換】が進行していることになるのですが

    うまくいく銘柄は 3分の1ぐらいだと考えています
    【大底Ⅱ】から ≪上昇トレンド≫に転じた 全ての銘柄が
    このようなチャートを描きます

    まだまだ先は長いので 
    今の時点で心配しても むだなコトです
    今は のんびりと構えるのが一番 楽です

    理解できない人は 
    【ファンの理論】を調べてみたらどうですか?
    うまくいかなかった時に 
    どこで判断するのか? も解かるハズです。

  • 嘘のような本当の話

    何日か前に
    ここ何年も使ったことのない郵貯の通帳が出てきた

    その中には 何回か利息11円とあり
    残高は(25・・・・・)となっていた
    利息がたったの11円なのだから 
    てっきり残高は 25万円と思い込んでいた。

    ところが一昨日 女房がこの通帳を持ち出してきて
    このお金は『眠らせておくの?』と聞いてきた
    あらためて残金を見ると なんと250万円だったのだ
    こうゆうのを(資産凍結)というのだろうか?

    無性に腹が立ったので 即座に現金化し 
    これをSBIの口座に振り込んだ

    来週から 9434の【買い増し】がまた出来る
    そして
    5年もの長期に及ぶ【上値抵抗線】を
    昨日(第1ブレーク)し
    月足チャートでの【大底Ⅱ】からの
    【大トレンド転換】が見込まれる 3224の
    【打診買い】をやってみようと思っている

    (☆すずめ)さんは 
    3224のチャートをどう判断しますか?

    (ココ:4726)も こんなチャートの時に
    【打診買い】をしていたのです。

  • No.898

    強く買いたい

    今朝の 10:40に(1212…

    2019/09/06 22:56

    今朝の 10:40に(1212で買った)のは 私です

    ココの月足チャートは
    今月が、【トップ】から(54ヶ月目)なので
    【トップ】からの【時間】で 
    【大底Ⅱ】(18/12/28)からの
    (第1ブレーク)の【引き金】を引いてみました。

    続く(第2ブレーク)後で
    【一目均衡表】の『雲入り』をすれば
    【12/24ヶ月移動平均線】のGCが起こり

    その後の≪雲の底≫あたりまでの(調整後)に続き
    (第3ブレーク)があれば本物の【トレンド転換】です。

    このまま 素直に上昇し
    (18/02/23:1652)の
    (c波)の(第5波目)を抜き上げれば 
    月足チャートでの
    次のサイクルへの【トレンド転換】の可能性が高くなります。

    そして、来年の今頃ぐらいに
    2500あたりまで上昇していれば
    このあたりが
    ≪上昇トレンド≫に転じた後の
    最初の(第Ⅰ波)になるハズなんですが ?・?・?

    はたして、こんなに上手くコトが運ぶでしょうか ?・? 

    思うように上がってくれないのが、相場なんですよ ・?


  • それにしても 
    マスコミやN経新聞の(投資家)という
    言葉の表現には悪意を感じますね 
    (機関投資家)と(個人投資家)の使い分けを
     全くしないのです。

    【日本株】の(機関投資家)の保有比率は
    おそらく(7~8割)ですが
    日本の機関投資家とGPIFを加えれば
    9割ぐらいになるハズです。

    【アメリカ株】の場合は
    (機関投資家)と(個人投資家)の割合は
     ほぼトントンだと思います? 。

    だから【アメリカ株】が【大暴落】したら
    その損失を補うために
    海外の(機関投資家)が【日本株】を叩き売るのは
    アタリマエだと思います

    日本の(個人投資家)が
    (機関投資家)に唯一優位なコトは
    【保有する時間に制限がない】コトだと思います

    だから、日本の(個人投資家)は
    【大暴落の日】は買いなんです

    (機関投資家)と同じコトをやっていたら
    証券会社の(お得意様)になってしまいます。

  • ココは、(フィボナッチ時間)を信じて
    あと1ヶ月の我慢・忍耐だと思います。

    『相場の主体は時間にあり、
     価格は結果として従ってくるものだ』
    【一目均衡表:佐々木栄信著】の時間論(P40)

    そして(底値圏)での≪横ばいトレンド≫では
    『ある値段になったら株を買うのではなく、
     何月何日になったら買うというふうに決める』 
    【「超」成長株投資:フィリップ・A・フィッシャー】(P283)

    どちらの表記も(フィボナッチ時間-1ヶ月)と
    私は解釈しています。 

    そして本日のような【大暴落】の日
     私は
    (ハッタリ・トランプ)のプレゼントだと思って
     9434をさらに(現物で3個)
    【買い増し】してしまいました
    (かなり仕込んだ)が50個は欲しい。

  • 年内に分割があれば
    分割前の価格で 5600あたりまでは
    上昇する可能性はある

    そんな銘柄は 過去にいくつもあった

    早く売って、儲けそこなった時の方が
    何倍も くやしいのだ。

  • (☆すずめ)さん

    この掲示板を見ている 
    恐らく99%以上の人が 
    知らない事実だと思いますが

    来月、9月は ココの長期月足チャートの
    【トップ】からフィボナッチ(233-1)ヶ月に相当します。

    ココは【トップ】から【大底Ⅱ:200】までに
     フィボナッチ(55X2-1-1)ヶ月かかりましたが
    この時間とほぼ同じ時間を
    (なべ底型)のチャートの(底値圏)での
    ≪横ばいトレンド≫に費やしました。

    しかし、2016年あたりから 
    ゆるやかな≪上昇トレンド≫に移行しているように思っています

    あくまでも 私の個人的な ココのチャートの予測ですが
    9月24日あたりから 
    さらに≪上昇トレンド≫の勢いが増加していくような気がします
    動き出すまで、あと1ヶ月です。

    もし5年後に ココのチャートを見て
    本当にそうなっていたら とてもうれしいです。

  • 2019/08/14 10:11

    先ほど 最後の100株を 現物で買いました
    もうお腹一杯です。

    大食いチャンピオンの方々 いよいよ 出番ですよ
    もう、遠慮はいりませんから
    降り注ぐ空売り玉を全て平らげて下さい。

  • (☆すずめ)さん 猛暑、大丈夫ですか?

    (ココ:4726)は(9月の後半)から上昇し始めると感じているので
    6月から他のSBGの子会社の有望株を
    仕込んだり、買い増していました

    買い集めた銘柄と
    月足チャートでの(チャート・ポジション)は
    2148:アイティメディア・・・(カップ・ウィズ・ハンドル)の取っ手
    3765:ガンホー    ・・・(調整波)の(波の数)で【難平】
    4689:ヤフー     ・・・(調整波)の(波の数)で【難平】
    6031:サイジニア   ・・・(調整波)の(波の数)で大底での【仕込み】
    6562:ジーニー    ・・・【トップ】から(12ヶ月)で【トレンド転換】
    9434:ソフトバンク  ・・・(オニールの最良の買い時)P62

    特に9434の配当は魅力があるので
    かなり奮発しちゃいました
    明日からの自社株買いに期待しています。

本文はここまでです このページの先頭へ