IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2398コメント)

  • 公募増資する信用もない中で7万人の個人株主をただ抱えるだけの上場維持コストについて営業赤字企業が負担でない筈もなく。これまでは「お金がなくなりました。つきましてはお金をください(byショーンさん)」でずっと維持コストも払って来たけど、筆頭まで民間となった今後はそうもいかないと思う。
    そんな中これまでなんの機能も果たしてこなかった既存株主(上場維持コストの源泉)から「キャロンさんを応援」とか「信じてます」とか「がんばれー(*^^*)」といった言葉を掛けられたら、普通の感覚ならキレると思う。
    多くの再生ファンドはそんな既存株主は早々に黙らせ、最速で意思決定を重ね、全リソースを再生に充て、それでも再上場に数年を要する骨の折れる仕事というのに、ここは得意先の名に傷が付かないよう配慮し、負債総額を下げ、仕入先への影響を最小化する細やかなオペを上場を維持しつつ進めている。
    既存株主はコストの源泉という自覚を持って再生スポンサーに声を掛けて欲しい。ひやひやする。

  • >>No. 147

    はい、私にもそう見えてしまいます。キャロンさんエンジン掛かっちゃうとどんどんカッコのいいこと言っちゃいそうなタイプに感じます。菊岡さんもこれまで沢山そーっとする作戦で放置してきましたもんね。
    元を辿れば取締役選任のエピソードにまで遡りますよ。選任理由が「suwaとの交渉が凄い」とあるのに総会前日の夜に「ハーベストがsuwaを離脱しました」と公表しsuwa中心の動議ばかりでもう開催ムリでしょと思いきや「そのまま開催します。ネット投票は締め切りました」ですからね。それスタートですもの。

  • >>No. 136

    もう産革が入金することはないと信じたいですが、そうだとしたら自力で稼ぐなり、いちごにおかわりするなりになりますよね。その辺りどう考えているかは新中計に否が応にも現れてきてしまう。
    早く新中計の営業利益目標を見てみたいですね。それでここがいつぐらいから利益を上げ、どんなペースで借金を返し始め、2025年の産革EXITをどう迎える気なのかまで大体バレてしまう(笑)
    産革はローン以外にも巨大な優先株のEXITまで求められますからね。あと5年ですよ(笑)いや笑いごとじゃないんですけどね。

  • >>No. 133

    しかし、菊岡社長はC種は発行せずになるべく自力でお金返したいと言ってるのに、記者がC種って借金返済のみに使うですか?と聞いてきたので、お金に色はない(自前で返すのも、出資金で返すのも、返済される側からすると同じお金)と言いました。

    捉え方次第なんですかね。私には上記の記者の質問に対してなぜ「はい」と答えないのか不思議に感じます。C種は返済のみじゃないのかなと受け取ります。「はい」と答えずに「お金に色はない」と続けたんですよ?
    C種「発行後」の使途について聞いた記者に対して「C種で返しても自力で返しても相手にとっては同じこと」という回答を普通しますかね。

  • >>No. 118

    自力で返済したらC種発行はしない。C種を発行したからにはそれは返済に充てる。というならそれってちゃんと「お金に色を付けて」ますよね?キッチリ使途を限定している。
    使途について答えてる際に「お金に色はない」と付け加えたらそれはC種のお金について色付けしないと言ってると捉えるのが自然じゃないですか?例えば返済は後の利益で行うから今回の増資は投資に充てる。そういう可能性を残したとは受け取れませんかね。
    もし返済してくれるなら誰の金でも構わないという意味で「色はない」と捉えるならそれは債権者側の発言でしょう。

  • 前にYouTubeでキャロンさんがC種の使途について「ローンの返済」「国民への責任」と良いカッコしたとき、菊岡さんが割り込んで「お金に色はありませんから」と数回発言してたかと思う。
    その時は「またDESか?」「入金されたら俺の金か?」という感想だけだったけど、やっぱりあれは出資者を目の前に出る言葉ではないと思う。受ける側の論理で出る言葉と思う。もしキャロンさんを投資家の委任を受けた「出す側」と認めていたなら、その本人が「返済に充てる」と言う横で「いやそれは分からない」など言える筈ない。
    つまり菊岡さんはキャロンさんを(腹では)「出す側」だと思っておらず、「メディアの前で限定するのは得策でない」と咄嗟に出た完全に受け手側としての「フォロー」と思う。
    だとするとキャロンさんは何なのか。善キャラを演じつつ明かせない金のスポンサー役を担うプロといったところか。その商売自体は否定しない。そんなのいくらでもいる。私が嫌悪するのはそのキャラ選び。主に保守層をターゲットに政財界に取り入り銭儲け。金銭面の損失はなくとも大やけどして欲しい。

  • どうしてこんなに凄いテックの企業なのに数年にわたってグローバルに出資を断られ、ケイマンやシンガポールのファンドしか相手してくれないのだろう。
    しかもホルダー期待のリアルRGB OLEDは何年も試作止まりで大の得意先のAppleはBOEに発注はすれどここのOLEDはスルーして台湾のマイクロLEDに直接投資までする始末。
    もしかしてキャロンさんが見たもの凄いロードマップってキャロンさんしか見てないのかな。

  • いや殆ど前の人の旧役職が次の人の新役職という玉突き人事でしょ(笑)トップの植木さんが抜けて順繰りに空席を埋めてる。にしてもやたらと統括部長というポストがあるもんですね。

  • 庭が広すぎるとインタビューで語ってたのが懐かしいですね(笑)私は生活のために仕方なく売っていましたが、月崎さんについてはずっと応援してました。何となく写真やコメントからにじみ出る憎めない人柄を勝手に想像して好きでした。恐らく母体からの生え抜きとして会社にも愛着を持って職務にあたられていたと思います。
    やっぱり経営陣の中に1人は従業員たちと社史というか思い出を共有できる人物とか、皆が功績を認める人物といった方が必要じゃないかな思います。社長の器だったゲルケンスさんが去ったのは月崎さんとしても力抜けたでしょうね。

  • すみません、これはどういう経緯で質問状を送ったというニュースでしょうか?
    ウイグルの状況は見聞きすることあるんですが、JDIというか日本企業と結びつけているのを始めてみました。

  • 凄いですね。ホントのホントにA14、OLED、5G、128GBで650ドルになりそうなんですね。11はA13、LCD、4G、64GBで700ドル。それでも安いとヒットしたというのに。もちろん私みたいな株取引、掲示板、LINE、無料ゲーム程度のユーザーにはどちらも超オーバースペックなので高性能化は大して魅力ないんですが、小さくなって安くなるという提案は歓迎ですね。
    でもこれ12miniのパネルは60ドル切ってますね。55ドル辺りでもおかしくないかと。11販売時のFAが大体50ドル程度だったことを思えばとんでもなくOLEDも下落が続いてる状況かと。もはや画素をチカチカさせる出力系デバイスにはお金掛けて貰えない。最終製品の魅力に直結するのは入力・処理・通信系の高性能デバイス。もっと言うとデバイスよりそれらを駆動させるOSやアプリ、コンテンツですよね。米中で衝突するのもそこ。

  • あらゆることが未定のままなぜか存続だけはするという、これまでの常識を覆す未発見のステルス経営。(談話は常にYouTube配信のため経営トップにロボット説アリ)

  • 白山の違約金100億はどうなったのだろうか。仮に3/31までに譲渡を成立させることを保留の条件としていたとすれば、もう請求されてしまう訳だけど、特にそのIRもなく今どういう状況かさっぱり投資家に伝わらない。特定の顧客との商談についてはステルスで構わないけど(むしろ次期iPhoneのスペックをバラす方がおかしい)、過去IRで期日の見通しまで示した交渉などについては、その期日が来たところで途中報告するのが筋と思う。ガバナンスでも世界一とか言った委員長(8人中7人がF判定を出した報告書について只今取材拒否中)の一般論としての見解を伺いたい。

  • 野村さんの社長就任記事を見るに、野村さんが白山を買う決断を下したなら徹底的に、それも短期に間違いなくシャープにとってプラスとなる条件付けが通ったときだと理解できる。売上の25%を握るAppleが如何に急かそうとも慎重な姿勢を貫き、新社長の野村さん自身が交渉に関与しているとのこと。
    その条件付けがここにとってもプラスのものになるとホルダーは言うのだと思うけどそれはもう特に否定しない。そうだと良いねと思う。
    感じるのはやっぱり戴会長が女房という野村氏とのコンビとYouTube配信コンビとでは命懸けの定義が違い過ぎるなということ。ここはCOOを廃止して経営判断を早めたと言うけど、対照的に戴CEOは野村さんを社長兼COOに据えて苦難に立ち向かう様子。果たして…。

  • 白山売却は既定路線も何も、Appleが本契約した時点ですぐにシャープも追随し決着するものとばかり思ってましたよ。それが自然でしょう。ところがAppleが本契約の姿勢を示したにも関わらず、テリーさんが5月下旬の今に至っても尚検討中というのはどういうことなのか?という話ですよね。

  • 3/31になってIRされたAppleへの一部設備譲渡の件。物件引渡日が「2020年3月31 日(予定)」となっていて、注釈には「(注)物件引渡日は、今後の精査により変更となる可能性があります。」とあり、これって今も確定していない訳ですよね?
    やっぱりシャープが建屋を買わなければAppleも引渡には応じられず、それ次第で期末の前受残高も変動するため、本決算も締められない。という状況ということでしょうか。
    でもこれ、3/31まで引っ張っても結局引渡まで至らなかった訳だから、素直に翌期に後ずれさせるのが自然と思うんですが、期末の数字においてこの200億がシビアになってた状況でもあったんですかね。本日シャープは本決算発表しちゃって、今からJDI側だけが3/31付けで白山譲渡は無理ありますよね(笑)
    こういう3/31に至っても何とかして3/31付けで計上したいとIRまでしちゃうところがF判定だなあと感じてしまう。気持ちは分かるけど。

  • いやあこれ(笑)個人の好みも大いにありますが、普通に12miniを握ったら150ドル程度の差で11の選択って無いですよ。SE2より小さいんですよ?
    そんな11とのサイズ比較がコチラ↓

    11  :75.7(横)×150.9(縦)×8.3(厚さ)ミリ、重さ194グラム。
    12mini:63.7(横)×130.8(縦)×?(厚さ)ミリ、重さ?グラム。

    バッテリーを考えると厚さは8ミリ以上は必要かなと思いますが、これが5G非対応ならバッテリー消費もSE2と同程度にでき、厚さ7.3mm、重さ148g以下だと言うなら間違いなくそっちよこせと言いたいです。
    いくら米中摩擦だの言っても、BOE製を使えば完成品650ドルに出来るとブレビンスさんが言えばそりゃクックさんも「good job」言いますよね。商売だもの。怖い株主に見張られてるもの。そもそもたかがパネルの話だし。

  • でもこの12の全モデルOLEDの話って、クオさんら著名アナリスト予想も出る前からJDI自身が村井さんのロングインタビューの中で話しちゃってるんですよね(笑)
    まだSE2が春に出るかどうかすらウワサレベルだったのに、突然「12は全モデルOLED」「2020年3月にSE2」「2021年にはSE3」という情報が村井さんも大してスクープ感を出す訳でもなくサラーっと書いてて、本当に面喰いました。

  • はい、いつもここはそーっとやり過ごすか、何か穴埋めの手当てをしてから破談を公表するかですね。改めて読み返してみておや?と思ったんですが、ウィストロンとも設備買取を選択肢に入れてるんですよね。どこの設備を念頭に置いた選択肢なのか気になりました。白山は建屋をテリーさんに売ろうとする中で設備はウィストロンなんてことあるのかなとも思いますし、じゃ他の工場の資産まで机上に乗せるかと言えばそんなのもう完全解体だし、どういう姿を想定してるのかなと。
    でもここいつも50億という調整弁のような小枠を入れてきますけど何のおまじないなんでしょうね(笑)Appleが本気でケアするならそんな額どうとでもなると思うんですが。

本文はここまでです このページの先頭へ