ここから本文です

投稿コメント一覧 (2373コメント)

  • >>No. 273

    FPGとの付き合いは長い。
    下記は私が2013年2月21日に投稿した内容。

    あれから6年半以上が経過したが、当時のFPGホルダーの多くは億り人になった筈。
    普通のサラリーマンが億の財を成すのは不可能に近い。
    株式投資はその夢を叶えてくれる。

    しっかり勉強、しっかり耐えれば、あなたにもその夢が叶うかもしれない。
    株式投資は自分との闘いですよ♪

    『褒めてあげたい。
     まさにお宝株。
     皆さん長期保有でひと財産築きましょう。 』

  • これから年末にかけて久々に強いFPGが甦ってきそうですね。
    年末には配当金もバッチリ入りますし、因業爺さんが仰るように1428円の窓埋めも楽しみにしておきます。

    やはりFPGはポートフォリオから外せない♪

  • 888円で終わってくれれば縁起が良いですね。
    大相場がくるか楽しみにしております。

  • >>No. 149

    caiさん、ご無沙汰してます。
    仕込めるだけ仕込んだので、後はその時を待つだけですが、投資家として成功するか否かは我慢出来るかどうかにかかっていると思ってます。
    我慢して我慢してがっぽり儲けましょう。

  • エスコン強いですね。
    野村も少々焦りの水準かも。
    私自身も11月~12月にかけてたっぷり仕込もうと思っていましたが、少々焦ってます。
    エスコン本領発揮が近づいているのかな!

  • >>No. 224

    今日は九州の久留米からの発信です。幼なじみといっぱいやってだいぶ酔っぱらってしまい、途中で投稿をしてしまいました。株価は上げもすれば下げもする。そうだよね初心者。
    優良銘柄は一喜一憂しなければ勝てる。

  • >>No. 125

    仰るとおりです。

    しかし初心者君は相変わらずですな。

    『 二枚舌 乾かぬうちの 三枚目 』

    まぁ、キャラクター的にも三枚目だから、放っておきましょう。

  • FPGの新たな一手!

    ◎当社初となる EETC を活用した航空機リース事業案件の組成に関するお知らせ

    当社は、航空機 4 機を対象に、EETC(Enhanced Equipment Trust Certificate)を活用したリース事業案件を組成しましたので、下記の通りお知らせいたします。


    1.案件の概要
    当社は、航空機を対象としたオペレーティング・リース事業案件を組成し、投資家に販売しております。 この度、当社は、下記の航空機 4 機を対象に、EETC を活用したオペレーティング・リース事業案件を組 成いたしました。

    EETC とは、航空機ファイナンスの手法の一つで、複数の航空機ファイナンスを裏付けに発行される証 券化商品となります。EETC を活用し資本市場からの資金調達を行うことで、1 度に大型の組成を行うこ とができます。

    (対象航空機) 2019 年製 エアバス A350-900 型航空機 2 機 2019 年製 エアバス A320neo 型航空機 2 機

    なお、本件にかかわる航空会社の名称および取得価格の公表は差し控えさせていただきます。

    当社は、今後も世界的に成長が見込まれる航空機市場における組成手法の多様化を図ることにより、リ ース・アレンジメント事業の市場シェアのさらなる拡大を図ってまいります。

  • 本日のIR
    「コミットメントライン契約の締結に関するお知らせ」有り。
    これにより来期のFPGの意気込みが分かる。
    モルスタも青ざめているかも (笑)

    ちなみに当社グループの資金調達枠総額の推移 は下記の通り。

    本件により、当社グループのコミットメントライン契約及び当座貸越契約に基づく資金調達枠の総額は、 2019 年 9 月 30 日時点で、1,336 億円となる予定です。

    資金調達枠の総額
    2018 年9月期末(2018 年9月 30 日) 1,057 億円
    2017 年9月期末(2017 年9月 30 日) 1,062 億円

  • FPGホルダーの皆さん、お久しぶりです。
    台風が過ぎたと思ったら強烈な残暑、皆さんお変わりありませんか。

    さて我らがFPG、このところ中々良いチャートを描くようになりました。

    信用買い残もピークの5月31日328.6万株から9月6日には199.5万株と遂に200万株を切ってきました。
    この間で130万株近く減少しています。

    一方、モルガンスタンレーの売り残は9月6日時点で約9万株増え55万株強、ホルダーにてとって良い傾向ですね。

    それでは、また。

  • おめでとう!
    4桁奪還♪

  • 魑魅魍魎のこの世界。
    ましてや相手は我が国を代表する悪徳証券会社、そう簡単には儲けさせてくれませんよ。

    しかし、今回の上期利益の上方修正は立派でした。
    もう下期は何の心配もありません。

    ここは営業利益率や純利益率など利益率の変化に注目すべきです。
    ゆっくり行きましょう。
    今年末までには大笑いできるのではないかと。。。

  • 連日のIR
    新規オフィス開発案件に関するものだが、千代田区九段北とこれまた好立地。

    当該新規事業用地は、東京メトロ半蔵門線・東西線・都営新宿線「九段下」駅徒歩 4 分と近く、「大手町」駅や「新宿」駅など都心の主要駅へスムーズにアクセスが可能な交通利便性の高い場所に位置します。
    また、皇居や靖国神社に近いなど、自然にも恵まれ落ち着いた環境にあります。
    この立地特性を活かし、首都圏エリア初となるオフィス開発事業に取り組んでまいります。

    【新規取得事業用地の概要】

    (仮称)千代田区九段北 1 丁目オフィス PJ
    所在地 東京都千代田区九段北 1 丁目 32-11
    敷 地 面 積 367.55 ㎡
    延 床 面 積 1622.11 ㎡
    構造・階数 鉄骨造 地上 7 階建
    交 通
    東京メトロ半蔵門線・東西線・都営新宿線「九段下」駅徒歩 4 分 JR 中央線・総武線、東京メトロ三田線「水道橋」駅徒歩 8 分 JR 中央線・総武線、東京メトロ東西線・有楽町線、南北線「飯田橋」駅徒歩 8 分

  • 今日のIR
    関西圏に比して売れ行きが悪い関東圏ですが、立地的には申し分ないと思います。

    当該新規事業物件は、東京メトロ丸の内線「中野富士見町」駅を最寄り駅とし、「新宿」駅まで直通 8 分など交通利便性の高い場所に位置しております。

    【新規取得事業物件の概要】

    (仮称)中野区弥生町プロジェクト
    所在地 東京都中野区弥生町 4 丁目 35-10
    敷地面積 1,655.20 ㎡
    戸 数 26 戸(現況)
    交 通 東京メトロ丸の内線「中野富士見町」駅徒歩 6 分
    階 数 地上 5 階建

  • 関西の大型2件(新金岡204戸と高槻古曽部181戸で計385戸)が相次いで完売。
    今期の分譲引渡予定戸数が759戸ですから、この大型2件だけでも引渡予定の5割を超えています。

    いずれも下期決算対象ですので過度の期待は禁物ですが、2Qでは会社上期予想を超えてくれば十分ではないでしょうか。

    腰を据えてじっくり投資しましょう。

  • 個人投資家向け説明会がありますね。
    8月8日と日柄も良いので、久々に参加してみます。

  • 建設ニュースによれば、5月末取得の吹田市の土地約3700平方㍍の物件、子育てにも適した住環境を活かし、152戸の大型マンションを計画している。
    (v.s. 新金岡:204戸、高槻古曽部:181戸)

    更に、先日取得した同じ吹田市の物件は北千里駅が最寄り駅で、敷地面積は約8000平方㍍と超デカ。
    敷地面積から判断すると、300戸を超える超大型マンション狙いか!

    また先日の中電との提携後の中部エリア開発第 1 号案件といい、将来への布石は万全。

    あわてずゆっくり行きましょう。

  • >>No. 58

    東風本田汽車(東風ホンダ)前年同月比77.9%増の8万3,042台は凄いですね。

    東風ホンダの第三工場は、電動化が加速する商品の進化にもフレキシブルに対応できる新工場として、4月に竣工したばかりですが極めて良いスタート。

    国内のN-BOX販売も順調、丸順にもフォローウィンドが吹いてきた感じです。

  • 2019/07/03 16:24

    国内の軽自動車販売、6月も前年同月比8.2%増と好調キープ。
    相変わらずN-BOXは国内で断トツの売上台数のようだ。

  • ※)建設ニュースより今日のニュースと6月分のエスコン関係のニュースを抜粋。

    本日の吹田市の土地を取得/分譲マンションを開発は、敷地面積は約8000平方㍍とでかいね。

    ◎吹田市の土地を取得/分譲マンションを開発
    日本エスコン(東京都千代田区)は、大阪府吹田市の土地を新規事業用地として取得した。敷地面積は約8000平方㍍。阪急千里線の北千里駅が最寄り駅で、充実した住環境を活かして開発事業に取り組む。
    2019.07.01

    ◎茨木市の土地1600平方㍍を取得/分譲事業に活用
    日本エスコン(東京都千代田区)は、大阪府茨木市の土地を新規事業用地として取得した。周辺の充実した住環境を活かし、分譲事業に取り組む。敷地面積は約1600平方㍍で、寮として使っていた。
    2019.06.26

    ◎吹田市の土地を5月末に取得/敷地面積は3700平方㍍
    日本エスコン(東京都千代田区)は、大阪府吹田市の土地を5月末に取得した。敷地面積は約3700平方㍍。マンションを開発する。
    2019.06.24

    ◎大阪東成区のマンションは9月中旬に着工/延床面積は3000平方㍍超
    日本エスコン(東京都千代田区)は、大阪市東成区にマンションを新築する。着工は9月中旬、完成は2020年12月中旬を予定している。延床面積は3100平方㍍超。 【敷地は駐車場として使っている】
    2019.06.04

本文はここまでです このページの先頭へ