IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2477コメント)

  • お別れ!

    当初予定の10万株を仕込み終えましたが、大幅な含み損状態です。(-_-;)
    これから仕込める人が羨ましい。

    新型コロナがなければ今頃、ウハウハだったと思いますが、しょうがないですね。
    いつか四桁になったら、投稿を再開するかもしれませんが、これでお別れします。

    caiさんを始め皆さんお世話になりました。
    さようなら。。。

  • 中国湖北省でのこの5日間のコロナ新規感染者数は、126→74→41→36→17人と4日連続二桁、又直近3日連続で50人を下回った。
    一方、習近平国家主席が本日、武漢市に到着した。

    [上海 10日 ロイター]
    中国の習近平国家主席が10日午前、新型コロナウイルスの発生源である湖北省武漢市に到着した。武漢市を訪れるのは、昨年終盤に感染が発生して以来、初めて。現地の医療関係者らと面会し、感染防止態勢を視察する予定だ。国営メディアが伝えた。

  • >>No. 501

    ナガオカ凄いですね。
    おめでとうございます!

    丸順は私もじっくり長期戦でまいります。

  • 国内2月「軽自動車通称名別新車販売速報(乗用車ベスト15)」(添付画像参照)について

    丸順関連車種は、1位N-BOX、2位ディズ、6位N-WGNといずれも本年1月比増、特にN-WGNは前年同月比216.5%の大幅増。

  • 村中璃子さんの話、非常に分かりやすい。
    暗闇の中で一筋の大きな光明がシクレソニド。

    今後有効性評価のための多施設共同研究発表がある度に帝人株価は。。。
    言わずもがな。

  • 本田技研工業(株)よりSupplier Award優良感謝賞を受賞しました
    2020.02.27

    1月10日(金)に当社の主要取引先である本田技研工業株式会社にて取引先懇談会が開催され、 当社が「Supplier Award 2020 優良感謝賞(パーツ部門)」を受賞しました。
    当社は、2018に開発部門、2019に品質部門、そして2020にパーツ部門と3年連続で優良感謝賞を 受賞しております。
    今後もお客様が望む優れた製品・部品を提供し、優良サプライヤーとしての競争力向上をめざして まいります。

  • >>No. 478

    丸順部品、いろんな車で採用されています。
    その2

  • 丸順部品、いろんな車で採用されています。
    その1

  • >>No. 474

    タイでの20年1月自動車国内販売台数は全体で前年同月比8.2%ダウンとなるなか、ホンダは前年同月比22.8%増の11,411台と好調だった。

  • 日系メーカーの20年1月中国新車販売台数が出揃った。
    前年同月比増はホンダのみ。

  • 【参考】

    添付画像に丸順の四半期単独業績推移を示す。
    今期3Q光る!!!

  • 最高利回りの定期預金感覚で買ったら放置。。。
    ただ、それだけ。。。

    ちょっと退屈だけど、究極の投資法かも。。。

  • 【要注意事項】
    長期では問題ないかと思いますが、短期では下記に注意が必要かと思います。

    〇決算短信41頁の期中契約高及び期末契約残高の前々期からの減少
    〇決算説明資料の6頁記載の分譲事業PJ利益率悪化
    〇直近のマンション販売状況

  • 今期に入っても自己資本比率は着実に改善しており、今3Q時点で23.8%まで上昇してきました(添付画像参照)。

    中長期経営計画(18.05.10)によると、最終年度23年3月期に自己資本比率40%を目標値としています。

    そうなれば名実ともに一流企業の仲間入り、頑張れ、丸順!!!

  • こんにちは!

    中国の武漢市では初期対応を誤ったがために、いたずらに市民の不安を煽り、病院に市民が殺到、病院内が連日濃厚接触の場となり感染者から更に家族や近隣者の濃厚接触者へと拡大、また病院での長時間待ちで体力も消耗、結果的に感染者が激増するとともに致死率もアップしたと思われます。

    添付図は感染症専門医忽那賢志医師投稿記事からの抜粋ですが、2月1日までのところ致死率が高いのは武漢市の6.0%だけ、武漢市を除く湖北省で1.4%、湖北省を除く中国全土で0.2%とちゃんと診療が受けられれば決してそれ程恐ろしい病気ではありません。
    (忽那賢志医師のレポートは冷静に現状を分析されており、皆さんも一読をお勧めします)。

    言ってみればインフルエンザよりちょっと怖い感じといったところ。

    尚、武漢の火神山医院は、新型コロナウイルスに感染した患者を治療するためのプレハブ病院で、最大1,000台のベッドを収容できるように設計され、2月3日から稼働する予定だそうです。
    又、大容量のプレハブ病院である雷神山病院は、敷地面積75,000平方メートルに最大1,600台ベッドを収納し、順調に建設が進行しており、2月6日から患者への治療が期待されています。

    新型肺炎の陰に隠れていますが、アメリカでは今シーズン既にインフルエンザで500万人が罹患し、14万人が入院、8200人の死者が出ているそうです。
    考えようによっては、中国に行くよりアメリカに行く方が、よっぽど怖いですね。

  • 皆さん、こんばんは!
    今回はお騒がせしている新型肺炎について触れておきます。

    中国の武漢市では初期対応を誤ったがために、いたずらに市民の不安を煽り、病院に市民が殺到、病院内が濃厚接触の場となり、長時間待ちで体力も消耗、結果的に感染者が激増するとともに致死率もアップしたと思われます。

    添付図は感染症専門医忽那賢志医師投稿記事からの抜粋ですが、現在までのところ致死率が高いのは武漢市の6.0%だけ、武漢市を除く湖北省で1.4%、湖北省を除く中国全土で0.2%と決してそれ程恐ろしい病気ではありません。
    (忽那賢志医師のレポートは冷静に現状を分析されており、皆さんも一読をお勧めします)。

    言ってみればインフルエンザよりちょっと怖い感じ、尚、武漢市内で突貫工事で建設された「火神山医院」は既に患者受け入れに当たる人民解放軍の医療部隊に引き渡され、2月3日から診療を始めるそうです。

    新型肺炎の陰に隠れていますが、アメリカでは今シーズン既にインフルエンザで500万人が罹患し、14万人が入院、8200人の死者が出ているそうです。
    考えようによっては、中国に行くよりアメリカに行く方が、よっぽど怖いですね。

  • >>No. 414

    新型肺炎の陰に隠れていますが、アメリカでは今シーズン既にインフルエンザで500万人が罹患し、14万人が入院、8200人の死者が出ているそうです。
    考えようによっては、中国に行くよりアメリカに行く方が、よっぽど怖いですね。

    『新型肺炎の陰で…アメリカではインフルエンザで8200人死亡
    2/1(土) 6:31配信

     中国の新型肺炎の拡大が世間を揺るがすなか、実はアメリカではインフルエンザが大規模な流行を見せている。連邦機関の疾患予防センター(CDC)のホームページには、つい最近までインフルエンザの速報値の一覧表が大きくトップ表示されていた。

     今シーズン、少なく見積もっても1500万人が罹患し、14万人が入院、8200人の死者が出ているという。』

  • 中国の武漢市では初期対応を誤ったがために、いたずらに市民の不安を煽り、病院に市民が殺到、病院内が濃厚接触の場となり、長時間待ちで体力も消耗、結果的に感染者が激増するとともに致死率もアップしたと思われます。

    添付図は感染症専門医忽那賢志医師投稿記事からの抜粋ですが、現在までのところ致死率が高いのは武漢市の6.0%だけ、武漢市を除く湖北省で1.4%、湖北省を除く中国全土で0.2%と決してそれ程恐ろしい病気ではありません。
    (忽那賢志医師のレポートは冷静に現状を分析されており、皆さんも一読をお勧めします)。

    言ってみればインフルエンザよりちょっと怖い感じ、尚、武漢市内で突貫工事で建設された「火神山医院」は既に患者受け入れに当たる人民解放軍の医療部隊に引き渡され、2月3日から診療を始めるそうです。

  • >>No. 399

    皆さんも述べられている通り、3Qは素晴らしい決算でした。

    四半期決算の累積で見ると分かり難いですが、3Q単独では過去四半期最高だった前期2Q単独を営業利益で1億以上も上回り、営業利益率では11.7%と前期2Q単独を1.4%も上回りました(添付画像参照)。

    3Q期間でのホンダを始め自動車関連産業の環境を考えればこれは凄いことで、本来であれば明日はストップ高でもおかしくない決算ではなかったかと思います。

    今後共しっかり応援していきます。

  • これもグッドニュースですね。

    『新3000tトランスファープレス機のディスタッカシステム実用新案登録』

    新3000tトランスファー プレス機のディスタッカ(材料供給)システムの構造につきまして、2019年12月 18日に実用新案登録第3224763号として登録されました。
    本システムは、一般的なバキューム及びシリンダーを用いる方式に変わり、天吊り 配置した2台のロボットと画像処理による材料位置補正機能を用いることにより 高速化、省スペースを実現しながらも高い汎用性を持つことを特長としています。

本文はここまでです このページの先頭へ