ここから本文です

投稿コメント一覧 (855コメント)

  • おつむのまわりで盆踊りして、夜道に親分子分でナンパなんてサイテー!
    ツチノコの穴にもぐって、二人抱き合って寝てください。
    もう、起きてこないでもいいです、おおかた( ̄- ̄;)

  • この夏枯れの、お盆休みに下落云々とは、

    おつむの周りで盆踊りをしているんではないでしょうか、おおかた\(⌒▽⌒)

  • 暑い中、千日前を歩いていたら、夕立にあいました。
    お店の軒先で雨宿りしていると、どしゃ降りの雨の中から、とつぜん神様が現れ、
    『あなたが探しているのは、金のパラソルですか』と聞くので、
    『いいえ、ヘリオスさんがどんな風になるのか知りたいのです』と言ったら、
    『あなたは正直者ですね』と言って、あるものを指さしました。
    これが、その写真です。

    モー列に、金色に輝くんだな、と思いました、おおかた( ̄▽ ̄*)

    ※この物語はフィクションです。実在の人物や企業とは関係ありません。投資の責任はご自身でお願い致します。

  • 政代さんは早口で、連想するのはいくよちゃん、その上、愛嬌があって、頭は切れる、まあ、天才肌そのもの。
    周囲をひっかきまわして仕事をするとか、周囲に合わす必要もないし、そんなのムダ、こんな印象です。

    政代さんは政代さんの道を、ヘリオスさんはヘリオスさんの道を歩めばいいのです。
    政代さんがヘリオスさんに不満をもらすのも、ヘリオスさんが、ちょっとなあ~と思うのも、何か問題がありますか?

    世界初のiPS細胞の技術を使って、難病、加齢黄斑平成の治癒の道を切り開いた傑出した女史、
    一時期ヘリオスさんと道を共にした人、それでいいのではないでしょうか、おおかた\( ̄∇ ̄*)

  • 加齢黄斑変性の手術は、その工程がすでに確立しています。
    まず手術のデザイン、つまり患部が人さまざまなのでその状況調べ、手術が適するかどうか、シートにするか懸濁液にするか・・・
    など簡単に十前後の工程があり、それぞれ専門の人が担当します。
    この話は二年も前に、スライドを見ながら聞いた話です。

    手術そのものは簡単ですぐに終わります。
    すでに世界初の手術が何例も成功しているのではないですか!!

    高橋先生は、Twitterなどからも眼病、そのケア(アイセンター)、眼病における社会運動など・・・
    同じ眼病が主軸でも、社長さんとはスタンスが異なります。よって今回の流れはまったくもって当然でしょう。

    日経バイオの記事ですが、これはゴシップ記事です。結論は、『温度差がある』です。
    今日も、ツチノコとその愉快な仲間たちは、複垢総出で、イタを賑わします、おおかた\( ̄∇ ̄*)

  • 『「HLAホモドナー末梢血由来iPS細胞ストック・ゲノム編集(HLAノックアウト)株」の提供開始について』
    (要検索、CiRAホームページから、以下、本文の引用)

    『既に進めている再生医療用iPS細胞ストックプロジェクトでは、75種類のHLAホモの型をもつiPS細胞を集めることで、日本人の80%以上をカバーできると考えられています。
     一方、本方法で作製されたゲノム編集iPS細胞株を用いる場合、HLA-Cの型のみそろえれば良いため、日本人の95%をカバーするために必要な株数は7株と試算されます』


    CRISPR-Cas9ゲノム編集には、ヘリオスさんがいち早く眼をつけていました。
    現行のiPS細胞ストックプロジェクトよりはるかに優良です。

    CRISPR‐Cas9の開発は画期的なもので、膨大な時間と費用が掛かっています。
    しかし、現在、これを操作するのには、一台のPCと10万円くらいの費用でできるそうです。

    政代さんの話は(一次資料もあるので)さておきますが、ヘリオスさんにとって不都合なことは何一つありません。
    さて、有望な将来性のヘリオスさんをいつ買い増すかです、おおかた\( ̄∇ ̄*)

  • 『コロンブスが死んだからアメリカへ誰も行けなくなった』と主張し、
    ノンホルが買いを指南するという、これは落語の『あくび指南』より面白そうです。

    いよいよ頭から煙を吹き始めましたね。
    ヒャッハ―投稿に火が付いたようです。

    ヒャッハーとは・・・『柴犬「ヒャッハー」のち正気に戻る瞬間』(要検索)、おおかた(⌒-⌒*)v

  • >>No. 430

    先生『コロンブスが、アメリカ大陸を発見しました』
    生徒『せんせー、コロンブスが死んだあと、それから誰もアメリカへ行けなくなったんだよね』

    ツチノコの穴に潜って、一週間ほど考えてみたらどうだ。
    素朴な疑問も解決するかもしれない、おおかた( ̄〇 ̄)

  • 今日の相場、終値マイナス5円をどう見るかについて、考えてみました。
    マイナスになったのは、ザラバの引ける直前です。

    機関はタイムアウトを見越して売り仕掛け、そして、やっとこの終値です。
    逆に言うと、下がるのなら買い増そうという買い圧力が、日々高まっていることに間違いありません。

    あと5日、機関は意地でも下げようと売り浴びせの機会を狙います。
    この板においても、いつもの愉快な仲間達が総出演で、マイナス印象の口実を探しています。

    つまり、次のIRでヘリオスさんが爆発する、その可能性は一層ましていると思われるのです、おおかた(⌒ー⌒)ノ~~~

  • 『ビジョンケアは17年に設立され、高橋さんは同社の最高技術顧問を兼務してきたが、再生医療の早期の実用化に専念するため、完全移籍を決めたという』朝日新聞から抜粋。

    再生医療が未知数という時代から、再生医療の実用化を『早期』にという認識に変わってきています。
    この間、わずか2~3年、ここにヘリオスさんの企業価値の著しい上昇という根拠をみているのです、おおかた\(^◇^*)

  • 出来高が少ない中で、+11円の意味を考えてみました。

    朝から日経先物が下落で、空売り勢はこれに乗じて売り崩すのには絶好の地合いだった。
    しかし、アンダーがやけに多い。つまり、売っても崩せない。

    買い方は、ヘリオスさんを見て、買いあがるには材料がない。
    かといって、企業価値は著しく上昇しているとの認識で、下がれば買い上がる。

    一時、売り方は売り崩しを仕掛けてみたが、結局プラスで引けた。
    つまり、このような状況で何らかの材料が出れば、一気に上昇すると思われるのです。

    明日も引き続き注視、いろいろ考えてみよっと、おおかた(⌒▽⌒)/

  • 大日本住友製薬さんのIR、カンファレンスコール説明資料から、
    加齢黄斑変性の上市は2022年を目標としているそうですね。
    企業治験開始は本年度中、さて、いつ始めるのでしょうか、おおかた\( ̄∇ ̄*)

  • 本日のチャートです。
    出来高を伴って大きな陰線の下落は、機関の空売りと考えます。
    だいたい、1465円あたりで下げ止まり、つまり、個人がつられて売らなくなった。
    大引けの間際に出来高を伴っての上昇は、個人の買いとみるか、仕手の提灯買いと見るか!?
    前者であれば明日は上昇、後者であれば朝高後に下落。
    さて、明日のヘリオスさんに引き続き期待です、おおかた( ̄ー ̄)ノ

  • みなさん、おはようございま~す!

    掲示板は極端な上げ予想と下げ予想が真っ向対立しています。
    いつもの売り煽りも沈黙、投稿数は少ないですが、緊張感だけはひしひしと感じられます。

    さて、暑い真夏のさなかに、ヘリオスさんはいかなる動きを見せてくれるのでしょうか!
    取るもの手につかず、今日もいっそう眼がはなせません、おおかた\( ̄∇ ̄*)

  • 今日もヘリオスさんは、着実に値を上げていきました。
    UNDERが日増しにOVERを上回ってきていて、MACDもGC直前です。

    日足でみても、週足でみても、一時的な下げとしか思えません。
    周期性ということを考えると、再び大きく上がっていくと思えるのです。

    先行きの不明なバイオであれば、結果を出すまでそのまま沈んでいくというパターンでしょう。
    やはり、マルチステムの有効性と適応部位の拡大、及び、いずれも治療を根本的に変える可能性を市場が認め始めた、ということではないのでしょうか、おおかた\(⌒▽⌒)

  • 戦国時代、合戦はまず双方が槍をもってずらっと並ぶところから始まります。
    うかつに前へ出ては左右から槍で突かれるので、中々合戦が始まらない。
    それを見事かわして敵方を打ち取り先陣を切るのは、一番槍といって報奨されます。

    今日のヘリオスさんは、売りも買いも数十枚単位のぶつけ合いでしたね。
    降りかかる売りに一歩も引かず、じりじりと値を上げて攻め込んでいました。
    ザラバの引ける間際に、一気に攻め込んだのを一番槍と見たらどうでしょう!

    もともと戦の得意なヘリオスさん、その出陣となれば、ただ事ですむはずはありません。
    向かうところ敵なく、一気に天空の城まで攻め込んだとしても、なんら不思議はないのです。
    ひょっとすると、ひょっとして、ひょっとするのではと思うのです、おおかた\( ̄∇ ̄*)

  • 一時的反発という見方をよそ眼に、今日もヘリオスさんは上昇しました。
    機関は気合を入れて売り込んだが、それだけ買い圧力が強かったということです。

    二次障害を抑えるマルチステムは、脳梗塞、ARDSその他の臓器疾患にも効果的と考えられています。
    一つ導出されれば二倍三倍美味しいものを、投資家はその時を待つというのでしょうか?

    テクニカルを見るに、MACD、RSI、ストキャスと、かなりいい感じでしょう。
    明日も、いっそう眼が離せない、魅惑的なヘリオスさんなのです、おおかた\( ̄∇ ̄*)

  • 1400円くらいで反転するという投稿なかったでしょうか?
    下落途上で、転換点の短期予想としては、大あたりではないですか!?

    さて、チャートを見るに、7日連続の下落でやっと長い下髭をつけて陽線出現。
    RSIもストキャスも大底から上向きに転じて、非常にいい形に見えるのです!

    ここから、機関空売りはまとめて買い戻し、信用買い残はさらに増加の一途、株価はスルスルと上がって大相場に・・・そんなストーリーはないのでしょうか!?

    投資の責任はご自身でお願いしますね。
    明日もヘリオスさんからは、片時も眼が離せないのです、おおかた\(^◇^*)

  • 選挙で与党が勝てば、一般的に政権安定で株価は上昇します。
    よって、明日、日経は上昇予想です。

    ヘリオスさんの信用買い残は前週比1846個の増加、病の使者さんはあと70円程下落との予想です。
    明日のヘリオスさんの動きはどうでしょうね、おおかた(^-^*)/

  • >>No. 183

    投資は自己責任なので、他の人に意見するようなことは考えていません。
    開発資金の調達したので一時株価が下落している、それだけです。

    売り煽りも結構ですが、いつごろまで、どんな根拠で、どれくらい下がるというのでしょうか?
    逆に、いつ頃、どんなIRで、どれくらい上がるのでしょうか?

    掲示板ばかり見ていないで、もっといろいろ考えようと思っています、おおかた(*゚▽゚)ノ

本文はここまでです このページの先頭へ