ここから本文です

投稿コメント一覧 (185コメント)

  • 2018/05/09 07:38

    ストップ高。

  • 四季報の昨年度連結見通しは上回っています。順調に業績が回復していることが分かります。中国の子会社連結化の効果も見て取れます。とりあえず420円をクリアして欲しいものです。

  • 先程総会が終了しました。
    中期計画も分かりやすかった。
    当面保有継続です。総会出席で、粗品クオカード2千円は太っ腹です。
    東京からのりょひが一部回収できました。

  • 岡三アセットマネジメントは27日、「次世代モビリティオープン」を設定する。EV関連に加え、自動運転技術や車のIT(情報技術)化に関する世界の部品メーカーなどに投資する。三菱UFJ国際投信は16日に「次世代モビリティ社会創生株ファンド」を設定した。EV関連など成長企業を中心に50~70銘柄で運用する。

  • 名証1部や東証への鞍替えは望み薄です。ただ極端に割安放置されていますので、名鉄と日通によるTOBには期待が持てます。

  • 今朝の日経1面 Next1000 直近5年間の投資キャッシュフローが多い企業の筆頭に取り上げられています。11面でも「拡大市場で積極性光る」として 1位 エフオンとして大きく取り上げられています。積極的すぎる投資を嫌う向きもいるかもしれませんが、売上高営業利益率25%とでれば食指の動く個人投資家は多いと思います。前回 NEXT1000として光製作所が噴いたことを考えると、ストップ高なんてこともあるかもしれません。

  • 今日も高値を更新してくれました。
    何か確固たる意志を持って買い進んでいる投資家がいるように思えます。
    出来高が少ないので、買い進めようとするとどうしても価格が上がります。
    機関投資家でしょうか。

  • >>No. 235

    名証2部の名鉄運輸も保有しています。名古屋銘柄が注目浴びるなら、期待できるかな?
    まさか、名証と東証が一緒になるなんていう「裏」情報を手にいれられているとか・・・。
    まさかそんなことはありませんよね。

  • 大証2部時代からお付き合いしています。不正会計の時はショックでしたが、長期保有で結果正解でした。長期にわたる右肩上がりの株価上昇に乗ることができました。ニチリンの低PERは、今始まったものではなく、大証2部時代も低PERでした。今は若干上昇していますが、PERはあまり変化せず、業績だけが伸びてきた感があります。EV化の流れ等構造変化には抗しようもありませんし、全世界的な相場動乱は避けることはできません。でもそれはニチリンだけでなく、全ての株に共通するものです。ジェットコースターは株にはつきものです。別にニチリンだけではありません。

  • 本日の下げは、1株当たり利益で昨年8月会社発表の見通しを下回ったこと、当然四季報見通しも下回った(1.3の補正しても)こと。本年度の1株当たり見通しも四季報予想を下回ったこと、110円を為替の前提としたこと等々によるものだと思います。見通しを下回ったら株価が下げる。よくあることです。
    でも、ROEは17%、成長企業にも関わらず本年度予想PERは7.7倍であること、等々を踏まえれば、まだまだ割安です。もちろん、1部昇格の期待もあります。

  • @2500円以下は割安と判断し、2つだけ追加購入しました。注目を浴びるのはまだ先でしょう。花開くことを期待しています。

  • 増配には好感が持てます。昨年8月に出した業績予想の修正で出された数値との差が気になります。営業利益、経常利益は上回るも、親会社に帰属する当期純利益は下回っています。
    今年度も控えめな数値をだしていますので、株価が大きく上放れるにはやや力不足の感があります。それでも業績・成長性等を踏まえれば、予想PERで10倍あって全くおかしくないと思われます。とりあえず@3000円目指してゆっくり始動してください。

  • 2017年12月期の業績が良いのは当然です。問題は今年度以降がどうなるかが焦点でしょう。
    明日昨年度の業績と今年度の見通しを発表予定です。為替の前提をどのように置くのか、その上で業績見通しをどうするのか。楽しみ半分、不安半分です。
    円高が気になります。

  • 日通との資本・業務提携は明らかにプラスです。新たな仕事の獲得や、単価の上昇に寄与しています。流通業界は合従連衡が続きます。最大手と組むのは悪くないことです。名鉄が親会社であることはプラスでもあります。格安(低金利)の資金調達が可能です。
    軽油高、人件費高騰がある中、第3四半期営業利益率5.7%(累計では無く、同四半期のみ)達成は見事です。例年最終四半期は営業利益が減少する傾向があります。
    純利益見通しを上方修正してきました。足下原油価格も下げ止まりです。本年中の株価とりあえず3.000円をクリアするようお願いいたします。

  • ゆっくりとですが増配してきていることは評価します。優待は個人的には好きではありませんが、1部昇格の思惑が働くかもしれないと一定の評価にはつながると思います。キャッシュリッチなので、是非とも自社株買いは行ってもらいたい。できないのであれば、せめて金庫株の消却位はお願いいたします。

  • 受注残高は第2四半期と比べて増加しています。昨年の第3四半期比でも増加しています。利益率の高い官公需の売り上げが最終四半期に残っていることがうかがわれます。昨日の下落は、下期偏重の当社業績の特性を知らない方が、あまりの進捗率の低さに狼狽して売却されたものと思います。

  • スズキは好調、ホンダも好調、もちろんトヨタも好調。欧州車も好調。電気自動車ブームといわれていますが、まだまだガソリン車の時代が続きます。とすると、ブレーキホースも売れると考えているのですが・・・。

  • 借入金も多いし、名証2部のマイナスハンディもあります。多分東証に行くことはないでしょう。でも、足下PERは6倍台です。安すぎやしませんか?
    多くは望みません、PER9倍で@3600円位にはなってください。宜しくお願いいたします。

  • ヤマト運輸の値上げの話、運輸業界には追い風ですよね。
    原油価格もそろそろ頭打ちっぽい感じです。
    第3四半期決算期待しています。

  • 最低購入単位が50万円超えてきたから、いっそのこと2分割とか1.3分割とかしたらよいのでは。
    四半期毎の数値を見ると第1四半期、第2四半期、第3四半期と営業利益が減少しているのが気になります。

本文はここまでです このページの先頭へ