ここから本文です

投稿コメント一覧 (476コメント)

  • 皆様お久しぶりです。

    日曜日UPRに観戦に行きました。

    遅まきながら三試合の感想を感想を。

    第一試合は宇部鴻城の貫録勝ち、第二試合は宇部が勢いで押切り、第三試合は宇部商が我慢比べを制した、
    といったところです。

    今日宇部が宇部商に勝ったみたいですね。後で何とでも言えますが、予想してました。

    とにかく振りが鋭いです。走塁も積極的に次の塁を狙う。実は初回に無死一、三塁のチャンスがあったんですが、ランナーが飛び出してトリプルプレーを食らっています。

    今週刊少年マガジンで連載中の「ダイヤのA」に出てくる鵜久森高校の実写版みたいな感じです。
    最近急激に打力がついてきましたよね。今年も三年前の
    一番竹中、二番福島、三番松岡、四番大西とタレントがそろっていた2010年に匹敵する
    打力を持っています。
    エース中田君は岩国の東君みたいな感じ。テンポよくマイペースに、相手の智力を利用して打ち取る
    頭のいいピッチャーだなあと思いながら見てました。

    原野監督ですが、何か打撃に関する理論を持っているんでしょうかね。見ていて超攻撃的で楽しいですよ。


    宇部商ですが、監督が代わって守備力がかなり向上していますね。特に二遊間の守備が目を引きました。
    セカンド浜口、ショート古味のコンビは山野、豊田を思い起こしました。

    打線は一番波津野、三番原田、四番浜口と、これもタレントがそろっています。
    浜口君は言うに及ばず、一番の波津野君は抜群のバットコントロールで宇部工業の和崎君を左にした感じ。



    観戦記はまた気が向いたら書きたいと思います。

  • >>No. 19975

    久しぶりの投稿になります。

    今シーズンは何かと忙しく、とうとう生観戦する機会が全くないまま結局中国大会の準決勝、決勝
    のみテレビ観戦でした。(準決勝は録画だけど)

    中国大会優勝並びに神宮大会出場おめでとうございます。巨人は負けたけど・・・
    県勢では07下関商以来かな。

    久しぶりに「強い」岩国を見ましたね。某巨大掲示板では21世紀最強との呼び声も高く、(岩国高校野球部史上という意味で)
    投手柳川は梅本君みたいなピッチャーだと言われていますね、、、

    僕が見た感想ではまだ08、09のほうがチームとしてのバランスは優れていたように感じてしまう。もちろん好みもありますが。
    思えば08春の中国大会も倉敷商相手に終盤まで4-0だったんだよね。8、9回と森脇君が打たれて負けたけど・・・。

    柳川投手は04梅本、というより06夏に二番手として登板していた内田投手を思い出しました。

    私学の台頭と宇部商の衰退で岩国も甲子園がかかったタイトルは今後厳しいかな~と思っていたけど、
    昨年の岩国商といい、岩国勢は勢いがありますね。公立王国顕在ってところをアピールしてほしいね。

    高川も早鞆、宇部鴻城、柳井学園と各地区を代表する私立校が相次いで出場してるので焦りもあるでしょうが、
    今選抜に出場すれば施設面からも高川1強状態を築けるかも・・・?

  • 気が早いけど週ベの選抜特集号での岩国の評価はどうかな。

    神宮ベスト4とはいえ5回コールド負けはマイナス材料。B評価が妥当かな。

    以前の宇部商みたいにこれでCランクなんてことはないよね。

    それと高川。また微妙な位置にいますね。数年前の華陵みたいに悲劇のチームにならなければいいが・・・。被るんだよな、印象が。

    四国の二枠目が明徳になった場合、中四国5枠目争いは池田との一騎打ち。
    知名度、人気、集客力、どれをとっても勝てる要素がない。
    まあ地区大会の結果を見れば高川なんだろうが同一件から二校という地域性が弊害になってしまうし。

    選抜の結果、期待度うんぬんより今後の県勢のレベルアップのために出場させてあげたいのが心情なんだけどね・・・。

  • >>No. 20231

    ふ~。
    有馬記念はなんとか当てたけど、オルフェーブルとゴールドシップ
    はガチガチだったから3連単でも5000しかつかなかったか。

    ゴールドシップを応援していた者としてはあれだけの差をつけられるとちょっとショック。

    しかし、WINS小郡はすごい人だった。ダービーより多かったかも。


    さて、では本題を。

    数年前まで自分が勝手にこの掲示板でやってたやつ・・・
    私が選ぶ「今年のベストゲーム」をやってみようかな。

    でも今年は野球観戦の機会が殆どなく、秋の大会に至ってはいつの間にか終わっていた。
    だからベストゲームを選ぶにはちと品不足なのです。

    そこで、今回は今年の、ではなく、学校単位での「過去のベストゲーム」を5傑ほど並べてみようかな。テレビ、あるいは現地観戦したゲームに絞って。
    あんまり多すぎても煩わしいので、ん~・・・そうだな。
    自分の気になる学校でよく観戦に訪れたトコロ・・・

    岩国
    宇部商
    南陽工
    華陵
    宇部鴻城

    の順にあげてみます。

    まずは来春の選抜当確の岩国から

    1位 03夏 甲子園二回戦
       対広陵 12-7○

    2位 03夏 県決勝
       対宇部鴻城 7-4(延長13回)○

    3位 07夏 県準々決勝
       対宇部商 6-3○

    4位 07夏 県準決勝
       対下関商 5-3○

    5位 08春 中国大会1回戦
       対倉敷商 4-5


    では感想を

    1位 
    これは言わずもがな。
    今世紀の県勢甲子園におけるベストゲームでしょう。
    選抜で優勝を果たした広陵。
    そして現巨人の西村を圧倒。この年の広陵のレギュラーは1年藤川、2年上本を含め4人がプロ入り。
    そこに乱打戦で力でねじ伏せたんだから凄く嬉しかった。
    6回の津山のタイムリースリーベースは今でも記憶に残ってます。

    2位
    これも県決勝戦のベストゲーム3傑には入るんじゃないかな。
    玉峰が9回に同点ホームラン打たれた瞬間「負けた」と思った。

    3位 
    宇部の人間からしてみれば、まるで悪夢のような試合。
    力の差があっただけにかなりショックだった。
    この年の岩国は本当に「組織力」が高かった。チームの完成度では歴代ナンバーワンかもしれない。
    グラウンド、ベンチ、スタンド、そして学校が一つになってつかんだ優勝だと思う。

    4位
    その完成度が出たのがこの試合。8回、3点を取られて尚一死一、二塁で4番の岡田。
    三遊間への痛烈なゴロをショート植田がミラクルキャッチ。そしてなんと三塁で封殺。
    キャッチングもさることながらこの判断力には頭が下がる。
    このプレーがなければ逆転負けを食らってたと思う。甲子園ではいろいろあったけど、この選手のこのプレーが甲子園に導いた。
    この大会の敢闘賞かな。

    5位
    迷ったんだけどね。ほかにもいろいろ考えた。好永要する宇部商との延長15回の試合とか、
    岩本の南陽工をコールドで沈めた試合とか。
    でもあえてこれにしました。

    見どころは4点目を取ったところ。一死満塁でファーストすぐ後ろのめちゃくちゃ浅いライトフライで
    代走で出てきてたサードランナーがなんとタッチアップで生還。
    このプレーには球場全体が騒然としました。
    岩国には珍しい継投策とか、例年とは違う岩国野球を見られましたね。
    歴代の投手の中でもこの試合先発した橋田投手が一番好きでした。ショート兼任だったけどね。

    宇部商篇は次で。

  • >>No. 20234

    では宇部商編です。

    宇部商といえば「ミラクル」ですね。
    本当にキリがありません。そのなかで印象に残った5試合を挙げます。


    1 95春 センバツ甲子園 1回戦
          対桐蔭学園10-9○

    2 04秋 中国大会決勝
          対関西 12-9〇

    3 02夏 県3回戦
          対小野田工 8-7〇

    4 03夏 県準々決勝
          対岩国 0-1●

    5 07春 センバツ甲子園1回戦
          対日大藤沢 4-3○


    では1位の対桐蔭学園の試合から。
    この試合を見たときはまだ中学生でした。
    左のサイドハンドの三分一投手がとても印象的でしたね。
    試合は初回に6点先制されながら一気に追いつき、突き放されてはまた追いつき、
    最後は逆に突き放す、というものすごいシーソーゲームでしたね。
    でも不思議とまったく負ける気がしなかった。
    途中で出てきた桐蔭の2番手投手がやたら笑っていたのをよく覚えています。

    2 関西戦

    これはもっと凄まじかった。
    まあもっとも宇部商らしい試合といっていいかな。
    確かエース好永を温存して二番手の江本先発→工藤にスイッチ→また江本に戻す。
    こんな継投だった気がする。
    相手の先発は1年生のダース投手。試合は5回までに8-0と関西のワンサイドでしたね。
    ところが6回以降はまるで違う試合を見ているような展開。
    この試合から伝説になる「ダース劇場」が始まったんですよね~。

    3 対小野田工戦

    これはね~・・・まだ高校野球を見始めて間もない頃だったからよく覚えてる。
    山口県内は宇部商しか強いところがないと思っていた頃だから。
    きっと県大会ぐらいはぶっちぎりで勝ち抜くんだろうな~と思ってたら、、、
    まさかの大苦戦。あの宇部商がここで散るのか・・・って思って。
    この試合からです。バックネット裏で試合を見始めたのは。で、
    あの宇部商の野次将軍の存在もこのときはじめて知りました。

    4 岩国戦

    エース弘中と大伴の投げ合い。本当に手に汗握る、とはまさにこのこと。
    宇部商の先発は確か左サイドの河田投手だったかな。で、6回からエース弘中にスイッチ。
    宇部商のほうが押し気味だったんだけどね。やっぱり執念かな。前年に大敗した岩国の。
    決勝点はこの大会唯一の弘中投手の自責点になりましたね。
    最後に打ったのは、藤田やったっけ、大伴やったっけ?

    5 対日大藤沢

    この試合はなんか・・・今にして思えば玉国監督の置き土産的な感じでしたね。
    林のホームランは今のところ選抜では最後のサヨナラ本塁打になってますね。
    4点のうち3点は林君の打点。内野ゴロとスクイズ、そしてホームラン。
    後の1点は高橋の内野安打だったと思う。
    欲を言うと、この年の代まで玉国さんに指揮して欲しかったな。


    南陽工編は明日にします。一日1コずつ。

  • >>No. 20235

    では南陽工編です。

    山崎監督が就任されて以降の試合が中心ですが、ご容赦を。
    周南地区なので観戦機会が少ないですでど。

    1位 06夏 甲子園2回戦 
           対駒大苫小牧 3-5●

    2位 10春 中国大会1回戦
           対広島工 0-1●

    3位 09春 センバツ二回戦
           対PL学園 2-1○

    4位 05夏 県準々決勝
           対下関中央工 0-1●

    5位 08夏 県準々決勝
           対宇部商 4-2○

    はい。
    見ての通り負け試合が多いです。そして投手戦、競り合い。南陽工の特徴を表しているのかもね。

    では1位。
    現楽天の田中要するあの駒大と。抽選後のインタビューで
    「対戦相手が決まった瞬間の気持ちはどうでしたか」という質問に対して、佐伯主将の
    「しょうがないですね」というコメント。隣にいた駒大の本間君の苦笑い。
    このコメントは県の高校野球ファンの本音でもありましたね。「勘弁してくれ、と」
    実はこの年、南陽工の選抜が決まったあと「な~んか駒大と当りそうだな~」って思ったことを覚えてます。(こちらの掲示板でもコメントしています)
    まさか夏に当たるなんてね。ちなみに春は駒大が3年生の不祥事で出場辞退。代わりに北海道栄が出場しています。(早実とやったんだよね)

    肝心の試合の方ですが、内野のエラーがらみで3回までに4店のビハインド。
    そして3回途中から村岡投手がリリーフ。
    そして5回二死からここまでパーフェクトに抑えられていた田中から5番仲野のレフト前ヒットを皮切りに、
    バッテリーエラーを含め1点返すと、7回には負傷退場した4番・立野の代役山田が1点差に迫るタイムリー。
    しかもこの夏の公式戦初スイングで、しかも初球。あれには驚いた。
    リリーフ村岡の好投で中盤以降は押し気味に試合を進めていたけど、8回にタイムリーを打たれて
    ここで力の差が出たか、と思いました。
    田中投手はこの試合が一番苦しかったと言ってましたね。体調も悪かったんだろうけど。

    2 広島工戦

    この試合は岩本投手につきますね。プロに行った岩本投手と石田投手との投げ合い。
    岩本君は体が二回りは大きくなっていて、1年時に見た時とはすごく印象が変わりました。
    すっかり本格派としての雰囲気を持ってましたね。
    でも結局試合はそんな岩本を援護できず。4番目代にも当たりが出ずに結局3安打完封負け。
    やっぱり打てなかったんだな~。

    3位PL戦
    これはみなさん覚えてるでしょ~。
    なんつっても9回でノーヒットノーラン食らってたんだから。
    でも不思議なもんよな~。宇部商といい。普通負けとるで。それを勝っちゃうんだから。
    延長戦で一死から二番竹重のレフト前ヒットの後4番国弘、5番高木、6番水井の3連続タイムリー!
    今見ても興奮するでよ。
    てゆーか、、、なんでそれが9回まで出来なかったんだ。と思いました。(疲れとプレッシャーやね)
    あの完全試合とか無安打無得点とかがかかってくると足引っ張る材料になるから嫌でしょうね。
    勝因はもちろん岩本君の粘投。
    そして得点した後のライト中川のポジショニング。
    あのライトフライは普通なら三塁打になってる。先頭打者だったから余計に光ったプレイでした。

    でも来年の3月であれから5年・・・早いね~。

    4位 下関中央工戦
    これは泣くに泣けない試合だったと思うぞ。
    2回に先取点とられてそのまま終了。
    下関中央工の剛腕磯部と当時二年だった仲野の息詰まる投手戦。
    でもこの敗戦が翌年の春夏連続出場につながったんだろうね。

    仲野君は今セントラル硝子宇部で軟式野球をやっています。

    5位 宇部商戦
    ここにどの試合を置くか本当に迷う。
    秋の中国大会の開星を入れようか、中京との試合にしようか迷った迷った。
    ほかに候補はまだあったけど、これにしました。
    三上擁する春の覇者・宇部商を破った試合。これで宇部商は次第に衰退していきましたね。

    明日は華陵です。


    イヴの夜に何やってんだ俺は・・・

  • >>No. 20237

    00年代中盤から一時代を築いた華陵です。
    公立ながら私立並みの戦力と強力打線で中国地区を席巻しながら甲子園出場は
    21世紀枠出場を含めわずかに2度とは少しさびしい気もしますが、、、
    母校宇部鴻城以上に応援していた学校です。

    では。

    1位 06秋 中国大会準決勝
           対関西5-6●

    2位 08春 センバツ1回戦
           対慶応 1-0○

    3位 07秋 中国大会準決勝
           対八頭 2-4●

    4位 09夏 甲子園1回戦
           対立正大淞南 0-1●

    5位 06秋 中国大会1回戦
           対倉吉北 6-3○



    1位 関西戦
    この掲示板で思い出の試合としての登場はたぶん4回目ぐらいです。
    どうしてもネームバリューから関西有利との声が多かったですが、
    先の準々決勝を見る限りほぼ互角とみていました。
    相本投手が4点以内に抑えれば勝機はある、と。

    試合は初回からシーソーゲームの様相を呈していました。
    初回に一死一、二塁からのダブルスチールと4番藤井のタイムリーで先制するも直後に同点。
    その後3番中野のツーランホームランで再び突き放すも激しく食らいつく関西。
    7回には一死二、三塁から2番田熊がピッチャーゴロ。ファーストへの送球間に
    サードランナーの相本君がホームへ突っ込むもタッチアウト。
    まさか走らねえよな、と思っていたらほんとに走った。「うわー!!」って思って。
    あれはピッチャー心理だよな。次打者はこの試合当たっている仲野。一塁は空いてるから敬遠の可能性が高い。
    だったら、、、と思ったんだろうけど、ちょっと無謀だったね。でもそれだけ執念を感じた。

    最後は延長12回。、ラストバッター谷のタイムリーで関西がサヨナラ。ライトが若干浅めに守っていたけど仕方ないとは思うけど、
    厳しいことを言うと山野君にはあの打球は捕って欲しかった。グラブにあたったんだけどね。

    この試合3番仲野が大当たり。好投手中村から5打数4安打2ホーマー3打点。
    翌春の選抜に出ていれば結構いいとこに行けてたんじゃないかと思うけど、
    この前の第一試合で宇部商が9回に三上のホームランで2点取っちゃったんだよね。
    関西が優勝でもしてくれれば出場できてたんだけどね。惜しかった。


    2位 慶応戦
    僕の甲子園初観戦がこの試合です。
    冷や汗をいっぱいかきました。なにせスミ1やもんの~。
    三塁にランナーを置くこと6度。三者凡退は6回の1度だけ。
    何かに取りつかれたかのようにスコアボードに0が並んでいく。
    8回には慶応が勝負をかけた盗塁を読み切って見事に刺したし。森川君ナイス!
    このチームは荒削りだったけどエース宇野を中心としたディフェンシブなチームでしたね。

    3位 八頭戦
    慶応との試合に匹敵するほどの大熱戦。相手エース平木はスローカーブをうまく使って
    かわすピッチング。
    最終回に宇野がライトポール際に放り込んだ同点ホームランは感動しました。
    結果負けましたがこれは甲子園にいけるな、と確信しましたね。
    宇野君のストレートが妙にシュート回転していたのをよく覚えています。

    4位 立正大淞南戦
    これは監督が舞い上がっていたのかな?
    ノーアウト二塁で三番末永に送りバントのサインを出して失敗。
    安達君の神がかり的なピッチングよりも先に攻撃面でのミスのほうが目立ってしまった。
    最後は唯一の失投を7番打者にホームランを打たれるとは。
    勝ってたらやっぱりいいところ行ってたんじゃないかな。

    5位 倉吉北戦
    この試合は最後にドタバタしましたね。
    最終回まで安心してみていられたのに、9回の頭から宇野にスイッチ。
    その宇野君が大乱調。押し出しを含み3点を取られ、再び相本君に。(ライトに置いていた)
    帰り際にスタンドで見ていた人と「たとえ勝っても次に響くよな~」って話しながら帰りました。


    ここには出していませんが、05年のチームが一番好きでしたね。
    大浪監督は熊毛南に異動されたとか。
    県内における「甲子園請負人」ですね。

  • >>No. 20238

    宇部鴻城編です。

    わが母校だから最後にしたわけではありません。

    1位 12夏 甲子園1回戦
           対富山工5-4○

    2位 12夏 県3回戦
           対宇部商5-4○

    3位 08夏 県準々決勝
           対華陵 2-1○

    4位 05夏 県準々決勝
           対柳井商8-9●

    5位 99夏 県1回戦
           対下関一8-1○

    1位 富山工戦
    この試合は夏初出場で初勝利、しかも現地観戦でした。
    試合後の効果斉唱は感慨深いものがありましたね。
    試合は3回までにホームランを含む4点を奪われ苦しい展開に。
    しかしその裏先頭の9番友永のライト前ヒットから3点を返し、なんとか試合を作りました。
    最後はセカンドのサヨナラエラーという結果になりましたがとにかく勝てて良かった!

    2位宇部商戦
    2回戦の宇部工戦のほうが試合内余は白熱していましたが。宇部商戦は夏初勝利なので
    こちらで。

    先発は二番手金丸。先取点を取ったもののすぐに返されまた取り返すというシーソーゲームに。
    終盤金丸から笹永にスイッチし、9回二死満塁で1番小田。
    大きな当たりがセンターへ飛ぶんですがなんとかグラブに収まり、宇部商戦夏初勝利。
    これで勢いがついたかな。

    3位 華陵戦
    未だに宇部鴻城史上最強だと思っている世代です。
    これは永岡、宇野の投手戦。
    秋に同じスコアで敗れていますし、相手も応援している華陵ということで複雑でした。
    2回に1番木村の二塁打で先制するとスコアは動かず9回へ。
    先頭の山野のレフトポール際への大きなあたりにヒヤリ。その山野が出塁、二死3塁で
    宇野のものすごいサードゴロを捕球。終わったと思ったら送球エラー。同点。
    その裏に二年川内のヒットでサヨナラ。でも外野が定位置だったら捕られていたと思うけどね。

    4位 柳井商戦
    尾崎監督に可能性を感じた試合。
    一時は5点リードされるも1番乙丸のヒットなどで逆転。
    しかし最後は途中出場のセンター永松の捕球ミスで逆転を許してしまいそのまま終了。
    勝った柳井商はその年宇部商に敗れ準優勝。この年はシード校がそのままベスト8にコマを進めましたね。

    5位 下関一戦
    この世代も黄金世代でした。宇部市の少年野球のドリームチームといってもいいくらいです。
    入学直後にメンツを見ると知っている人たちばかり。こりゃあ甲子園に行くかもしれないと大いに期待したものです。
    ドリームチームといっても特待生はほとんどおらず、かといって誰かの呼びかけに集まったわけでもなく、
    県立の進学校を受験して失敗した人達もいて、野球部はみんな成績が良かったですね。
    秋は県大会で準優勝して中国大会に初出場。
    夏は監督交代などでこの後の2回戦で魚住投手擁する早鞆に敗れるわけですが、
    今の宇部鴻城の基盤を作ったのは間違いなく彼らなのです。


    どうでもいいことだけど、この年の野球部員は全員同じクラスでした。

  • 最近忙しくて中々情報を得られません。

    選抜の組み合わせ抽選のこともすっかり忘れて岩国が開幕戦を戦うこと
    も一昨日知りました。

    で、昨日の夜中、こんな夢を見ました。

    甲子園の夢です。

    家でテレビ観戦していました。試合やってます。
    でも何故か宇部商なんです。
    試合は0-0の4回表に二死一塁からショートゴロ→二塁悪送球で一、二塁。
    で、次打者の中尾くんがレフトポール際へ先制の3ランホームランを放ち、
    その裏に二死一塁で今度はセカンドの送球エラーで同じく二死一、二塁のピンチに
    なったところで途切れました。

    そういえば一昨年の夏も去年の春も甲子園の夢を見ましたね。
    でも流石に出場校が違う、なんてことはなかったな。

    あ、ちなみに今回の夢の中の宇部商の相手は神村学園ではなく常葉菊川でした(笑)

  • Q1.今回で何回目の参加ですか?

    A.たぶん8回目ぐらい

    Q2.今回の目標、意気込みなどをどうぞ

    A.楽しめればいいや

    Q3.優勝する学校を1校だけ予想してください。(総得点の2倍。名人戦ポイントに加算します)

    A.岩国(本気で狙ってます)

    Q4.あなたが今年の選抜で楽しみな学校を2校教えて下さい。

    A.岩国、池田

    Q5.あなたが四番でキャプテンだったとして、どこの学校で甲子園に出たいですか?
       (ひとつ教えて下さい)

    A.絶対宇部商!!

    Q6.あなたが好きな寿司のネタを2つ教えてください(野球と関係ねぇ)

    A.ウニ、エビ

    Q7.最近気になるニュースは何ですか?

    A.STAPやろ。小保方さんの心境や如何に。

    Q8.つん(管理人)を漫画、アニメのキャラでいうなら誰を想像しますか?

    A.大空翼君

    Q9.最後に何かひとことどうぞ

    A.親戚の子が今中学生なんやけど、高校はPLで甲子園行きたいって言いよる。
    でも父親は宇部商OBやし、俺の職場にPL野球部OBがおって
    その人に聞いたらPLはやめとけって言う。

    どうしよう。

  • 俺は55人目ってことで。

    ○岩国-神村●
    ○山梨学院大-福知山成美● 自動w自己w
    ○小山台-履正社●

    履正社あんまり信用できない・・・去年も岩商にあっさり負けたし。

    まだ初日だし、冒険してみるべし。よろしくお願いします。

  • >>No. 115976

    ややこしくしちゃったみたいでスミマセン。

    いまから書くことはどうでもいいことだけど、
    第3試合に出てくる小山台って管直人さんの母校なんだね。
    宇部から東京に行ったのは知ってたけど、転校先の学校までは知らなかった。


    今小山台のデータ見ようと週刊朝日の情報欄見てびっくりしたよ。

  • 勝つと思ってたところが全部負けていきよる。
    岩国が見せ場なく負けたのはショックだった。
    近年山口県内のチームの中でもトップクラスの力があっただけに。
    夏にもう一度出てきて欲しいね。


    ○駒大苫小牧-創成館● 自動w
    ○池田-海南●
    ○日本文理-豊川● 自己w


    海南は岡本君の離脱は痛すぎる。
    池田は練習試合9連勝が不気味。ピークが過ぎてなければいいが・・・

    第3試合は面白そう。
    昨夏から西脇、豊川、山梨学院と駅伝の名門が甲子園にやってくる。
    文理の評価が高いけど、意外と接戦になりそうかも・・・。
    愛知の春は名電の印象が強いけど、至学館といい、群雄割拠になってきてるのかな。

  • 文理・・・
    豊川やっぱり愛知代表。勝負強いな。

    ○沖縄尚学-報徳● 自己w
    ○足利-東陵●
    ○佐野日大-鎮西●

    田嶋君楽しみ・・・

    よろしくお願いします。

  • やっと全勝。
    佐日の田嶋君評判通りです。
    英明の松本投手を思い出したよ。

    明日は難解なゲームが続くな。

    ○智弁学園-三重●
    ○美里工-関東一●自己w
    ○明徳-智弁和歌山●自動w

    むずい・・・

  • 本日2勝1敗。事故w1

    美里・・・

    ○新庄-東海三
    ○今治西-桐生一●
    ○平安-大島

    ホントに今回は厳しい。データ見ないでやってるのもあるが・・・

    >3Lさん

    >午後はやる気なしです
    美里工、入れ込んでいただけに春は終わったかのような錯覚に

    いや~気持ちわかるぜ~。
    俺も昼仕事の合間にテレビつけたら・・・
    2-0で沖縄が勝っててよ、「関東一高7回裏無得点!ツーアウト一、二塁のチャンスを生かし切れませんでした」
    って実況聞いてこりゃ勝てる!→1時間後携帯で結果確認で撃沈。

    以下愚痴です。

    まだ沖尚残ってるからいいじゃんか。俺らなんか開幕して約3時間後に終戦は切ないぜ。
    そういや今日同僚に「そういえば岩国ってどうなった?」って聞かれたよ。切ないぜ~。
    期待できるときの郷土代表は何故か勝てんよな・・・ベスト4狙えると思ってたのによ~。
    「あの神村に負けたんだから仕方ないか」って思わせてくれよ神村~。
    夏は前橋が優勝してくれたから救われたのと同時に複雑だったわ~。

    しかし栃木が二校出場で同じ日に試合して両校ともに勝って、和歌山は両校初戦敗退か。
    沖縄、東京は一勝一敗、鹿児島は明日の大島待ちなんやね。
    栃木の人達嬉しいやろな~。決勝で当たったらええね。可能性あると思うよ。
    同県決勝見てみたい!

  • 訂正です。

    ○新庄-東海三●
    ○今治西-桐生一●
    ○平安-大島●

    よろしく。いらんことばっかり書くからこんなことになるんよ。

  • 今回ホントにだめやわ。

    ○横浜-光星●
    ○神村-成美●自動、自己w
    ○履正社-駒大●

    二試合目は力は京都の方がああると思うが応援ってことで。

    成美が「せいび」じゃなくて「なるみ」で変換できるのが面白いw
    名前で応援したくなるw

  • きゃああああむぃいいいみゅぅうううううるゎぁあああああああああ!!!!!

    なるみちゃんの方が強いと思ってるなら素直に成美に○つけちょきゃええんよ!
    これじゃから応援予想は・・・

    ○豊川-池田● 自己w
    ○足利-沖尚●
    ○佐日-智弁● 自動w

    こうなったらトコトン応援予想してやる。
    栃木の同県決勝見てみたいと言った手前、足利に●はつけられません。

    >ゆかぴー
    結婚&出産おめでとう。
    横浜敗退残念でした。
    具なしラーメンうまかったか?
    チキンラーメンやろ?チキンラーメンと言え!あれは具がなくてもうまいからな。

    ちなみにウチの夕食はチキンの腿肉やったぞwうまかった。

    明日以降も「キチンと」予想しようっと。

  • 池田残念でした。
    でも豊川の田中から1点取ったのは夏につながると思う。例えタイムリーじゃなくてもね。
    全盛期の池田が何故人気があったかわかりました。
    ホントに応援したくなるチームです。しかも強かったんだから。人気が出るわけだ。
    夏も池田が見てみたい。連続出場で本当の意味での「古豪復活」になると思うよ。

    豊川は初出場ながら優勝を狙える1校だと思う。


    では予想です。

    ○明徳-関東一● 自動w
    ○桐生一-新庄●
    ○光星-平安● 自己w

    気が付いたら最下位とは。
    今回は中々モチベーションが上がらん。競馬にハマってしまい
    しかも一昨年夏に母校の甲子園初勝利を現地で見て以来なんか醒めてしまった・・・

    でも楽しいw

本文はここまでです このページの先頭へ