IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (178コメント)

  • 最近の傾向かなにか知らないけど、何でもかんでも同じように綺麗な絵にする。

    水木しげるさんの鬼太郎をアニメ化するのに、合わないキャラクターが周りにウロウロ。
    元の良さがどんどん失われていく。 何でもかんでも同じような可愛いキャラにしないで欲しい。 周りの通リすがりの人も全部、水木さんの描く少し薄気味の悪い顔をしていてもらいたい。 作者の個性を消したら、古き良き時代の心に響く作品は生まれなくなると危惧します。

  • キーボードからの入力 お疲れさまでーす。

    ブックオフを梯子して、梯子して、
    『ピンポン』①~⑤のセットを3000円でゲットしました (*^^)v
    チョコチョコこま切れの時間で読みたくないんですけど・・・・
    まだ2巻ですが、いい!とても好き。
    なんかみんな愛しい。
    バタフライジョー、小泉先生がいい! 愛があるし、笑える。
    ペコ、月本くんの実力を見ぬいているんでしょ自分より上だって? まだハッキリしていないけど・・・。 展開を想像しないで楽しむつもりなんですが・・・・推理マニアだから・・・。

  • >>No. 132

    そそ。 ミノタウルスの皿、気楽にヤロウよ・・・読後感が💦 じっとりと汗ばむ感じ。考えさせられるんですよね。 なんか哲学が入ってない?

    あ~あ”っ  劇画オバQはあまり読む気がしなくてとばしたの。後で読もうかなって。(汗)
    で読んでない💦 もう手元にないです(涙)

  • >>No. 135

    カンビュセスの籤も怖いですね。後味が・・・・
    「もの食う人々」だったかな? 船で漂泊してやはり食糧がつきてしまうんですが、その時にウミガメの肉だと言われて食した肉が実は・・・・事実を知って後に後悔から命を絶つ・・・
    そこまでして生きる必要があるのだろうか?
    皆ともに命尽きればいいじゃないか?   な~んて。


    え~~っ 劇画オバQ 読むなと言われれば、ますます読みたくなる。
    ずっと後を引くと言われれば、すぐに探しに行きたくなる。 天邪鬼です。

  • >>No. 136

    興奮して熱く語りたくなるわけが分かる気がします。

    はい。ひとつひとつのセリフが深いです。
    感動的だし、味わいがあるし、吹きだすほど面白い。 センスが抜群です。
    5巻まで読み終えた時、私のベストオブザベストになるでしょう。

  • >>No. 137

    数年前、アメリカで日本の少女漫画が翻訳されて、学生たちの間で大人気になったとTVで紹介していました。 単なるラブストーリーでした。読んでいない作品ですが、よくありそうな少女漫画でした。 (読んでもいないのに)こんな程度のコミックで大流行って?と感じました。

    ブラックジャック、サザエさん、植田まさしさんの4コマ漫画などは英訳されているのをよく見ます。
    翻訳する時に、微妙な表現をどう訳すのか難しいところだと思います。
    たぶん言い回しで作品が別物になりそうな心配はありますね。

  • >>No. 138

    そういう発言をする人ほど、くだらない人物です。

    お笑いをバカにする、バカに出来る人っていったい?

    だって 誰でも笑って暮らしたいじゃないですか。 楽しい人生をおくりたいですよね。
    誰かといて笑顔になれれば最高だし、声をあげて笑っていたいですよ。
    人を笑わせられる才能は何にも勝ると思います。
    偉そうなことを言って自分を高く評価してもいたい人たちの、自己満足の話を聞いて感動や笑いはおこりません。 海外では真面目な場面でもジョークや小話がでて笑いをとるようです。
    日本のお笑いとは次元が違うのでしょうが。

  • >>No. 139

    すごいな。 ちばあきおさんもご存知でしたか。 まいった💦

    ちばあきおさんは私の父が大好きで、全て父が集めました。
    短編集もいいですよ。

  • >>No. 140

    「もらい水」は勘違いでした。 似た話なんですが、私が言いたかったのはタイトルが出てこない💦   もちろん「もらい水」もいいですが。

    年老いた母親が、息子夫婦に何かと金銭をせびるんです。
    息子たちが旅行や食事に誘っても、留守番をするからその分の小遣いを現金でくれって。
    いつもいつも金、金って守銭奴のように。 で、行く当てもないその母が時々外出するので、後を追ったら・・・・・というお話し。 ボロボロと涙がこぼれますよ。

  • >>No. 148

    夕方、ブックオフだ――――――!! (*^^)v

  • >>No. 149

    息子の手術代を完済して、気が緩んで倒れたお母さん。
    息子は、今度は自分が生涯かけても母の治療費と払うと宣言するんですね。
    結末が、「もらい水」の真逆。


    あ~あ。 手塚全集欲しい・・・・
    でも最近めっきり目が悪くなって、活字を追えないんです。
    もともと、ゆるくて、軽くて、サラーっと読めるのが好みなんです。
    手塚作品は気合を入れて読まなくてはいけないから・・・・💦

  • >>No. 150

    あ。いいな。お兄さんが集めてくれたなんて。
    私は上から3番目でしたから、お年玉も全額、漫画だったし。 高校でバイトした月給もほとんど漫画でした。 弟たちは、私におんぶにだっこでした。 後に貢献してくれましたが。


    ちばあきおさんは作品からも伝わるように 大変真面目な方でした。
    最高傑作ばかり残されました。 期待される中 追いつめられたのかもしれませんね。
    残念です。

  • 少し余韻に浸っていました。
    少しずつじわーっときていたんですけど、4巻の月本の試合中の「お帰りヒーロー・・・」のところから・・・・ 5巻の「スマイルが呼んでんよ。」くらいまでジワジワっと。
    準決勝の風間との戦いでね、とめどなく涙しました。 
    今もね、ページを探すと涙こぼれますね。
    時々ひとカットに涙がこぼれるって言ったでしょ。5巻の p123の風間の表情かな。ああいうのに弱いです。

  • 久しぶりに心に響きました。
    ありがとう 松本大洋さん。
    ありがとう いきさん。

  • 子供の頃は面白いと楽しんで読んだんだけど大人になるにつれて思い出しては切なく苦しい想いをしているんです・・・・ひとつひとつにこだわるタイプなんです

    ?????
    私はそういう感覚になったことがないので分からないんですが、
    どんな作品と出会えばそう感じられるのでしょう。
    手塚作品でもそこまで深く考えて読んだことがないから分からないのかもしれません。

    どんな作品でそう感じるんですか?

  • 私はほとんど1度きりしか読まないです。
    繰り返し読み返して感動したものは僅かです。
    読んでいる最中は夢中になりますが、読み終えて面白かった、で終わり。
    ほとんどの漫画家さんがそうなんです。
    読んでいる時は面白いけど、読み返さない代表は小山ゆうさん「がんばれ元気」「お~い竜馬」「あずみ」とか。 あ。ファンがいらしたら怒られちゃいますね。

  • 批判なんてできる立場ではないですが、
    どうしても許せないコミックがありました。
    幾つか面白い作品を描かれている方なんですが、けっこう長編でひき込まれたんです。
    でもその結末に納得がいかない。 私がバカすぎるの? そうかも、アメリカで実写化される?された?

    解説してもらいたいコミックです。

  • 兄弟、従兄弟どうしでも自分の贔屓の作者批判はケンカのもとですから やたらに嫌いな作品はあげない方がいいですね。 好きな方はいくらでも大丈夫ですけど。


    最近 漫画離れしていたんですが、その理由の一つが完結してから読みたい。というのがあって、続きが出るまで何カ月も何年も待つと興味が失せてしまうんです。
    年々短気が加速しています(;´Д`)




    今日は嫌われたかも・・・・・・💦

  • >>No. 163

    ピンポンは何度か繰り返し読まないと・・・
    試合の応援をしないで、トイレにこもる人たちの心情を読み取らなくては。

    主人公はペコとスマイル。 でも他のみんなも同じくらい重要人物です。
    風間もお気に入り。 「が」じゃないです。「も」ですよ。

  • 「鉄コン筋クリート」映画になりましたね。 他にも映像化された作品が多数ありますね。
    そういえば、ずっと以前に弟から良い作品と薦められていました。
    なのにスルーしてました。
    今回 素直に「ピンポン」読んで良かった。
    たぶんイキさんに出会わなければこの作品との出会いもありませんでした。

本文はここまでです このページの先頭へ