IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (450コメント)

  • 要は、自社株買いということですね。
    市場の発行株数を減らして、一株当たりの価値が上がると
    いうことですね。
    出来るだけ安く仕入れて、消却すればそれだけ内部留保が増加するということですか。
    それは、株主にとって良いことですね。

  • 七日の日経電子版から、ワクチンは早くできるだけではダメ。使用するまでの保管や
    運搬の事も考慮しなければならないと・・・
    その理由から、ファイザーやモデルナのワクチンは冷凍が必要だ。
    一方、アンジェスのDNAワクチンは常温で扱えるらしいので、上記に二社の
    ワクチンより、品質確保上やコスト上で有利だ。
    日経電子版によると・・・
    冷蔵保管にハードル・・・ ファイザーとモデルナのワクチンについて
    国際物流大手のドイツポストDHLグループは数日前、ワクチンは氷点下で保管する必要があるため、世界人口の3分の2は入手が難しいだろうと指摘した。米保健当局者も最近、ファイザーのワクチン保管計画は複雑すぎて、効率的な輸送が困難になると述べた。
    両社のワクチンは免疫反応を誘発するために「メッセンジャーRNA(mRNA)」を使用する新しいタイプであるため、この問題は差し迫ったものになっている。ワクチンは劣化を防ぐために極めて低い温度で保管し配布する必要があり、薬局のような従来の環境でのワクチン接種が難しくなる。

  • ボチボチ上に上がり始めましたね。
    ボチボチでいいよ。

  • 東京都のコロナ重症患者数の数え方が、国や他の都市と異なっていたそうだ。
    東京都では、酸素吸入患者とエクモの患者のみを計上していた。国や他の都市
    の重症患者には、ICUの患者も数えていた。
    ということは、東京都の小池都知事は重症患者数を過少に報告していたということ。
    会社の決算でいえば、赤字を過少評価する粉飾決算のようなことをしていた。
    日本第一の東京都がこんな不細工なことでいいのか。
    これを、他の都市と計算のしかたを統一するそうだ。
    今後、東京都のコロナ重症者の数は増加する要因になるのでは。

  • この株はコロナ銘柄だと思うが、
    底値を這っており、なかなか
    上昇の動きがないな。
    ボチボチでよいから、上昇してね。

  • コロナ死者、8月に入り増加 自宅待機中に重症化恐れも
    8/13(木) 19:56配信 朝日新聞社

     国内で新型コロナウイルスに感染して亡くなった人の数が8月に入って増えている。公表された死者は13日午後9時までで64人に上り、すでに7月の39人を大きく上回る。重症化しにくい若年層が感染者の大半を占めてきたが、最近は中高年に広がっている。感染者の急増で、入院先や療養先を十分確保できない地域もあり。
     感染者数は「第1波」を大幅に上回る。7月は1万7千人を超え、4月の1・5倍近くに達した。一方、死者は7月に39人。4月の393人、5月の441人よりも大幅に少なかった。第1波では十分に検査されなかった無症状や軽症の20~30代が感染者の大半を占めていたことが大きな理由だ。
     しかし、状況は変わりつつある。東京都の40代以上の感染者は、10日までの1週間で742人。前週は685人、前々週は575人だった。大阪府や愛知県では人工呼吸器を装着する人が「第1波」並みの勢いで増えている。厚生労働省によると、全国の重症者も13日時点で203人と1カ月前の6倍となった。

  • アンジェスやイノビオのDNAワクチンがアストロゼニカやファイザーのワクチンより
    優れている。

    イノビオ やアンジェス・・・・大腸菌細菌を遺伝子組み換えして作成されたDNAプラスミドは、プラスミドDNAのバッチを12時間で作成が早く、 非常に安定している。 人体のプラスミドDNAは、細胞核内に吸収され(cellectraデバイスを使用)、DNAシーケンスが細胞にcovidウイルスに特異的なタンパク質を生成するように指示します。 このタンパク質は免疫系を刺激して抗体を生成し、抗体が付着するとすぐにT細胞(キラー細胞と呼ばれます)を活性化します。

    アストラゼネカ・・・生きているウイルス、アデノウイルスを使用していて、あなたの体の細胞にそのウイルスに特有のタンパク質を生産するように伝える遺伝子を運びます(ウィルスベクター)。 あなたの免疫系はこれらのタンパク質に反応して免疫反応を引き起こします。
    デメリットは、あなたの体がアデノウイルスに対して免疫反応を起こすため、
    定期的複数回の接種は厳しい。
    また、アデノウイルスは風邪の症状(風邪、くしゃみ、咳、発熱)を引き起こすため、
    風邪を引き起こします。このことは、高齢者や免疫減退の人、
    またインフルエンザが流行している時などは接種は危険ではないでしょうか。

    ファイザーやモデルナ- mRNA法を使用。
    現在のところ、mRNAワクチンはありません。 mRNAはより免疫原性が高いため(反応がより強くなるため)、このプラットフォームを使用します。したがって、必要な用量は少なくなります。 生産の面では、モデルナは刺激を受けてmRNAを生成する胎児細胞を使用します。mRNAはその後精製と安定化のプロセスに進みます。 すべてのmRNA分子は、ヒトの細胞に入るには脂質でコーティングする必要があります。コーティングしないと、分子は細胞に入る前に破壊されます。 これはワクチンを非常に不安定にし、冷却要件をもたらします。よって、運搬や保管に冷却装置が必要になります。
    また、製造工程が難しくなり、コストが高くなるでしょう。

  • 日本での新型ウイルス感染者が五万人を超えてきた。
    そして、今後もどんどん陽性者は増加していくだろう。
    よって、アンジェスワクチンの第三フェーズが開始される
    十月もしくは十一月頃は日本でも治験者を十分集められるのでは
    なかろうか。
    一方、アストロ銭カやファイザーの日本での治験開始は
    来年の春以降になるだろう。
    よって、アンジェスのカメさんがアストロやファイザーの
    うさぎさんを追い抜くことになるだろう。
    頑張れ、日本のアンジェス!!!!

  • 現在の異常な経済状態において、普通な決算ということは、
    他社に比べて良いということではなかろうか。
    この後も、業績向上に努力を期待するのみ。

  • ノキアの4~6月、2四半期ぶり黒字 5G需要堅調
    7月31日 日経新聞

    フィンランドの通信機器大手ノキアが31日発表した2020年4~6月期の連結決算は、最終損益が9400万ユーロ(約116億円)の黒字になった。前年同期は1億9300万ユーロの赤字で、2四半期ぶりに黒字を確保した。新型コロナウイルスの感染拡大が影響して、売上高は前年同期比11%減の50億9200万ユーロにとどまったが、主力事業で採算が改善。
    ノキアの4~6月期の売上高はコロナウイルス感染拡大の影響を受けた通信機器の需要は堅調だ。次世代通信規格「5G」に関連して、世界の通信会社と交わした商用契約は7月末時点で83件となり、4月末から13件増えた。新型コロナで落ち込んだ売り上げについて同社は「先送りになったものが多い」としている。また欧州では中国の(ファーウェイ)を通信網から排除する動きがあり、追い風になる可能性がある

  • かかりつけ医で「PCR検査」可能に 無症状でも 長崎
    8/4(火) 10:15配信

     長崎県内で新型コロナウイルスの感染確認が相次いでいることを受け、県医師会と長崎大、長崎大学病院は3日、長崎市内で共同記者会見し、PCR検査について無症状でも希望すれば地域のかかりつけ医などで受けられる体制を整備したことを明らかにした。来週にも長崎市、県央から始め、県北、離島に拡大していく方針。
     県医師会は保健所を管轄する県、長崎市、佐世保市と委託検査の集合契約を締結。医師会所属の医師がいる医療機関で、唾液の検体を採取して、長崎大学病院に搬送し、検査する。公的医療保険の適用対象で自己負担は千円以下の見込み。

    この内容を本日のテレビ『ひるおび』で紹介してました。
    長崎大学といえば、栄研のLAMPとちがいますか。
    司会者の恵さんがこんな安く、だれでも検査受診できるのなら、
    全国展開したらよいのになと言っていた。

  • フィリピンの大統領が中国に頭を下げて、新コロナウイルスのワクチンを
    分けてもらうそうである。あの気位が高そうな大統領が中国に頭を下げるとは。
    そして、南シナ海の領有権問題を中国の思うがままににする条件だそう。
    かように、自国に技術開発力がない場合、このような恥ずかしい国際関係上の
    弱い立場になるということです。このことは安倍首相も良くご理解されている
    と思いますが。
    だから、今回の新型コロナワクチン開発は自国開発を必ず成功させる必要があります。
    一方、アンジェスワクチンの業務推進を愚弄、中傷する書き込みをする空売り男は
    日本国の存立価値を低減させる目的の非国民か他国のスパイではないかと思います。
    他国からの書き込みによる扇動に警戒する必要があります。

  • 日本政府は英国アストロ銭カから、ワクチンを一億本買う契約が
    成立したそうだ。
    しかし、契約の概要が報道されていない。
    まず、日本への供給時期、副反応の保証の有無、価格等。
    その中で、先般の報道でメーカーは副反応の事故は保証免責らしい。
    世界に供給される前に、まずイギリスで先に接種してもらい、
    事故れば、そこで止まるだろうな。
    しかも、英国アストロ銭カのワクチンはウイルスベクター製らしいので、
    定期的複数回の接種は厳しいらしいぞ。
    また、日本政府はアベノマスクみたいに、国費の無駄遣いになるのかな。
    だだ自分としては、抗体のみを接種する安全性の高い
    日本製アンジェスのDNAワクチンに大いに期待したい。
    日本政府も自国製ワクチン製造にタップリ資金応援をしてください。

  • 今回のアンジェスのDNAワクチンはぜひ成功してほしい技術だと思う。
    これによって、卵で作っていた従前の古いワクチンの生産技術がいっぺんに革新する。
    このDNAによる生産技術によって、毎年生産されるインフルエンザのワクチンも
    革新的製法で、作れるようになり。
    安全で、早く、安価な各種ワクチンが大量に世界に出ていくようになり、
    患者も国も大喜びになる。
    そして、アンジェスと米国イノビオは世界のDNAワクチンの
    リーダーの位置を占めるだろう。
    DNAワクチンは、患者、社会(国)、そして製薬会社の『三方良し』の薬だ。

  • 世界最速のアストロ銭かのウイルスベクターワクチンの治験の結果が良好だった
    事は、アンジェス社にとっても良い情報じゃないか。
    というのは、DNAワクチンでもちゃんと抗体ができるという可能性の証明を
    先発がしたくれたのでは。
    一方、アンジェスのDNAワクチンの方が、ウイルスベクターワクチンより安全性は高いし、
    生産性が良く安価だ。しかも、ウイルスベクターワクチンは、定期的複数回接種は
    できないらしいのでは。
    これらの理由で、後発でもアンジェスはコスト競争力で先発に勝てると思う。
    アンジェス、頑張れ。

  • 世界最速で進んでいるオックスフォード&アストロ銭かのワクチンはウイルスベクター型で、複数回の接種は厳しいらしい。この新型コロナウイルスの抗体は短期間で減少するらしいので、定期的複数回の接種が必要かもしれないので。
    また、モデルナ等のワクチンはmRNA型で、製造や保管・物流等大変コスト高になるらしい。すると、定期的複数回接種すると、製薬会社はぼろもうけできるが、患者は医療費貧乏になる。
    一方、イノビオや、アンジェスのDNAワクチンは、安全性が高く、また製造、保管・物流コストが安く、大変エコノミーであるらしい。しかし、DNAワクチンは動物には、使用実績があるが、人にはまだ使用実績はないとのこと。現在、人への治験進行中だが、ぜひ成功してほしい。
    すると、DNAワクチンは患者、製薬会社そして社会(国)の三方良しのワクチンである。
    ジェンナーも世界最初のワクチンを開発し、新しい世界を開いたのだ。
    DNAワクチンで新しい世界を切り開いてほしい。

  • 国会では16日、参院予算委員会の閉会中審査が行われ、野党が推薦した参考人の東大先端科学技術研究センターの児玉龍彦名誉教授が、新型コロナウイルスの感染拡大の現状への強い危機感を示した。
    児玉氏は、冒頭に衝撃的な言葉を口にした。
    「わたしは今日、極めて深刻な事態を迎えつつある東京のエピセンター化という問題に関して、全力をあげての対応をお願いしたくて参りました」。
    エピセンターとは、発生源、中心地、震源地などという意味で、児玉氏の訴えは、「東京型」「埼玉型」などのウイルスの型が発生している可能性を指摘し、東京発の感染のさらなる拡大に警鐘を鳴らすものだった。
    そして児玉氏は、総力で対策を打たないと、「来週は大変になる。来月は目を覆うようなことになる」と危機感をあらわにし、政府・国会・民間など総力をあげての対策を求めた。
    児玉教授の指摘について西村経済再生相は、東京のエピセンター化への言及は避けつつ、新宿などでのクラスター対策を徹底していく方針を強調した。

  • 昨日の参議院予算委員会での児玉東大名誉教授の発言
    「今日、私は極めて深刻な事態となっている事について議員の皆様へそれを報告しようとここへ参りました。ゲノム配列の報告をみると『東京型』『埼玉型』になってきている。東京にエピセンター(震源地)が発生しています。今、全力で食い止めないとニューヨークのような事態になります」
    「遺伝子工学・計測科学を使った(感染者の)制圧が重要。致死率は時間と共に上昇する」「責任者を明確にしてトップダウンで前向きの対応が必要。今すぐ国会を開くべきで、今する対応は来週する対応の百倍の価値がある」

  • 昨日の参議院予算委員会での児玉東大名誉教授の発言はなぜあまり報道されないんだろう…
    「今日、私は極めて深刻な事態となっている事について議員の皆様へそれを報告しようとここへ参りました。ゲノム配列の報告をみると『東京型』『埼玉型』になってきている。東京にエピセンター(震源地)が発生しています。今、全力で食い止めないとニューヨークのような事態になります」
    「遺伝子工学・計測科学を使った(感染者の)制圧が重要。致死率は時間と共に上昇する」「責任者を明確にしてトップダウンで前向きの対応が必要。今すぐ国会を開くべきで、今する対応は来週する対応の百倍の価値がある」

  • 韓国防疫当局「外国が先にワクチン開発しても」…「国内の開発を最後まで支援」
    7/17(金) 9:02配信

    韓国中央防疫対策本部のクォン・ジュヌク副部長(提供:news1)
    韓国の防疫当局は16日、韓国内の新型コロナウイルス感染症のワクチン開発に関して「外国の優秀な製薬会社を中心に立証されたワクチンが開発され支給されたとしても、国内のワクチン産業の育成とインフラの土台を固めるために、最後まで覚悟して支援する」と伝えた。

本文はここまでです このページの先頭へ