IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (450コメント)

  • 小野薬品の上場最高値は1984年の15350円だったそうです。まだ日本でバブルが発生する前ですから、金の価値は今よりすごく高かったと思います。それから、31年、昨日のザラバで15420円、終値で15350円と昔の最高値を更新する記録をつくったことになります。
    とりあえず、株主のみなさんおめでとう。
    31年前は、「プロスタグランジン」がどんな病気にも効く理想で高くなり、そのあと暴落したそうですが・・・しかし、小野薬品はこれで、現在まで飯のタネにしてきたのだから、大したものだと思います。そして、飯のタネが切れそうな時に新薬の登場で、再度急上昇のキッカケをつかんだ、ラッキーな会社じゃないですか。
    今回は、癌の免疫チェックポイント阻害薬、ニボルバブ(オブジーボ)が、あらゆる種類のがんに効くという理想の追求で上昇している途上だと思われます。
    人の役にたって、利益を得るのだらら、理想的な展開ではないですか。
    小野薬品殿には、株主はもちろん、すべてのステークホルダーのために
    頑張ってもらいたい。

  • 小野薬品とブリストル・マイヤーズスクイブは抗PD-1抗体の
    特許でメルクに侵害訴訟を起こしている。

    小野薬品・BMSがMerckを抗PD-1抗体特許侵害で提訴

    出典 http://www.tokkyoteki.com/2014_09_01_archive.html
       「医薬系 "特許的" 判例」 ブログ: 2014/09

    抗PD-1抗体の癌治療用途に関する米国特許(US 8,728,474)を保有する小野薬品及びそのexclusive licenseeであるBristol-Myers Squibb(BMS)は、Merckが米国で抗PD-1抗体KEYTRUDA®(pembrolizumab)の承認を2014年9月4日に得たことを受け、同日付けで、Merckに対して特許侵害訴訟をデラウェア地区連邦地裁に提起しました。

    •米国特許(US 8,728,474)Claim 1:

    A method for treatment of a tumor in a patient, comprising administering to the patient a pharmaceutically effective amount of an anti-PD-1 monoclonal antibody.

    •欧州特許(EP1537878B)Claim 1:

    Use of an anti-PD-1 antibody which inhibits the immunosuppressive signal of PD-1 for the manufacture of a medicament for cancer treatment.

    •日本特許(JP4409430B)Claim 1:

    PD-1抗体を有効成分として含み、インビボにおいてメラノーマの増殖または転移を抑制する作用を有するメラノーマ治療剤。

    •日本特許(JP5159730B)Claim 1:

    PD-1抗体を有効成分として含み、インビボにおいて癌細胞の増殖を抑制する作用を有する癌治療剤(但し、メラノーマ治療剤を除く。)。

  • 2015/11/16 20:15

    モルフォの株価の動きはまるで蝶だ

    先日から参入し、この株価の動きを見ていると、
    まるで蝶の飛ぶようだ、すごく上がったと思うと、
    さっと下がる。まことに面白い値動きをしますね。
    面白い銘柄だと思いました。
    しかし、技術はしっかりしているので、期待できる会社
    だと思います。
    さて、蝶のようにふわふわ飛ぶように、
    上昇を期待しています。

  • 産経新聞ニュースに載ってました
    2015.11.30 19:23更新

    がん新薬、肺がんにも 厚労省、適応拡大を了承

     厚生労働省の医薬品第2部会は30日、新しい仕組みでがんに対する免疫細胞の攻撃を強めるがん治療薬「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)の使用を肺がんにも認める適応拡大を了承した。約1カ月で正式承認される見込み。当初のメラノーマ(悪性黒色腫)に次いで治療対象となる。

     新たに適応となったのは、肺がん患者の約85%を占める「非小細胞肺がん」で、手術ができないほど進行したり、再発したりしたもの。小野薬品工業(大阪市中央区)が7月に申請していた。

     患者の体内にはがん細胞への攻撃を担う「T細胞」があるが、がん細胞はT細胞の表面にあるタンパク質「PD-1」に作用して攻撃にブレーキをかけている。オプジーボはPD-1にくっつき、がん細胞のブレーキを阻害する。

  • 毎日新聞ニュースにも載っています

    がん免疫薬:肺がんにも 厚労省が適応拡大了承

    毎日新聞 2015年11月30日 19時52分

     厚生労働省の医薬品第2部会は30日、新しい仕組みでがんに対する免疫細胞の攻撃を強めるがん治療薬「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)の使用を肺がんにも認める適応拡大を了承した。約1カ月で正式承認される見込み。当初のメラノーマ(悪性黒色腫)に次いで治療対象となる。

    関連記事
    山形市議会:開会 補正予算案など24議案を提出 /山形
    子宮頸がんワクチン:予防接種の問題点考える 千葉で28日、学習集会 /千葉
    子宮頸がんワクチン:「治療費の助成を」 副作用の周知なども 被害者連絡会鹿児島支部、県に要望書 /鹿児島
    はばタンと学ぼう:粒子線治療新施設 西日本初、小児がん重点 /兵庫
    講演:「意思を伝えることが自分を守る」「周南いのちを考える会」代表・前川さん、下松・末武中学でがん闘病体験語る /山口

     新たに適応となったのは、肺がん患者の約85%を占める「非小細胞肺がん」で、手術ができないほど進行したり、再発したりしたもの。小野薬品工業(大阪市中央区)が7月に申請していた。

     患者の体内にはがん細胞への攻撃を担う「T細胞」があるが、がん細胞はT細胞の表面にあるたんぱく質「PD−1」に作用して攻撃にブレーキをかけている。オプジーボはPD−1にくっつき、がん細胞のブレーキを阻害する。(共同

  • 中国株の信用は丸つぶれだな・・・

  • 中国上海市場は株式市場でなく、かぶのばくち場だ・・・

  • ついに三桁に突入か、またこれから500目指して落下か?
    ああ怖い!!早く逃げといてホンマ良かったわ・・・。

  • [ロンドン 6日 ロイター] - (中国株式市場は)炭鉱で有毒ガスを検知してくれるカナリアか、それとも檻の中に閉じ込められた象か──。投資家から見れば、新年早々に世界の市場を荒れ模様にした中国株は、どちらのたとえも当てはまる。
    ??????
    いや・・・どちらも当てはまらない!!
    中国の株式市場は中国共産党のばくち場だ、まずくなったら
    胴元はすぐ逃げてしまう。こんなところに虎の子の金は
    投資できない。・・・

  • 「科研製薬の水虫薬・クレナフィンて人気があるんだね!!」
     今回初めて科研株に参加しました。よろしく。
    Monthlyミクス3月号には次のように記載されていますよ。・・・

    爪白癬外用薬クレナフィン 処方医の5割近くが第一選択に位置づけ 上市から1年余りで
    公開日時 2016/03/02 03:51
    2014年9月に上市された爪白癬に対する国内初の外用薬クレナフィンを処方した経験のある医師に意識調査したところ、同剤を第一選択薬に位置づけている医師が5割近くに達した。調査は15年12月に実施したもの。このため上市から1年余りで多くの医師がクレナフィンの使い方を決めていることがわかる。

    同剤を販売する科研製薬は、同剤の15年度通期の売上計画を期初に120億円と設定したが、その後、第2四半期に175億円、第3四半期に185億円と相次ぎ上方修正している。メーカーの想定以上に処方が伸びている。

    続きは次のページを見てください。・・・https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/53819/Default.aspx

  • 撤退しました。根性がありません。
    ロイターの次の記事を見て、科研株価の先行きを悲観しました。

    [ニューヨーク 15日 ロイター] - 15日の米国株式市場は、主要指数がまちまちで引けた。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果をにらんで全般的に様子見気分が強まる中で、ヘルスケア関連銘柄や素材株の下げが目立った。

    カナダの製薬バリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナル(VRX.N)は51.5%の急落。2016年の売上高見通し引き下げとデフォルト(債務不履行)の恐れを警告したことが嫌われた。製薬のアラガン(AGN.N)は3.4%安。

  • タカタが倒産した場合、エアバックの交換は自動車会社の品質保証責任になるのでしょう。
    今後、自動車会社の品質対策費用がガンガン増加するだろう。特にタカタのエアバック比率の高い自動車会社は大変だと思いますが。・・・

  • タカタは部品会社だから、ある程度の品質責任はあるだろうが、その部品を使用していた
    自動車会社にも大いに責任がある。2兆7000億の何割かは、自動車会社が責任をかぶるのではないか。となると、日本の自動車業界は大変だな。・・・

  • 新型のコンピューターウイルスが流行っているそうですね。怖いですね。
    感染しないように、対策が必要ですね。
    FFRIはこれを防御できるそうですね。
    まあ、病原菌のワクチンみたいなものですか。今年は売れるかも。・・・
    株を買い増しました。

    新型身代金ウイルス猛威 添付ファイル開くと「脅迫文」
    朝日新聞デジタル 3月30日(水)11時46分配信
    新型身代金ウイルス猛威 添付ファイル開くと「脅迫文」
    ランサムウェアに感染し、「ファイルが暗号化されています」などと「脅迫文」が表示された
     パソコンのファイルを改ざんし、復元する条件として身代金を要求するウイルス「ランサム(身代金)ウェア」が添付された不審な電子メールが、今月に入り海外から日本に大量に送りつけられていることがわかった。国内での発見数は42万件を超え、情報セキュリティー会社は心当たりのないメールを開かないよう呼びかけている。

  • パナマ文書はハッカーに盗まれたらしいですね。
    やはり、セキュリティーソフトが必要になりますね。
    FFRIが、また見直されますね。

    「リークではない、ハックだ」パナマ文書で流出元責任者がコメント

    ギズモード・ジャパン 4月10日(日)22時40分配信
    「リークではない、ハックだ」パナマ文書で流出元責任者がコメント
    漏れたんじゃなく、盗まれた。
    「史上最大のリーク」と呼ばれる、パナマ文書。世界中の大富豪が、タックスヘイブンに隠し資産を所有していたのではないかというニュースは、今世界を駆け巡っています。
    そしてここで、流出元となったパナマのMossack Fonseca法律事務所の創業者の1人、Ramon Fonseca氏からコメントが出ました。
    “ これは内部からのリーク(漏洩)ではない。外部からのハック(盗難)である。我々はすでに司法長官にしかるべき対応を依頼しており、本件に関して、間もなく政府の調査が入るだろう ”

    続き・・・http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160410-00010006-giz-prod

  • 小野というとね、私はコメディアンの「小野ヤスシ」を思い出します。
    そういえば、小野ヤスシは2012年に腎盂がんで亡くなってしまった。
    よいコメディアンでしたが、当時に小野のオプジーボがあったら助かって
    いたかもしれませんね。・・・
    早く腎臓がんにもオプジーボが保険適用されるとよいですね。

  • 私の最寄の駅前通りは、たかが100メートルぐらいですが、
    ケーキ屋、内科医院、歯科医、和菓子屋、コンビニ等一軒づづ
    しかありませんが、ここ3年ぐらいで、薬局が2軒増えて、計3軒
    もあります。この社会現象は大変おかしいと思います。
    よっぽど薬局が儲かる商売になっているのでしょうか。・・・
    先の方が指摘されていたように、
    マージンの調薬料が比較的に高く、魅力のある商売になっているのでは。
    と思います。健康保険財政が年々苦しくなっている時勢なのに
    おかしいと思います。
    厚生省はこの点を早急に調査・改善すべきだと思います。

  • ここの相場はばくち的ですね?!!
    ああこわい。

  • そーせいバブルは終わりかな?!!!

本文はここまでです このページの先頭へ