ここから本文です

投稿コメント一覧 (75コメント)

  • 本日のリリースによると

    ドローンは新品より中古品?!
    2019年中古市場販売額が2016年比で12倍となる見込みとのこと!

    中古ドローン市場が賑わっていますね!

  • 特許情報プラットホームを見ると
    2019/6/5に【FEELDO】という
    商標登録出願がなされてますね。

    何の商標なのか、よくわかりませんが
    なにか新しいサービスでも
    始めるのかな?

  • >>No. 831

    35万株の内
    25万株を社長が取得され、残りの10万株を取締役お二人方で分け合ったかと思われます。

  • >>No. 823

    それは…プライバシー設定をいじってとしか…

  • >>No. 815

    いや、7月12日の譲渡制限付株式報酬としての新株式の払込完了による増加分ですよ!

  • 四半期毎の比較

    前期売上高、営業利益
    1Q実績 1,380百万円、1百万円
    2Q実績 1,534百万円、4百万円
    3Q実績 1,541百万円、21百万円
    4Q実績 1,878百万円、70百万円

    今期売上高、営業利益
    1Q実績 1,731百万円、21百万円
    2Q実績 2,101百万円、129百万円
    3Q実績 2,167百万円、135百万円
    4Q予想 2,301百万円、100百万円(上方修正後の数字)

    前期で見ても4Q(4~6月期)は繁忙期、売上も利益も大きくなりやすい。
    今期は上方修正したとはいえ、まだまだ保守的にしか思えんね。

  • ≪EC事業者の殻を打ち破ろうとしているロコンド≫

    9月2日の靴革命によって、物の売り方が変わる。

    それは従来の店舗ありきの売り方から、物ありきの売り方になる。
    ひとたびロコポートに預ければ、あらゆる売り場につながる世界
    それはECだろうが実店舗であろうが、自社他社問わずシームレスに繋がることで
    お客様にとって買いやすい環境が今まで以上に生まれるだろう。

    もうただ単に倉庫に預かり、ECで売ればよいという時代ではなくなった。
    ECからみた実店舗の垣根、実店舗から見たECの垣根を全て取っ払い
    ロコポートにある商品がクラウド上にあり、どこからでもアクセスできる
    これこそが究極の在庫一元化だ。

    そのインフラ提供を田中社長は4,5年前に構想し、ようやく実現するところまできた。

    今期のLOCOCHOC取扱高2.68倍の大幅な伸びが芽生えとするならば
    9月2日以降のLOCOCHOCフルライン実装で茎を伸ばす過程に入る。
    そしてやがてくる開花時期はどのような世界が築かれているだろうか。

    ~ロコンドに確信を、ホルダーに歓喜を~
    応援していきましょう。

  • ロコンド

    プラットフォーム事業について

    現状は…
    1Q取扱高73.1%増(昨年比)
    1Q売上高31.9%増(同)

    そして来たる9月2日の靴革命の日!

    LOCOCHOCフルライン、e-3PL、BOEMといったプラットフォーム三銃士が売上に大きく貢献する日が近いだろう。

    〜業界に革新を、お客様に自由を〜

  • ここ数日見ても
    なかなか底堅い印象を受ける。
    それが兆しなのかはわからないが

    やはりロコンドはいつでも強く買いたい!

  • >>No. 9

    isi殿

    靴革命の肝は過剰在庫・欠品による機会損失を減らすため
    EC在庫、店頭在庫、卸在庫までをトータルで一元化し
    リアルタイムで行う在庫最適化運営です。

    無料にするのはバックヤード分野で、なにも販売手数料や出荷手数料までを無料にするわけではありません。

    ロコンドとしても今後さらなる成長を遂げるには、ECオンリーで行くより、店舗とECを行き来するオムニチャネル的購買をするお客様の取り込みが急務だと思います。

    現に、ある記事によると、「オムニチャネル的購買」をする層の購買の伸びは著しく、店舗だけを利用している層の3倍、ECだけを利用している層の1.7倍も購買金額が多いそうです。

    EC商品数は日を追うごとに増えていますが、それだけでは成長の伸びはさほど期待できませんので株主目線からしても本取り組みは歓迎すべきところではないでしょうか。

    三方よし、四方よし、五方よし、どの表現が正しいのかわかりませんが、少なくともブランド様、お客様、百貨店様、ロコンドにとって良い関係が築き上げられることを切に願っています。

    チャレンジは始まったばかりです。応援していきましょう。

  • 昨日の出店パートナー様向けの靴革命資料の開示から一夜明けても
    私の興奮はおさまることを知らない。

    遡ること2012年、BOEMローンチにより始まった在庫一元化の第一歩。
    その後、【e-3PL】【LOCOCHOC】【LOCOPOS】..etc
    様々なトライアンドエラーを繰り返し、ようやく見えてきた道筋。

    そしてMANGO原宿店、Misuzu&Co.のリアル店舗運営により培った経験を糧に
    いよいよ総在庫一元化の実装が9月2日迫る。

    また基幹システムや保管費用の無料化や出荷費用などの大幅値下げを実現できたのも、業界を支え、盛り上げようとする《志》により、たゆまぬ努力を続けた結果であろう。

    さぁオムニチャネル新時代へ

    その水先案内人はもちろん≪LOCONDO≫だ。

  • 靴のEC化率はまだ10%ほどです。
    もちろん、今後成長は見込めますが、現状リアル店舗で9割の方が靴を買っています。

    百貨店やブランドの店頭での在庫ロスによる機会損失は大きな市場です。決してニッチ中のニッチというわけではありません。

    その実店舗とECをシームレスに繋ぐオムニチャネル化をロコンドはブランドや百貨店と組んで改革しようとしているのです。

    100年塩漬け?諦めた?…ノンノン

    諦めるには100年早いと思いますよ。

  • その自信は、心の奥では1Q好決算を期待しているのでは!

    そして1Q以上に2Q、2Q以上に3Qと、Qごとに期待が膨らんでいるに違いありません。

    わかりますよ、そのお気持ち!
    私もそうですから!

  • ZOZOさんがサイズ選びの不安を取り除くなら、ロコンドは自宅で試着できる楽しみをお客様に今まで以上に提供すればよい。

    靴はサイズというより、質感や自宅にある服と合うかどうか、そういう点で試着という楽しみがある。

    ロコンドが届ける
    デリバリングハピネス

    信じてみようよ。

  • 失敬、失敬…
    あり得ないですな!

  • traさん

    はい、呆れてモノが言えませんね…
    えっ8億?思わず二度見してしまいましたよ…

  • 四季報の21.2月期営業利益8億なんて気にしなくて良い。

    私は30億という数字を信じている。

    今は不確実性が漂っているが

    7月発表される1Q

    そして

    なんといっても今年の戦略の肝である
    meets戦略、ロコチョクフルライン計画

    これらの結果次第ではウルトラCも
    あり得るということ!

    都心の百貨店で✖️✖️meets LOCONDO

    そしてそれが日本中に広がりを見せた時、

    私達は本当のLOCONDOに出会えるのかもしれない。

  • 困ったもんですね…
    まっ、社長がツイートしてたように、ロコンドがデジタル化を靴業界に導入し、問題解決してくれることを期待しましょう!

  • モバコレではなく三鈴だと思いますけど。

  • こんにちは、みつをさん。

    よくわかっておられるじゃないですか。
    株価の低迷で弱気になるお気持ちはわからないでもないですが
    会社は粛々と目標に向かって前進していると思いますよ。

    ただ以前のように月次による答え合わせがない分
    株価のみを評価材料にしがちなので、低迷すれば
    業績がダメなんじゃないか、、となりますわな。

    が!

    そのギャップが投資価値と言えるでしょう。
    田中社長及びチームロコンドの奮闘に期待しましょうや。

本文はここまでです このページの先頭へ