ここから本文です

投稿コメント一覧 (75コメント)

  • >>No. 741

    isi殿

    心配ご無用。

    期待ほどいかなかった月次によって気づかされたロコンドの在り方。メイン顧客層は安さより、魅力ある商品の品揃えを求めている。「原点回帰」によりむしろ今まで以上に攻勢に出るだろうし、むしろ良い機会だったと捉えても良いかもしれない。

    今年は消費税増税が懸念材料に挙げられるが、私はむしろチャンスだと捉えている。
    消費が落ち込んだとしよう、ファッションECに販売を委託しているブランド側も当然影響は受ける。そこで少しでもコストの効率化が求められるだろう。それが構想から数年を経て、今年から本格開花する各種プラットフォームサービスへ繋がると思う。

    【在庫シェアリング&シームレスなオムニ戦略】
    今年はコレに大注目だ。そして来年完成する新倉庫ロコポートⅡに夢を託そう。

    「業界に革新を、お客様に自由を」の旗印が今は雄大に、はためいている。

  • こんにちは。

    来月はロゴやサイトが刷新され、新サイトが開設されます。
    そして、何といっても注目すべきは新CMです。

    昨年3月よりデヴィ夫人を起用した11パターンのCM(登場篇~下期セール篇)は全て放送されました。そこで新たなCMがまた3月より放送されるみたいですので、どんな内容かワクワクしています。

    またデヴィ夫人でいくのか?新たにタレントさんやモデルさんを起用するのか?それとも全く違った切り口で?、、、と色々妄想しちゃいますが、いずれにしてもこの一年デヴィ夫人が残したインパクトをうまく生かした形での新CMを期待したいですね。来月のお披露目まで楽しみにしておきましょう。

    ①消費者向けに新CMや新サイト開設などの手を打ち、②ブランド様向けには在庫一元化、オムニプラットフォームで支援し、この両輪がうまく回ることで今後のロコンドの更なる成長が期待されます。

    現状、評価としてハッキリと目に見える部分は株価しかありません。その拠り所の株価が低迷すれば誰だって凹みますよね。
    でも、上記のようなおぼろげながらも見えるロコンドの方向性を考えると、希望の光が漏れてくるんですよね、少なくとも私の眼には。

    最後に
    【私はロコンドをあきらめてはいない】

    長々と私見を失礼致しましたm(__)m

  • >>No. 1168

    e3PLはまさにコーポレートミッションの【業界に革新を】の部分ですね。これによってショップ様の物流コストの削減され、「ロコンドさんに預ければ大幅にコストダウン出来るし、在庫シェアリングによってEC・店舗売上の向上も望める」と思っていただくのが狙いでしょう。

    今となっては一日の出荷数で消費者より店舗向けの方が多い日も少なくないそうです。

    まさに靴業界の物流のハブ拠点ですね。

    そして来年には倉庫キャパも3倍の26,000坪となり、その先の拡張まで計画しています。

    物流を制する者がECを制す
    靴カツ田中

    この2つがキーワードです!

    靴業界の物流改革に今ロコンドは挑戦しています!引き続き、期待しましょう!

  • >>No. 1174

    Amazonさんの物流関連は詳しくは調べてないのでわかりませんが、秀逸だとよく聞きますね。

    ただロコンドはロコンドの強みがあり、例えば在庫シェアビジネスモデルで言えば、1つのEC在庫を複数のECだけでなく全国の百貨店を含むリアル店舗への出荷や欠品フォローまで利用出来る点などは評価できる点かと思われます。

    キーワードは
    【Inventory Sharing】
    【ONLY LOCONDO CAN DO】です!

    今後の物流面での更なる成長を期待しましょう!

    ではでは!

  • おはようございます。

    先程ロコンドのアプリを見ていて気づいたのですが、以前は【バッグ・財布類】を一括りに表示していたのが、【バッグ】【財布・ケース・小物】と分けて表示されるようになってますね。

    先週も【キッズ】の括りを【ボーイズ】【ガールズ】へ分けましたし、今後の在庫数の増加に伴い、わかりやすく表示を変えているのでしょう。

    このようなui/uxの改善を続けることで、よりよいサイトに育って欲しいものですね。

  • 桶狭間の戦い
    信長が少数の軍勢で大軍率いる今川義元を討ち取り、天下取りに名乗りを上げ、戦国時代の幕開けとなった戦い。

    3月何が起きるかわからない。
    まさに今は決戦前夜ならぬ、決戦前月といったところだろう。
    私は日に日に興奮が増している。

    【その日、その時、その瞬間を心待ちに】

  • IRラッシュの新年度初日から一夜明けても、私の興奮はやむことはない。

    モバコレの買収により、20代女性を中心とする顧客層を取り込み、将来の
    ロコンド顧客になってもらう布石を打ったとも言えるだろう。

    前年より格段に上がった「ロコンド」の認知度を活用して、モバコレと
    の相互送客を行うことにより相乗効果が生まれ、互いの売り上げ自体の
    向上も見込めると思う。

    『20代~ならモバコレ!30代~ならロコンド!
    そして靴を買うなら、やっぱりロコンド~♪』といったように
    それぞれ年代ごとの特徴を生かしたサイトのUI/UXを期待したい。

    そして今期は何といってもBOEM2.0の飛躍期!!

    昨日、マドラスオンラインモールのローンチが発表されたが
    なかなかの規模なので、取扱高向上に大きく貢献することだろう。

    さてモア―ジュ(シャディ)、そしてマドラスに続くBOEM2.0を
    導入する次なるブランドはどこか?

    期待してその時を待ちたい。

  • >>No. 2260

    tra殿

    文字数制限の件ですが、確かに制限無しは良いですね。
    ツイッターですと文字数オーバーになることが多々あり
    一度書き上げてから編集しなければなりませんので
    やや面倒です、、、。

    週明けのS高の如何に関わらず、今回はケーキの持ち帰りは見送ります。

    まだ今月は何かありそう気がするので、それを待って
    満を持してのケーキのホール買いを目論んでおります(o^―^o)ニコ

  • >>No. 2268

    tra殿

    資金レバレッジ案の件ですが
    D/Eレシオ1倍が目安ということで、財務健全性を意識してのことだと推察できるので、安心して保有できますね。加えて、当面の増資懸念も払拭されましたので益々買い増さなければならない状況に追い込まれているのは、私だけではないんじゃないでしょうか。

    みつをさんも今回の暴落劇で、上手に下で買い増しているようですし、私としても見習いたいところですね。

    それではこの辺で。

  • >>No. 2276

    みつを殿

    どうも恐縮です。

    私こそ貴殿のご発言に何度勇気づけられたことか!

    こちらの雰囲気もあると思うので、基本的にはツイッターで呟いていきますが、たま〜に遊びに来たいと思います。

    今日は失礼しました。それでは!

  • 【実店舗戦略】

    京王百貨店
    キラリナ京王吉祥寺店において

    3月15日(金)に「バニティビューティミーツ ロコンド」がOPENしました!

    来ましたよ、ついに!
    三鈴改革に期待しましょう!

  • いよいよ来週の金曜日に中期経営計画第1期目の業績が発表される。

    と同時に2期目の数字をどのようにデザインしてくるのか、それを考えると今から心が躍る。

    昨年3月より始めたCM投資により関東関西圏の認知度は飛躍的に伸び、ファッションECでは既に2番手につけている。つまりは普通の2位というわけだ。

    そして今回のサービス認知度の向上も図った新CMによって更にロコンドの名は轟くだろう。

    また今年は何と言っても『CCTR』機能の実装が目玉の戦略といえよう。

    フランチャイズ店や各ブランド様店舗を活用した店舗受取機能が夏頃から実装される。ロコンドユーザーの利便性を図るだけでなく、ユーザーが来店し、各店舗での顧客化が進めば、ブランド様にとってもメリットが享受できる。

    その根底にある業界を活性化させ、ロコンドユーザー、ブランド様とのwin-win-win、三方よしの世界を実現しようとするロコンド社の想いに触れ、目頭が熱くなるのは私だけでないはず。

    そして、圧倒的2位の地位を築くのは2020年!

    また、そう遠くない未来に
    このプラットフォームはいずれ世界へ羽ばたく時が来るだろう!

    それを考えると…

    【私たちは本当のロコンドにまだ出逢えていないのかもしれない】

  • CCTR戦略はご承知の通り

    1. Click (注文する)
    2.Collect (受け取る)
    3. Try (試着する)
    4. Return (合わなければ返品する)

    この4つの機能をBOEMに組み込むことで、ショップ様の売上向上やロコンドユーザーの利便性を図る戦略です。

    【この第1の(注文する)は、何も実店舗に来店し、そこでネット注文するものではありません。】

    あくまでも自宅などでネット注文し、返品自体が面倒な方や、セール品の返品送料を払いたくない方が一定数おられるので、その方々向けの受取試着拠点の実装が肝となっています。

    各ショップ様にとっては、上記一定数のロコンドユーザーが来店することで顧客化にも繋がるでしょうし、またネットには出回らない実店舗にしかない魅力的な商品を提案する機会も増えるでしょう。

    現に説明資料にあるようにロコンドがこれまで運営してきたLOCOCHOC - DやLOCONDO TOKYOでの様々な仮説と検証を行ってきて、いよいよショップ様と組んで実装ということでしょう。

    上記のように三方よしの世界が広がることで、尊敬される企業へ!
    その階段を今上り始めたのです。

    それでは、また。

  • 現状ロコンドのユーザー属性は9割以上が女性です。女性モノの品揃えは一年前と比べると格段に増えています。シューズ、アパレルそしてバッグも!

    そこで今年一年は、自宅で試着のサービス認知度を向上させ、豊富な女性モノ、とりわけF2層にターゲットを絞った戦略で花を咲かせようとしています!

    まもなく開花宣言の時が訪れる!

    そして6月!本体に吸収されたモバコレがロコンドガールズコレクションとして生まれ変わった時、企業価値は跳ね上がるのです。

    そして普通の2位の世界へ!

    昨年以上にワクワク応援しがいのある
    一年となるでしょう!

    令和元年、ロコンドは飛び立つのです!

  • 今は株価という面から見れば
    確かに低迷という表現が正しいだろう。

    が、ロコンド自体と事業だけに目を向けたらどうだろうか。

    粛々と中計通りに数字にコミットしながら成長しているのは周知の事実。もちろんMAGALO同盟数字の未達などはあるが、誤差の範囲と言って良いだろう。

    現にFY2018の決算数字は会社の予想を若干ではあるが全て上回っている。

    中計三年目、FY2020の見込数字が中計を下回り不安を覚える方もいるだろうが、中計数字自体、なんら変更していない。

    ロコンドは必ずプラットフォームの大口受注、あるいはM&Aやmeets戦略などで数字は中計通りに達成すると私は信じている。

    会社が粛々と事業を行うなら

    我々株主も粛々と割安な時に積み増すのが

    良いだろう。

    不安などに負けずに
    ブレずに応援していこう!

    必ず応えてくれることを信じて!

  • 今はロコポートⅡの完成まで、ロコポートⅠの、それこそ残り少ない限られたキャパシティの中で力を入れて揃えるべきは女性モノのシューズやアパレルです。

    9割以上が女性ユーザーという属性割合から見ても納得いく戦略かと思われます。

    仮に女性シューズが3割増えるのと、男性シューズが2倍になるのとどちらが良いがと考えると

    誰しもが女性シューズの3割増加を選ぶでしょう。

    ユーザー属性割合、これを忘れてはなりません。

    ロコポートⅡ、Ⅲが完成し、キャパシティに余裕が出てきた時にメンズの品揃えに力を入れていくのが得策かと思います。その頃は社員数も増えているでしょうし、今よりはメンズ部門に振れる営業マンが多くいると思います。

  • traさん

    もうロコンド船はとっくに離岸しているのです。

    貴殿も同じ船に乗っているのだから、この大海原で途中下船して、自力で泳ぎ、救助船を待つのですか?

    未開の地へ向けて、順風満帆な航海はありません。当然嵐にも遭遇します。

    かつて、空海が唐へ海を渡ろうとした時、大嵐に逢いながらも命からがら、それでも目的地よりかなり南方にたどり着きましたが、その後唐の地において大業を成し得たのです。

    田中社長率いるチームロコンドの皆さんが上手に舵を取り、我々株主を未開の地へ導いてくれることでしょう!

    さぁ買い方の皆さん、踏ん張りどころです!

    月次を取りやめたことで、毎月の成長の確認ができず、不安になる気持ちもわかります。

    が!

    ブレずに応援していきましょう!

    会社は “粛々” と成長しているのだがら。

    そしていつの日か皆さんと “祝祝” しましょう!

  • ロコンド

    GW10連休

    行楽地や【百貨店】に出向く方も多くいるだろう。

    【百貨店】…

    ロコンドが今期より新たにチャレンジしている店舗CCTR計画〜meetsプロジェクト〜の6月本格実装が待たれるところだ。

    ブランド支援、百貨店改革…そしてお客様に自由を!

    その時計の針はもう動き出している。

  • 過剰な割引競争からいち早く抜け出し
    高付加価値戦略に舵を切ったロコンド。

    ブランド様にとって命そのものであるブランド価値を守り、そして最大限に高めながら、デリバリングハピネスをお客様に届ける。

    私はそんなロコンドが好きだ。だからこそ応援し続けている。

    今年度まではガンガン投資期間であるため、やや評価されづらい環境であることはやむを得ない。

    ……が!

    来期は大幅黒字、いわゆる【ライジング】となることは明白。

    今年いっぱいが最期の仕込み場と考えて良いだろう。あとは積み増し、そして機を待つ。

    さぁ買い方の皆さん!
    ライジング…そう日の出はやがてやってくる!

    それは平成の時代の内ではなく
    令和の時代に託そうじゃないの!

    ロコンドの新時代を見届けましょう!

    以上、これをもって平成最期の投稿としたい。

    親愛なるロコンドを応援する皆さんへ
    by stock_noise

  • ここに一枚の画像資料がある。

    年初から令和元年の今日まで私が追い続けたレディースシューズ(アウトレット除く)の商品点数推移だ。

    着実に積み上がっていることがお分かりいただけるであろう。

    特筆すべきは勾配も徐々に急に…

    靴だけに…
    足元は着実に動いているようです!

本文はここまでです このページの先頭へ