ここから本文です

投稿コメント一覧 (48コメント)

  • Integral Geometry Science
    マンモ以外で注目されてる技術

    世界初、蓄電池内部の電流密度分布の画像診断システムを開発ー蓄電池の全数検査を通じ、安全性が飛躍的向上
    2019年5月29日
    国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101126.html

    自動運転分野
    「レベル5」(完全自動運転)向けのセンシング技術
    自動運転LAB(https://jidounten-lab.com/u_ceatec2019-matome

  • これは知らなかった。
    テラスカイ設立のファンドに一億出資。
    ttps://ssl4.eir-parts.net/doc/3915/tdnet/1723736/00.pdf
    ttps://www.excite.co.jp/news/article/Fisco_00093500_20190927_058/

  • 前投稿で「ビッグトークにならないよう願う」って書いたけど、
    神戸大学・木村教授のこれ読んで考え改めた。
    http://www.kobe-u.ac.jp/research_at_kobe/NEWS/people/researcher0012.html
    世界初!応用数学の未解決問題「散乱の逆問題」を10年がかりで解決。9ヵ国特許もこれがらみー今回のマンモはそれを適用することで開発したんだね。って私にはちんぷんかんぷんだが。なんとなくスゴそうってことだけはなんとなくわかるw

    これを上回る技術生まれないかぎり、市場としての広がりは世界大ってのはほぼ確実でしょ。全世界で年間167万人が新規に罹患し52万人が乳がんで亡くなるって書いてあるから、こういう画期的機器は待ったなしだよね。
    マンモ以外にも実用可能ないろんな透視装置開発中らしいし思惑相場入りの材料として、これ以上の鉄板はないんじゃないすか。

  • 株式会社Integral Geometry Science

    jaicの投資、ここんとこ、いい案件けど山椒の実的なものが続いてて、少々物足りなさがあった。そういう意味で久しぶりにグローバル視野の堅気の企業の登場うれひい。かつてのスマホやスパコンみたくビッグトークに終わらないことを願いますよ。
    (あと中国西安市との協力協定もいいですね、どう結実するのか期待したい)

    ttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000048430.html
    「■開発経過と今後のスケジュール
    マイクロ波マンモグラフィは2013年に試作機を開発。2015年に日本医療研究開発機構(AMED)の事業に採択され、原型機を開発しました。既に日米欧中9か国で基本特許が成立し、第一回日本医療研究開発大賞 AMED理事長賞を受賞、総理官邸にて表彰されました。
    今年4月には厚生労働省から「先駆け審査指定制度」の対象品目に指定され、承認審査期間を半減(12か月から6か月へ)されることになっています。2022年までの実用化を目指します。日本国内第一優先で実用化を達成し、欧米、アジア諸国など世界各国で承認をとり、全世界に販売拠点を形成、世界中の男性、女性がマイクロ波マンモグラフィをいつでも受診できる体制を整備する計画」

  • ステムリムが開発した再生誘導医薬(脳梗塞用)の一つは塩野義が権利を獲得していて、現在すでに二相段階↓
    https://www.shionogi.co.jp/company/g0l2sg0000004msm-att/pipeline.pdf

    去年、四季報(https://shikiho.jp/news/0/213683)でこのこと知ったときは、でも上場はまだ先だろうと思ってたのですが、意外と早かったですね。
    冨田会長と岡島社長、腕っこきの印象。

  • 掲示板お通夜状態続いているので、たまには少しましな情報をということで、久しぶりの投稿。ただ株価がすぐにどうこうとかいう類ものではないので、じゃあつまらんという人はスルーで。
    投資先のmtesがらみのフォーブス記事(前半部)です。

    ttps://www.forbes.com/sites/tomcoughlin/2019/02/20/emerging-memories-teams-up-with-ai/#2044538f72bd

    要は、大幅な高速化・省電力のAIプラットフォーム開発でmtes(日)、crossbar(米),gyrfalcon(米) ,robosensing(日米共同)の4社がコンソーシアム設立というニュースなんだけど、興味深いのは東京オリンピックからみで当局とすでに接触を持っているという点。開発で連携というだけならたぶん投稿しなかったけど、具体的なイベントが記述されてるのでちょっと興味ひかれました。
    crossbar社は次世代大容量不揮発性メモリの有力候補のreram開発で注目されてる米ベンチャーで、去年半導体メーカーのマイクロセミとreramのライセンス供与で契約結んだばかり(下記参考)。となるとこれかなりマジモンの話のような感じもしますね。いずれにしろこれだけではまだ海とも山とも判断できないので、続報に期待したいです。

    ところでこのほかにもjaicの投資先でいくつか前向きのニュースがあるようなんだけど、jaic相変わらずまったく広報なしってのはどうなんだろ。個人的にはクオカード廃止で浮く予算500万+アルファくらいでIR担当くらい雇えと言いたいけど、IR半端にやっても今は急騰急落で山つくって終わりとわかってるから、まだやる気ないのかな。


    参考:CrossbarがMicrosemiにReRAMライセンスを供与;EEtimesJapan( ttps://eetimes.jp/ee/articles/1805/25/news099.html)

  • IRの中の社長の発言
    「現在、海外において新規開発薬との併用療法の開発が旺盛であり 、
    トレアキシン®が持つ内在的価値は持続的に拡大していくことものと確信」
    ってのは、

    ひょっとしてこれ↓のことかな

    「2018年7月現在、欧米において 悪性リンパ腫を適応症として、 160超のBR併用、またはベンダムスチン単剤
    との併用の医薬品の開発が進行中であるという (第Ⅲ相臨床試験が19件、第Ⅱ相臨床試験が104件、第1相臨床
    試験が42件) 。 また、免疫チェックポイント阻害剤と BR併用またはベンダムスチン単剤との併用の治療の開発
    も進行している。これらの療法が承認を取得すれば、同社が開発費を投じることなくトレアキシン®の浸透が進
    み、認知度が向上することが期待できるという」
    (シェアードリサーチ 2018年8月27日)


    Ⅲ相だけでも19件って。。ほんとうだったらすんごいけど。

    まだ含み損のアホルダとしては、少なくとも300は超えろ
    クソがと愛憎交じりの叱咤をとりあえずはおくっとこう。
    ガンバレクソシンバイオ

  • 静岡の伊豆の国市に建設中だったソーラー発電所が竣工したようですね。
    11мwクラスというからJAICのソーラー案件の中では結構でかい
    ほうかな。2.3番目くらい?
    株価が大きくはねるような内容じゃないけど、今回の一件のみで
    今までの2мwクラスの発電所5カ所分がいっぺんに完成したのと
    同じなので、財務体質の強化にはそうとう寄与するんじゃないで
    しょうかね。
    ということで今回は小さくヒャッホとだけw

    *JAIC協業先のリニューアブルjpニュースリリース
    ttp://www.rn-j.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/20170919.pdf

  • あなたのおっしゃる事実は少なくともシンバイオには当てはまりませんよ。
    取り敢えず四季報オンラインの下の記事あたりを一度読まれては。

    ー希少がんの新薬開発、「目利きが命」のシンバイオ製薬ー 2017年1月

    「シンバイオが扱うのはPOC(proof of concept/有効性の実証)を取得済みの案件のみ。
    POCは少なくとも臨床試験の2相前期終了時点、遅くとも2相後期終了時点で得られる
    ことが多いので、シンバイオは臨床2相後期~臨床3相を実施すればよい。

     通常、臨床1相に入れた案件のうち、承認にまでこぎつけるのは5~7%程度といわれ
    るが、臨床試験後期であれば確率はもっと高い。もちろん、安全性と有効性が確認され、
    臨床3相が無事終了し承認申請まで行っても、100%承認されるとは限らない。15%程度
    は落とされるが、それでも臨床初期に比べればはるかに高確率だ」
    ttp://shikiho.jp/tk/news/articles/0/154245

  • jaicの投資先のワンプラに、フィデリティ(8roads)がPIで10億円投資するとのこと。
    PIってことはそれなりに成算があるってことなんだろうね。
    社外取締役としてフィデの幹部が乗り込んでくるみたいだし、主力タイトル年内にも中国展開、
    開発中の「新作超大型版権ゲーム」で「頂点めざす」ということは、IPОまでの筋書きはほぼ
    固まったとみていいのかな?

  • よく見てなかったんだけど、242、10万の売り一瞬で消えたよね。
    だれか呑み込んでくれたのでしょうか?
    それとも見せ?

    もし大口さんが動いたのならそろそろそこかなあ・・

  • ザラバ見てなかったんですが、ちょっと異常な出来高ですね。たしかに何かあやしい。
    それまで久しく動きのなかった火山観測の地震計の針が、突然瞬間的に大きく振れたって感じ。
    新体制。7月。

    前兆?

  • 去年の欧州血液学会の日程が6月9日~11日で、その件についての
    IRでたのが6月14日。
    この伝でいくと今年は6月末までには出るのかな?

    でも去年のIRってたんにオンコノバが中間評価結果を発表したって
    いうだけで、木で鼻な内容そのものだったんだよね。
    今年は黒字化前倒し方針を明確にしたこともあるし、みんなに、
    おーっとこれはと思わせるような、IRの出し方をしてほしいね。
    吉田さん、たのみますよーふんとに

  • 口八丁手八丁の軽業師跋扈かあ。
    まあ、そんなもんなんだろうね、この世界は特に
    いまさらの乾燥だけどw

  • 鎮火ス、なのかおまえは、シンバイオ!!

    こんな愚にもつかんことでも言ってないと
    やっとれんな

  • 点火--------------------ああああああ!!

  • 「過去の治療薬」
    へー初耳です。
    トレアキシン以上の効果をあげている薬があるんですか?
    もしあるならぜひ教えてください。
    トレアキシンがすでに過去のものならここの株を持ってる
    意味ほとんどないですもんね。
    極めて重要な情報ですよ。
    ご存じなんですよね。
    お願いします。

  • アクセスブライト、中国で今年秋から東野圭吾のベストセラー小説を舞台化。
    ttp://www.accessbright.com/files/uploads/20170516.pdf

    「中国で最も稼ぐ外国人作家」は東野圭吾 その翻訳者は東野のファン
    ttp://j.people.com.cn/n3/2017/0418/c94473-9204290.html

    *いいぞ、アクセスブライト!この調子でどんどん大きくなってくれー
     (しかし、東野、中国の稼ぎでハリポタ原作者をぬいてるのか、すごっw)

  • 日経のシンバイオ決算サマリーのAI自動生成記事が、TМCとイオンシスの説明すっとばしてるため、トレアキシン事業の継続性に懸念を抱く事実が生じた、と読めるひどい「飛ばし記事」になってる。
    AIのベータ版だけみて売買する人はたぶんいないと思うけど、少なくとも抗議&訂正くらい
    申し入れしなきゃあかんだろ、これは。
    しかし日経AIバカだろ

    「売上高は、トレアキシン●の製品販売等が影響した。売上高全体で前年同期比350.1%の増加となった。今般、同社の本製品の事業の継続性について懸念を抱く事実が生じたため、患者さんの利益を最優先する観点から、2017年4月21日より新規症例登録を一時的に中断している」
    ttp://www.nikkei.com/article/DGXLRST0467550R10C17A5000000/

  • 「イン吉株」
    字面見ると幸運まねきそうで
    なかなかniceですw

本文はここまでです このページの先頭へ