IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (494コメント)

  • 16日の午後4時頃、株主ご優待券5000円の綴りを持って、スマホの予約無しで当日テイクアウトの注文で店に行ったら、待ち時間3時間で出来上がりが7時とのこと。寿司は日本人に人気があるのだと再認識したわ。諦めて、近くのスーパーで998円の寿司を2箱買って帰ったわ・・・。

  • >>492 配布したパソコンをいつ・どのように使うのか?が示されないまま配布ありきで進んでいるように思える。2300憶円もの税金を使ってである。

     全国の高専に100億円の資金をつぎ込み、のIT専門的な指導ができる教員を大幅に養成し、全国の公立小中学校へIT教員として優先的に採用しないと2300億円のパソコンなど宝の持ち腐れだな。

  •  10万円の支給で世界に恥をさらした規制大国、IT後進国の我が国がIT先進国に追いつくには、富士通、NEC等の技術者の支援のもと、小中学生へ実生活に役立つIT教育が必要ですね。政府もようやく補正で予算化したが、パソコン生徒一人一台支給を急いで欲しい。

  •  掲示板が荒れているのでひと言。コロナ禍も英米企業が開発した新ワクチンの効果が徐々に広がれば、企業活動と人の移動も活発になると予想される。年明けの2月頃には、第三波も落ち着き、東京五輪の明るい話題が出てきそう。国際便が回復し、外国人が来日すれば、起業家のマインドも向上し、設備投資に前向きになる。恐らく日経平均も3万円を伺うようになる。
     若い時は信用にも取り組んでいたが、今は、現物一本のojisannでここの株に関しては、600株のショボイ個人投資家ですが、多少の下落など気にせず、今は、じっと我慢の時と達観している。外国人も大好きな寿司を扱うこの企業も3ヶ月後に業績は一挙に回復するとみる。

  • 富士通は日本の誇る企業です。国が国内の小中高等学校の全生徒に日本丸企業の富士通かNECのパソコンを支給し、両企業から講師を派遣してもらい、実施的にITに強い子供たちを育成すれば、紙に頼らない人材が必ず育ちます。文科省は定員不足に悩む3流大学の認可を取り消し、浮いた補助金を真に学ぶ意欲のある技術者を育成する日本電産が京都に創立したような大学に重点的に投入して欲しい。

  •  売り煽りの投稿が随分、目立っていたけれども、今日の爆上げで売り方は肝を冷やしたことでしょう。米国のワクチンが正真正銘、武漢ウイルスに効果があると日本始め、欧州の先進国でも認められたら、日本空港ビルディングだけでなく、他の航空関連株も更に爆上げするかも。

  •  新米が届きました。日本人にとって、元気の源は米ですね。早速頂きます。今後世界の人口はアジア・アフリカで益々増加します。途上国の農家がクボタの使い勝手のよい農機を使い、コストを下げ、食料増産に励んで下さい。クボタ頑張れ!

  • 巣ごもり需要であられやクッキーの需要が増えたのかな。いずれにせよ、コロナ禍でも利益を上げられる企業ですね。

  •  富士通はNECとともに5G、将来の6G時代に必要な我が国にとって不可欠な日の丸企業です。武漢ウイルスに係る10万円支給で露見した情報後進国の情け無い状況を迅速に解決してほしいものです。塩漬け覚悟で応援していますよ。

  •  富士通のシステムダウンに対して正義感(?)から、怒りの輩が叫いているが、気にすることはない。多分、空売りを仕掛けて予想したより下がらないので怒りがこみ上げてきたのでしょう。
     自民党政権をこき下ろしているが、資本主義社会では株価が重要なことは小学生でもわかるはずだが。

  • 働き方改革や規制緩和で、大多数の団塊の世代のoijisannが天国に逝く15年後には、パソコンを扱える日本人はほぼ100%になる。学校現場では遠隔授業が当たり前、医療現場では遠隔治療が当たり前の時代が来るのは必定。銀行・信金・JAバンクも役割を終えている可能性もあり。NECの98シリーズを愛用したoijisannの時代は終わった。生産拠点の国内回帰等で富士通の将来性は明るいね。

  •  中国、韓国でも停滞前線による豪雨のため、現在進行形で堤防の破壊が発生し、日本国同様、掛け替えのない人命が奪われ続けています。先端技術を盗むのが十八番の中国、韓国が我が国よりも早く、堤防破壊防止対策の決め手でもある技研のインプラント工法を取り入れる可能性もあるのではないか。中国・韓国・日本には、コロナ不況でインプラントに転用できる鉄板など掃いて捨てるほどの在庫がある。
     日本国政府も、河川の堤防破壊による人災を繰り返さないため、従来工法による堤防復旧工事など全廃し、今後、堤防破壊が予想される危険な河川にインプラント工法を採用すべきです。同じような堤防破壊による「人災」が繰り返されれば、国は被災者から訴訟されるリスクが出てくると思う。

  •  7月30日付「産経」16面に「堤防強化一つの答え」という見出しでPR特集が一面で掲載されていました。政府は全国各地の河川が氾濫、堤防が決壊し、多大な浸水被害が増加しているとし、治水対策の見直し、堤防強化に乗り出し、堤防強化技術の中で平成23年の東日本大震災以降、注目されている「インプラント工法」について紹介し、何故,この技術が河川堤防では取り入れられないのかについても分かりやすく説明していました。「河川管理施設等構造令」で「堤防は盛土により築造するものとする」とされており、国管理の河川では、堤防強化工事としての採用はされなかったということ(技研製作所北村精男社長)
     日本製のコロナの迅速な検出機器がフランスなど欧米の先進国で活躍し、肝心の日本では監督官庁の前例主義により、販売が許可されないのとよく似ていますね。
    欧米諸国では,インプラント工法が米国の運河、ドイツのエルベ川〉堤防強化に採用されているのに、日本では「河川管理施設等構造令」という昭和の古びた法令でできないとは・・・。毎年繰り返される河川堤防破壊による人災を繰り返さないため政府は早急に取り組んで欲しい。

  •  最近投稿が少ないので一言。災害が余りにも多い我が国では、インフラの整備と災害時の迅速な復旧が最重要です。インフラの中でも電気は、コロナ重症患者への人工呼吸器エクモの活躍をみても、自家発電含め、院内停電すればただの機械のかたまり。患者の生命は一発でアウトです。関電工は地味な銘柄ですが、災害時の社員の献身的な災害復旧に向けての努力には感謝していますよ。

  • 「トリアージ病院大阪全域に」
    新型コロナ感染の疑いがある救急患者に対し、大阪府が簡易検査で感染の有無を確認して搬送先を振る分ける「トリアージ病院」を本格運用することが分かった。既に大阪市内で試験的に実施しており、府内全域をカバーする8つの医療圏での運用を目指す。トリアージ病院では2~3時間以内で結果が出る「LAMP法」で感染の有無を確認し、陽性の場合はコロナ患者受け入れ病院へ搬送する。(産経新聞5月27日)さすが大阪府の吉村知事は厚労省の融通ゼロの役人と異なり、迅速にやるべきことが分かっていますね!

  • >>>496「志村さんは肺炎の既往歴があったようですし、長年の喫煙で肺機能はかなり低下していたのだと思います。そんな人が新型コロナで肺炎を発症したらどんな特効薬でも間に合わないと思います」
     その通りです。呑気なマスコミは、志村さんの芸人としての能力ばかり報道しているが、もっと、ヘビースモカーの肺胞に与える影響を強調すべきです。志村さんの人生最大の功績は,身をもって、コロナ肺炎の恐ろしさを示してくれました。若者は、酒暴飲・煙草爆吸の生活習慣むちゃくちゃの志村さんから学ぶべきです。

  •  日本国内の新型コロナの感染者が爆発的に増えないのは、国民皆保険制度による病院への敷居の低さ、ウオッシュレットの普及による糞便からの感染リスクの少なさ、除菌グッズが馬鹿売れの清潔好き、法律の裏付けなしでも、危機を乗り越えるために政府(お上)の言うことを守ろうとする民意の高さがあるのではないかな。
    個人的には阪大の研究陣によるワクチンが実用化さ、コロナ感染も年内迄に収束するとみていますが・・・。

  • お互い醜い論争はやめたら。塩漬け覚悟の一ホルダーとしては、数年かかっても
    ディフェンシブ銘柄の大幸薬品の製品群がコロナ感染の撲滅に少しでも役立つことを願っています。

  •  コロナの国会論戦を見ていると、揚げ足取りばかり。参議院など憲法改正し廃止すべきだ。日本国に国民の生死に関わる緊急事態(中共による領土侵攻・感染力の強力なウイルス発生・地震津波等)が発生したときの、国民の移動の自由制限・私有財産の一時停止・買い占め防止に対する政府の権限強化等)条項を憲法に追加しる必要があるね。

  •  新型コロナ肺炎の影響で米国株価暴落し、日本も影響をもろに受けています。しかし、エイズの時と同様、世界中の科学者の叡智により、新ウクチン・特効薬が開発され、新型コロナ肺炎の拡大も収束すると思っています。
     しかし、国民はコロナが拡散しようとも毎日、エネルギーを消費して生きていかなくてはなりません。電力というエネルギーの保守点検に日夜努力してる関電工の従業員の皆さんの活躍にはいつも感謝しています。1万株に届かない零細株主ですがこれからも応援します。

本文はここまでです このページの先頭へ